12月のキトンボ

2017年12月2日(土)

 12月に入りました。
今年は、例年よりも気温が低い上、個体数が少ない状況です。

 先週、3日間ほど気温が高い小春日和の日がありましたが、
今日は、気温が12度と低い予報でしたので、それも承知の上で向かいました。

 現地には、10時30分に到着。
トンボの巨匠Sさんもお見えになり、一緒にキトンボの確認をしました。
ファーストアプローチで、メスを発見。
産卵の期待が高まります。

2017_12_02_01.jpg

 この時点では晴れていましたが、11時ごろから雲が多くなり、ほとんど曇りの天候。
頻繁に雲が太陽を遮るようになってしまいました。
 

2017_12_02_02.jpg

 オスは、予想していたよりも多く見られ、7頭ほどでしょうか。
時間は、11時30分。さきほどのメスがいなくなっていましたので、
どこかで交尾態になっていないかと探しましたが、姿はありません。

2017_12_02_03.jpg
<iphone7>

2017_12_02_04.jpg
<iphone7>

2017_12_02_05.jpg
<iphone7>

 12時ごろには、完全に雲が太陽を隠してしまい、オスの姿も見られなくなりました。
頻繁に太陽を隠す状況でしたので、気温が上がらず、残念ながら産卵は見られず。
ということで、今日は13時すぎに撤収。

 なんとかメスが生存していたのを確認できましたので、今後、気象条件の良い暖かい日
に時間がとれたら訪れたい。
Sさんによると、全国的にも少なくなってきていることも踏まえ、
過去の長い経験から、まだ見られるうちに撮っておいた方が良いとのこと。







テーマ : 記録・日記
ジャンル : 写真

スナアカネのヤゴ(ブラインシュリンプ)

2017年11月22日(水)
 
 先週、孵化したスナアカネの幼虫。
餌がないので、どうしようかと悩みつつも、あれから1週間経過。
餌については、悩むも何もブラインシュリンプを孵化させて与えるしか無い。

 しかし、非常に面倒です。
なにせ、餌であるブラインの卵を買いに熱帯魚店へ出向くことすら面倒に
思っている始末。
ようやく昨日、仕事帰りに、職場近くの熱帯魚店へ行き、購入して帰ってきました。

 ここから面倒な作業が毎日続きます。
いつまで続くか、そして、スナアカネのヤゴがいつまで生きくれるか。
スナアカネの卵は、わずか10日ほどで孵化し、日本の寒さに耐えることができない
と思われるため、保温も必要と考えています。

 まずは、久しぶりに海水を作りました。
昔、海水魚を何十年も飼育していたので、実に久しぶりでした。
餌になる、ブラインシュリンプは海水でなければ孵化できません。

2017_11_22_01.jpg

 孵化の方法はエアレーションを使用したものが普通ですが、僕は昔から
簡単な方法で孵化させています。
プラケースに1cmほどの海水を入れて、ブラインの卵を入れるだけです。
今は、冬場なので保温が必要で、この点だけがネックです。
水温25度で、14時間ほどで孵化します。
今回は、8wのヒートシーターを購入し保温しました。

2017_11_22_02.jpg

 そして。
孵化したブラインシュリンプは海水です。
ヤゴは淡水なので、塩水ではNGです。
なので、別容器に温度調整した真水を用意しておき、塩水で孵化したブラインをスポイトで
吸い取り、真水の方へ移します。
少し塩水が混じるのですが、まぁ大丈夫でしょう。

2017_11_22_03.jpg

 ブラインショリンプは、孵化後、25度の温度だと弱っていくので、少し水温を
下げます。更に、ヤゴの餌として真水の中に投入するため、ブラインが生きていられるのは
約1日です。

 つまり、翌日にはブラインシュリンプは全部死んでしまい、腐敗が進むことになります。
なので、ヤゴの水替えは毎日しないと心配になります。

 この水替えがまた困難で、成長した大きなヤゴであれば、ヤゴを簡単に移動して
サッと水替えできますが、なにせ生まれたばかりの赤ちゃんヤゴは、体長1mm弱。
スポイトで1頭、1頭吸い取って隔離して、水替えしないといけません。

 さて、どこまで気力が続き、ヤゴの生命力が持続できるのかわかりませんが、
がんばってみたいと思います。
結構、十分管理された亜終齢や終齢ヤゴでも、突然死んでしまうことがあるので、
前途多難であります。
今回、採卵孵化したスナアカネのヤゴは、わずか10頭です。



 








スナアカネのヤゴ

2017年11月17日(金) 

 11月15日、スナアカネの卵が孵化しました。
11月4日採卵なので、卵期は11日でした。


■スマホde顕微鏡
■iphone6s
卵も顕微鏡で撮っておけばよかった・・忘れてました。

2017_11_17_01.jpg

■顕微鏡 内田洋行 DM53 10倍×4倍
■オリンパス Tough TG-850

2017_11_17_02.jpg

2017_11_17_03.jpg



 無事、孵化したものの、これからどうしようか・・・。
餌である、ブラインシュリンプを準備するしかないか・・。
フィールドでは寒さで越冬できないため、海水魚の死滅回遊魚と同じ運命です。



iphoneX使いにくいので・・

2017年11月17日(金) 
 
 iphoneXですが、顔認証が僕には非常に使いにくく、結局、息子にあげました。
ロック解除にいちいち、顔をスマホの向けないといけない。
多少の顔の向きによる融通は利きますが、朝起きて、、とか、パソコン作業中とか、、、
ちょっとした瞬間の顔認証がネックになりました。

iPhoneX-official.png


 勿論、店舗では手に取って何度か触っていましたが、実際に生活の中で使わないと
分からなかったのです。

今は息子が使っていた、iphone7。
防水防塵・Suicaも使えます。
近く、iphone8に変更しようかなと思っています。
CPUと、カメラ性能しか変化はありませんが・・。

しかし、iphoneXは高い・・。
iphone8と比べても4万以上も高い。



マユタテアカネ

2017年11月15日(水)

 今晩から急激に気温が低くなり、週末には一気に12月下旬の気温に
なるとのことでしたので、今年少ないキトンボではありますが、今日の昼間はまだ気温も
高いとのことでしたので、またキトンボの確認へ行きました。
今年は、産卵時間が12時前後であったため、いつもより遅く出発。

 ところが、高速道路のインター渋滞に加え、工事渋滞もあり、ポイントについたのが、
11時すぎになってしまいました。

ようやくポイントへ到着すると、気温も17度あり、風も穏やかで
キトンボのオスも、そこそこの数が出てくれていました。
オスは、今シーズン一番多く見られ、10頭ほど。

2017_11_15_03.jpg

2017_11_15_02.jpg

2017_11_15_01.jpg

↓こちらの写真は、iphoneXによる、ポートレートモード。
2つのレンズで撮影し、背景を一眼レフのようにボカして撮影できるというものです。
2017_11_15_04.jpg


 13時まで待ちましたが、キトンボの産卵は現れませんでした。
いやはや今年は厳しいなぁ・・・・。

 ということで、またマユタテアカネの産卵。
マユタテも数が少なく、産卵は2ペアのみでした。

2017_11_15_05.jpg

2017_11_15_06.jpg

2017_11_15_07.jpg

2017_11_15_08.jpg

2017_11_15_09.jpg


 そして。
今日は、iphoneXの動画撮影も目的の一つでした。
スローモーション動画が、1080Pの240FPS、4K動画が60FPSで撮影できるようになった
ためです。
早速撮影して、サンプル動画をアップしてみました。

【スローモーション1080P・240FPS】
youtubeの右下の歯車マークをクリックして、1080Pを選択してください。

IMG_2728.jpg




 次に、4K60FPS。
同じく、youtubeの右下から、2160Pに設定してください。

4K動画は、対応したモニターが無いと、4Kで見れません。(動画は見ることができます)
更に、どうも60FPSではアップされないような情報もあるため、ちゃんとアップされているか
分かりません。

あと、ブラウザによって、上記の画質が選択できないらしいので、
選択できない場合は、youtube推薦のgoogle chromeを使用してください。

4K60FPS、、、、2160P60が選択できないので多分アップできていないような・・・。


IMG_2730.jpg



キトンボ

2017年11月12日(日) その3

 キトンボです。
今年のキトンボは空振り続きですが、懲りずに行ってきました。
風も穏やかで天候も快晴でした。
ただ、気温が少し低く14度ぐらい。

 オスは、今年見た中では、一番多く出てくれてました。
とは言っても、7頭ほど。


【全ノートリミング】

2017_11_12_07.jpg

2017_11_12_18.jpg

 しかし、産卵が現れない。
ずっと待ち状態で、オスを撮影しながら待ちました。
待つこと2時間。もう時間は12時・・・・。

そこで、息子が後ろ!と叫ぶので見ると、ようやく産卵ペアが登場しました。
しかし、全く産卵場所が定まらず、少し産卵を始めても場所を転々と変えます。
僕と、息子が追い回しているのも原因だと思いますが・・・。

2017_11_12_08.jpg

2017_11_12_09.jpg

2017_11_12_10.jpg

2017_11_12_11.jpg

2017_11_12_12.jpg



 そんな状況でしたが、ようやく落ち着いて産卵を始めたのは、草の茂みの中。。。
そこでも、少しずつ場所を変えながら産卵をします。
場所を頻繁に変えながら産卵を繰り返しますが、産卵は途絶えることなく、比較的
長く産卵してくれました。


2017_11_12_13.jpg

2017_11_12_14.jpg

2017_11_12_15.jpg

2017_11_12_16.jpg

2017_11_12_17.jpg

 今日は、この1ペアのみ。
昨年、かなりの産卵数だったことを思うと、非常に寂しい状況ですが、
なんとか撮れました。
たった1ペアでしたが、撮れた、撮れないではかなり違います。
あと、動画も撮れました。ドアップで撮ってみました。


 


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
663位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
134位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム