ミヤマアカネ産卵の続き

2017年10月8日(日) その3
 

 続きです。
結局、なんとか太陽が出てくれたのが、11時30分。
雲が多く、安定しない状況でしたが、ミヤマアカネ達もそこそこ産卵に来てくれました。

細流は水の流れがほとんど無く、チョロチョロと流れている程度で、ほとんど水が
ありませんでした。
しかも、草が生い茂り、流れを覆うようになっていましたので、近寄るとカメラが
草に干渉して思うように撮れませんでした。
なので、撮影は草の少ない下流での撮影になりました。

次回は、草刈をしないといけません。

 【全ノートリミング】
2017_10_08_11.jpg

2017_10_08_12.jpg


 今日は5ペアの同時産卵を見ることができましたが、写真がピンボケ
だったため、3ペア止まりとなってしまいました。

2017_10_08_13.jpg

2017_10_08_14.jpg

2017_10_08_15.jpg

2017_10_08_16.jpg

2017_10_08_17.jpg



アキアカネ

2017年10月08日(日) その2

 ミヤマアカネが産卵していた田んぼでは、当然ながらアキアカネも産卵。
両者のコラボを狙いましたが、全くフレームに入ってくれず、撮れませんでした。

やはりアキアカネは、ミヤマアカネよりも敏感で、近寄ってもアキアカネだけが
飛び去ってしまうパターンばかりでした。
また露出失敗。


【全ノートリミング】

2017_10_08_07.jpg

2017_10_08_08.jpg

2017_10_08_10.jpg

田んぼで、ミヤマアカネ

2017年10月08日(日) その1


 毎年見に行っているマイコアカネのポイントへ。
久しぶりに息子も同行しました。
今日は、いつもの場所ではなく、少し離れた近隣のポイント。
しかし、農作業中で車を止めることができなかったので断念し、山間部のミヤマアカネへ。

ミヤマアカネは、9月10日以来の訪問で、約1ケ月になります。
現地には、少し遅い10時30分に到着。
稲刈りは終わっていました。

天候が最悪で、どう見ても回復しそうな気配なく、厚い雲に
覆われていました。

こんな状況なら、貴重な休みゆえ、平野部の近所で晴れているアカトンボを撮ったほうが良かったと
後悔しましたが、今更引き返しても産卵時間には間に合わないため、仕方なく、トボトボと
田んぼへと足を踏み入れました。

完全に曇っている中、ミヤマアカネとアキアカネが、田んぼで産卵。
お日様が出ていないことで、産卵は安定せず、近寄っていないにも関わらず、
転々と場所を変えます。

そんな状況の中で、なんとか撮影できた、田んぼでのミヤマアカネです。
広角ですけど、大きく撮ってみました。


【全ノートリミング】


2017_10_08_01.jpg

2017_10_08_02.jpg

2017_10_08_03.jpg

2017_10_08_04.jpg

2017_10_08_05.jpg

2017_10_08_06.jpg

アキアカネ

2017年10月4日(水) その3

 キトンボの池に向かう途中、小さな田んぼを車で通過すると、
リング状になったアキアカネの交尾態が、フワッと舞い上がるのが見えました。
6~7ペアほどが同時に飛んだので、思わず車を止めてしまいました。
まだ、太陽が雲に隠れていた時間だったので、体を温めていたのではないでしょうか。

一旦、キトンボの池に行きました。
前回の記事に書いた通り、キトンボは姿がありませんでしたので、またこの田んぼ
に戻ってアキアカネ撮影。

晴れたと同時に、次から次へと産卵がやってきます。
もう休む暇もありません。

【全ノートリミング】
2017_10_05_03.jpg

2017_10_05_04.jpg

 今更言うことでもないが、田んぼでのアキアカネ広角撮影は難しい。
アキアカネに近寄るのが結構難しい上、田んぼのデコボコした地に低く産卵するため、
背景が抜けないことが多いですね。

今日の写真も、稲の背景に混ざってしまい、良くありません。

2017_10_05_05.jpg

2017_10_05_06.jpg


 アキアカネは、田んぼ以外のフラットな水溜りにも産卵することもあるため、こうした場所での撮影は、
背景も抜けて、綺麗にアキアカネが浮かび上がる写真が撮れるのですが、
やはりアキアカネは田んぼでの産卵を狙いたいですね。

2017_10_05_07.jpg

2017_10_05_08.jpg

 田んぼの具合によっては、好条件な場合もありますが、広角撮影に向いた
良いロケーションに遭遇したことがあまりありません。

更に、田んぼに水が残っていないと産卵には出会えないため、秋晴れの良い天候でも、
田んぼがカラカラに乾燥していると、産卵は見れません。

2017_10_05_09.jpg

2017_10_05_10.jpg

2017_10_05_11.jpg


 今日は、多くのアキアカネが産卵に舞い降り、撮影を堪能できました。
何度か、同時に4ペア以上の産卵もありました。
慎重に近寄るも、結局残るのは1ペア。
やはり、1ペアをじっくり撮影しながら、別のペアがフレームに入ってくるのを待つのが良いのかな。




 









マユタテアカネ

2017年10月4日(水) その2

 キトンボの池に向かう途中で、水がある田んぼを発見。
少しここに寄り道。
マユタテアカネが産卵していましたので、撮影しました。
キトンボが気になっていたので、数枚撮って移動。
逆光。ストロボ弱し。

【全ノートリミング】

2017_10_05_01.jpg

2017_10_05_02.jpg

キトンボ

2017年10月04日(水) その1

 撮りたいトンボも無かったため、かなり気が早いですが、キトンボの池を見に行ってみました。
しかし、天候がダメでした。
朝から、相当曇っていて、行くのをやめて家でゆっくりしようかと思ったほどでした。

現地のライブカメラを見ると、うっすらと青空が見えたので、行くことに。
しかし、晴れてきたのが、11時。
12時にはかなりの快晴となりましたが、キトンボの姿はありませんでした。
まだ早かったのかな?

あとこの池の心配事が一つ。
昨年は無かったのですが、池の中にネットで囲われたケージが8つほど。
そのケージの中には、外来睡蓮が浮かんでいました。。。。


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム