キトンボ

2016年11月22日(火) その3

 更にキトンボ続きます。

11時ごろ、キトンボの産卵が少し落ち着いたので、池の歩道を歩いていると、
そこに「monさん」が小走りにやって来ました!!

いやはやビックリしました。
なんと、仕事のスケジュールを調整し、わずか1時間の撮影リミットとのこと。
仕事をしている身としては、天候と休みの兼ね合いが合わず、ストレスが溜まることがあります。

monさん」は、今年からトンボを撮影を始められた方で、非常に熱心にトンボの観察と、
撮影技法を試されながら、フィールドに行かれています。

【全ノートリミング】
2016_11_22_11.jpg
キトンボとmonさん OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_12.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_13.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_18.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_19.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_16.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_17.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_22_20.jpg


これでキトンボは最後かな?
もしかしたら、12月以降の生き残り調査に出かけるかもしれません。
今日は、「monさん」ありがとうございました!
尚、今回撮影した写真は、まだ全部見ていないので、また後日確認して差し替えしていきます。


スポンサーサイト

キトンボ

2016年11月22日(火) その2

 キトンボの続き。
今日は、動画をメインで撮影と、W産卵を考えていました。
W産卵は、何度かチャンスがあったものの、どうしても2ペアが並んでくれない。

 しまいには、手で煽って、別ペアの産卵している所へ誘導するなど
してしまいましたが、今日のキトンボはそれにも物怖じせず、気に入った産卵場所なのか、
執拗に同じ場所で産卵を繰り返すばかりでした。

一方、動画は、パナソニックFZ200(スローモーション)、iPHONE6s(スローモーション)、OM-D E-M5 MarkII
で、撮影しました。

11月24日、OMD動画の一部の露出が日陰になったまま撮影してしまったので、「Adobe Photoshop Lightroom」
で補正してアップし直しました。


【iPHONE6s(スローモーション)】


【パナソニックFZ200(スローモーション)】


【OM-D E-M5 MarkII】

キトンボ

2016年11月22日(火) その1
 
 しつこいようですが、またキトンボです。

 というのも、明日以降から急激に気温が低くなるとの予報。
そんな中、今日だけが気温が非常に高いとのこと。
これは今年最後のキトンボ産卵撮影になるかも知れないと思い、強行で行ってきました。

高速道路の渋滞を予想して8時に出発。
しかし、高速は渋滞無く、9時30分に到着しました。
気温は高く16度あり、滞在中の最高気温は20度!

早速、支度をしてポイントの池へ。
池を見渡すと、すでに産卵が始まっていました!


 【全ノートリミング】
2016_11_22_01.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_02.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_03.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

 まずは、OMDで撮影しましたが、今一つうまく撮影できませんでした。
OMDでは毎度よくある失敗で、今日もいつの間にかホワイトバランスが「日陰」の設定になっていました。
RAW現像で解決するのですが、枚数が多くチェックが面倒になったので、今回は選別しませんでした。
これは、僕のカメラの持ち方が悪いようで、必ず毎回やってしまうミスです。
ホワイトバランスを常時、「晴れ」に固定できないのかな・・・。
 
2016_11_22_04.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_05.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


2016_11_22_06.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_07.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

 11月も後半ということで、数が減ってきているかと思いましたが、そんなことは無く、
最も盛況だった12日とほぼ状況は変わらず、産卵は13ペア以上は確認できました。
若干、単独オスの数が減っているように感じました。

2016_11_22_08.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_09.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_22_10.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


キトンボ、まだまだ続きます。



キトンボですが・・

2016年11月20日(日)

 昨日の雨から一転し、今日は快晴。
早速準備してキトンボへと向かいました。
気がかりなのは、キトンボのポイントだけが曇りの予報。

高速を走っていると、ポイントに近づくに、どんどん曇ってきました。
で、現地に10時に到着。
天候は、最悪の超曇り空でした・・。

車を降りて、産卵のポイントへ歩いていると、「やまねさん」が。
なんと、やまねさん、イヨさん、monさんの3名が来られていました。
「トンボはなーんにもいない」とのこと。

今日は、気温が高く、少しでも晴れ間が出たら一気に産卵が始まるだろうと、
皆で晴れ間が出るのを待ちました。
しかし、考え甘く、残念ながら雨まで降って来て、12時すぎに退散となりました。

帰り道の駐車場手前で、イノシシの解体をやっていたので見学させて頂きました。
うっかり写真を撮るのを忘れたので、やまねさんから写真を送って頂きました。

2016_11_20_01.jpg

2016_11_20_02.jpg

ホソミイトトンボ

2016年11月18日(金)

 今日は、キトンボのポイントの気温が低く、最高気温14度との予報でしたので、
キトンボは残念ながら行けませんでした。
最低気温も低く、霜注意報が出ていました。

 ということで、お昼から越冬トンボの一種であるホソミイトトンボを見に行きました。
まだ越冬が本格化していないので、産地の日向を探せばすぐに見つかります。
約5頭ほどのホソミイトトンボを確認しました。

頭から尾っぽまでのピントが合っていなかった・・・。
OMD12mm撮影。

2016_11_18_2.jpg

2016_11_18_3.jpg
 
 今日のブログをアップ後、「やまねさん」から「もう雪虫が出ていたのですね。もう冬ですね。」
との連絡を頂きました。
今まで、気が付かなかっただけなのかも知れませんが、見たことがありませんでした。
この虫が飛ぶと、もうすぐ雪が降る、冬の知らせを告げる虫として知られているようです。
正式には、アブラムシの仲間で「オオワタムシ」とのことです。

5mmほどの小さな体で、ポワポワした白い綿のような体をしていて、フワフワと飛んでいる様子は雪を連想させる
ような感じでした。
寿命は1週間らしい・・。

2016_11_18_100.jpg



またキトンボ

2016年11月16日(水)

 キトンボです。
今日で7回目になります。
毎回同じような写真ばかりなので、一見すると更新していないような感じですが・・

昨年・一昨年のキトンボは、非常に少なく厳しい状況でしたが、
今年は比較的盛況だったので、何度も通っています。
産地であっても、来年以降見れるかどうかも分からない少ないトンボですので、
今のうちに撮っておこうと思っています。

 さて、現地には10時30分に到着。
今日は、非常に寒く風がありました。
ポイント滞在時での最高気温は、15度でした。

 まずは、いつものミルンヤンマを撮影。
毎回、同じ個体だと思います。

【全ノートリミング】
2016_11_16_00.jpg


 キトンボは、11時20分に交尾態が飛来。
2016_11_16_01.jpg
キトンボ交尾 11時16分 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
 
 オスは10頭ほど確認しました。
今日は寒いため、産卵も少ないであろうと思い、あまり場所を移動せず、これまで1番産卵の多かった場所に留まって
待つことにしました。
11時30分ごろ、先ほどの交尾態が産卵。

2016_11_16_02.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_16_03.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_16_04.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


 今回は、すべてフラッシュは使いませんでした。
少し逆光気味の場所では、軽く発光した方が良かったかも知れません。↓
2016_11_16_05.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_16_06.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_16_07.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2016_11_16_13.jpg
キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

 産卵は予想していたよりも多く、同じ場所で5ペアの産卵が来てくれました。
この寒さと風では1~2ペア程度と思っていましたが、非常に運が良かったです。
ただ、狙っていたW産卵は見られずでした。
前回は、トリプル産卵も見られたのですが・・・。


2016_11_16_08_2.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_16_09.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_16_10.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_16_11.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X

2016_11_16_12.jpg
キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X



2016_11_16_14.jpg

 ということで、またキトンボでした。
ちなみに次回も、多分キトンボです。



キトンボ

2016年11月12日(土) その2

 キトンボの続き、動画です。
普通の動画と、240FPSの動画です。
今日は産卵数も多く、カメラ撮影もビデオ撮影も十分楽しむことができました。
しかし、トンボの羽音はいいですね。
ハチだと高速過ぎてブーンですが、トンボ産卵の羽音は、超繊細・超小型プロペラ機のような感じ?


この調子だと、明日も気温高いのでキトンボ祭りと思われます。
僕は仕事で行けないですが・・。

今日は、「Oさん」ありがとうございました!






 こちらはマユタテの産卵です。

キトンボ

2016年11月12日(土) その1

 キトンボです。
毎年行っているキトンボ産地ですが、これまでの観察から、今年は結構多く見られたため、
今日も行ってきました。

やはり高速は渋滞で、特に今日は酷かった・・。
現地には、10時到着。
車を駐車すると同時に、「Oさん」がお見えになられました。

支度をして、2人で池へ向かいました。
先に息子はさっさと池に行ったようです。

ポイントまで歩く道中では、「Oさん」から40年前のこの池のお話など聞かせて頂き、
非常にビックリするような話も聞けました。

さて、産卵ポイントに到着し、少し「Oさん」とお話しした後、池を覗いてみると、
なんともう産卵ペアが。
最初のペアは、10時20分頃でした。
今日は朝からポカポカ陽気で、気温が高く17度ほどありました。


【全ノートリミング】

2016_11_12_00.jpg
<キトンボ交尾&連結 息子撮影> 

2016_11_12_01.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_11_12_01_1.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_11_12_01_2.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_11_12_03.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

その後、次から次へと産卵が現れ、カメラとビデオに忙しく撮影を楽しみました。
息子はずっと、別の場所で撮影しており、そこでも多くの産卵を見たとのことですので、
約15ペア以上は来たと思います。

40年前から撮影されてきた、「Oさん」からしてみれば、まずまずの数だろうと思われますが、
僕がこれまで通った5年間の中では、圧倒的な数でした。

2016_11_12_04.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_11_12_100.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_101.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_102.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_103.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

 キトンボ達は、10時30分から12時まで、約90分の産卵タイムでした。
盛況な割に、あまり良い写真は撮れなかった・・精進あるのみですね。
2ペア、3ペア同時産卵も見られたので狙いましたが、暗がりの産卵で
ダメでした。

2016_11_12_110.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_104_1.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>


2016_11_12_104_2.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_104_3.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_111.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_106.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_107.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

↓後ろの石の形と、キトンボの♀の産卵弁がそっくり!
2016_11_12_108.jpg
<キトンボ産卵  D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_12_109.jpg
<キトンボ♂>

アキアカネ

2016年11月11日(金)

 アキアカネ。
今年のアキアカネは、休みと天候がうまく合わず、ずっと撮れない状況でした。
現状でアキアカネの産卵が見られる田んぼのほとんどは、2番穂が伸びてしまって
撮影が難しい状況でした。

ということで個体数は少ないけど、稲刈りが最も遅かった、車で10分の近所の田んぼへ撮影に出かけました。
現地には、10時に到着。
若干風がありましたが、気温が非常に高く快晴でしたので、産卵に来てくれることを願って
田んぼを歩きました。

2016_11_11_01.jpg

ここは、非常に広大な田んぼです。
更に今年は雨が多く、昨日も雨が降ったので、すべての田んぼには水が残っていましたので、
産卵ポイントを絞るには厳しい状況です。
なので、メスが止まっていると思われる並木の目の前の田んぼにポイントを絞って待つことにしました。↓
2016_11_11_02.jpg

 11時ごろ、連結ペアが高速で舞い降りて産卵を開始。
青空が抜けた写真を撮りたかったのですが、やはりアキアカネの産卵行動は、地面スレスレで低いので
うまく撮れませんでした。

【全ノートリミング】
2016_11_11_03.jpg

2016_11_11_04.jpg

 順光で撮ると、どうしても自分の影が入ってしまってダメでした。
やはり、距離を取って撮影し、トリミングするしかないのかな。
↓これは酷い・・、トンボが田んぼの色に溶け込んでしまってます。
2016_11_11_05.jpg

2016_11_11_06.jpg


 産卵は11時~12時の間に、約10ペアほどが観察した5枚の田んぼに見られました。
探しながらでないと見つけることはできない状況でしたので、見つけて撮影をするも、
すでに産卵していた時間が経過しており、シャッターを切れないまま産卵を終えてしまうペアもありました。
全部背を向けた写真ばかりで、真横でビシッと撮れず、アキアカネはマクロの方が良いかも知れない。

2016_11_11_07.jpg

2016_11_11_08.jpg

2016_11_11_09.jpg

2016_11_11_10.jpg

2016_11_11_11.jpg

2016_11_11_12.jpg


2016_11_11_13.jpg

2016_11_11_99.jpg

2016_11_11_100.jpg



2016_11_11_101.jpg
<オツネントンボ♀>

 うーむ・・・・、撮るには撮れたけどダメダメな写真になってしまいました。
今日から来週1週間は、気温が高い日が続くとのことですので、もう少しの間は産卵が楽しめそうです。

キトンボ

2016年11月7日(月)

 今日もキトンボ。
キトンボも数が少ない種であることから、「撮れるうちに撮っておこう」とのことで連日通っています。
今日は、「やまねさん」も一緒に同行しての撮影。

産卵は11時ごろなので、それほど急ぐ必要はありません。
しかも今日は、最高気温の予報が18度だったので、更に産卵は遅れると思います。
高速の一部で必ず渋滞をするため、その時間を計算に入れて出発。

現地には10時すぎに到着しました。
到着すると、風があってかなり寒い・・・。
この時期、今日のように寒い日に訪問すると、産卵が見れるのか心配になります。
キトンボは、11時前から、オスが日向に出てくるようになりました。

前回の記事で書きましたが、今年のキトンボは結構多く見られ、
1つの池、観察した範囲の池淵だけでもオスは8頭ほど見られました。
残りの2つの池、対岸も合わせると、もっといたと考えます。

【全ノートリミング】
2016_11_07_01.jpg
<キトンボ♂ マユタテアカネ♂>

2016_11_07_02.jpg
<キトンボ♂>

2016_11_07_03.jpg
<キトンボ♂>


 その後、ようやく11時30分頃から、交尾態がポツポツ見られるようになり、
やまねさんが連結で飛んでいるのを発見。連結が飛んで行った方へ向かいました。

 しかし、少し飛んで草木に静止するばかりで、中々産卵しません。
30分も同じ繰り返しで、結局産卵せず、連結を解いてしまいました。
温度計を見ると17度でしたので、気温が低かったようです。

 ここで12時の防災環境のチャイムが鳴り、「やまねさん」が弁当を車に取りに戻られました。
前回訪問時の盛況ぶりが無く、やはり今日の気温では産卵は厳しいのかと思いながら、歩いていると
交尾態が止まっていました。
「やまねさん」も、弁当を持って帰ってきましたので、一緒に撮影。

2016_11_07_04.jpg
<キトンボ交尾>

 10分ほどすると、キトンボは産卵を開始しました。
先ほどの産卵ペアが、不発だったので心配しましたが、通常通りの産卵で一安心。

2016_11_07_18.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 OMDでの撮影ですが、
いつもは、撮影途中に撮影した写真の確認をしないのですが、今日はなんとなく確認。
写真を見ると、どう見てもフラッシュが発光していない。
原因が分からず、産卵するキトンボを横目に、機材を急いで交換。
キトンボは、結構長く産卵してくれたので、機材交換時間も間に合いました。

で、故障かと思っていたフラッシュは、電池が一本逆に装着してしまったのが
原因でした。なんとも恥ずかしいニアミス。

2016_11_07_05.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_11_07_06.jpg
<キトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




2016_11_07_07.jpg
<キトンボ産卵 D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>


↓「やまねさん」を背景に入れて撮影。
2016_11_07_08.jpg
<キトンボ産卵 D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_07_09.jpg
<キトンボ産卵 D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_07_10.jpg
<キトンボ産卵 D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>



2016_11_07_12.jpg
<キトンボ産卵 D4+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+ケンコー PRO300 1.4X>

2016_11_07_13.jpg


 その帰り、「やまねさん」の案内で、バイカモのポイントへ行きました。
初夏には、アオハダトンボ、ハグロトンボ達がこのバイカモに産卵するシーンを昔見たとのことで、
下見で行ってきました。

2016_11_07_14.jpg

↓ピンボケですが、かろうじて水中で咲いていたバイカモの花
2016_11_07_15.jpg

2016_11_07_16.jpg

2016_11_07_17.jpg

非常に綺麗な水で、思わず水中撮影。

来シーズンの水中産卵を期待して、帰宅しました。
今日は、「やまねさん」お付き合い下さり、ありがとうございました。


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
31位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム