ミヤマアカネ&ルリボシヤンマ

2016年9月27日(火)

 本日も行ってきました。
前回、ご一緒した「やまねさん」と「イヨさん」が、再度ミヤマアカネに行かれるとのことでしたが、
僕はマダラナニワトンボを予定していました。

しかし、朝からかなり曇っていたため、
予定を変更して、やまねさん達と合流し、またミヤマアカネとルリボシヤンマを見に行きました。

現地には、11時前に到着。
いつものように地主さん宅へご挨拶し、田んぼへ。
田んぼは稲刈りを終えていました。

ミヤマアカネの産卵する細流は、雑草がかなり茂っていましたので、まずはこれらの
草刈を3人で行いました。
しかし、草刈を終えるも、あまり産卵するペアが見られません。

天候は、前回日曜日の訪問時とさほど変わりありませんでしたので、天候の影響は
関係なさそうに思います。
パラパラと少数が産卵にやってきますが、相当敏感で、近寄ることさえできない状況です。
12時になっても状況は変わらず、オスもメスもお休みモードとなり、結局今日の産卵は終了となってしまいました。

帰りに地主さん宅へご挨拶に伺うと、ご夫婦揃って庭で手入れをされていました。
この地主さん宅の敷地は大変広く、ミヤマアカネを中心に、オニヤンマ、ミルンヤンマが飛びます。
その一角に植えられたフジバカマには、毎年10ほどのアサギマダラが飛来するとのことで、
これを楽しみにされているとのことでした。

2016_09_27_1.jpg

2016_09_27_2.jpg

2016_09_27_3.jpg

2016_09_27_4.jpg

 その後、弁当を食べて、ルリボシヤンマのポイントへ移動。
現地には、13時45分に到着。
天候は、雨が降りそうな曇り空。

駐車場前の水溜り池では、いつものごとくルリボシのオスが飛んでいました。
奥の広場へ移動するも、1頭のオスが時折飛んでくるだけで、厳しい状況でした。

ルリボシヤンマは、曇ってくるとホバリングをしてくれるので、曇り空でも大丈夫のような
気もしますが、やはり基本的に晴れベースの日でないと厳しいようです。

そんな中、少し奥の湿地池で、オスがホバリングを交えながら、メスをしきりに探していました。
メスも何度か入ってきて、連れ去りを試みたようですが、すべて失敗。

今日は、この飛翔を3人で囲んで撮影大会となりました。
広角で目の前に急接近するルリボシを約40分ほど堪能できました。

今日の写真はミヤマアカネ共によくありませんでしたが、最後の3人でのルリボシ撮影大会は非常に
楽しい時間となりました。

2016_09_27_100.jpg

2016_09_27_103_1.jpg

2016_09_27_104.jpg

2016_09_27_105.jpg



スポンサーサイト

ミヤマアカネ②

2016年9月25日(日) その3

 記事が前後しますが、ミヤマアカネで忘れていたのがあったので追記です。
撮影中、非常におかしな飛び方をするペアがおりました。

たまに見られる、メスが産卵を拒んで産卵飛翔するそれとは違い、縦横無尽に
非常に激しくトリッキーな動きで連結産卵しておりました。

目視では、どうなっているのか分からず、家に帰ってPCで見て初めて原因が分かりました。

【2枚目以外ノートリミング】

2016_09_25_25.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

  どうやら、メスの頭がクルッと一回転してしまっているようでした。
撮影中は、この状態が分からず、PCの写真で見るまで分かりませんでした。
非常に高速に、めちゃくちゃな飛び方をするので、10枚程度しか撮れませんでした。

↓上の写真のトリミングです。
2016_09_25_26.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_25_27.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 打水も普通に行っているように見えましたが、メスの体ごと水面に打つような感じでした。
↓ピンボケですが・・・・
2016_09_25_28.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_25_29.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 しばらくして、連結を解いた後。
2016_09_25_30.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

ルリボシヤンマ

2016年9月25日(日) その2

 次にルリボシヤンマ。
現地には、14時30分すぎに到着。

いつもの駐車場池で、ルリボシが飛んでいました。
息子はここで撮影するとのことで、僕は奥へ。
途中の大きな池の湖畔で飛ぶルリボシを撮影したく、見てみましたが、
オオルリボシヤンマしか飛んでいませんでした。

そのまま、いつもの広場へ。
ルリボシヤンマは、♂が3頭が飛んでいましたが、あまり落ち着きが無い様子で、
じっくり撮らせてくれません。

【全ノートリミング】
2016_09_25_18.jpg

 近くの湿地池でも飛んでいましたので撮影。
ここは暗いので、ストロボ撮影。
今日は、久しぶりにニコン機で撮影しました。

2016_09_25_19.jpg

↓雨で水溜りができた広場で撮影。
広角で初めて縦撮りしてみた。

2016_09_25_22.jpg

2016_09_25_23.jpg


 駐車場前の小さな池、ここではいつもルリボシの♂が常に飛んでいます。
比較的ホバリングも披露してくれ、オスも数頭飛んでいたので、オス同士のバトルも見られました。

2016_09_25_20.jpg

2016_09_25_21.jpg

ミヤマアカネ①

2016年9月25日(日) その1
 
 今日は午前中、やまねさん、イヨさん、monsanとミヤマアカネを見に行きました。
やまねさん達は、別のミヤマアカネのポイントへ寄ってから来るとのことで、息子と
僕は先に現地に直行しました。

ポイントには、11時すぎに現地に入りました。
天候は、曇りの予報でしたが、なんとか持ちそうな感じです。
いつものように、田んぼの地主さん宅へ許可を頂き、田んぼへ。
早々、多くのミヤマアカネ達が産卵をしていました。

産卵を撮影中に羽化したばかりの個体が飛びました。
まだ羽化があったんですね。
2016_09_25_24.jpg

産卵ペアは、いつものごとく多数おりますが、やはりまだ稲刈りが終わっていないことから、
稲の中で産卵するペアが多くおり、細流と田んぼに分散してしまいます。

【全ノートリミング】
【全OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO撮影】

2016_09_25_01.jpg

2016_09_25_02.jpg

2016_09_25_03.jpg

2016_09_25_04.jpg

 OMDは、連射ストロボのチャージと連射発光が本当にネックで、相当なストレスです。
チャージするまで5秒?ほどでしょうか・・・、かなり厳しいです。
連射発光も遅く、4~5発。

2016_09_25_05.jpg

2016_09_25_06.jpg

2016_09_25_07.jpg

2016_09_25_08.jpg

2016_09_25_09.jpg

2016_09_25_10.jpg

2016_09_25_11.jpg

2016_09_25_12.jpg

 今日は12時前に、産卵がほぼ終了。
移動準備をしていた12時すぎに、ようやく「やまねさん」達が到着。
産卵は、終わりつつあり、天候も少し陰ってきましたが、まだパラパラと産卵ペアが見られます。
13時30分まで皆で撮影を楽しみました。

↓露出失敗。
2016_09_25_13.jpg

2016_09_25_14.jpg

2016_09_25_15.jpg

2016_09_25_16.jpg

2016_09_25_17.jpg






最後に、息子撮影分です。
今まで、広角撮影は嫌って撮影していませんでしたが、珍しく今日は広角で撮影していました。

2016_09_25_00.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

2016_09_25_00_1.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

2016_09_25_00_2.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

 その後、息子と僕はルリボシヤンマのポイントへ移動。








 

エレクトロニックフラッシュ FL-900R

2016年9月23日(金)

 やっと出た。
最高クラス10コマ/秒の連写追従性能を達成、とのこと。
しかも、防塵・防滴・-10℃耐低温。
けど、高いなぁ・・・

000084669.jpg

エレクトロニックフラッシュ FL-900R




スライドショー

2016年9月20日(火)

 雨続きなので、スライドショーを作ってみました。
春から秋のトンボシーズンすべてを時系列にしてみましたが、その数が膨大で
かなり適当になってしまいました。

音楽も付けてみましたので、フルスクリーンで是非見てみて下さい。
ただ、20分もあるので飽きるかな・・・。


秋雨

2016年9月15日(木)

 秋雨前線が停滞しているため、ずっと曇りか雨が続いている中で、今日の天気予報は
晴れの予報。
マダラナニワトンボのポイントの天候が比較的良いとのことで行ってみました。
しかし、ポイントまでの道中は、厚い雲に覆われ、どう見ても晴れる気配がありません。

 これでは、オオルリボシヤンマしか見れないな・・と思いながらポイントへ向かいました。
現地、10時30分着。
やはり、天候が回復することは無く、結果的に今日1日、太陽を見ることはありませんでした・・・・。
しかも、マダラナニワトンボは若干時期が早いので、予想通りオオルリボシヤンマしか
いませんでした。

ということで悪天候の中、かろうじて見れたトンボです。

【トリミング混在】

↓また暗い写真になってしまいました。
2016_09_15_01.jpg
<リスアカネ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 久しぶりにシオカラトンボを撮影しました。
産卵は初めて撮影します。
子供のころからお馴染みのトンボですが、フィールドでは中々撮影しないトンボでしたので、
今日はある意味良かったのかも。
どこにでもいるイメージのあるシオカラトンボですが、意外に狙って行くと見れないのかも?

↓上に写っているオスは、オオシオカラトンボです。
2016_09_15_08.jpg
<シオカラトンボ産卵>

2016_09_15_09.jpg
<シオカラトンボ産卵>

2016_09_15_10.jpg
<シオカラトンボ産卵>

2016_09_15_11.jpg
<シオカラトンボ産卵>

 オオルリボシヤンマは5頭ほどが飛んでいて、オス同士の縄張り争いが絶えません。
今日は、珍しくメスの産卵は見ませんでした。
写真の羽の動きを見れば分かりますが、ホバリングはしてくれませんでした。
とは言っても、風などで運よくホバリングしてくれても、撮れない時はピントすら合わず全くダメですが・・・。

2016_09_15_03.jpg
<オオルリボシヤンマ♂>


2016_09_15_04.jpg
<オオルリボシヤンマ♂>

2016_09_15_05.jpg
<オオルリボシヤンマ♂>

↓広角撮影失敗。やはりオオルリボシヤンマの広角は厳しいかな。
2016_09_15_02.jpg
<オオルリボシヤンマ♂ 失敗作 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


 ↓この写真を撮っているぐらいですから、いかにトンボが居なかったか分かりますね(^^;
2016_09_15_12.jpg
<モンキチョウ>

2016_09_15_13.jpg
<モンキチョウ>



 自宅に帰って画像を見ると、撮影データがRAW+FINEでは無く、BASICになっていた。
これらの設定は触っていないので、気がかりであります。




ルリボシヤンマ

2016年9月9日(金) その3 

 続いてルリボシヤンマへ。
時間は、13時30分。

ルリボシヤンマは今まで見たことが無い数のオスが飛んでいました。
全部で8~9頭ほど。
先日までの雨で、各所に水溜りができ、そこで縄張り飛翔していました。
午後からは、天候が良く気温が高いため、ほとんどホバリングすることはありませんでした。

個体数が多いにも関わらず、非常に苦戦しました。
今日は13時30分から16時30分まで、延々と飛び続けました。
昼食も取らず撮影続行。

集中するためか、流石に非常に疲れたので、15時に遅い昼食をとり、
飛ぶルリボシを目の前に30分休憩。

【全ノートリミング 12mm】

2016_09_09_200.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_202_2.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_203.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_204_1.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

↓連射でフラッシュ光らず、色が出ませんでしたので残念ながら調整しました・・・・。
2016_09_09_212.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


 オスを苦心しながら撮影していると、後ろでバサバサッと羽音が聞こえ、無意識?に駆け寄りました。
3連結したルリボシでした。
逆光にも対応したいため、常時外部ストロボをONにしたOMDで撮影しましたので、
FP発光連射が足らず、肝心の1コマが抜けていました。
これがニコン機だったら、もしかしたら撮れていたかも??
以下、連続撮影の3コマです。

 2頭のオスが同時に、メスの首根っこを掴んでいます。
2016_09_09_206.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_207.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_208.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
 
 で、その後、すぐにニコン機に切れ換え、その時を待ちましたが、そう簡単には行きませんよね。
メスも現れず、オスは16時30分を目処に姿を消してしまいました。

2016_09_09_209.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 ニコンD4>

オニヤンマ

2016年9月9日(金) その2

 ミヤマアカネの産卵する流れでは、オニヤンマが縄張り飛翔していました。
オニヤンマ♂は、ミヤマアカネの産卵を見つけて、地面スレスレにホバリングして襲いかかるシーン
を何度か目撃しました。
この行動は、メスを発見した時と同じ行動なので、ミヤマアカネの羽の羽ばたきに反応していると
思われます。(参考:オニヤンマの扇風機)

 これを撮影できたら面白かったのですが、残念ながら撮影ならず。

【ノートリミング】


2016_09_09_211.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

ミヤマアカネ産卵

2016年9月9日(金) その1

 午前中、ルリボシヤンマへ直行する予定でしたが、変更してミヤマアカネを見に行きました。
前回、地主さんが不在だったので、田んぼに入ることができませんでしたが、
今日は、奥様がいらっしゃったのでご挨拶して田んぼへ。

今日の撮影はすべて、OMDで撮影しました。
家に帰って、パソコンで添削したところ、構図や背景など関係なく単純にピントが合った枚数は463枚あり、
マイクロフォーサーズの被写界深度の恩恵を受けました。

ただ、田んぼは稲刈りが終わっていないためか、田んぼ脇の細流は水が排出されており、
非常に水の流れが速い状態でした。
ミヤマアカネは、この速い流水での産卵を嫌い、細流での産卵撮影はできませんでした。
流れで産卵はするものの、2~3打水して諦め、流れ横の湿地状になった、じゅくじゅく
した場所で産卵するばかりでした。

また、田んぼの稲の中でも多くのミヤマアカネが産卵しており、稲の中で羽がこすれる音がしきりに
聞こえます。

産卵数に関しては、撮影を始めた10時30分~13時まで、全く休む間もなく、次から次へと産卵。
稲の上を、無数の交尾態が飛び交う様は、圧巻の一言でした。
その様子をビデオに撮るのを忘れていた・・・。

【全ノートリミング 12mm】
2016_09_09_01.jpg

2016_09_09_02.jpg

2016_09_09_03.jpg

2016_09_09_04.jpg

2016_09_09_05.jpg

 田んぼの稲刈りが終わっていない状態で訪問したことがなかったため新鮮でした。
細流では産卵しないが、田んぼで産卵するペアが多くいました。

2016_09_09_06.jpg

2016_09_09_07.jpg

2016_09_09_08.jpg

2016_09_09_09.jpg

2016_09_09_10.jpg

2016_09_09_11.jpg

2016_09_09_210.jpg

2016_09_09_13.jpg

2016_09_09_14.jpg

 3連結もいました。
3連結したまま普通に産卵していましたが、稲の中に入り込んで産卵していたので、撮影できませんでした。
あと、羽化直後のテネラル個体が数頭おりました。
産卵撮影に没頭していたので、写真は撮り忘れ。

2016_09_09_15.jpg

2016_09_09_16.jpg

2016_09_09_17.jpg

2016_09_09_18.jpg

2016_09_09_19.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
43位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム