コシボソヤンマ

2016年7月30日(土)

 待ちに待ったコシボソヤンマの縄張りがスタートしました。
例年より少し早くポイントへ行ったので、縄張りしているか心配しましたが、
問題なく縄張り飛翔を見ることができました。

ここは、川口探検隊を思わせるフィールドで、藪が生い茂っているため、ポイントまでの道中を草刈。
幸い息子も手伝ってくれるというので、2人で2時間かけて草刈しました。

2016_07_30_01.jpg

2016_07_30_02.jpg



 15時30分ごろ、草刈が終了。
息子が黄昏目当てだったため、
ここのポイントは一旦これで終了とし、他のポイントへ移動しました。
僕はコシボソを撮影したかったので、黄昏とコシボソが両方カバーできるポイントへ移動。

16時すぎにポイントへ着くと、すでにコシボソの縄張りはスタートしていました。
黄昏は時間が早く、まだ少ないながらも、すでにヤブ、ギンヤンマが飛んでいます。

縄張りするコシボソは、まだ出始めのためか、フィールドが広いためか、非常に警戒心が強く、
全く近寄れませんでした・・・・。
これほどまでに、寄れないコシボソは過去初めてかも知れません。

今回、初めてOMDで、薄暗い環境でコシボソを撮影しましたが、若干周囲が明るい場所であったため、
露出優先設定で、フラッシュによる飛翔の動きを止める撮影では、どうしても酷い残像が出てしまう
ため、シャッタースピードとISOを上げての撮影をしました。

結果、縄張り飛翔するコシボソに寄れなかったということもありますが、OMDのこの方法での撮影は、
ノイズが酷く、見るに堪えない結果となってしまいました。
また、フラッシュのチャージが全く追い付かず、連射による発光も貧弱なため、これが非常にストレスとなりました。

次回は、撮影方法をあれこれ試しながら挑みつつ、
これまで撮影してきた、ニコンの一眼レフと使い分けながら撮影していきます。

【全ノートリミング】

2016_07_30_03.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_07_30_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_07_30_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_07_30_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_07_30_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
スポンサーサイト

黄昏飛翔

2016年7月27日(水)

 今日は、夕方から久しぶりに黄昏飛翔。
その前に、コシボソヤンマの縄張りを見てきました。
1頭だけ、往復するコシボソがいたので、撮影を開始するも、数枚撮ったら一目散に逃げてしまい、
その後30分待ちましたが帰って来ず。
付近を探すと、倒木のある場所で探雌をするコシボソを見ましたが、今日は諦め。
安定して縄張りするには、もう少し先といった感じでした。(とは言っても1週間ほどの話ですが・・)

黄昏。
低く飛ぶヤンマもいましたが、全体的に高い。
今日見れた、ヤンマの種類をすべて撮影しましたが、高度が高いためフラッシュが届かず。

2016_07_27_01.jpg
<コシボソヤンマ♀>

2016_07_27_02.jpg
<マルタンヤンマ♀>

2016_07_27_03.jpg
<ヤブヤンマ♂><僕はボロボロの羽をした百戦錬磨なトンボが好きです。>

2016_07_27_04.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2016_07_27_05.jpg
<ギンヤンマ♂>

2016_07_27_06.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2016_07_27_07.jpg
<ネアカヨシヤンマ・・・・>

コシボソヤンマ未熟個体乱舞

2016年7月22日(金) その2

 今日は、夕方から前回記事でも書いた、コシボソヤンマの未熟個体の乱舞撮影に出かけた。

ここは、大御所さんが連日通うポイントですが、今日は誰も来ていませんでした(悲)
天候が曇りで、気温が26度と低く、飛んでくれるのか非常に心配しましたが、
19時に飛び始めました。

未熟個体の数が少なくなってきておりますが、まずまずの数が飛んでくれました。
今日は、ビデオ撮影をしました。
パナソニックFZ200のスローモーション動画と、OMD-M5Ⅱによる動画です。
スローモーションは、LED照明を照射したためか、残像が酷く出てしまいました。
編集無しの垂れ流しです。

乱舞するコシボソヤンマの中に入り撮影するのですが、今日は何度も顔に激突する
個体がありました。
しかし、なぜか動画撮影するレンズには追突しませんでした。
レンズに激突するシーンがあれば面白かったのですが・。

動画撮影は、まだまだ修行が必要なようで、肉眼で見るコシボソの数の臨場感は
全く表現できていません。

※撮影中にコケてIphone6s水没。ホームボタンきかないのと音が出ない。


【通常動画】



【スローモーション動画】

【書籍】日本のトンボ

2016年7月22日(金) その1

 今日、古いトンボ図鑑「日本のトンボ 山と渓谷社」が届いた。
昭和48年7月1日発行。
清水さんの写真が何点か掲載されている。
僕はまだ3歳か・・・。

2016_07_22_01.jpg

2016_07_22_02.jpg

2016_07_22_03.jpg

2016_07_22_04.jpg

 今では局地的にしか見られなくなってしまったマダラナニワトンボ。
昭和47年当時の清水さん撮影の写真。

2016_07_22_05.jpg

2016_07_22_06.jpg

 この本は、今の図鑑のように定型のようなお決まりの文面ではなく、当時の著者のフィールドでの
経験による解説が各トンボごとに紹介されており、非常に読みごたえがあります。
当時の写真と合わせて楽しめる非常に良い図鑑です。

ネアカ、ヤブ

2016年7月20日(水)

 マルタンの産卵は現れず。

2016_07_20_01.jpg

2016_07_20_02.jpg

2016_07_20_03.jpg

2016_07_20_04.jpg

マルタンヤンマ産卵

2016年7月17日(日)

 午前中は、先日の事故の関係でディーラーへ行き、
夕方から、トンボ界の重鎮、Sさんとマルタンヤンマの産卵撮影。

 現地には、15時に到着し、
16時40分のマルタンヤンマ産卵登場までの間、Sさんとお話ししながらマル待ち。
40年以上もトンボの観察と撮影を続けてきたSさんは、自費出版の写真集や、
当時のトンボ話も含め、非常に興味深いお話をして下さいました。
また、当時の自然豊かだった時代を羨ましくも思いました。

 フィルム時代における、多大なコストと時間をかけて撮影し続けてきたことを想像すると、
その熱意には感服するばかりです。しかも、カメラの性能も40年前と今では雲泥の差の時代です。
フィルム交換の間に目の前の貴重な瞬間を撮り逃したりなどもあったことでしょう。
一方で、仕事とフィールドへ行く時間をやり繰りする苦悩は、僕と同じでした(笑)

 さて、マルタンヤンマの産卵は、今日は16時40分に1頭のみでした。
この個体は非常に付き合いが良く、あまり近寄っても逃げることがありませんでした。
ただ、枝被りの無い、真横からのショットは撮れませんでしたが・・・。

2016_07_17_01.jpg

2016_07_17_02.jpg

2016_07_17_03.jpg

2016_07_17_04.jpg

2016_07_17_05.jpg

 ということで、Sさん今日はありがとうございました。
また次回お会いできればと思います。

2016_07_17_06.jpg

 最後に、息子撮影の動画です。
手振れ補正がOFFになっていたので、ブルブルですが・・。









マルタンヤンマ産卵

2016年7月14日(木) その1

 今日は、お昼からヤンマのぶら下がりチェック。
12時すぎ到着すると、ネアカヨシヤンマ発見。
ちょっと遠いので300mmでギリギリ。

2016_07_14_01.jpg

 その後、場所を移動してヤブヤンマのぶら下がり。
ご一緒した蝶鳥蜻蛉さんが見つけてくれました。

2016_07_14_02.jpg

2016_07_14_03.jpg

 その後は、マルタンヤンマの産卵待ち。
16時30分になると、1頭のメスが産卵にやってきました。

2016_07_14_04.jpg

しばらく間をおいて、17時すぎ、後続の3頭が産卵に。
やはり、ごちゃごちゃした草地に潜り込むため、思うように撮影ができません。

2016_07_14_06.jpg

2016_07_14_07.jpg
<トリミングしてないけど、ザラザラ>

2016_07_14_05.jpg

 そして、この後はコシボソヤンマの未熟個体乱舞の撮影。
2012年7月17日に撮影した時よりも数は少なかったですが、結構飛んでくれました。
動画も撮影しましたが、トンボを知る方には分かる程度の映像で、
他の撮影者の方も映っているので今回はアップは無しです。



カトリヤンマ

2016年7月14日(木)

P7140018.jpg

オニヤンマ

2016年7月7日(木)

 今日は、最高に天候が良かったですが、何もいませんでした。
閑散の一言。
更に、車の接触事故にも合い散々な一日でした。
事故で運転席のドアが開かなくなったので、助手席から乗り降り。

車もトンボ撮影で走り回って18万キロ目前。
どうしようか悩むところです。



2016_07_07_00.jpg

2016_07_07_01.jpg

2016_07_07_02.jpg




マルタンヤンマ

2016年7月5日(火)

 今日は、あちこち結構行きましたが、気温が高いためか、どこのフィールドも閑散状態でした。
午前中10時に、ウチワヤンマの産卵狙いで行きましたが、産卵用の植物が一切無く、残念ながら
産卵は見られず。
2年前はびっしり植物が茂っていて産卵もバンバン来ていましたが、昨年からなぜか全く無くなってしまいました。

2016_07_05_09.jpg
<ウチワヤンマ♂>

 次に、キイロヤマトンボの支流へ向かいます。
その道中で、突然思い立ったヤブヤンマの池に寄り道。
今季まだ撮っていない、ヤブヤンマのぶら下がりを撮っておこうと思い寄りました。

池に着くと、残念ながらヤブヤンマは見られず。
とりあえず昼食を食べて待つかと、腰を下ろした所、トンボの小さな羽音が聞こえるので見てみると、
なんとマルタン♂でした。
まだ体の色が薄い若いオス。
今年第1回目のぶら下がりヤンマ訪問で、いきなりマルタン♂。
ヤブもネアカもまだ見ぬままマルタン♂が来るとは思いもしませんでした。


しかし、真横からの撮影がどこのポジションを取っても枝被りで、どうしても撮れなかった。
マルタン♂は、1度飛んで場所を移動し、池の奥の少し高い場所に静止。
距離があって、全く動く気配が無かったため、わずか30分ほどでその場を後にしました。
過去全く同じ日・同じ曜日の、2011年7月5日(火)に、同じく若い個体を見た(この日は採集)のを思い出します。

【証拠写真含めアップ】
2016_07_05_10.jpg
<マルタンヤンマ♂ 超トリミング><12時13分 気温34度>

2016_07_05_02.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_03.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_04.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_05.jpg
<マルタンヤンマ♂>

 次にキイロヤマトンボの支流へ行きましたが、気温が高く全くトンボはいませんでした。
このまま夕方まで待てば飛んでくれるのでしょうが、待ちきれず移動。
次に、昨年何度も撮影したマルタンの産卵ポイントへ。
マルタン産卵ポイントは昨年に比べ、かなりガマが茂っていました。

2016_07_05_06.jpg

 17時30分まで待ちましたが、産卵は現れず。
少し時期が早いのか・・・。
ここは冬場、水が無くなる懸念がありますが、無事いくつかの羽化殻が見られました。

2016_07_05_07.jpg
<マルタンヤンマ♀羽化殻>

2016_07_05_08.jpg

テーマ : 小さな生き物達の世界
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
61位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム