カトリヤンマのヤゴ

2016年6月25日(土)

 カトリヤンマのヤゴ。
1時間で約200匹確認できました。
サイズは一番大きいので亜終齢でしたので、羽化は7月20日前後だと思われます。
今年も田んぼの地主さんともお会いし、少し話をさせて頂き、存分に楽しんでくださいとのお言葉。
ここの田んぼは、カワニナの他、クロゲンやシマゲン、トノサマガエルなども多く生息しています。
しかし、昨年見られなかったアメリカザリガニが多数見られたのが非常に気になります。



2016_06_25.jpg

2016_06_26.jpg

スポンサーサイト

アオサナエ、キイロヤマトンボ、コヤマトンボなど・・

2016年6月21日(火)

 昼、13時ごろ晴れたので行ってきました。
撮影が失敗ばかりで良くなかったので、全部まとめて。

【全ノートリミング】

2016_06_21_01.jpg
<アオサナエ・・フラッシュ光らずザラザラで最悪>

2016_06_21_02.jpg
<キイロヤマトンボ>

2016_06_21_03.jpg
<コヤマトンボ>

2016_06_21_04.jpg
<コヤマトンボ>

2016_06_21_05.jpg
<コヤマトンボ>

2016_06_21_06.jpg
<コヤマトンボ>


キイロヤマトンボ

2016年6月18日(土) その3

 キイロヤマトンボ。
なんとか1頭飛んでくれました。

2016_06_18_12.jpg
<キイロヤマトンボ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_05.jpg
<キイロヤマトンボ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

 メスの産卵も何度か見ることができました。
14時ぐらいから、4度ほど目撃。
2016_06_18_06.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_07.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_08.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_09.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>


↓打水は撮れませんでした。
2016_06_18_10.jpg
<キイロヤマトンボ産卵>

 
 最近、この野ウサギをよく目にします。
子供も連れていますが、今日は親だけでした。
2016_06_18_11.jpg

アオハダトンボ水中産卵

2016年6月18日(土) その2

 13時ごろ、コヤマトンボも見られなくなったため、またアオハダトンボの産卵を。
潜水産卵は、前回と同じ場所で産卵をしていました。

2016_06_18_02.jpg

コヤマトンボ

2016年6月18日(土) その1

 昨日、息子が友達と近所の雑木林でノコギリクワガタを数匹採ってきました。
これに火がついた息子の要望で、午前中にヒラタ、ミヤマのポイントへ行きました。
しかし残念ながら、どこ行ってもクワガタは見られず、コクワの♀をGETしただけ。

クワガタは、午前中だけの約束だったので、昼からはキイロヤマトンボの川へ。
ポイントには、12時に到着。
気温が30度を超えていましたので、トンボ達もお休みモードだと思われます。

川に入ると、コヤマトンボがパトロールしていました。
今日は、ビデオを中心に撮影。
やはり気温が高いため、長くは飛ばず、最初の30分ほどでした。

2016_06_18_03.jpg


アオハダトンボ水中産卵

2016年6月11日(土) その3

 続きです。
今日は、「その1」の記事に書いたキイロヤマトンボも目当てでしたが、アオハダトンボの水中産卵も目当てに行ってきました。
前回、「やまねさん」が水中産卵を綺麗に撮っておられました。

毎年、13時~14時ぐらいから産卵を見ていますので、その時間に間に合うよう12時現地に入っています。
アオハダトンボは、13時30分をすぎると、あちこちで産卵を開始。
産卵個体に近づくのは容易で、更に水中に潜ると全く物怖じしません。

2016_06_11_09.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

 川に浸かって撮影していると、僕の体が川の流れの障害物となり、水かさが増えてアオハダトンボが水没。

2016_06_11_10.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_11.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_12.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_13.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_14.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_15.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>

2016_06_11_16.jpg
<アオハダトンボ水中産卵><TG-850>





2016_06_11_07.jpg
<アオハダトンボ♂>

2016_06_11_08.jpg
<アオハダトンボ♂>


アオサナエ

2016年6月11日(土) その2

 コヤマトンボの撮影中、アオサナエが産卵にやってきました。
前回も、同じくコヤマトンボ撮影中の全く同じ場所、同じ時間に産卵に来ています。
同じ個体なのかも知れません。

急だったので、コヤマトンボの撮影設定のまま撮影。
フラッシュのチャージが間に合わず、綺麗に色が出ませんでした。

その3へ続く。。。


【全ノートリミング】

2016_06_11_03.jpg
<アオサナエ産卵><OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_11_04.jpg
<アオサナエ産卵><OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_11_05.jpg
<アオサナエ産卵><OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_11_06.jpg
<アオサナエ産卵><OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

コヤマトンボ

2016年6月11日(土) その1
 
 いつもの支流に、キイロヤマトンボを見に行きました。
その前に寄り道して、サラサヤンマを少し撮影。
中の湿地には姿が無く、林道で摂食していたサラサヤンマです。

2016_06_11_00.jpg
<サラサヤンマ>

 その後、支流へ。
夕方まで散策しますが、キイロヤマトンボの♂は見られませんでした。
コヤマトンボ♂は2頭。
ホンサナエもオス・メスともにいません。
このような状況は初めてです。
5月31日撮影を最後に、すべていなくなったキイロヤマは何処に行ったのでしょうか。

2016_06_11_02.jpg
<コヤマトンボ>

DSC_5642.jpg

コヤマトンボ

2016年6月3日(金)

 午前中の9時30分、キイロサナエの産卵に行きましたが、オスに4頭連れ去られ、
11時前にやっと産卵個体に出会えましたが、撮れず。

植物に止まって卵塊形成し、1度だけ打水して、また植物に止まり卵塊形成。
これを4度ほど繰り返して終了でした。
少しだけでもホバリングしての打水なら撮れたのかも知れませんが、卵塊形成した後、
そのままダイレクトに打水するので難しい。

2016_06_03_01.jpg

2016_06_03_02.jpg


 その後、「やまねさん」と合流し、昼12時にキイロヤマトンボの川へ。
前回、うまく撮れなかったためです。

しかし!
今日もキイロヤマトンボは1頭も出ず。
コヤマトンボが、わずかに見られるだけで昨日よりも状況は悪い状況でした。
というか、もう居ないのかも。

大きな網を持った採集者が数名。
種を問わず、根こそぎ採集の感じでした。

2016_06_03_03.jpg

2016_06_03_04.jpg

2016_06_03_10.jpg
 

コヤマトンボ

2016年6月2日(木)

 今日は、超快晴でしたが、非常にトンボの出が悪い日でした。
冷たい風が強く吹いていたのが影響したのでしょうか。

 午前中は、クロサナエを見に行きましたが、オスすら出ない状況で、
2時間後に撤収。

その後、キイロヤマトンボの川へ。
キイロヤマトンボも1頭も出ず、唯一、コヤマトンボの♂が出てくれたので撮影しました。
また、到着してすぐにコヤマトンボの♀が産卵していたので撮影しました。

【全ノートリミング】
2016_06_02_01.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_02.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
<分かり難いですが、尾っぽの先端に蓄えられた、深い緑色をした卵があります>

2016_06_02_03.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 そして、唯一出てくれたコヤマトンボ♂。
強風の中でも、がんばって飛んでくれました。

2016_06_02_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_12.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_13.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_06_02_15.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
61位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム