ホンサナエ&アオサナエ

2016年5月31日(火) その3

 キイロヤマトンボ撮影の合間に撮った、アオサナエとホンサナエです。
15時以降~夕方にかけて、ホンサナエの産卵が多く見られました。


2016_05_31_14.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_15.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_16.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_17.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_18.jpg
<ホンサナエ卵塊形成 D4+180mm トリミングなし>

2016_05_31_19.jpg
<ホンサナエ卵塊形成 D4+180mm トリミングあり>

2016_05_31_20.jpg
<アオハダトンボ  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>
スポンサーサイト

キイロヤマトンボ

2016年5月31日(火) その2

 続いて、キイロヤマトンボの飛翔を撮りに行きました。
時刻は13時。

到着した時点では、コヤマトンボもキイロヤマトンボも飛んでいませんでした。
14時ごろになって、キイロヤマトンボが飛び始めました。
上空にも摂食するキイロヤマトンボ。

縄張しながら、摂食するキロヤマトンボを撮影しました。
広角撮影をしましたが、キイロヤマトンボは、コヤマトンボのように、開けた水辺を飛んでくれないことが多いため、
あまり広角撮影をする意味が無い・・。

キイロヤマトンボは、夕方17時ぐらいまでで、途中30分ほどの休憩を挟みながら飛んでくれました。
やはり広角撮影は、被写体の位置もピントも甘く今一つでしたが、十分撮影を堪能できました。


2016_05_31_09.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_10.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_12.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>




 以下、コヤマトンボ。

2016_05_31_11.jpg
<コヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_13.jpg
<コヤマトンボ D4+タムロン180mm トリミングなし>

2016_05_31_13_1.jpg
<コヤマトンボ D4+タムロン180mm トリミングあり>

ハッチョウトンボ他

2016年5月31日(火) その1

 午前中は、キイロサナエ産卵→ハッチョウトンボ産卵で行ってきました。
朝、9時45分に到着。
相変わらず、オス達がひしめき合っており、とてもメスが立ち入る隙が無いような状況です。

10時すぎ、オスが少し席を外したと思えば、1頭のメスが高速で水辺へ降り立ち、近くの笹に止まりました。
産卵です。
卵塊をせっせと作っていました。
12mm-60mm、ピンボケでした・・・。

2016_05_31_01.jpg
<キイロサナエ 卵塊形成 ピンボケ>

その後、産卵開始。
せわしなく、飛びながら小刻みに打水産卵。
全く撮れませんでした。
以前撮った時は、ホバリング状態での打水産卵でしたので撮れましたが、
今回は手も足も出ず。

引き続き、次の産卵を待ちました。
すると、少し奥でサラサヤンマが接触飛翔を始めました。

キイロサナエを待っている間、このサラサが気になって仕方なく、10分も持たず、
サラサ撮影に・・。
摂食飛翔だったため、一切ホバリングしてくれなかったので、写真は思うように撮れず。

2016_05_31_02.jpg

2016_05_31_03.jpg


 続いてハッチョウトンボ。
サラサヤンマに時間が取られ、到着した時間11時すぎで遅くなってしまったため、
ハッチョウトンボのメスは、水辺を少し離れた場所で休憩中でした。
各所の40cm四方の場所で、複数のメスが休憩。

産卵する個体をなんとか見つけて撮影しましたが、打水の瞬間は撮れず。

2016_05_31_04.jpg

2016_05_31_05.jpg

2016_05_31_06.jpg

2016_05_31_07.jpg

2016_05_31_08.jpg

 今日撮影した湿地のすぐ横に、フェンスで囲われた保護された湿地があり、
丁度、保護区の湿地を管理されている方が作業をされていました。
帰り支度をしている頃に、お声をかけて頂き、色々お話させて頂きました。
連絡先を教えて下さり、撮影の際には許可下さるとのことでした。
次回、是非見させて頂きたいと思います。

ハッチョウトンボ

2016年5月27日(金) その2

 サラサヤンマが12時になると休息モードに入ったため、
晴れ間を伺いながら、車で昼食を食べました。

13時ごろになると、ようやく陽射しがでてきたため、ハッチョウトンボのポイントへ移動。
歩きはじめると、ここでもサラサヤンマ2頭が飛んでいました。

しばらく足止めを食らい、14時になってハッチョウトンボ。
(ここで撮ったサラサヤンマの写真は、その1の記事にまとめてアップしています。)

ハッチョウトンボは、見え隠れする陽射しにリアルタイムに反応しながら、産卵していました。
やはり、今回も打水は撮れず。
開放された開けた場所での産卵を狙いますが、オスが多すぎます。
すぐにオスに捕まっての繰り返しで、どうにもなりませんでした・・・・。

2016_05_27_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_12.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_13.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


サラサヤンマ

2016年5月27日(金) その1

 天候を気にしながら、ハッチョウトンボの産卵を見に行く予定で出かけました。
曇っていて気温も低いため、ハッチョウトンボも活性が弱いと思い、先にサラサヤンマに寄り道。
時間は11時と遅い時間です。

 非常に曇っていましたが、サラサヤンマは3頭飛んでいました。
今日も広角での撮影。
距離をジリジリ詰めながら、射程範囲に入った瞬間にシャッターを切る。
ホバリングをしますが、カメラを向けると上手に距離を取られるので、意外に難しいです。


<音声のみIphone6sにて別撮り>


【全ノートリミング】
2016_05_27_01.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_02.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_03.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

アオサナエ産卵

2016年5月24日(火) その4

 続きです。
コヤマトンボを撮影中、付近でバラバラと羽音が聞こえるため、見てみると
アオサナエが産卵していました!

なんとか、広角で撮影できました。
できれば、真横のショットが欲しかった。。。。

その後も、アオサナエは4頭の産卵を確認できました。
いずれもオスに持ってかれて、撮影はできませんでした。


【全ノートリミング】

2016_05_24_12.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_14.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_15.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_16.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

コヤマトンボ

2016年5月24日(火) その3
 
 続いて、コヤマトンボの広角撮影に行きました。
今日は、少し気温が低かったので、昼間でも飛んでいるかも?ということで
昼の13時前に到着。

 到着してしばらくすると、1頭のコヤマトンボが飛び始めました。
予想はしていましたが、やはり広角撮影は厳しく、午前中のサラサヤンマと同じく
液晶画面では撮れたように見えても、パソコンで表示させるとかなり厳しいものとなりました。

何度も書きましたが、今までドアップばかりだったので、かなり引いて撮影しました。
個人的には、もっとアップがいいかな。うーむ、、難しい・・。
コヤマトンボは40分ほど出てくれて、1年ぶりの撮影を堪能できました。


 他、コヤマトンボとキイロヤマトンボの産卵も見られ、まだ若い綺麗な黄色をした個体でした。
産卵時間が非常に短く、撮影はできませんでした・。


【全ノートリミング】

2016_05_24_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 一応、マクロでも撮影しておきました。

2016_05_24_10.jpg
<ニコンD4+タムロン180mmマクロ>

2016_05_24_11.jpg
<ニコンD4+タムロン180mmマクロ>

ニホンカワトンボ

2016年5月24日(火) その2

 サラサヤンマ撮影後、コヤマトンボの飛翔撮影に支流へ行きました。
まずは、ニホンカワトンボの産卵です。
撮影時間が前後しています、これは夕方15時すぎの撮影です。

2016_05_24_17.jpg



サラサヤンマ

2016年5月24日(火) その1

 朝11時ごろ、サラサヤンマが見れました。
全部で4頭。
12mm広角で撮影しました。
カメラの液晶では撮れているように見えるのですが、パソコンではかなり厳しい。

サラサヤンマは、13時ごろになると休息に入ったようで、30分ほど待ちましたが、
どの個体も木陰の枝に止まって飛ぶ様子はなかったため、次のポイントへ移動しました。


2016_05_24_02.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_24_03.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

ホンサナエ、アオサナエ

2016年5月21日(土) その2

 続いて、帰りにアオサナエの川へ寄りました。
ホンサナエが何度か産卵するのを見ることができました。

アオサナエは、まだ数が少なかったですが、オスが元気に縄張りしていました。
産卵に適した瀬がありましたが、今日は見ることができず。
他、コヤマトンボがすでに1頭、不安定な進路でパトロールしていました。

【全ノートリミング】

2016_05_21_03.jpg

2016_05_21_04.jpg
<ホンサナエ 卵塊形成>


 超高速で飛び回るアオサナエの♂。
SS上げてザラザラですが。フラッシュを使うと背景真っ黒なので難しい。やはりOM-Dは暗い所は苦手?
2016_05_21_08.jpg
<アオサナエ♂>

2016_05_21_09.jpg
<アオサナエ♂>


<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>  最短12mm撮影。

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
508位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
93位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム