FC2ブログ

ヒメクロサナエ

2016年5月21日(土) その1

 11時ごろ、サラサヤンマが出ていないか見に行きましたが、1頭の未熟が少し見れただけでした。
その後、ムカシトンボの渓流へ。

目的は、ヒメクロサナエの産卵。
当地でこれを拝めるのはかなり難易度高いとのこと。
昨年も通いましたが、ほとんど天候不順で惨敗。

さて、山へ登ると、気温が低く20度でした。半袖では寒く感じられます。
13時すぎ到着するも、ムカシトンボすら出ない状況で、14時と15時にそれぞれ1回ムカシトンボのオスが
目の前を通過するのみ。

14時から15時の間に、チラホラとヒメクロの♂が降りてきては、すぐに高飛びする
光景が見られるようになりました。
非常に敏感で、ちょっとした動きにも反応して飛び去ります。

15時ごろになると、更に気温が低くなり、人間の方が断念。寒い!
ということで、今日はヒメクロ♂1枚のみ。

2016_05_21_02.jpg
<D7000>





フタスジサナエ産卵

2016年5月18日(水) その3

 最後はまたフタスジサナエの産卵。
しばらく夕方の産卵が不発だっただけに、不安がよぎります。

池には15時30分到着。
訪問した時間帯によるものかもしれませんが、トラフトンボも数がめっきり少なくなって、
他のトンボも少なく、閑散としていました。

すると、立て続けにフタスジサナエが2頭の産卵。
前回少し引いて撮影しましたが、今回は更に引いて撮影してみました。

【全ノートリミング】

2016_05_18_15.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_16.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_17.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_18.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

今日は17時前には退散。
OM-Dのバッテリーの持ちが悪く、この時点で赤くなっていました。
僕のような連射を多用する使い方だと厳しいようでしたので、バッテリーを追加で注文しました。
D4だと、余裕で持つのですが。

ハラビロトンボ

2016年5月18日(水) その2

 続いてハラビロトンボ。
すべて広角12mmで撮影しました。

【6枚目のみトリミング】
2016_05_18_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 ハラビロトンボのオスは体が黒いので、うまく色が出ず綺麗に撮れませんでした。


2016_05_18_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 オスが尾っぽをピンと立てた求愛行動を、メスと一緒に綺麗に撮りたかったのですが、今日はこれが
精一杯でした。


2016_05_18_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングあり>

2016_05_18_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 メスの産卵と、メスを奪うオスの激しいバトルを繰り返したハラビロトンボ達は、13時30分になると
パタリと止んで休息。

2016_05_18_12.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_18_13.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

クロギン

2016年5月18日(水) その1

 今の時期、羽化以外では、あまり撮りたいトンボが思いつかず、今日も遅い時間の10時30分ごろ
ブラブラと出かけました。

とりあえずサラサヤンマが出ていないか見に行きました。
車を駐車した横の湿地で、ハラビロトンボが縄張りしていました。
これは帰りに撮影するとして、まずはサラサの湿地へ。

今日は奥の湿地まで歩いて見て回りますが、1頭の未熟サラサが見れただけでした。(撮影はせず)
途中の小さな池でクロスジギンヤンマが飛んでいたので撮影。

しかし10分ほどで、メスが突然現れたため、連結して飛び去ってしまいました。
わずか数枚しか撮影できず。

【写真はトリミングしています。】
2016_05_18_01.jpg

2016_05_18_02.jpg

2016_05_18_03.jpg
<色補正など一切していないのですが、変な色合いになってしまいました>

2016_05_18_14.jpg

キイロサナエ他

2016年5月14日(土)

 今日は、疲れて朝起きれず出かけたのは10時でした。
トラフの池に向かう途中、サラサヤンマの摂食があるか寄り道しました。

現地につくと、Oさんと蝶鳥蜻蛉さんがキイロサナエの羽化を撮影しておられたので、
一緒に撮影させて頂きました。

2106_05_14_1.jpg

2106_05_14_2.jpg

2106_05_14_3.jpg


サラサは気温が高いためか、摂食飛翔は見られず。
その後、トラフの池に行く予定でしたが、なぜか相当疲れがあり、しばらく休憩した後、
写真撮影は断念し、ヤゴのガサガサに変更しました。

僕はガサせず同行した息子に任せて・・。

途中立ち寄った池で、オグマサナエを発見。
2106_05_14_4.jpg

2106_05_14_5.jpg
<お、うまく図鑑に・・・>

 次に、ネアカヨシヤンマのヤゴガサ。
ネアカは残念ながら入りませんでした。
写真は、全部マルタンヤンマの幼虫です。

2106_05_14_6.jpg

ハッチョウトンボ他

2016年5月13日(金)

 今日は、すべての行程でハズしました。
ムカシトンボのオス・メス1頭も来ず、タベ・フタスジ・オグマサナエの産卵もゼロ。
唯一、羽が伸びたハッチョウトンボの羽化が撮れただけでした。
天候は非常に良かったんですけどね。

2016_05_13_01.jpg
<ハッチョウトンボのヤゴ>

2016_05_13_02.jpg
<8時32分>

2016_05_13_03.jpg

2016_05_13_05.jpg
<ハッチョウトンボの羽ではないと思います>

2016_05_13_06.jpg

2016_05_13_07.jpg

2016_05_13_08.jpg
<キイロサナエ>

2016_05_13_09.jpg
<キイロサナエのヤゴ没>

2016_05_13_10.jpg
<オグマサナエ♀>

ムカシトンボ

2016年5月12日(木) その2

 続いて、ムカシトンボです。
現地には、11時すぎに到着。

産卵場所までの山を登る道中で、摂食する2頭のムカシトンボがいたので、少し撮影。
ピン甘ですが、ノートリ広角12mmで運よくオスのバトルを撮ることができました。


※一昨日、ブログのサムネイル画像を大きくできるのを教えて頂いたので、大きくしてみました。


【全ノートリミング】
2016_05_12_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
 
 その後、産卵場所に12時すぎ到着。
オスの訪問は、前回と同じく少なく、15時までで2回だけ。
到着した12時すぎに一度、その次が2時間後の14時でした。。

まだ時期が少し早いのか、今年の個体数が少ないのか・・・・。

メスも2度の産卵でした。

 暗い場所ですので、なんとかフラッシュを使わずに背景も撮れないかと試してみました。
ザラザラですが、雰囲気は撮れたかな?
2016_05_12_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


2016_05_12_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


2016_05_12_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


<iPhone6s>

フタスジサナエ産卵

2016年5月12日(木) その1

 またフタスジサナエです。
今日は、1日中雲も全くない快晴でした。

現地には、朝8時に到着。
フタスジの産卵は非常に少なく、10時までの間でわずか2頭。
しかも、まさかの撮影を失敗してしまいました。(フラッシュ調整の失敗)
トラフトンボも少なく、連結も見られませんでした。

天候が良い割に、トンボの出は良くありません。

2016_05_12_01.jpg
<フタスジサナエ ビデオ撮影モードを解除した後、フラッシュがオートに戻っていたのを気づかず撮影・・超露出オーバー>

2016_05_12_02.jpg
<フタスジサナエ ビデオ撮影モードを解除した後、フラッシュがオートに戻っていたのを気づかず撮影・・超露出オーバー>

2016_05_12_03.jpg
<ヤマサナエ>

タイワンウチワヤンマのヤゴ

2016年5月10日(火)

 5月4日、3月25日に採集したタイワンウチワヤンマのヤゴが脱皮。
終齢になりました。

2016_05_07.jpg

ヒメクロサナエ羽化

2016年5月8日(日) その3

 続きです。
ムカシトンボの待ち時間に、少し上流を探索していると、羽化した個体がフワッと飛び上がりました。
見ると、ヒメクロサナエでした。

2016_05_08_18.jpg

 数枚撮影して、ムカシトンボの産卵場所に戻ると、ここでも羽化が。

2016_05_08_09.jpg

2016_05_08_10.jpg

2016_05_08_11.jpg

2016_05_08_12.jpg

2016_05_08_13.jpg

2016_05_08_14.jpg

 ヒメクロサナエの羽化個体は、あちこちで見ることができ、全部で7個体。
更に、ムカシトンボを待っている際にも、羽化個体が飛んで来て、広葉樹の葉や、オタカラコウに
止まるなどが見られました。

羽化個体の飛び立ちを撮影しようと、随分長く待ちますが、羽を広げてからも1時間経過するも飛ばず、
結局諦めて移動することにしました。

2016_05_08_15.jpg

2016_05_08_16.jpg

 ヒメクロの羽化は、すべて羽が伸びた状態の個体ばかりでしたが、ムカシトンボが不発だっただけに
思わぬ収穫に満足な1日となりました。
 

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
212位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム