カトリヤンマ産卵

2015年9月30日(水) その2

 続いて、カトリヤンマの産卵。
マダラナニワから直行したので、14時に到着したため少し休憩。

2015_09_30_04.jpg

15時30分ごろ、ポツポツとメスが飛び始める。
田んぼの稲の隙間で産卵する個体が4頭いたので、稲と一緒に撮影しようと
試みましたが、撮影はできませんでした。

16時すぎ、数も増えてきました。
マダラナニワの不発を解消するかのごとく、撮影しまくり。
カトリヤンマ産卵の似合う、「わだち」のある田んぼで粘りました。

撮影をはじめてすぐに、僕の足元数センチ横で産卵を始める個体。
コンデジで羽が接触するも逃げない。
カメラ本体にしがみついて産卵する個体。(写真は撮れず)
かなり楽しめました。

相変わらず、数えきれないほどの産卵に圧倒されます。
産卵時間は、15時45分~17時15分でした。

2015_09_30_05.jpg

2015_09_30_06.jpg

2015_09_30_07.jpg

2015_09_30_08.jpg

2015_09_30_09.jpg

2015_09_30_10.jpg

2015_09_30_11.jpg

2015_09_30_12.jpg

2015_09_30_14.jpg
<コンデジ>

2015_09_30_15.jpg

2015_09_30_16.jpg

スポンサーサイト

マダラナニワトンボ

2015年9月30日(水) その1


 本日はマダラナニワトンボへ。
現地には、10時に到着。

今日は、西は京都からお一方、関東からは、昨年も同じ時期にお会いした「ヤンマ探索記」さん、
そして、いつもここでお会いする地元の方がすでにお見えでした。

11時30分の産卵時間まで時間があったので、近くの田んぼでアキアカネ。
しかし、アキアカネは連結で現れるものの、産卵に入らない。
なんとか産卵に入るも、2~3回打水産卵して、気に入らないのか猛スピードで
飛び去ってしまいます。
すべてのペアがこの状態で、撮影ならず。

11時30分に、マダラナニワトンボの産卵。
今年は、数が極端に少なく、産卵に入っても、いつもの池淵ではほとんど産卵が
見られませんでした。
12時30分までの間に、唯一2ペアほどが、池淵に産卵に入るも、全く近寄れず広角撮影は断念しました。

写真は露出オーバー・・
2015_09_30_01.jpg

2015_09_30_02.jpg

2015_09_30_03.jpg


ルリボシヤンマ

2015年9月29日(火) その2

 続いて、ルリボシヤンマ。
ルリボシは今日を最後にしようと考えてます。
13時に到着すると、駐車場の池に1頭、広場に1頭のオスが飛んでいました。
天候が良いため、日差しがあると、なかなかホバリングしてくれません。

今日も広角撮影でしたが、一時間半ほど粘っても撮れず、このままでは
何も撮れないまま帰ることになりそうだったので、
途中で少しマクロで撮影しておきました。

オスは、15時前に姿を消してしまいました。
駐車場の方へ戻ってみると、こちらもいない。
16時ぐらいまでは飛んでくれるかと思いましたが・・・。

その後、16時30分まで駐車場の池と、奥の湿原広場を何度も往復して
探してみましたが、オスは現れず。

2015_09_29_04.jpg

2015_09_29_05.jpg

なんとか撮れた広角の一枚。↓
2015_09_29_07.jpg
<15mmフィッシュアイ、トリミング無し>



アキアカネ

2015年9月29日(火) その1

 先週行った、近所の田んぼにアキアカネ撮影に行きました。
10時すぎに到着すると、風が強い。
ナツアカネの姿が見られず、嫌な予感。

先週訪れた、アキアカネの産卵場所の田んぼは、水溜まりがほとんど無くなっており、
田んぼのコーナー付近2カ所に、水溜まりが残っているだけでした。
ノビタキ撮影の方が陣取っていましたので、撮影も厳しい。

アキアカネ達は、ほとんど確認できず、ようやく産卵に現れても、強風にあおられて
連結を解いてしまい、更に、縄張りしていたシオカラトンボのオスに追い払われ、
散々な状況でした。

撮影に付き合ってくれたのは、わずか1ペア。
ピントも合わず、秋晴れの良い天気だっただけに、非常に残念でした。

【全ノートリミング・15mmフィシュアイ】
2015_09_29_01.jpg

2015_09_29_02.jpg

2015_09_29_03.jpg

ルリボシヤンマ

2015年9月26日(土) その3

 午後からは、ルリボシヤンマに行きました。
カトリヤンマとどっちにしようか迷いましたが、そろそろシーズンも終わりに近づいている
ルリボシヤンマへ。
予想はしていましたが、流石に標高を上げると、どんより曇り。

2015_09_26_18_2.jpg

 ポイントは、もう今にも雨が降りそうな感じでした。
ルリボシヤンマは、かろうじて2頭のオス。
広角で撮影を始めたのですが、30分ほどで姿を消してしまいました。

2015_09_26_20.jpg
 
 広角撮影はやはり、今日も失敗。
見れる写真が無かったのですが、アップしてみました。
しかも、過去最小サイズでアップ・・・↓
広角撮影をする時は、人を入れるのが好きです。
息子のオレンジの服が、暗い背景の中、唯一アクセントになってくれた。

2015_09_26_21.jpg

2015_09_26_28.jpg

16時すぎに、とうとう雨が降ってきて退散。
しかし、本当に天気悪かったな・・。

2015_09_26_22.jpg

アキアカネ

2015年9月26日(土) その2

 続きです。
ナツアカネ産卵撮影で、なんとか良いポジションが無いかと、田んぼをグルグル歩きながら
探していると、1カ所だけ稲の無い田んぼがありました。↓

2015_09_26_05_1.jpg

 どう見てもアキアカネが産卵しそうな感じです。
ゆっくり歩きながら探してみると、やはりアキアカネが。

2015_09_26_06.jpg

【全ノートリミング】

2015_09_26_07.jpg

2015_09_26_08.jpg

 最初はマクロ撮影をしていましたが、結構な数の産卵でしたので、すぐに車へ広角レンズを取りに行きました。
まさか、戻ると産卵終了なんてないよね?・・と思いながら、急ぎ足でポイントへ戻りました。

2015_09_26_23.jpg

2015_09_26_11.jpg

  アキアカネの産卵は、次から次へと、休む間もないほど産卵にやってきました。
先ほどの、ナツアカネそっちのけで撮影。
今日は、2ペア~3ペアの同時産卵は、当たり前な状況でしたが、これをフレームに入れようと
しますが、どうしても無理でした。

2015_09_26_12.jpg

2015_09_26_13.jpg

2015_09_26_14.jpg

 残念だったのが、ストロボのロックをするのを忘れていたようで、いつからか分かりませんが、ストロボが
抜けかかった状態になり、発光しないまま撮影をし続けてしまいました。
写真を見ると丁度、青空が出てきたあたりの時間だったようで、写真は全部真っ黒になってしまいました。
↓これがその時の写真の1枚ですが、ムリやり画像ソフトで補正をかけて明るくしてみましたが、ダメですね。
2015_09_26_15.jpg

2015_09_26_16.jpg

2015_09_26_24.jpg

2015_09_26_17_2.jpg

2015_09_26_25.jpg

2015_09_26_27.jpg

2015_09_26_26.jpg

2015_09_26_18.jpg

2015_09_26_29.jpg


 ということで、非常に充実したアキアカネ産卵でした。
ここのポイントの田んぼは、稲刈りがまだ行われておらず、
たまたまこの1枚の田んぼだけが、稲が無く、更に昨日の雨で、
ほどよく水溜りができ、この1枚の田んぼにアキアカネが集中していたようです。
産卵時間は、10時~12時30分。
完全に産卵終了までは見届けていません。

来週の晴れで、田んぼ内の水が少なくなったら、産卵場所がもっと絞られて
更に密集するかも。
来週もここに来るとしましょうかね。

2015_09_26_18_1.jpg

ナツアカネ

2015年9月26日(土) その1

 今日は午前中、曇りで昼から晴れてくるとのことで、朝起きると予報通り曇り。
昼からの出撃にと考えていましたが、少し日が見えてきたので、近くの田んぼに
ナツアカネを見に行きました。

車で5分の田んぼです。
10時すぎに到着すると、うす曇りの中、ナツアカネは産卵していました。
やはり、田んぼが広いため、距離があって近くで撮影できたのは、単独産卵でした。

続く。

2015_09_26_01.jpg

2015_09_26_02.jpg

2015_09_26_03.jpg

2015_09_26_04.jpg

2015_09_26_05.jpg



以下、息子撮影分。
トリミング無し。
D7000+シグマAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

2015_09_26_30.jpg

2015_09_26_31.jpg

カトリヤンマ産卵

2015年9月22日(火) その3

 続いて、カトリヤンマの産卵。
15時すぎくらいから、パラパラと産卵にやってきました。

2015_09_22_12.jpg

2015_09_22_13.jpg

2015_09_22_14.jpg

2015_09_22_19.jpg

2015_09_22_15.jpg

 16時30分には、あちこちで産卵する個体が見られました。
今年もここでは、オスの姿は見られず。
歩くたびに、バサバサと何頭もの産卵中のカトリが飛び出す。
本当にここは多いです。

17時30分でも、まだまだ産卵は続いていましたが、シルバーウィークの渋滞を
考え、早々と後にしました。
しかし・・帰りの渋滞は回避できず、高速インターに出入りする車で混雑していて、
大渋滞でした・・。

2015_09_22_16.jpg

2015_09_22_17.jpg

2015_09_22_18.jpg

ウスバキトンボ

2015年9月22日(火) その2

 続いて、カトリヤンマの産卵へ。
カトリヤンマの産卵時間までには、まだまだ時間があったため、
ウスバキトンボを撮影。

2年前に撮影した時のようには、うまく行きませんでした。↓

2013年撮影ウスバキトンボ


 沢山、群れになって飛んでいるので、一見簡単に寄れそうなのですが、これが難しい。
何度も何度も撮影してこの程度です。

2015_09_22_09.jpg

2015_09_22_10.jpg

2015_09_22_11.jpg

オオルリボシヤンマ

2015年9月22日(火) その1

 そろそろシーズン終了となる、オオルリボシヤンマ。
マダラナニワトンボを狙っての池で撮影したオオルリボシヤンマです。

マダラナニワトンボは、オスの縄張り以外、産卵も一切現れず。
連結が1ペア現れたのですが、猛スピードで飛び去り、それっきり。
気温が30度ありましたので、気温が高すぎたことが要因だと思います。

さて、オオルリボシヤンマは、6頭の♂が縄張りし、2頭は力関係で池に入れず、
少し高い上空を飛んでいました。

2015_09_22_01.jpg
<オオルリボシヤンマ♂>
<D800+300mm+ハイスピードシンクロ。トリミング無し>

2015_09_22_02.jpg

2015_09_22_03.jpg

2015_09_22_04.jpg

 メス1頭に対してオスが2頭、警護飛翔しているのを見ることができました。
オスは喧嘩することなく、警護しています。

2015_09_22_05.jpg

↓↑写真がこんな感じですので分かり難いですが、画面1番下に産卵するメスも写っています(笑)

2015_09_22_06.jpg
 
 2頭が警護飛翔する中、産卵中のメスのすぐ下で、ウシガエルがその時をジッと待っていました。
十分射程距離範囲にあったのですが、ウシガエルは行動に移さず。
上の3頭のオオルリボシ写真では、メス産卵のすぐ下に、このウシガエルがいるのですが、全部フレーム内には
入りませんでした。

2015_09_22_08.jpg

2015_09_22_07.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
48位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム