FC2ブログ

コヤマトンボ

2014年6月1日(日) その5

 ホンサナエ・アオサナエ共に、産卵に来ず、更にコヤマトンボのオスのパトロールも見れず、
退屈していた所に、上空にヤンマの影を確認。
写真で見ると、ヤブヤンマの♀未熟かな?、クロスジギンヤンマの♀でした。
蝶鳥蜻蛉さん訂正ありがとうございます。

2014_06_01_18.jpg
<クロスジギンヤンマ♀>

 そして時刻も17時前になり、朝も4時起きだったこともあり、流石に疲れて帰る準備をしていた頃、
遠くでコヤマトンボが高速で往復しながら産卵しているのを発見。
すぐにカメラを準備し、なんとか産卵撮影に間に合いました。

【コヤマトンボ、全ノートリミング】
2014_06_01_14.jpg
<コヤマトンボ産卵>

2014_06_01_15.jpg
<コヤマトンボ産卵>

2014_06_01_16.jpg
<コヤマトンボ産卵>

2014_06_01_17.jpg
<コヤマトンボ産卵>
スポンサーサイト



ホンサナエ

2014年6月1日(日) その4

 アオヤンマのポイントを後にし、2時間走って、ホンサナエの川へ。
ホンサナエのポイントには、15時到着。

3日前には、この時間帯で、多数のホンサナエが見られたのですが、今日は
いませんでした。
周辺をかなり探しましたが、1頭だけ確認。

2014_06_01_11.jpg

2014_06_01_12.jpg

2014_06_01_13.jpg

サラサヤンマ

2014年6月1日(日) その3

 サラサヤンマ。
せわしなく摂食していたサラサヤンマがいましたので、魚眼で撮影しましたが、
ピントが合わず、ダメでした。

2014_06_01_09.jpg

2014_06_01_10.jpg

アオヤンマ

2014年6月1日(日) その2

 ネアカヨシヤンマを撮影していると、時折、アオヤンマが通ります。
ネアカヨシヤンマとはあまり混戦せず、アオヤンマは、その場を素通りするだけ。
なので、上空を飛ぶ姿はネアカヨシヤンマの方がメインとなっていました。

前回見た、未熟個体の低空摂食飛翔も何度か見ることができました。
ネアカヨシヤンマを撮影後、再度、葦原へ胴長装備で突入。

アオヤンマのオスが、密集した葦原の中を、バラバラと羽音を響かせながらメスを探す
姿を確認できました。
残念ながら、撮影はご覧の通りの状況です。

2014_06_01_06.jpg
<アオヤンマ♂>

2014_06_01_07.jpg
<アオヤンマ♂>

2014_06_01_08.jpg
<アオヤンマ♂><ノートリだけど、残念>

ネアカヨシヤンマ

2014年6月1日(日) その1

 今日は、前回訪問したアオヤンマの葦原へ行ってきました。
ポイントには、朝7時30分到着。
まずは、羽化の確認。
すでに太陽が照りつけ、気温も高く、日の出と共に飛び立つアオヤンマの羽化には
厳しい時間でした。
案の定、羽化は確認できず。

その後、未熟のネアカヨシヤンマが上空を飛び始めました。
これまで、ネアカヨシヤンマの飛翔と言えば、夕刻の黄昏時間帯でしか見たことが
無かったため、嬉しい時間となりました。

2014_06_01_01.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂未熟>

2014_06_01_02.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂未熟>

2014_06_01_03.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂未熟>

2014_06_01_04.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂未熟>

2014_06_01_05.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂未熟>

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
131位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム