ムカシトンボ 他

2013年5月31日(金)

 ここ最近は空振り続きですが、本日も見事に外してしまいました。
梅雨入りして、3日間ほどグズグズした天候の中、ようやく晴れたので
期待を胸に出かけました。

最初にムカシトンボ。
もうムカシトンボは諦めていましたが、やはり気になって行ってみました。
今日は、前回のフキが沢山ある場所ではなく、羽化を撮影した場所へ。
すると、まだオスが3、4頭摂食していました。
雌探行動も見られます。
早速、フキのある撮影しやすい場所へ急いで移動。
長い林道を往復してようやく到着。

しかし・・
なぜか、こっちの渓流にはいない。
待てど待てど現れる気配なし。
しかも13時、急に雲行きが急変し真っ暗。
雨が降りそうな天候になってしまいました。

で、3時間待ってようやく13時30分ごろ1頭のオスが登場。
しかも、かなり敏感で少し近寄っただけで逃げていきます。
結局、今日はこの1回の出のみ。
アオサナエが控えていたので、泣く泣く移動。

15時。
アオサナエのポイントへ到着。
道中のメールで、すでに蝶鳥蜻蛉さんが現地で♀待ちとのこと。

蝶鳥蜻蛉さんと合流して、一緒に♀待ち。
ところが・・・・。
♂は4~5ほど縄張りしていましたが、16時を過ぎても全く♀は現れず。

そこから18時まで、♂が姿を消すまで待ちましたが、結局♀は産卵に
現れず撤収となりました。
梅雨時期の不安定な中ですので仕方ないですね。


<撮影も惨敗です・・。キイロヤマトンボのみトリミング>

2013_05_31_01.jpg
<ムカシトンボ 失敗>

2013_05_31_02.jpg
<アオサナエ>

2013_05_31_04.jpg
<アオサナエ>

2013_05_31_03.jpg
<高い場所を飛んでいたキイロヤマトンボ>
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ムカシヤンマ

2013年5月28日(火)

 今日から梅雨入り。
予報通り、朝から雨が降りそうな天候。
そんな状況でしたが行ってきました。

どこ行ってもダメそうなので、空振りでも諦めのつく場所へ。
シーズンに突入すると、それこそ分刻みのスケジュールの中、あまり遠出はできないことから、
隣県へムカシヤンマの産卵。

近場でも見られるポイントはあるのですが、ここはロケーションが非常に良いので
できるならここで産卵を撮りたい。

現地11時45分到着。
パラパラ雨も降るどんより曇り空。
トンボはカワトンボだけ・・。

2時間待ちましたが産卵には来ず。
少し歩くと、開けた明るい林道にムカシヤンマのオス。
残念ながら羽にマーキング。
ということで、14時まで待ちましたが、今日はこれだけ撮影して退散しました。

2013_05_28_01.jpg

2013_05_28_02.jpg

2013_05_28_03.jpg

2013_05_28_04.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

キビタキが・・

2013年5月26日(日)

 今日の朝、出勤しようと駐車場に行くと、私の車のバンパー下にキビタキが。
すでに死んでいました。
恐らく昨日、ムカシトンボの山を走行中に、フロントバンパー下のエアインテーク
に衝突して、そのままの状態だったと思われます。

2013_05_26.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムカシトンボの飛翔撮影

2013年5月25日(土) その3

 続いて、ムカシトンボの撮影。
時期的に今日が最後になりそうです。

到着したのはお昼12時30分すぎ。
すぐにオスがメスを探してフキの茎まわりを丹念に探していました。

今日は35mmレンズで狙ってみます。
ガシガシ連射しますが、全くダメでかなりの強敵です。

そこに蝶鳥蜻蛉さん登場!
午前中はサナエを狙っておられたそうです。
綺麗なコヤマトンボの羽化と、飛翔写真を撮られていました。

そこから蝶鳥蜻蛉さん、私、息子の3人で撮影大会。
しかし、手厳しい現実が・・。

やはり、成熟したばかりの個体が少しの期間だけホバリングする時期でないと撮影は
難しいのかな。

【全ノートリミング】


<ハイスピード撮影です。ピント固定なのでピントが合いません。>

2013_05_25_201.jpg

2013_05_25_200.jpg

2013_05_25_204.jpg

2013_05_25_205.jpg

2013_05_25_202.jpg

2013_05_25_203.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

サラサヤンマ産卵

2013年5月25日(土) その2

 続きです。
サラサヤンマをJrが見たいということで行きました。
湿地に着いた最初の場所で、すでに6頭ほどが縄張りしていました。

今日は、動画撮影をメインに考えていたのですが、しばらくするとメスが産卵
に来たので撮影。
動画用のカメラしか手にしていなかったので、慌てて一眼レフを取りに足場の悪い
湿地を走りました。
すでに飛んでしまっているかと心配でしたが、無事撮影できました。
しかし、ここはサラサヤンマが多い。
膝下まで泥に埋もれてしまう場所なのですが、それが逆に良い。
サラサヤンマの聖地です。



2013_05_25_100.jpg
<サラサヤンマ♀産卵>

2013_05_25_101.jpg
<サラサヤンマ♀。同個体>

2013_05_25_102.jpg
<サラサヤンマ♀。同個体>

2013_05_25_103.jpg
<小さいですが、サラサヤンマが飛んでいますのが分かりますでしょうか>
<このシーンでは35mmは短すぎました>
<蝶鳥蜻蛉さん、いつも息子にお付き合い下さいましてありがとうございます>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ハッチョウトンボ

2013年5月25日(土) その1

 寝坊してしまって予定していたアオヤンマの羽化を逃しました。
朝7時出発前の車でJrと、行き先を思案。

とりえずこの時間すぐにトンボに会えるのはハッチョウトンボかなぁ・・。
ということで、ハチョウトンボを見に行ってきました。

現地に着くと、沢山のハッチョウトンボがいました。
すでに成熟した真っ赤なオスも沢山。
飛翔写真も撮影しましたが、難しい・・。

2013_05_25_01.jpg

2013_05_25_02.jpg

2013_05_25_06.jpg

2013_05_25_05.jpg

2013_05_25_07.jpg

2013_05_25_04.jpg

2013_05_25_03.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ムカシトンボ産卵

2013年5月21日(火) その3

 懲りずに山を登ってムカシトンボの産卵を見に行きました。
車から降りて約30分ほど林道を歩きます。
それまでのポイントは渓流を胴長で歩いていたので、今日は少し楽に歩くことができました。

現地に着くと、そこにはフキが良い感じに密集していて、いかにもムカシトンボな環境
でした。
お目当ての、フキへの産卵シーンが撮れそうです。

オスは、丹念にフキの1本1本の茎をグルグルと周りながらメスを探していました。
飛翔は撮れたのですが、唯一撮れた写真数枚が、フキがフラッシュを遮光してしまい、
グリーンのフィルターを使ったような写真になってしまいました。

2013_05_21_205.jpg
<トリミングなし>
<フキの葉の上からフラッシュ・・・>


16時ごろだったと思いますが、ようやくメスが産卵に。
すぐにフキの茎に産卵開始!
ようやくこの時がきました。





ムカシトンボはフキの茎にクルクルと往復しながら産卵。
これぞムカシトンボの産卵ですね。

その後も何度もフキやジャゴケに産卵していました。
落ち着いて産卵している個体は、約1時間ほど産卵していました。
蝶鳥蜻蛉さん、ありがとうございました!

2013_05_21_201.jpg

2013_05_21_202.jpg

2013_05_21_203.jpg

2013_05_21_204.jpg
<この写真のみ、コンデジ撮影>
<このコンデジは、フラッシュの光が強すぎてムカシトンボに当てると真っ白。>
<フラッシュの調光も設定であるのでしょうが、落ち着いて出来ませんでした>
<なので、フキの葉裏にフラッシュを当てました>

2013_05_21_200.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

キイロサナエの羽化

2013年5月21日(火) その2

 サラサヤンマを撮影した後、蝶鳥蜻蛉さんと合流し、キイロサナエの羽化を探しました。
小さな小川をゆっくり慎重に歩きながら探します。

時間帯が遅かったのか、ほとんどのキイロサナエは羽化後で、踏み込む度にいくつかの個体が
何度も飛び立つ状況でした。

そこにようやく蝶鳥蜻蛉さんが一頭の羽化最中のキイロサナエ発見。
サナエの羽化は目で確認できるほど羽化スピードが速く、アッという間に
羽まで伸びていきます。

尾っぽを抜く瞬間は撮れませんでしたが、なんとか羽化撮れました~。

2013_05_21_100.jpg

2013_05_21_101.jpg

2013_05_21_102.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

サラサヤンマ

2013年5月21日(火) その1

 本日も蝶鳥蜻蛉さんと一緒に行ってきました!
待ち合わせの時間まで、サラサヤンマを撮影をしました。

現地には9時到着。
ここは先日サラサヤンマの羽化写真を撮影したサラサ天国の場所。

湿地に入るとすぐに、オスが縄張りしています。
ホバリングするサラサヤンマを思う存分撮影しました。
静かな環境に聞こえる羽音が心地良く、調子に乗って動画まで撮影しました。

【全ノートリミング】
2013_05_21_01.jpg

2013_05_21_02.jpg

2013_05_21_03.jpg

2013_05_21_04.jpg

2013_05_21_05.jpg

2013_05_21_06.jpg







その2へ続く。

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

アオサナエ

2013年5月18日(土) その3

 昨年、このアオサナエを探して河川を散策したのですが
全く見られず、悔しい思いをしました。

今期は、冬に蝶鳥蜻蛉さんとご一緒し、アオサナエ、ホンサナエ、キイロヤマトンボの
ヤゴが採れたポイントを訪れてみました。
ここは、ヤマセミのポイントとして単独で何度か訪れたことのある場所でした。

現地には、ブラインドが4つほどあり、ヤマセミを狙っておられるバーダーさん
がいました。

前項の記事ですでに書きましたが、すでに朝8時すぎにはアオサナエは飛んでいました。
初めて見るアオサナエは大変綺麗で、アオヤンマにも負けない緑(アオ)を披露してくれました。

雑に近づくと、ホンサナエよりも敏感ですぐに飛びますが、ゆっくりゆっくり距離を詰め寄る
のは簡単で、息子も寝そべって、歩腹前進で急接近して撮影していました。

開放的な河川での撮影は凄く気持ち良いですね。

2013_05_18_080.jpg
<アオサナエ♂ D7000息子撮影>
「左の鼻がへこんどるアオがおった。写真撮っておいたでぇ、家のパソコンで
見ぃや。と今の土地の言葉がかなり板についた息子。確かに陥没してました。

2013_05_18_077.jpg
<アオサナエ♂>

2013_05_18_078.jpg
<アオサナエ♂>

2013_05_18_079.jpg
<アオサナエ♂>

2013_05_18_081.jpg
<アオサナエ♂>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
73位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム