オオヤマトンボのヤゴ

2012年10月30日(火)

 トンボシーズン終了のカウントダウンの時期になってきました。
午前中にアカトンボ系を観察に行こうかと考えていましたが、
今日はお昼までゆっくり休みました。

お昼から、オオヤマトンボのヤゴ探しに。

丁度、カトリヤンマのポイントの池の水が少なくなっていたので、
オオヤマトンボが捕獲できるのではないかと考えていました。
現地に14時30分着。

早速ガサガサ。
池は膝下あたりまでの水位で、一部は腰の辺りまでの水位でした。

ヤゴの生息数はかなり少なく、時折ギンヤンマとアカトンボ系が入る程度。
他にはハイイロゲンゴロウが沢山いました。

15分ほどして、網に大きなうごめくヤゴが!
間違いなくオオヤマトンボ!
初めて生きたオオヤマトンボのヤゴを見ることができました。
今回の写真では比較できる物が無いのですが、本当に大きいですね。

それから約1時間ほどガサガサを続け、全部で4頭のオオヤマトンボのヤゴをGET。
残念ながらウチワヤンマのヤゴは入らず。
次回はウチワヤンマのヤゴ目指して行きたいと思います。

オオヤマトンボとウチワヤンマのヤゴは、大きな池の深い場所に生息する
ヤゴで、採集が非常に難しいヤゴです。
しかし、イレギュラーで採集できることが稀にあるようです。

例えば、周辺に溜池の少ない地区の川のワンドなど。
今回私が採集した場所のように、大きな池がなんらかの事情で水位が下がって
干上がる寸前の池を見つけるなど。
あとは、羽化の時期を狙って夜間に岸部に集まってくるヤゴを捕獲でしょうか。

飼育に関して、夜行性のため餌は夜間に食べます。
ミミズなどを与えて放置しておけば夜間に食べるようですが、食べずに
残ったままの状態が多いため、給餌した方が良いでしょう。
夜、照明を点けない部屋で飼育し、餌を与える時に照明を点灯して餌を与えると
食べます。
終齢ヤゴはオニヤンマ終齢よりも食べるスピードが早いですね。

2012_10_30_01.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_02.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_03.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_04.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_06.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

比較

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ムカシトンボのヤゴ

2012年10月26日(金) その2

 ミヤマアカネを観察した後、近くの渓流へムカシトンボのヤゴを
探しに行きました。
前回ご一緒した蝶鳥蜻蛉さんに、「この辺りに飛んでるよ」と教えて頂いた
のですが、場所を忘れてしまったので、自分なりに生息してそうな渓流
をガサってみました。

流れの強い場所で、網を下流側にセットして、石をのかしていくと・・。
一発目でミルンヤンマが入りました。

で、10分ほどで無事、ムカシトンボのヤゴちゃんが。
その後も次々と網に入り、10頭ほど。

約30分ほどガサガサやってましたが、とにかく水が冷たくて。
おまけに今年買い換えた長靴がなぜか穴が空いたらしく、左足が浸水状態
になってしまい、すぐに切り上げました。

胴長を着用する予定でいたのですが、いつも面倒になってしまい、結局
今日も長靴で入って浸水・・。

幼虫期は5年~8年ということで、大小様々なサイズのヤゴが入りました。
流石に小さな個体は飼育するには厳しいので、終齢を1頭だけお持ち帰りしました。

2012_10_26_09.jpg
<ムカシトンボのヤゴ>

2012_10_26_10.jpg
<ムカシトンボのヤゴ・別個体>

2012_10_26_11.jpg
<ヤマメ?>

2012_10_26_12.jpg
<ムカシトンボのヤゴがいた渓流>

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ミヤマアカネ

2012年10月26日(金) その1

 またミヤマアカネを見に行ってきました。
現地には10時到着。
前回はこの時点でアキアカネが田んぼで産卵していたのですが、今日はいないようです。
まだ時間が早いようですので、ガサって見ることに。
すると、50cm四方だけでオニヤンマのヤゴがどっさり。
オニヤンマが好みそうな細流ですから当然なんですが、数多すぎ!

2012_10_26_08.jpg
<オニヤンマのヤゴ 全部リリースしました>


2012_10_26_07.jpg
<オニヤンマのヤゴが沢山いた細流>

さて、ミヤマアカネは待てど待てどオスばかりで、交尾態が見られません。
前回の盛況ぶりはどこへ・・。
11時すぎ、ようやく1ペアの交尾態が来ました。
産卵までジッと待ちます。
10分経過しても動きなし・・。
もう待てない!と少し近づいて飛ばすと、連結になってすぐに産卵。
今日は、この1ペアしか見られず。
しかも、レンズを近づけるとすぐに連結を解いてしまいます。

しかしミヤマアカネの産卵の写真、難しいです。
今回もピン甘ばかりでした。
次回、まだチャンスはあるかな?

2012_10_26_01.jpg
<ミヤマアカネ♂>

2012_10_26_03.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_26_04.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_26_13.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_26_14.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_26_05.jpg
<ミヤマアカネ産卵 D7000>

2012_10_26_06.jpg
<ミヤマアカネ交尾 コンパクトデジカメEX-ZR100>

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

キトンボ・マダラナニワトンボ

2012年10月20日(土)

 キトンボとマダラナニワトンボ。
今日は少し遅い産卵でした。
キトンボは10時30分ごろ、マダラナニワトンボは11時45分ごろからスタート。
あまり個体数は多くない状況でした。
マダラナニワトンボのペアは2ペアほど。

産卵時のキトンボ♀の顔が凄い・・。

2012_10_20_02.jpg
<キトンボ>

2012_10_20_03.jpg
<マダラナニワトンボ産卵>

2012_10_20_06.jpg
<マダラナニワトンボ交尾>

2012_10_20_05.jpg
<マユタテアカネ♀産卵>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ミヤマアカネ

2012年10月19日(金)

 今日は、蝶鳥蜻蛉さんとミヤマアカネを見に行ってきました。
朝、10:30ごろ到着。
アキアカネは盛んに産卵していましたが、ミヤマアカネは気温が低い為、
交尾体とオス単独が止まったままの状態でした。

11時すぎ、気温が上昇するとともに、ミヤマアカネの産卵がスタート。
11時30には、小さな流れに4ペア、単独のオスが所狭しと乱舞しました!
12時ごろまでミヤマアカネの産卵ラッシュは続きました。
ファインダー内に3ペアがゴチャゴチャに入ることも多くありました。

撮影は間近で絶好のポジションの連続でしたが、難易度が高く仕上がりは
ダメダメでした。
手の届く範囲に沢山飛んだので気持ちが緩んだのか・・。
前回のキトンボと合わせてかなりショック。
まだリベンジできるのでがんばります。

2012_10_19_01.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_19_02.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_19_03.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_19_04.jpg
<ミヤマアカネ産卵>

2012_10_19_10.jpg
<アキアカネ産卵>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

キトンボ

2012年10月16日(火)

 キトンボの撮影に行ってきました。
現地にはキトンボの産卵時間のゴールデンタイムの10時前に到着。
車から降りるとすでに産卵していました。

今日は現地に到着後すぐに雲が出てきて曇ったり晴れたりと
少し不安定でした。
その関係でしょうか、先日よりもキトンボもマダラナニワトンボも数は少なく
しかも近寄ると逃げてしまいます。
12時になると完全に曇ってしまって全く姿を見せなくなってしまったので退散。

キトンボ、うまく撮影できていませんでした・・。
次回リベンジします。

その後、地元へ帰って蝶鳥蜻蛉さんと合流。
カトリヤンマを見に行きましたが、数頭確認できましたが、残念ながら落ち着きなく
すぐにどこかへ飛んで行ってしまいます。
蝶鳥蜻蛉さんともお話しましたが、この時期のカトリヤンマの行動パターンが難しく
思うように出会えませんね。

■ハイスピード(スローモーション)動画も撮影しておきました。
オリジナルファイルは100M程度の小さな動画ですが、YouTubeにアップすると
劣化しますね・・・・。

2012_10_16_02.jpg
<キトンボ産卵>

2012_10_16_03.jpg
<キトンボ産卵>

2012_10_16_04.jpg
<キトンボ産卵>

2012_10_16_05.jpg
<キトンボ交尾>

2012_10_16_06.jpg
<キトンボ産卵>

2012_10_16_08.jpg
<キトンボ産卵>

2012_10_16_09.jpg
<マダラナニワトンボ産卵>


<マダラナニワトンボ産卵ハイスピード動画1>
<以下、無劣化の生データです。>
<マダラナニワトンボ産卵ハイスピード動画1>



<マダラナニワトンボ産卵ハイスピード動画2>
<以下、無劣化の生データです。>
<マダラナニワトンボ産卵ハイスピード動画2>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

マダラナニワトンボ

2012年10月12日(金)

 昨晩まで出張で疲れていたのですが、なんとか早起きしてマダラナニワトンボ
を撮影してきました。

朝9:00出発して10:00前には到着予定でしたが、高速道路が工事で8kmの渋滞。
たまりかねて途中で降りて別ルートから。
それでも到着したのは11:00でした。

まだマダラナニワトンボは飛んでおらず、高い木々の先端に止まっていました。
11:30すぎ、オスが飛び始めると同時に連結4ペアが産卵開始。

ここの(他は知りませんが・・)マダラナニワトンボは、池の淵に一斉に集まって
数ペアが打空産卵を始めます。

今日は、11:30~12:45ぐらいまでがピークで、その後徐々に数が減っていきました。
産卵は13:00までで、その後は13:30までオスが枝止まり。
13:30以降は水辺から姿を消し、少し高い木の先端に止まっていました。

14:00。
マダラナニワトンボを後にし、地元のカトリヤンマに。
15:00到着で、ちょっとカトリには早すぎた。
適当に時間を潰して、カトリポイントへ。
しかし今日はなぜか、一頭も確認できず。
台風の影響で風が強かったせいでしょうか。

仕方なく隣接した元田んぼのガサガサ。
コシマゲンゴロウ3匹採集して帰りました。

2012_10_12_02.jpg
<マダラナニワトンボ♂>

2012_10_12_03.jpg
<マダラナニワトンボ産卵>

2012_10_12_04.jpg
<マダラナニワトンボ産卵>

2012_10_12_11.jpg

<マダラナニワトンボ産卵 百千錬磨の♀>

2012_10_12_05.jpg
<マダラナニワトンボ産卵> 
<個体全体が綺麗に撮れませんでしたが、産み落とされた卵が写っています。>

2012_10_12_06.jpg
<マダラナニワトンボ産卵>

2012_10_12_07.jpg
<マダラナニワトンボ♀ 単独産卵>
<卵が写ってますが、画質・ピン悪いです>

2012_10_12_08.jpg
<マダラナニワトンボ♂>

2012_10_12_09.jpg
<コシマゲンゴロウ>

2012_10_12_01.jpg
<キトンボ>

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

カトリヤンマ

2012年10月9日(火) その2

 近所の田んぼでナツアカネを撮影後、一旦帰って昼を済ませ、やっぱり今日も
カトリヤンマへ。

15時頃到着すると、3頭の♂が枝止まりで休息中。
何時ごろ飛び始めるのか、今日はここで待つことにしました。

そこへ、蝶鳥蜻蛉さんがいらっしゃいました。
カトリ待ちなのですが、16時過ぎても飛ばないので、少し近づいて飛ばせて
みます。
ようやく、1頭が飛び始めたので撮影開始。
今日は、あまり長くは付き合ってくれませんでしたが・・・。

もう散々撮らせて頂いたので、どれもこれも同じ絵にしかならないため、
今日は、動画とドアップの写真を撮影しました。

 2012_10_09_07.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_09_08.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_09_09.jpg
<カトリヤンマ♂ ノートリミング>

2012_10_09_10.jpg
<カトリヤンマ♂ ノートリミング>

2012_10_09_11.jpg
<カトリヤンマ♂ ノートリミング>


<カトリヤンマ動画>
<編集無しでアップしました。マニュアルでのピントにつき見苦しいですがご了承ください>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ナツアカネ

2012年10月9日(火)

 日曜日に息子が友達と近所の田んぼでナツアカネを1匹採って帰ってきました。
聞くと、田んぼにはナツアカネが沢山いたとのこと。

ということで、半信半疑で今日の午前中11時ごろに見に行ってきました。
すると、本当に多くのナツアカネが稲の上を飛んでいました!
というか、ナツアカネとウスバキトンボしかいない。

ただ、田んぼが広大なため、産卵の撮影が遠く最低300mmは欲しいところです。
今日は、いつもの180mmしか持ってなかったので遠い・・。
単独のオスは田んぼの畦道に沢山いましたので、止まりものであれば簡単に撮影
できました。
もっと朝早く出かければ良かった・・。

2012_10_09_01.jpg
<ナツアカネ♂>

2012_10_09_02.jpg
<ナツアカネ 打空産卵>

2012_10_09_04_20121009133316.jpg
<ナツアカネ 打空産卵>

2012_10_09_03.jpg
<ナツアカネ 打空産卵>

2012_10_09_05.jpg
<ナツアカネ交尾>

2012_10_09_06.jpg
<オオタカ  いや違うか?>


 

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

カトリヤンマ

2012年10月6日(土)

 またまたカトリヤンマ行ってきました。
今日は、久しぶりに息子も同行。
午前中は、やはり遠出してオオルリボシヤンマのポイントへ。
オオルリボシヤンマは数が少なくなっていました。
曇っていたのもありますが、アカネ属もあまり確認できませんでした。
アキアカネの連結を撮影して終わり。
ナツアカネは1匹もいませんでした。

すぐに地元へ戻って、カトリヤンマの湿地へ。
15時30分頃、すでにカトリヤンマが飛んでいて、4頭ほど確認できました。
今日も、水が溜まったポイントにはおらず、見た目では乾燥している砂利道
にいました。

約30分ほど撮影をして退散。
カトリヤンマのメスは今日も見られず。
その帰り、思わぬ事故が・・・。
後ろを歩く息子が「何か落ちたで」と・・。
リュックが全開していたのを気づかず、レンズが落ちて水没。
完全に水の中にレンズが・・。
完全に乾燥させれば使えるかな・・とりあえずバラして乾かしてみます。

その後、薄暗くなっていましたが、まだ時間があったので近くの池に寄ってみました。
すると、なんとカトリヤンマが数頭、せわしなく餌食飛翔。
かなり薄暗い中でトリッキーな飛び方だったため、撮影はせず、息子が網を持ちました。
なんなく1振りでGET。

まさか、ここでカトリヤンマが見られるとは・・。

2012_10_06_01.jpg
<アキアカネ連結>

2012_10_06_09.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_02.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_03.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_08.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_05.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_06.jpg
<カトリヤンマ♂>

2012_10_06_10.jpg
<カトリヤンマ♂ 複眼>

2012_10_06_07.jpg
<水没レンズ AF-S NIKKOR 24-120>

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
32位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム