コシボソヤンマ

2011年9月30日(金)

 今日は生憎の雨。
13:30~17:30まで、ずっとこの場所でコシボソ撮影。
小雨が降ったり止んだりと、終始天候は悪かったですがコシボソヤンマは
30分間隔で撮影現場(写真2枚目)に飛んできます。
小雨でも大丈夫なようです。
しかし、コシボソヤンマの撮影は楽しいです。
かなりトリッキーな飛び方で、通常の撮影方法では挫折してしまうでしょう・・。
ノーファインダーでの被写体との距離の感覚も少しずつ慣れてきましたが、
肝心のコシボソヤンマが終盤ということで個体数もかなり減ってきています。
もうこの時期、撮影チャンスが訪れても1分程度で姿を消し、30分~40分
程度で飛んで来る間隔ですね。

2011_09_30_07.jpg

2011_09_30_08.jpg
<この枯れ木にコシボソヤンマが産卵、オスが丹念に木の周辺にメスがいないか見に来ます>

2011_09_30_09.jpg



今回はボツ写真も載せました。


2011_09_30_01.jpg

2011_09_30_02.jpg

2011_09_30_03.jpg

2011_09_30_04.jpg
<私の長靴にしがみつく個体がいました>

2011_09_30_05.jpg
<失敗>

2011_09_30_06.jpg
<失敗>

2011_09_30_10.jpg
<帰り際に1匹採集して撮影>

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コシボソヤンマ

2011年9月29日(木)

 ルリボシヤンマ、今日が最後だろうと思い行ってきました。
今日は、撮影よりも採集をメインで考えて昨日のオオルリボシヤンマ狙いで。

朝、8時30分出発。
高原への道中で、沢山の蚊が群れていた所でエゾトンボ系とアカトンボ系が沢山群れている
場所に遭遇しました。
その中に、ミルンヤンマとルリボシヤンマも混じって、稲刈りを終えた田んぼの上を
摂食飛行していました。
道路脇に駐車して網を持って採集。
ルリボシヤンマだけ採集できました。
ミルンヤンマとエゾトンボ属は失敗。

とりあえず、現地のオオルリボシヤンマが気になっていたので、ここは帰りに再度立ち寄ることに
して現地へ進みました。
現地のいつもの湿地に到着して、オオルリボシヤンマを待ちましたが現れず。
今日は、秋晴れで雲の無い快晴でしたので、もう少しここに残ってオオルリボシを確認したかった
のですが、地元のコシボソヤンマも予定に入れていたので、やむなく14時に退散。

地元の森へ直接行く予定でしたが、学校から帰る息子を連れて行きたかったので、
一旦自宅へ。
15時に息子が帰宅し、宿題を済ませ15時30分出発。
16時すぎに地元の森へ到着。

車から降りるなり、すぐにコシボソヤンマのメスがアスファルト道路をウロウロ。
で、いつものコシボソ撮影現場へ。
しばらくするとコシボソヤンマのオスが飛んできました。
まだコシボソヤンマは健在でした!

以前にも書きましたが、トンボ撮影をはじめるまでは地味なコシボソヤンマには
あまり興味が沸きませんでしたが、ノーファインダーでの接写撮影が気持ちよく
かなりハマっています。
この撮影方法を現地で教えて下さった、ちんたさんに感謝です。
恐らくお会いしていなければ、コシボソヤンマの撮影はしなかったでしょうし、
やってもできなかったでしょう。

他のトンボ達にも応用ができると思い、カメラの近くをウロウロするルリボシやウスバキ
にも試しましたが、あまりうまく撮影できませんでした。

秋になって気温が下がり、日が暮れる時間が早くなってからコシボソヤンマの出現と寝床
へ帰る時間が早まり、今の季節は普通に日中でも姿を見せ、夕方17時30分まで見ることが
できます。
ただ、個体数が夏に比べ少ないため、周回してくる間隔は長いです。
30分に1回ぐらいのペースで撮影現場に現れます。

そこで、息子がメスを捕獲したので丸太の上に乗せて撮影しようとしたら、すぐにオスが飛んで
きてアッという間に連結し連れ去ってしまいました。

昔から「トンボつり」という手法がありましたが、まさにその光景でした。
(メスの胴体に糸を結んで飛ばすと、オスが交尾するためにメスに近寄り連結した所を捕まえる)
撮影最中でしたが、あまりの素早い行動に撮影ならず。
さて、コシボソヤンマ撮影ですが、短い時間でしたがなんとか数枚見れる写真が撮れました。

ルリボシ属は終了(東北のマダラヤンマがありますが)したので、来週はコシボソ撮影に
行きたいと思います。
来週、まだいるかな・・それ以前に台風が来ているので無理かも。


2011_09_29_06.jpg
<エゾトンボ系のシルエットです>

2011_09_29_01.jpg
<ルリボシヤンマ数匹とヒメアカネ大量でした>

2011_09_29_02.jpg
<田んぼの摂食飛行していた現場から>

2011_09_29_03.jpg

2011_09_29_04.jpg

2011_09_29_05.jpg
<ピンボケ>

人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オオルリボシヤンマ

2011年9月28日(水)

 懲りずにいつもの高原へルリボシヤンマ撮影。
現地に12時すぎに到着して車内でお昼。
時期的にそろそろ厳しいかな・・。

5分ほどで湿地に到着。
が、いつも沢山居たルリボシヤンマは確認できず。
湿地は数箇所あるので、各所を回りますがいません。

しばらくして、一番大きな湿地にオオルリボシヤンマが1匹飛んできました。
摂食飛行していたのでかなり低めを飛んでいました。
その後、ルリボシヤンマ1匹。

結局、今日見たのはミルンヤンマ1、オオルリボシ1、ルリボシ1だけ。
もうシーズンは終了なのでしょうか・・。

その後、いつもの地元の森へ。
コシボソヤンマとカトリヤンマがいました。
時間的に遅かったのか、2種とも1回だけ飛んできてそれ以降は確認できず。

明日も休みなのでどうしようかな・・。

2011_09_28_03.jpg
<オオルリボシヤンマのオス  蛾でしょうか?捕食して飛んでいました。>

2011_09_28_02.jpg
<オオルリボシヤンマのオス同じ個体です。撮影チャンスは10分ほどで低く飛んでくれたものの
やはり遠い。ルリボシヤンマみたいに近場を飛んでくれたらなぁ・・>



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

台風

2011年9月22日(木)

 昨日の台風が過ぎ去った今日、トンボの観察へ行ってきましたが時期的にもトンボ終盤と重なり
何も収穫無しでした。
昨日の時点では、一人でルリボシヤンマを見に行く予定にしていましたが、台風通過直後ということもあり
気乗りせず、学校から帰る息子を待ちました。

ということで、久しぶり地元近場の森へ。
確認できたのは、ミルンヤンマとコオニヤンマ、コシボソヤンマ。
コシボソヤンマは時期的に見れないかと思いましたが、数頭縄張り争いをしていました。
ミルンヤンマは落ち着き無く、高い木の周辺と地上スレスレを飛び、撮影チャンスは無し。

コシボソヤンマの撮影場所は、台風の影響で足場が流されていました。
今日は残念ながら2回ほど↓の現場へ飛んできただけで撮影には至りませんでした。

2011_09_22_01.jpg

2011_09_22_02.jpg
息子のコンデジ撮影。綺麗に撮れていました。

あと、昨年の今日は黄昏飛翔のヤンマが多数飛んでいて、マルタンヤンマのオスを採集した日でもありましたが、
今年は全くいませんでした。
気温の違いなのでしょうか?



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

またルリボシヤンマ

2011年9月19日(月)

 また行ってきました。
ルリボシヤンマです。
ここではオオルリボシヤンマは時期が過ぎたようで、ルリボシとエゾトンボ系、ミルンヤンマが
多く見られました。

朝、7:00起きで8時30分出発。
現地には10:30着。
いつもの木柵で管理された湿地で撮影をしていましたが、展望台コースを少し散策
してみました。
すると、道中に沢山の小さな湿地があり、その一部で沢山のルリボシヤンマが見られました。

かなり近くをホバリングしてくれる個体もあり、多くの撮影チャンスに恵まれましたが、
やはりまだまだ上手に撮影できません・・。
広角で被写体を確認して、すぐに望遠域にしてピントを合わせて撮影を繰り返しているのですが、
平均的に10秒前後しかホバリングしないので、まだ私の技術では完全ピンでの撮影ができていません。
オオヤマトンボも中途半端に終わった状態なので、納得行く作品が撮りたいところです。

今日は、ルリボシヤンマが産卵しているメスを捕まえて、連結飛翔する姿をはじめて
見ました。
産卵しているメスを捕らえる時の羽音が凄まじく、カマキリに捕まったのかと思うほどの
大きな音でした。

2011_09_19_01.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>

2011_09_19_02.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>

2011_09_19_03.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>

2011_09_19_04.jpg
<縄張り飛翔をしていた個体が突然枝に止まりました。ルリボシが止まったのは初めて見ました>

2011_09_19_05.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>

2011_09_19_06.jpg
<よくわからないアブかハチでしょうか。ホバリングをしていました>

この他、ミルンヤンマの産卵、エゾトンボ系が多く見られました。
両者とも撮影には及ばずでしたが、今回久しぶりに採集もしました。
息子が、小学校に持って行って展示します。

2011_09_19_07.jpg
<ミルンヤンマ・メス>

2011_09_19_08.jpg
<ミルンヤンマ・メス>

2011_09_19_09.jpg
<ミルンヤンマ・メス>

2011_09_19_10.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>

2011_09_19_11.jpg
<ルリボシヤンマ・オス>



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ルリボシヤンマ、ミルンヤンマ、タカネトンボ

2011年9月15日(木)

 今日も行ってきました。
朝、7時起きの8時30分出発。
息子は学校が始まり、帰りが15時30分ということで私1人で出かけました。

いつものルリボシヤンマの湿原に行く前に、地元でシラタマホシクサの撮影をしておこうと
思い現地に向かいました。

シラタマホシクサ、沢山咲いていました。
これが満開状態なのか分かりませんでしたが・・。
シラタマホシクサとハッチョウトンボのコラボは見れず、8月に大量にいたハッチョウトンボ
は1匹も確認できませんでした。
 
2011_09_15_01.jpg

2011_09_15_02.jpg

2011_09_15_03.jpg

2011_09_15_04.jpg

2011_09_15_05.jpg

2011_09_15_06.jpg

2011_09_15_07.jpg



 一通りシラタマホシクサを撮影し、すぐに湿原へ。
11時30分ごろ現地着。

エゾゼミの声が無く少し寂しい状況でしたが、ルリボシヤンマは沢山飛んでいました。
オオルリボシヤンマはいつものように上空高く撮影できず。
今回は、失敗したピンボケもアップしてみました。
ホバリングしてくれるので、撮影チャンスはかなりの頻度であるのですが、カメラの基本を
熟知していないので、真っ黒になったり、真っ白になったりで失敗ばかり。
羽の動きを止めた撮影をしたかったので、スピードライト装備してシャッタースピード
上げて撮影するのですが、被写体までの距離が遠く外部フラッシュが届かず真っ黒とか・・。
なので、今回は全部ピンボケです。
(すべてトリミング無し。)

2011_09_15_08.jpg

2011_09_15_09_20110915214654.jpg

2011_09_15_10.jpg
<失敗>


2011_09_15_11.jpg
<失敗>

2011_09_15_12.jpg


 ミルンヤンマが産卵していました。
残念ながら木道の足(丸太)に産卵していて、産卵シーンは撮影できませんでした。

2011_09_15_13.jpg
<ミルンヤンマ、ピンボケ>

2011_09_15_14.jpg
<産卵していたミルンヤンマ♀>

 最後は、タカネトンボです。
小範囲をホバリングしながら飛んでいましたので、簡単に・・と思いましたが
これまた失敗。

2011_09_15_15.jpg



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ルリボシヤンマ

2011年9月10日(土)

 秋のヤンマ撮影にまた行ってきました。
また同じルリボシヤンマですが・・。
これまでオオルリボシヤンマが見られなかったため、オオルリ目当てで行きました。

今日の目覚めが非常にダルく9時出発となりました。
現地に到着して湿原に向かう道中にゲートボール場脇に小さなビオトープがあったので
寄りました。
大量の交尾したアオイトトンボやシオカラ、オニヤンマしか見当たりませんでしたが
イトトンボが非常に綺麗なコバルトブルーの複眼で思わずマクロ撮影。
撮影で接近するとすぐに飛んでしまうので、結構苦戦しました。

2011_09_10_01.jpg
<アオイトトンボ>

2011_09_10_02.jpg
<アオイトトンボ>

2011_09_10_03.jpg
<アオイトトンボ>

2011_09_10_04.jpg
<アオイトトンボ>

その後、11時30分にいつもの湿原へ。
今日は多くのルリボシヤンマが飛んでいました。
ルリボシヤンマは、日が当たっている間はほとんどホバリングせず、小範囲を行ったり
来たり。
オニヤンマのように直線的に飛ばないので、日照がある間は手持ち流し撮りで苦戦。
で、少しでも太陽が雲に隠れて日陰になるとすぐにホバリング。
この瞬間を狙うのですが、周囲に多数のルリボシやオニヤンマ、タカネトンボが
飛んでくるのですぐに交戦して縺れ合って上空高く飛んで行ってしまいます。
ルリボシヤンマは行くたびに100%出会えるので、撮影を重ねる度に
同じようなカットばかりですが、撮影して家に帰って数百枚の写真をチェック
するのは楽しいですね。

2011_09_10_05.jpg
<ルリボシヤンマ>

2011_09_10_06.jpg
<ルリボシヤンマ>

一方、目当てだったオオルリボシヤンマは14時30分ごろ飛んできました。
しかし、風が吹かないとホバリングしない上、かなり遠くを飛んでいたため、これまた撮影には苦戦。
東北地方なんかでは、普通にあちこち見られてかなり至近距離でホバするようですが
そのような状況にはならず・・・・。

2011_09_10_07.jpg
<一応オオルリボシヤンマです。ルリボシヤンマとの違いは、尻尾の模様が全部コバルトブルーなんですが、
これでは見れません・・>

そんな繰り返しで結局、16時ぐらいまでここで撮影。
予定では14時にはここを出て、地元でシラタマホシクサを撮影する予定でしたが、
間に合わず。
その後、ここから1時間ほど走ったところにある棚田へ。
初めて棚田へ行きましたが確かに綺麗。
でも、意外にトンボが少ない状況でした。

その後、日が暮れかかっていましたが、また先ほどの湿原へ。
現地へ到着した頃には完全に日は暮れていました。
黄昏飛翔なども期待しましたが、全く姿無しで退散。

2011_09_10_09.jpg

2011_09_10_08.jpg

2011_09_10_10.jpg

最後に。
今日は、オオルリボシヤンマやルリボシヤンマ、タカネトンボなど多くのトンボが飛んでいましたが、
最後まで撮影に手応えが無く壁にぶち当たったような感じでした。
天候など環境に応じて撮影設定が対応で出来ていないのが原因です。




人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ルリボシヤンマ

2011年9月6日~7日


 9月6日(火)
今日は、台風が通過して久しぶりの快晴。
この夏一番の快晴ではないでしょうか。

ということで、そろそろシーズンが終わるオオヤマトンボの撮影に行ってきましたが、
池にはオオヤマどころかウチワヤンマもいません。
シオカラとギンヤンマが2匹ほどの大変寂しい状況でした。
しばらくして1頭のオオヤマが飛んでいましたが、諦めて退散。
駐車場へ帰る道で、多数のウスバキトンボが群れていたので、適当に撮影。
家に帰って、写真を見ると意外にアカトンボ系も面白いなと思いました。

 9月7日(水)
今日は、オオルリボシヤンマ、ルリボシヤンマ狙いで他府県へ。
子供が学校から帰るのが14:00で、宿題済ませて14:30分出発。

学校がある日は、こんな時間から遠い場所へ行くことは無いのですが、
夕刻時間の状況も確認したいということから行ってきました。
子供はやはり夏休み明け直後の学校帰りで疲れていたのか、乗り気ではなく
車内でもグズグズ・・・・。

さて、現地へ16:00着。
湿地はエゾゼミの鳴き声も無く、ひっそりとしていました。

ルリボシヤンマ。
4~5頭が各所でホバリングを交えながらテリ張ってました。
今日は、いつも交戦するオニヤンマはいませんでした。

ホバるので撮影しやすいですが、木道と木柵で整備されているので、ホバリングしている個体
までが遠いため300mmは必須です。

どちらかというとオオルリボシヤンマの方が撮りたかったのですが、確認できず。
おそらく、午前中~正午までがオオルリボシヤンマ、それ以降の時間帯がルリボシヤンマ
の時間帯だと思われます。


(写真データはすべてトリミング無し、リサイズ1600*1200)
2011_09_07_01.jpg
<オオヤマトンボの池の近くの湿地で咲いていたシラタマホシクサ>

2011_09_07_02.jpg
<ウスバキトンボ  ピンボケですが今後、もっと時間をとってじっくり撮影したいですね>

2011_09_07_03.jpg
<ルリボシヤンマ  前回撮影より向上したかな?>

2011_09_07_04.jpg
<ルリボシヤンマ>

2011_09_07_05.jpg
<ルリボシヤンマ  この個体は後ろ足が伸びたままでした>

2011_09_07_06.jpg
<ルリボシヤンマ   ピンボケです。今回一番大きく撮影したのですがダメでした>

2011_09_07_07.jpg
<ミヤマアカネ>



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

機材

2011年9月4日(日)

 昨年2010年8月31日に購入したカメラD90ですが、レンズの購入欲が止まらず
こんなになってしまいました。

以前ブログに書いた、すでに売却してしまった一番高かったレンズ「ニコン Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED」含め、沢山のレンズ購入してしまいました。

コンパクトデジカメ、フィルム時代ではバカチョンカメラしか触ったことなく、そもそも
写真自体に興味が無かったのですが、トンボの飛翔写真を見てから興味を持ちました。
まだ、カメラの基本を熟知しておらず、各所方面で教えてもらったまま撮影してきました。

なぜか、止まった被写体には興味が無く、とにかく動いている、飛んでいるものにカメラを
向けたくなる状況なので、今後もしばらくはトンボの飛翔写真を撮っていきたいと思います。

2011_09_03.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ハッチョウトンボのヤゴ

2011年9月2日(金)

 今日は台風で雨のため、どこにも行けませんでした。
暇だったので、ブログのランダム表示のタイトル画像の追加をしたり、
飼育の終わったヤゴ達の水槽やカップの片付けと清掃をしました。

ハッチョウトンボのヤゴがいた、プリンカップを清掃していると、1匹の
ハッチョウトンボのヤゴが見つかりました。
アカムシを与えるとすぐに食べました。

そろそろハッチョウトンボのシーズンも終盤にさしかかってきたので、このヤゴの写真を
撮ってみました。
サイズは米粒ぐらいの小さなヤゴなので、思うように綺麗に撮影できませんでした。

2011_09_02_01.jpg
<頭に緑色の物体が付いていますが、ミズゴケだと思います>

2011_09_02_02.jpg

2011_09_02_03.jpg

2011_09_02_04.jpg

2011_09_02_05.jpg

2011_09_02_06.jpg
■サイズは8mmぐらいでしょうか。(終齢) ハッチョウトンボ ヤゴなどで画像を検索すると、
よくシオカラトンボやオオシオカラなどの若齢のヤゴと間違って掲載されているようです。

RIMG0504.jpg

DSC_0580.jpg

DSC_0567.jpg



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム