オオヤマトンボのヤゴ

2015年4月7日(火) その4

今日は、天候が良かったらタベサナエの羽化の撮影を予定していましたが、
残念ながら全くダメで、雨もパラつき、気温も低く最悪の天候でした。

息子が、入学式の関係で早く帰宅したので、近くの池にガサガサ。
私は網は持たず、息子がガサガサ。
息子の網には、何度ガサるも、タベサナエ、ヤマサナエが多く入るだけで、
特に収穫無し。

そんな状況の中、息子が「デカいザリガニのようなのが入っただけや・・」と
網を見ると、終齢のオオヤマトンボ!

全く予想外の展開。
干上がる寸前の池とは違い、普通の池でガサやって、オオヤマが入った 
のは初めて。

終齢のヤゴでしたので、羽化の時期が近いため、池の岸周辺に移動してきたヤゴ
だと思われます。
今日のガサでは、サナエばかり見ていたので、オオヤマの終齢は異常にデカく感じました。

2015_04_07_07.jpg

2015_04_07_09.jpg

2015_04_07_08.jpg

2015_04_07_10.jpg

2015_04_07_11.jpg

スポンサーサイト

オオヤマトンボのヤゴ

2015年3月24日(火)

 本日はお昼から、特に当てもなくブラブラと出かけました。
とりあえず、近場のハッチョウトンボの湿地に行きました。

湿地に着いて、車から降りるとシュレーゲルアオガエルが鳴いていました。
シーズン到来です。
鳴き声を聞きながら湿地へ歩きました♪
すると、湿地に隣接している大きな池の水が抜かれているのに気が付きました。

2015_03_24_01.jpg

これは!またと無いチャンス。
もしかしたら、ウチワヤンマのヤゴを見れるかも。

2015_03_24_02.jpg
 
 早々、ガサ入れ開始。
水が残っているポイントをガサガサ。
広大な池なので、結構歩きます。

長靴装備だったので、水が無くなったとはいえ、水が残っている付近は
泥沼状態でズブズブと長靴の丈を超えてしまいそうになるため、全部を
捜索することはできませんでした。

また、水位が無いため、泥だけを掬う状態で、泥を洗い流すことができず、
かなり厳しい状況でした。

 かなり本気モードで4時間ガサりましたが、ウチワヤンマは得られず。
オオヤマトンボが3頭・・・がっかり・・。
昨年、ここの池でウチワヤンマ・オスの縄張りは見ましたが、産卵までは
確認できていないのですよね。

ここの池は、工事を長くしていて、水を抜いたり入れたりする上、
ウチワヤンマの個体数もかなり少ない状況でしたので、ウチワヤゴは厳しいかも。

オオヤマトンボもウチワヤンマと同じく、大きな池の深い場所ににかいないので
ヤゴの採集は大変困難なヤゴですが、過去に何度か採集したため、
あまりテンション上がらず。

4時間経過したころには、腰が痛くて歩くのも辛い状況になって
しまったため、残念ながら断念しました。

2015_03_24_03.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2015_03_24_04.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

 その後、別の小さな湿地でヒメタイコウチ。
3年ぶりに飼育することにしました。
このメスは、フィールドで見た時にはすでにお腹パンパンでした。
すぐに産卵するでしょう・。

あぁ、でも餌が・・。
またイエコオロギも飼育か・・。

オスとメスの違いは、過去記事に写真と共に掲載していますが、亜生殖板で見分けが
できます。
また、大きさでも判断でき、メスの方が大きいです。
ただ、フィールドではあまり見慣れていないので、結構難しい。
うまく、メスとオス両方があれば、見分けることができますが、
1匹だけだと、亜生殖板の違いも、大きさの違いも、アレ?どうだったっけ?となって
しまいます。

今日みたいに、お腹がパンパンに膨らんでいたら簡単ですけど。

2015_03_24_05.jpg
<ヒメタイコウチ 交尾>

オオヤマトンボのヤゴ

2013年6月1日(土)

暇なので。
最近、オオヤマトンボの食欲が凄まじいです。
でっかいミミズを2分ほどで食べてしまいます。
オニヤンマも同様ですが、ここまで凄くはないですね。

あと、ムカシヤンマもミミズを食べてくれるようになりました。

スローモーション動画。
適当に撮影したので、羽化するまでにもっとクリアな映像を撮影しますね。

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

オオヤマトンボ上陸

2013年5月15日(水)

 今日、オオヤマトンボのヤゴ3頭のうち、1頭が上陸していました。
昨年10月に採集したヤゴです。

近く羽化しそうな気配で楽しみです。

2013_05_15.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

オオヤマトンボのヤゴ

2012年10月30日(火)

 トンボシーズン終了のカウントダウンの時期になってきました。
午前中にアカトンボ系を観察に行こうかと考えていましたが、
今日はお昼までゆっくり休みました。

お昼から、オオヤマトンボのヤゴ探しに。

丁度、カトリヤンマのポイントの池の水が少なくなっていたので、
オオヤマトンボが捕獲できるのではないかと考えていました。
現地に14時30分着。

早速ガサガサ。
池は膝下あたりまでの水位で、一部は腰の辺りまでの水位でした。

ヤゴの生息数はかなり少なく、時折ギンヤンマとアカトンボ系が入る程度。
他にはハイイロゲンゴロウが沢山いました。

15分ほどして、網に大きなうごめくヤゴが!
間違いなくオオヤマトンボ!
初めて生きたオオヤマトンボのヤゴを見ることができました。
今回の写真では比較できる物が無いのですが、本当に大きいですね。

それから約1時間ほどガサガサを続け、全部で4頭のオオヤマトンボのヤゴをGET。
残念ながらウチワヤンマのヤゴは入らず。
次回はウチワヤンマのヤゴ目指して行きたいと思います。

オオヤマトンボとウチワヤンマのヤゴは、大きな池の深い場所に生息する
ヤゴで、採集が非常に難しいヤゴです。
しかし、イレギュラーで採集できることが稀にあるようです。

例えば、周辺に溜池の少ない地区の川のワンドなど。
今回私が採集した場所のように、大きな池がなんらかの事情で水位が下がって
干上がる寸前の池を見つけるなど。
あとは、羽化の時期を狙って夜間に岸部に集まってくるヤゴを捕獲でしょうか。

飼育に関して、夜行性のため餌は夜間に食べます。
ミミズなどを与えて放置しておけば夜間に食べるようですが、食べずに
残ったままの状態が多いため、給餌した方が良いでしょう。
夜、照明を点けない部屋で飼育し、餌を与える時に照明を点灯して餌を与えると
食べます。
終齢ヤゴはオニヤンマ終齢よりも食べるスピードが早いですね。

2012_10_30_01.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_02.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_03.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_04.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

2012_10_30_06.jpg
<オオヤマトンボのヤゴ>

比較

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
61位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム