ミヤマアカネ産卵

2017年10月10日(火) その1

 またまたミヤマアカネ。
今日は、動画を中心に撮ってみました。


現地には、10時30分に到着したのですが、今日は気温がかなり高く、
すでに産卵ピークの様相で、あちこちで産卵真っ最中でした。
すぐにビデオを設置し撮影しました。(iphone6s)

今日、産卵中のミヤマアカネをハチが2度も捕食するシーンを見ました。
↓これがそのハチです。
動画に捕食後の映像が入っています。

2017_10_10_212.jpg



 一昨日よりも、産卵時間が短く、11時すぎにはピークが終わってしまいました。
27度もありましたので、朝、いつもより早い時間帯から産卵が始まっていたと思われます。

【全ノートリミング】

2017_10_10_15.jpg


2017_10_10_01.jpg

2017_10_10_02.jpg

2017_10_10_03.jpg

2017_10_10_04.jpg

2017_10_10_05.jpg

2017_10_10_06.jpg

2017_10_10_07.jpg

2017_10_10_08.jpg

2017_10_10_09.jpg



スポンサーサイト

ミヤマアカネ産卵の続き

2017年10月8日(日) その3
 

 続きです。
結局、なんとか太陽が出てくれたのが、11時30分。
雲が多く、安定しない状況でしたが、ミヤマアカネ達もそこそこ産卵に来てくれました。

細流は水の流れがほとんど無く、チョロチョロと流れている程度で、ほとんど水が
ありませんでした。
しかも、草が生い茂り、流れを覆うようになっていましたので、近寄るとカメラが
草に干渉して思うように撮れませんでした。
なので、撮影は草の少ない下流での撮影になりました。

次回は、草刈をしないといけません。

 【全ノートリミング】
2017_10_08_11.jpg

2017_10_08_12.jpg


 今日は5ペアの同時産卵を見ることができましたが、写真がピンボケ
だったため、3ペア止まりとなってしまいました。

2017_10_08_13.jpg

2017_10_08_14.jpg

2017_10_08_15.jpg

2017_10_08_16.jpg

2017_10_08_17.jpg



田んぼで、ミヤマアカネ

2017年10月08日(日) その1


 毎年見に行っているマイコアカネのポイントへ。
久しぶりに息子も同行しました。
今日は、いつもの場所ではなく、少し離れた近隣のポイント。
しかし、農作業中で車を止めることができなかったので断念し、山間部のミヤマアカネへ。

ミヤマアカネは、9月10日以来の訪問で、約1ケ月になります。
現地には、少し遅い10時30分に到着。
稲刈りは終わっていました。

天候が最悪で、どう見ても回復しそうな気配なく、厚い雲に
覆われていました。

こんな状況なら、貴重な休みゆえ、平野部の近所で晴れているアカトンボを撮ったほうが良かったと
後悔しましたが、今更引き返しても産卵時間には間に合わないため、仕方なく、トボトボと
田んぼへと足を踏み入れました。

完全に曇っている中、ミヤマアカネとアキアカネが、田んぼで産卵。
お日様が出ていないことで、産卵は安定せず、近寄っていないにも関わらず、
転々と場所を変えます。

そんな状況の中で、なんとか撮影できた、田んぼでのミヤマアカネです。
広角ですけど、大きく撮ってみました。


【全ノートリミング】


2017_10_08_01.jpg

2017_10_08_02.jpg

2017_10_08_03.jpg

2017_10_08_04.jpg

2017_10_08_05.jpg

2017_10_08_06.jpg

ミヤマアカネ

2017年9月10日(日) その1
 
 今日のミヤマアカネは、閑散状態でした。
ポイントには、「やまねさん」と「monさん」がお見えで、オニヤンマを撮影しておられました。

複数ペアの同時産卵を狙って、連日通っていますが、今日は
それどころでは無い状況で、少なかったです。

過去、3ペア同時は撮影できたので、それ以上を狙いたい。
複数ペアが一時集まってはきましたが、敏感で撮影できませんでした。

とは言っても、多産地。
必ず、流れのどこかで産卵は見られます。

【全ノートリミング】
2017_09_10_02.jpg

2017_09_10_03.jpg

2017_09_10_04.jpg

2017_09_10_05.jpg


ミヤマアカネ

2017年9月8日(金) その1

 ミヤマアカネ。
今回は、少し大きめに撮影してみました。

産卵は、11時頃からスタート。
天候はかなり良かったですが、風が強く、これが影響している模様で
近寄った際に警戒したミヤマアカネは、強風にあおられて、そのまま飛んで
行ってしまうことが多かったです。

天候が良かったのに、なかなかうまく行かないものですね。

【オニヤンマの1枚目以外、全ノートリミング】
2017_09_08_01.jpg

2017_09_08_02.jpg

2017_09_08_03.jpg

2017_09_08_04.jpg

2017_09_08_05.jpg

2017_09_08_06.jpg

 今年はまだ、3ペア以上が同時に産卵するシーンを見ていません。
2ペアは何度かありますが、うまく撮れず。

2017_09_08_07.jpg

2017_09_08_08.jpg

2017_09_08_09.jpg

2017_09_08_10.jpg

 合間に撮ったオニヤンマです。
今日は、メスの姿なく、産卵はありませんでした。


2017_09_08_11.jpg

2017_09_08_12.jpg

2017_09_08_13.jpg



ミヤマアカネ

2017年9月5日(火) その1

 今日もミヤマアカネ。しばらく続くと思います。
「やまねさん」も途中から来られて、一緒に撮影。

 天候が、前回と同じく、晴れたり曇ったりでミヤマアカネの活性は良くありません。
なので、「産卵がスタートした!」という感じでは無く、パラパラと産卵が見られる
感じでした。

【全ノートリミング】

2017_09_05_01.jpg

2017_09_05_02.jpg

 今日のミヤマアカネは、敏感で近寄るのに一苦労。
青空が似合うミヤマアカネですが、今日は残念ながら期待できそうにありません。

↓「やまねさん」とミヤマアカネ。
2017_09_05_03.jpg

2017_09_05_04.jpg

2017_09_05_05.jpg




ミヤマアカネ

2017年9月2日(土) その1

 ミヤマアカネ。
ここに訪れる時にいつも心配なのは、地主さんがご在宅がどうか。
過去、アップはしていないですが、地主さんが不在で断念したことが何度かあります。

 今日は奥さんがおられ、「今年もはじまりましたか!」と快くご承諾下さいました。
下の庭で少し、雑草を抜いていると、ご主人が買い物から帰って来られ、
「久しぶり!」と声をかけて下さいました。

 さて、天候は晴れですが、現地では、結構雲が出ていて、太陽を遮ってしまい
露出がコロコロ変わって、撮影は失敗しました。

産卵ペアも少ない状況。
それでも、11時すぎから、20ペア以上は来ていたと思います。
太陽が出ると、すぐに産卵に入るので、やはり陽射しが無いと厳しいみたい。


露出、ピントも散々でしたが、アップしました。

【全ノートリミング】


2017_09_02_02.jpg

2017_09_02_03.jpg

2017_09_02_04.jpg

2017_09_02_05.jpg

2017_09_02_07.jpg

2017_09_02_08.jpg

ミヤマアカネ

2017年8月30日(水) その1

 今日は、ミヤマアカネを見に行きました。
現地には、10時30分到着。

 例年よりも少し早い訪問です。
今日は朝から気温が高く、30度を超えていました。
いつもは、涼しくなった時期に観察していたので、この高い気温では、
ミヤマアカネもどうなのかと心配しました。

 到着してしばらくすると、そこそこのペアが産卵にやってきました。
昨年は、地主さんが水を多く流していて、流れが早く産卵に影響していましたが、
今年は大丈夫でした。

 流れに入ると濁ってしまうので、細流には入らず、カメラを片手横持ちで撮影しました。
あまり良いショットが撮れませんでしたが、とにかく暑く、今日は12時前に撤収。



【全ノートリミング】

2017_08_30_01.jpg

2017_08_30_02.jpg

2017_08_30_03.jpg


2017_08_30_06.jpg


 露出を失敗した写真ばかりですが、なんとか撮影できました。
複数ペアの同時産卵は、タイミングが合わず、撮影できませんでしたが、
今季初めてのミヤマアカネ産卵を観察できました。

2017_08_30_07.jpg

2017_08_30_08.jpg

2017_08_30_09.jpg

2017_08_30_10.jpg


2017_08_30_11.jpg

2017_08_30_12.jpg

2017_08_30_13.jpg


 続きます。。。

ミヤマアカネ②

2016年9月25日(日) その3

 記事が前後しますが、ミヤマアカネで忘れていたのがあったので追記です。
撮影中、非常におかしな飛び方をするペアがおりました。

たまに見られる、メスが産卵を拒んで産卵飛翔するそれとは違い、縦横無尽に
非常に激しくトリッキーな動きで連結産卵しておりました。

目視では、どうなっているのか分からず、家に帰ってPCで見て初めて原因が分かりました。

【2枚目以外ノートリミング】

2016_09_25_25.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

  どうやら、メスの頭がクルッと一回転してしまっているようでした。
撮影中は、この状態が分からず、PCの写真で見るまで分かりませんでした。
非常に高速に、めちゃくちゃな飛び方をするので、10枚程度しか撮れませんでした。

↓上の写真のトリミングです。
2016_09_25_26.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_25_27.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 打水も普通に行っているように見えましたが、メスの体ごと水面に打つような感じでした。
↓ピンボケですが・・・・
2016_09_25_28.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_25_29.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 しばらくして、連結を解いた後。
2016_09_25_30.jpg
<ミヤマアカネ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

ミヤマアカネ①

2016年9月25日(日) その1
 
 今日は午前中、やまねさん、イヨさん、monsanとミヤマアカネを見に行きました。
やまねさん達は、別のミヤマアカネのポイントへ寄ってから来るとのことで、息子と
僕は先に現地に直行しました。

ポイントには、11時すぎに現地に入りました。
天候は、曇りの予報でしたが、なんとか持ちそうな感じです。
いつものように、田んぼの地主さん宅へ許可を頂き、田んぼへ。
早々、多くのミヤマアカネ達が産卵をしていました。

産卵を撮影中に羽化したばかりの個体が飛びました。
まだ羽化があったんですね。
2016_09_25_24.jpg

産卵ペアは、いつものごとく多数おりますが、やはりまだ稲刈りが終わっていないことから、
稲の中で産卵するペアが多くおり、細流と田んぼに分散してしまいます。

【全ノートリミング】
【全OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO撮影】

2016_09_25_01.jpg

2016_09_25_02.jpg

2016_09_25_03.jpg

2016_09_25_04.jpg

 OMDは、連射ストロボのチャージと連射発光が本当にネックで、相当なストレスです。
チャージするまで5秒?ほどでしょうか・・・、かなり厳しいです。
連射発光も遅く、4~5発。

2016_09_25_05.jpg

2016_09_25_06.jpg

2016_09_25_07.jpg

2016_09_25_08.jpg

2016_09_25_09.jpg

2016_09_25_10.jpg

2016_09_25_11.jpg

2016_09_25_12.jpg

 今日は12時前に、産卵がほぼ終了。
移動準備をしていた12時すぎに、ようやく「やまねさん」達が到着。
産卵は、終わりつつあり、天候も少し陰ってきましたが、まだパラパラと産卵ペアが見られます。
13時30分まで皆で撮影を楽しみました。

↓露出失敗。
2016_09_25_13.jpg

2016_09_25_14.jpg

2016_09_25_15.jpg

2016_09_25_16.jpg

2016_09_25_17.jpg






最後に、息子撮影分です。
今まで、広角撮影は嫌って撮影していませんでしたが、珍しく今日は広角で撮影していました。

2016_09_25_00.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

2016_09_25_00_1.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

2016_09_25_00_2.jpg
<D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR>

 その後、息子と僕はルリボシヤンマのポイントへ移動。








 

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
73位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム