コオニヤンマ羽化

2017年6月17日(土) その5

 続きます。。。。
グンバイトンボを探しながらも、川を歩いていると、コオニヤンマとオジロサナエ
の羽化があったため、いつの間にか、こっちを探すようになってしまいました。

 今日は、コオニヤンマの羽化が、多く見られました。
7頭以上は羽化していたと思います。
その中で、羽化不全が3頭いました。
この羽化不全達は、かろうじて、飛ぶことができたようで、フラフラになりながらも飛んで
行きました。
もしかしたら、僕が羽化に気が付かず、失敗させてしまったのかもしれません。

また、なぜか大きく撮りすぎた。
フィールドでは、ここまで下品な大きな絵には見えなかったのですが、
またもや失敗した。

翅を広げたものの、まだまだ時間がかかりそうだったので、飛び立ちは
全く撮る気になれず、移動しました。

その6へ続く・・・・・・


2017_06_17_15.jpg

2017_06_17_16.jpg

2017_06_17_17.jpg

2017_06_17_18.jpg

スポンサーサイト

コオニヤンマ

2015年8月27日(木) その1

 今日は、少しトラブルがありました。
午前中、息子を連れて、コオニヤンマの産卵を撮影しました。
いつもオスが数頭、メス待ちしている場所で待機。

15分ほどすると、運よく息子の目の前でコオニヤンマが産卵。
コオニヤンマに限らず、産卵を待っている時は、よく息子の目の前に出てくる。
しかも1m以内の距離ばかりで・・・。

レンズは180mmマクロでしたので、このような写真になりましたが、
広角でうまく撮影できれば、良いのが撮れそうでした。

2015_08_27_01.jpg

2015_08_27_02.jpg

2015_08_27_03.jpg

2015_08_27_04.jpg

2015_08_27_05.jpg

2015_08_27_06.jpg

 コオニヤンマを撮った後、オオルリボシヤンマ→ルリボシヤンマへと車を走らせました。
途中、もしかしたらマルタンが・・と思い、寄り道。

ぶら下がりポイントを少し覗いて、すぐにオオルリボシの山に移動。
そこで、何があったかは割愛しますが、JAFを呼ぶハメに。

先に、ドライバーズエッジに連絡。
状況をダラダラと説明していくと、最終的に、「当社では対応できかねます・・」の返答で、
しかも、JAFを紹介される始末。
JAFは、数年前に退会し、このドライバーズエッジに切り替えた記憶があり、
JAFの会員が生きているか分からなかった。

仕方なく、JAFを呼ぶ。
1時間後、JAF到着。

2時間後、無事事なきを得ました。
JAFは流石、百戦錬磨。
安心感がありました。
費用は12,000円現金払い。

2015_08_27_077.jpg

2015_08_27_088.jpg
<救世主。JAFのランドクルーザー・プラド>

2015_08_27_099.jpg

 最後に。
コオニヤンマのポイントで、昨年から見られるようになった、タイワンウチワヤンマ。
今日も3頭縄張りしていました。
証拠写真。

2015_08_27_22.jpg
<息子の新しいスマホで撮影。綺麗になったとはいえ、コンデジにさえ遠く及ばない画質>

2015_08_27_10.jpg

コオニヤンマ

2014年6月19日(木) その2

 キイロサナエを撮影後、川へ。
川では、コオニヤンマが多く見られました。

撮影に絶好と思われるポイントで羽化していたコオニヤンマの羽化殻。
是非、こんな場所で撮影してみたいです。

2014_06_19_10.jpg
<コオニヤンマ羽化殻>

各所で、このようなコオニヤンマが捕食したアオハダトンボの羽が散らばって
いました。
2014_06_19_11.jpg
<コオニヤンマの捕食されたアオハダトンボの残骸羽>

オアハダトンボが多くいるポイントでは、いつもコオニヤンマが・・>
2014_06_19_12.jpg
<コオニヤンマ♂>

2014_06_19_13.jpg
<アオハダトンボ♀>

ホンサナエのメスが一頭、まだいました。
2014_06_19_19.jpg
<ホンサナエ♀>

コオニヤンマ

2013年8月16日(金) その2

 ネアカを撮影した後、コシボソヤンマの渓流へ。
コオニヤンマがせわしなく渓流の上で摂食していたのを撮影。
しきりにハグロトンボを追い回していました。

2013_08_16_002.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コオニヤンマ

2013年6月14日(金) その2

 コオニヤンマも未熟個体が出ていました。
思えば、3年前にコオニヤンマを初めて見て採集したのを思い出しました。
子供の頃から図鑑でしか見たことがなかったのですが、今では普通に見ることが
できるようになったので、すっかり影の薄い存在に・・。

2013_06_14_01.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コオニヤンマ コシボソヤンマ

2012年8月10日(金)

 朝6時半ごろ、カトリヤンマ1号が羽化していました。
まだ羽化直後のようでした。
今日行く予定のカトリヤンマの生息地にリリースしてきます。

2012_08_10_01.jpg
<カトリヤンマ羽化>

 さて、今日はそろそろルリボシとオオルリボシを見に行く予定にしていましたが、
生憎の曇りだったので近場で過ごしました。
早々にカトリヤンマをリリース。
元気に飛んで行きました。

2012_08_10_02.jpg
<カトリヤンマ>

そして、カトリヤンマ産地で。
やはりホバリングはせず、上下に小刻みに飛び回って藪に消えていきます。

2012_08_10_03.jpg
<カトリヤンマ成熟>

天候が良くないので、これからどうしようかと悩みつつ、コシボソヤンマのポイントへ。
しばらく待つと、コシボソ登場。
ようやく日中でも縄張り飛翔するようになったようです。
早速撮影開始。
お昼頃、メスが産卵しに来たので撮影。
飛翔写真はマクロレンズで、ドアップばかり狙ったのですが、尽くピンボケ。
かなりの枚数撮影したのですが、非常に残念でした。
で、昨年の撮影データ見て思いました。
昨年は、シャッタースピード1/3200秒、今日1/2000秒でした。
こんなに上げてたんですね。
忘れてました。

ということで、後述のボツ写真でご覧ください・・・・・・・・・・・。

2012_08_10_04.jpg
<コシボソヤンマ産卵>

2012_08_10_05.jpg
<コシボソヤンマ♀>

2012_08_10_06.jpg
<コオニヤンマ♀産卵>

2012_08_10_07.jpg
<コオニヤンマ♀産卵>

2012_08_10_08.jpg
<コシボソヤンマ トリミング無しのボツ写真>

2012_08_10_09.jpg
<コオニヤンマ ボツ写真>
コシボソヤンマのテリトリーに入って来た時のバトル最中の写真です。


 下の写真は、私の地域で数少ないネアカヨシヤンマだと思われます。
餌を捕食してそのまま車にひかれてしまったようです。

2012_08_10_10.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
32位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム