カトリヤンマへ

2016年11月4日(金)

 11月から急激に気温が低くなり、最高気温が20度を超えません。
10月31日までは、22~23度あったのですが、11月1日からは17度前後。

そんな中、カトリヤンマのオスの状況を見に行ってきました。
無謀だとは分かっていたのですが、生き物・トンボのことですので、行ってみないと分かりません。
来年以降の観察の参考になれば良いかと。

天候は最高に良く、ほぼ快晴な状況でした。
気温は、18度止まり。

13時30分に、メスらしきカトリヤンマが一瞬だけ見ましたが、尾っぽをクリーニング
しながら空高く飛んで行って、それっきり。
産卵していたのかな?

オスはと言うと、全く音沙汰無く、12時前から15時まで待ちますが現れず。
やはり気温ですね。
今年のカトリヤンマは昨年よりも数が少なく、昨年はオス同士の縄張り争いも見られましたが、
それも無い状況でした。

最高気温17度前後は、昨年では12月上旬の気温でした。
同じ場所によく見られた、コノシメやアキアカネもいません。
写真は撮りませんでしたが、オオアオイトトンボは単独オス、連結も多く見られました。

ということで、カトリも終わり、残るは、キトンボだけとなりました。
まだアキアカネ、オオアオイトもいますが。

帰りに寄ったコバネアオイトトンボです。
オスが3頭しかいませんでした。
スマホで撮影。

毎年この時期のフィールドは、肌寒くなってトンボの姿も閑散としているので、
非常に寂しいですね。


2016_11_04_1.jpg
<コバネアオイトトンボ♂ Iphone6s>
スポンサーサイト

カトリヤンマ

2016年10月22日(土) その2

 続いて、カトリヤンマ。
目的は、オスのホバリングです。

メスの産卵であれば、今日のような曇りでも全く問題ありませんが、オスのホバリングは
今日のような完全な曇りではどうか?

ポイントには、13時45分ごろ到着。
すると、1頭のオスが飛んでいました。
陽射しが終日一切無かったのですが、気温が22度ほどあったことが幸いしたようです。
これまでの経験で、陽射しがあっても気温が低いと、全く飛ばない日がありましたので
気温に影響するものと考えられます。
また、気温が高すぎると、すぐに近くの枝などに止まってしまうので、なかなか難しいですね。

【2枚目以外、ノートリミング】
2016_10_22_05.jpg

 撮影をしていると、そこに「今日はどう?」と、「Fさん」がいらっしゃいました。
「Fさん」は前日にも来られていたようで、近況をお話ししながら、撮影を楽しみました。

2016_10_22_12.jpg

2016_10_22_06.jpg

2016_10_22_07.jpg

2016_10_22_08.jpg

2016_10_22_09.jpg

 14時30分ごろに、オスは一旦姿を消し、次に現れたのが15時15分。
ようやく現れたオスにゆっくり近づいて撮影しようとした所、いつの間にかメスが産卵に入っていたようで、
メスが飛んだと同時にオスが猛アタック。
一瞬でメスを連れ去り、高い木の上へ・・。

今日見られたオスのホバリングは、この1頭のみであったため、交尾に持ち込んだオスは
最低1時間は出てきそうにありません。

諦めて、帰ろうかとした所、メスが数頭産卵にやってきました。
ここでは、あまりメスの産卵を見たことがなかったので、しばらく追いました。
しかし、どの個体もかなりの草の茂みに入り込んでしまい、とても撮影できる状態ではありませんでした。
見た目では、一切の隙の無い密集した草の中に、羽をバサバサ擦りながら潜り込んでいく始末。
何度か飛ばしてはの繰り返しだったため、疲れたのか静止したメスを撮影しました。

2016_10_22_10.jpg

2016_10_22_11.jpg

 陽射しが一切無く天候が悪かったので、空振りの可能性も想定してのことでしたが、良かった・・・・・。
これで何も撮れなかったらと思うと、高速代などが頭にチラついていたことでしょう。

カトリヤンマ

2016年10月20日(木) その2

 さて、次のポイントですが、昨日のマイコアカネに行く予定でしたが、
急遽カトリヤンマへ。

現地には、12時30分到着。
気温がかなり高かったため、今の時間はまだ「ぶら下がり」の時間だろうと、
ゆっくりしながら昼食を。

椅子に座って休んでいた時、
13時10分ごろ、突然上空から高速で目の前にカトリヤンマのオスが飛んできました。
思ったより早いお出ましでした。

しかし、やはり気温が高いため、すぐに止まってしまいます。
30分ほど止まって、少し飛ぶの繰り返しで、なかなか安定したホバリングをしてくれません。
結局、15時すぎまで同じ状況で、待つ時間がかなり長いため、今日はこれで移動することにしました。


【全ノートリミング】

2016_10_20_04.jpg

2016_10_20_05.jpg

2016_10_20_06.jpg

2016_10_20_07.jpg

2016_10_20_09.jpg

2016_10_20_10.jpg

カトリヤンマ

2016年10月11日(火) その2

 キトンボとマダラナニワトンボの池の後、ルリボシヤンマへと車を走らせましたが、
相当曇っていたため、諦めて、カトリヤンマの産卵ポイントへと向かいました。

現地には15時到着。
曇っていたこともあり、すでに産卵はスタートしているだろうと思いながら、田んぼ跡へ。
予想通り、産卵中のカトリが複数飛び出てきました。

今日は、中々近寄ることができず、全部マクロ180mmで撮影しました。
180mmレンズでも、2m付近まで寄ると飛んでしまう始末で、厳しい状況でした。
まぁ、産卵してしばらく放置して落ち着かせると寄れるのですが・・。

2016_10_11_07.jpg

2016_10_11_08.jpg

2016_10_11_09.jpg

2016_10_11_10.jpg

2016_10_11_11.jpg

2016_10_11_12.jpg


NHKニュース番組にて

2015年11月6日(金)

 先日、息子と撮影したカトリヤンマ。
NHKのニュース番組で、「秋の写真」を募集していたので、投稿しようかということになり、
息子が自分で撮影したカトリヤンマの写真を投稿した所、今日番組で紹介されました。

やはり、秋といえば、紅葉や、うろこ雲などの写真が多い。
そんな中でカトリヤンマ。
なんというマニアックさなんでしょう。
キャスターもコメントに困ることでしょう。

秋といえばカトリヤンマですよね。

2015_11_06_01.jpg

2015_11_06_03.jpg

 あと、記事とは関係ありませんが、昔撮りためたアナログビデオテープをSDカードへの保存
を開始しました。
昔、HDDレコーダーにダビングして、それをDVDへ保存したのですが、
かなり時間がかかって全部はできませんでした。

技術が進歩して、SDカードへ簡単にダビングできる機器が出ています。
使用したのは、IOデータ機器の「アナレコ」。
これに、ビデオデッキやビデオカメラ等を接続し、SDカードをさしてボタンを押せば
ダビングしてくれます。
パソコンが要らないので非常に便利です。

我が家では、Hi8とMiniDVのテープがあるのですが、全部再生機器が壊れていたので、
ヤフオクで購入。
約5時間が16Gに収まります。
外付けHDDにも対応していますが、HDDは壊れやすいのでSDカードにしています。

テープは15年前のものですので、やはり劣化していて、音声が途切れたり、映像にノイズが
入るものがほとんどでした。(トラッキングがズレているような感じの映像。)

 71G7Dl79hwL_SL1500.jpg

アナレコ

カトリヤンマ♂

2015年11月3日(火)

 本日も息子と、カトリヤンマ♂のホバリング狙い。
昨日の雨と、急な冷え込みによる影響でカトリが出てくれるのか心配。

現地11時すぎに到着。
気温、天候ともに問題なく、日向は暑いぐらいです。

11時30分ごろ、メスが多数産卵にやってきました。
ここでは初めて多くのメスを見ることができました。
産卵は、かなりの茂みに潜り込み撮影はしませんでした。

2015_11_03_01.jpg
<カトリヤンマ♀産卵前の静止>

同時に、いつの間にかオスも縄張りホバリングしており、一安心。
しかし、メスがあちこちに見え隠れするため、オスは落ち着きなく、ピュンピュン低空を飛び回ります。
うーむ、マズい・・・。
連結されると、交尾時間が長いので、ホバリングが見れない可能性も・・。

2015_11_03_02.jpg
<カトリヤンマ♂ メスを追い回す>

 しばらくすると、息子が「連結~!交尾~!」と叫ぶ。
やはり、メスを捕まえましたか・・。
これで、しばらくはオスは拝めそうにありません。

ここから、約1時間ほどメスだけが目の前をウロウロしては、産卵する時間が
続きました。
14時ごろ、別個体のオスが登場。
先ほど連結したオスは、右胸に染みのようなキズが2カ所あるので判別できました。

2015_11_03_03.jpg
<カトリヤンマ♂>

今日は、明るい場所は飛ばず、暗い場所を好んで飛ぶ傾向が強かったです。
メスがチラチラと現れるので、やっぱりオスは落ち着かない。

2015_11_03_04.jpg

2015_11_03_05.jpg

 このような状況もあってか、カトリヤンマの♂は、前回までとは行動パターンが全然違い、
かなりの広範囲を飛び回る状況でした。
池の周りをグルグルとホバリングをしながら、とにかくせわしない。
タカネトンボのオスのような感じで飛んでいました。

2015_11_03_06.jpg

2015_11_03_07.jpg

2015_11_03_08.jpg

 結局、先ほど連結したオス(右胸にキズのある個体)は、出てこず、
今日付き合ってくれたのは、このオスだけでした。

時期的なものなのか、メスが出ていたからなのか、ホバリング中も一点で集中することは
無く、常に動きまわります。

2015_11_03_09.jpg

2015_11_03_15.jpg
<↑このような日陰ばかりで飛ぶため、ストロボ使いました・・>

2015_11_03_10.jpg

2015_11_03_14.jpg

 15時30分でもまだオスは飛んでいましたが、どうにも撮りにくく、ポイントが山陰に隠れて陰ってきたので、
ここで退散となりました。
全体的に、暗い写真になってしまいましたが、今日もカトリヤンマのオスのホバリングを
十分楽しめた1日となりました!
今週は、まだ晴天が続きますが、キトンボの産地は今年厳しい様子なので、またここに来ようか悩むところです。

<Jrのページ更新>




カトリヤンマ♂

2015年10月31日(土)

 本日のカトリヤンマ。
天候が悪く、気温が低いため、惨敗に終わりました。

2015_10_31_01.jpg

 気温は、ポイントに滞在した最高気温で18度でした。
14時ごろ、ようやく晴れ間が出てきて、カトリヤンマが2頭飛来。

2015_10_31_02.jpg

 14時30分ごろ、飛び始めましたが、ホバリングはほとんどすること無く、高い木に静止。
その後、15時30分になっても姿を見せずでした。

2015_10_31_03.jpg

 ということで、アップできる状況ではありませんでしたが、記録として。
次回は、気温が上がる予報の3日に予定したいと思います。

カトリヤンマ♂ その2

2015年10月29日(木) その2

 カトリヤンマの続きです。
カトリヤンマ♂は、12時30分から、ほとんど休む間も無くホバリングを披露。
前回は気温が高かったことから、休み休みのホバリングでしたが、今日は全力のホバリングでした。

カトリヤンマ♂は、全部で4頭確認。

その中で、長くホバリングを続けてくれた♂は、12時30分~15時30分まで、
3時間も続きました。
その間、少し枝に止まるなど休憩もありますが、ほとんど静止することはありませんでした。

以下、広角撮影分。
やはり広角はロケーションに左右され難しいですが、なんとか撮影できた写真です。

2015_10_29_06.jpg

2015_10_29_15.jpg

2015_10_29_13.jpg

2015_10_29_10.jpg
<ちょっと遠くて分かり難いですが、やまねさんを背景に>



 ということで、今日は本当に素晴らしいホバリングでした。
また、行きたくなりますね。
次回は、良い広角写真を撮りたいと目論んでいます。
やまねさん、今日お付き合い下さり、ありがとうございました。

カトリヤンマ♂ その1

2015年10月29日(木) その1

 今日は「やまねさん」とカトリヤンマ♂のホバリングを見に行きました。

 昨日から気温が急激に下がったことが気になっていたことと、昨日見に行かれた方より
カトリヤンマを見ることができなかったとの情報を頂いておりましたので、
今日の観察をどうするか、「やまねさん」と非常に迷っていた状況でした。
そんな状況から、昨晩一旦中止にしましたが、僕の方から、やはり行こうと「やまねさん」に
連絡して行くことにしました。

 現地には11時着。
天候も良く、風も無く、気にしていた気温も23度あり、非常に良いコンディションでした。

前回訪れた、10月23日の時に比べ、ポイントの池の水が少なくなっており、池の周辺が露出し、カトリヤンマ♂が
ホバリングしそうな範囲が広がっていました。

ですので、ピンポイント範囲が広くなった分、いつ何処でホバリングするのか、少し気にする
必要が出てきました。

12時、カトリは現れない。
前回は、この時点で数頭のオスが、ホバリングする周辺の木々に飛んできたのですが、
今日は見当たらない。

とりあえず、昼食タイムに。
12時30分、昼食を食べた後、2人で別々に散策。
すると、「やまねさん」が僕を呼ぶ声が響きました。

ようやくカトリヤンマ♂が出た。


2015_10_29_00.jpg
<途中から、居合わせた方と一緒にカトリヤンマを撮影するやまねさん>

 その後、カトリヤンマ♂のホバリング大会が開催されました。

2015_10_29_01.jpg
<尾毛を撮りたかったが、どれも写っていなかった。>

2015_10_29_02.jpg

2015_10_29_11.jpg

2015_10_29_03.jpg

2015_10_29_04.jpg

2015_10_29_05.jpg


<↑ほとんどピンボケ動画ですが、飛んでいる雰囲気だけでも>

その2へ続く。


カトリヤンマ♂

2015年10月23日(金)

 本日は、カトリヤンマのオスのホバリングを目当てに行ってきました。
現地には、11時すぎ到着。

現地に着いても、天候はご覧の通り、曇り。
2015_10_23_00.jpg

 この時期、カトリヤンマは朝の10時すぎから飛ぶことがあるのですが、
今日は気温が高いため、明るい時間帯に飛んでくれるか?
気温は27度もあり、飲み物がいらないかと車に置いてきたのですが、
たまらず取りに戻るほど暑かった。

しばらく、探していると、頭上を横切るカトリヤンマ発見。
少し高い木に止まったあと、すぐに木々の奥へ。
時間は、12時すぎでした。

 12時40分ごろ、縄張りしていたコノシメトンボとバトルしながら、カトリヤンマが現れた。
かなり低い位置でホバリングを開始。
しかし、気温が高いためか、すぐに近くの枝に静止してしまいます。

【全ノートリミング】
2015_10_23_01.jpg

2015_10_23_02.jpg
<上から見た腹の色合い(副性器)が良い>

2015_10_23_03.jpg

2015_10_23_04.jpg

2015_10_23_05.jpg

 ホバリングするオスは、疲れたり、気温が高いと、ホバリングする場所の両サイドの
枝の地上40cmほどの低い位置に止まります。↓
2015_10_23_05_1.jpg

2015_10_23_06.jpg

 この個体はすぐに見失い、次に現れたのは14時。
これは、ホバリングはせず、1分もしないうちに飛び去ってしまいました。

そして、15時。
ようやく、安定したホバリングを見せるオスが登場。
すでに山陰に太陽が隠れてしまい、陽が当たらない場所になりますので、
ストロボを使いました。

広角で挑みましたが、サラサヤンマ同様、絶妙な距離を取りながら、思うように撮らせてくれません。
スロービデオとマクロを、とっかえひっかえ撮影しました。

2015_10_23_07.jpg

2015_10_23_08.jpg

2015_10_23_09.jpg

2015_10_23_10.jpg

2015_10_23_12.jpg

 ホバリングは、約30分ほど続きました。
15時30分ごろ、再度ビデオカメラにチェンジしようと、ビデオを手に取ると、バサバサと
羽音が聞こえます。
近寄ると、産卵に来たメスを抑え込んでいる状況でした。
ビデオしか持っていなかったので、撮影はできず・・。
このメスの産卵が現れなかったら、まだまだホバリングは見れたと思います。

2015_10_23_13.jpg

ビデオ動画です。
スローモーションですが、120FPSなので、スローには見えないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム