ヤブヤンマ

2017年7月8日(土) その1

 午前中、またオオサカサナエの調査に出かけようと思っていましたが、
6月下旬からの観察で、何度かナゴヤサナエもオオサカも撮れたので、今日は朝ゆっくりしました。

 今日は、気温が35度になるとの予報でしたので、ヤンマのぶら下がりに期待
し、12時すぎにポイントへ行きました。

しかし、結構涼しい。
どう見ても35度は無い感じです。
ヤンマ達の姿も見られず、閑散としています。

そこに「Mさん」も来られました。
14時すぎくらいから、ヤブヤンマのオスが飛来するようになり、1頭のオスがぶら下がり。
まだ見られる数が少ない状況でした。

ヤブヤンマの♂は、こんな10mにも満たない小さな池を、1~2周して
飛び去ってしまうので、撮影チャンスがほとんどありません。
数年前に初めてこのヤブヤンマの♂を見た時は、それこそ目が血走って撮影
していました。


今では、すっかり落ち着いてしまい、オスが飛んで来てもカメラを手にしていないという有様・・・。


2017_07_08_01.jpg
<ヤブヤンマ♂>

 メスのぶら下がりも発見。
まだネアカヨシヤンマの姿は見られませんでした。
果たして、今年はマルタン♂を見ることができるのでしょうか。

2017_07_08_02.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2017_07_08_03.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2017_07_08_04.jpg
<盗撮1>

2017_07_08_05.jpg
<盗撮2>

ヤブヤンマ産卵 iphone撮影。



 その2へ続く。



スポンサーサイト

ヤブヤンマ産卵

2017年7月6日(木) その3

 続きです。
昨年の7月5日にマルタンヤンマ♂のブラ下がりを撮影していたこともあり、今年も行ってみました。

 12時にポイントへ到着。
気温が低い・・涼しいくらいの気温でした。

結果、やはりブラ下がりは見れず。
ヤブヤンマの♀が、13時に産卵に3頭飛来したのを撮影して移動。

2017_07_06_100.jpg
<ヤブヤンマ♀産卵>

2017_07_06_101.jpg
<ヤブヤンマ♀産卵>

 移動した先は、マルタンヤンマの産卵ポイント。
17時まで待ちましたが、産卵は現れず。
そして、最後は黄昏飛翔。
18時にヤブヤンマ、マルタンヤンマ、オニヤンマが飛びました。

今日は、OMDだったので、フラッシュが届かずシルエットしか撮影できませんでした。

2017_07_06_102.jpg
<黄昏飛翔 マルタンヤンマ♀>

 ということで、ヤンマシーズンがスタートしました。

ヤブヤンマ

2015年8月2日(日) その1

 今日も懲りずに、前回撮り逃したマルタン♂を狙ってヤブ池に。
今日は、朝10時30分ごろにポイントへ入りました。

先に結果から言うと、マル♂は見れず。
手強いです。
ヤブヤンマ、今日はかなり出が良く、最大で同時に4頭が池の上で探雌する状況でした。
また、ほとんどの個体がすぐに静止する状況。


【メス飛翔のみトリミング】

2015_08_02_01.jpg

2015_08_02_02.jpg

2015_08_02_03.jpg

2015_08_02_04.jpg

2015_08_02_09.jpg


2015_08_02_06.jpg

2015_08_02_07.jpg

2015_08_02_08.jpg

ヤブヤンマ

2015年7月29日(水) その2

 本日は、「やまねさん」とヤブ池に行きました。
11時30分ごろ、現地付近で待ち合わせてポイントへ向かいます。
息子も、部活が休みだったので一緒に。

「やまねさん」は、これまでヤブヤンマのオスを満足に見たことがなかったとのことで、
猛暑の中、見に来られました。

到着して、いつも荷物を置く場所で、息子がリュックを下ろした途端、マルタンヤンマのオスを飛ばせてしまいました。
同時に息子が、「マル♂!」と叫ぶも、
目の前で数秒ホバリングをし、ゆっくり私達の前を横切り、飛んで行ってしまう。
非常に貴重な瞬間を逃してしまい、呆然・・。

 その後はヤブもネアカ、マルタンも姿を見せず、しばし待ち状態。
僕にとっては毎年のことで、3時間待ちなんて普通でしたが、
やまねさんは、暑さとトンボの出ない時間に少し疲れてきた様子。
私が、近い将来やまねさんと同じ年齢70歳を超えた時に、同じことができるかと言われれば
全く自信がありません。

さて、14時30分ぐらいから、ヤブが動き始め、撮影タイム。
しばらくして、撮影していた息子が、「あれ?お父さん撮らないの?」と聞いてきたのですが、
私は、さっきのマルで頭が一杯なのです。
ヤブは散々撮らせていただいたというのもありますが・・なんと贅沢な・・。
周辺でマル♂探し。
まぁ、まず見つからないですよね。

恐らく、マル♂は朝の黄昏が終わった後、そのまま休憩場所に止まって、夕方近くまで
止まっているのでしょう。
ヤブのように、何度か飛ぶようなことはあまりないと考えます。
ですので、今回飛ばせてしまったマル♂は別の休憩場所でぶら下がって、夕方まで動かない
と思われます。

そんなことを考えながら、息子とやまねさんが、楽しくおしゃべりしながら撮影。


2015_07_29_06.jpg
<息子撮影>
息子が撮影したヤブヤンマですが、フラッシュの電池が切れかかっていたまま撮影していたのが良かったのか
複眼の色がいい感じに写っていました。
ヤブヤンマのオスは、飛翔を撮影すると、頭がなぜか大きく写って見えるのは私だけでしょうか。メスは普通です。

2015_07_29_07.jpg
<息子撮影>

2015_07_29_08.jpg
<息子撮影>

2015_07_29_01.jpg

 ここで、やまねさんが池を後にして、私達親子は黄昏飛翔。
少し、黄昏まで時間があったので、まだ池で粘っていると、
ミルンヤンマが何度か飛んできました。
そう、ミルンヤンマ、コシボソヤンマが水辺に出てくる時期でもありますね。

写真ではマル♀GETの瞬間ですが、採れたのはヤブ♂。
黄昏を撮っていると、息子が近くの民家のご家族4人と話をしていました。
話によると、毎年お盆の13日以降は、茶色い大きなトンボが、
この田んぼ(畑)の上スレスレを飛ぶよ。と聞いたそうです。
マルタンの♀かな。

2015_07_29_02.jpg

2015_07_29_03.jpg

2015_07_29_04.jpg

2015_07_29_05.jpg

 やまねさん、猛暑の中お付き合い下さり、ありがとうございました。
次は、高山性のトンボ狙いですね。
よろしくお願い致します。

ヤブヤンマ

2015年7月28日(火)

 本日もマルタン狙いで、ヤブ池に。
朝起きると、涼しい風が窓から入ってきて、非常に快適でした。
昼までずっと同じ状況でしたので、これではヤンマのぶら下がりは期待できそうに
ありません。

行こうか悩んだのですが、13時すぎにヤブ池に車を走らせました。
現地には、すでにOさんがいらして、やはり状況は思わしくない様子。

気温は35度とのことですが、風が涼しく、体感的にも快適。
喉も渇かず、水分補給も無理やりといった状況でした。

唯一、1頭だけヤブ♂。
Oさんが14時すぎに後にされてからも、ヤブすら音沙汰無く、15時30分ごろに
ヤブ♀が産卵に入るだけでした。

2015_07_28_01.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2015_07_28_02.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2015_07_28_03_1.jpg
<ヤブヤンマ♀><マーキング?>

2015_07_28_04.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2015_07_28_05.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2015_07_28_055.jpg
<タカネトンボ♂>

 その後、一旦帰宅して、息子を連れて黄昏。
17時にマルタン産卵に寄り道しましたが、18時まで1頭も産卵に現れず。
18時すぎに黄昏へ。

蝶鳥蜻蛉さんも来られ、3人で黄昏。
今日は、ネアカ多く、比較的低く飛んでくれました。


2015_07_28_06.jpg

2015_07_28_07.jpg


ヤブヤンマ

2015年7月25日(土)

 本日は、ヤブヤンマの池に行きました。
この池は約1年ぶり。
勿論、ヤブヤンマ狙いでは無く、マルタンのぶら下がりです。

昨年までは、仕事帰りも含めて毎日のように通っていましたが、
今年は、少し気持ちにも余裕ができ、朝もゆっくりして、昼13時30分に到着。
こんな良い天気の日にお昼から行動するなど、昨年ではありえない事態です。

その前に、自宅近くの雑木林で、いつものカブクワ採集。
カブトムシは昨年よりも出が遅く、昨日、息子が友達と採集していました。
30分ほど一回りして、カブトムシ数匹と、そろそろ末期のノコギリクワガタを数匹。

さて、ポイントへ着くとビックリ。
蝶鳥蜻蛉さん、大御所さん含め、総勢7名が集結。
今日嬉しかったのは、久しぶりにNさん親子にお会いでき、息子も大喜びでした。
マルタンは、残念ながら見ることができませんでしたが、ヤブヤンマは盛況。

2015_07_25_8.jpg

2015_07_25_9.jpg

 ここでの飛翔写真は、いつもタムロン180mmですが、300mmでぶら下がりを
撮影していた時にヤブが飛んできたので、そのまま300mmで少し引いて撮りました。

2015_07_25_10.jpg

2015_07_25_12.jpg

 その後、Nさん親子と黄昏へ。
Nさんの息子さんと、私の息子は年が近いこともあり、トンボ仲間同士、子どもだけで仲良く森の奥へ。
その間、私はNさんと近況などのお話。

2015_07_25_13.jpg
<息子とトンボ友達のS君>

 黄昏はかなり低く飛んでくれましたが、息子たちの網には少し高さが足りず、GETならず。

2015_07_25_14.jpg

 その後、今日テレビが壊れたので、帰りに新しいのを購入して帰りました。

2015_07_25_15.jpg

マルタンヤンマ産卵を狙うも・・

2014年8月1日(金) その2

 曇っていたため、今日はマルタンヤンマの産卵が期待できそうと思い、ポイントへ。
16時~18時まで待ちました。
が、今日もメスは現れず。

リスアカネが連結産卵していたので、追いかけながら撮影チャンスを伺っていると、
後ろで羽音が聞こえます。
振り向くと、マルタンのオスが、目の前30cmほどの距離でホバリングしていました。
今日は、一瞬だけ。
すぐに池を出て行ってしまいました。

2014_08_01_05.jpg
<ヤブヤンマ産卵>

2014_08_01_06.jpg
<ヤブヤンマ産卵>

ヤブヤンマ

2014年7月17日(木) その1

 今日も同じヤブ。
朝、10時に現地着。
すでに、2頭の♂が雌待ちしていました。

前回のように、メスは頻繁に現れませんでした。
オスは、曇っていたせいか、雌探もせわしなく、落ち着きが無い状況。
12時すぎから、ぱったり音沙汰無く、14時まで待ちましたが、全く現れず。
待ちきれず、14時すぎに退散。

続く。



2014_07_17_01.jpg

2014_07_17_02.jpg

2014_07_17_03.jpg

2014_07_17_04.jpg

ヤブヤンマ

2014年7月15日(火) その1

 今日もヤブヤンマ。
昨年もそうでしたが、このヤブヤンマの池にはマルタンヤンマの♂も生息しており、
このマル♂を撮影する目的も含まれています。

今日は、現地に12時ごろ到着すると、目の前にヤブヤンマの♂が雌待ちしていました。
2014_07_15_01.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

メスが池に入ってくると、羽をプルプル震わせ、しばらくしてスーッと飛び立ち、メスを追います。
その後、メスに逃げられると、また同じ枝に止まる。を何度も繰り返していました。

2014_07_15_02.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2014_07_15_03.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2014_07_15_04.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

2014_07_15_05.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

2014_07_15_06.jpg
<ヤブヤンマ♀ 産卵>

2014_07_15_07.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

2014_07_15_08.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

2014_07_15_09.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>


ヤブヤンマ

2014年7月8日(火) その1

 大型台風接近と梅雨の真っ只中の状況で、運よく晴れ間が出ました。
早速、ヤブヤンマの池に向かいます。

現地、10時すぎ着。
湿度が異常に高く、とめどなく汗が流れます。

12時すぎまで、ヤブヤンマの姿無く、いつも上空を飛んでいるオニヤンマの姿もありません。
13時になると、ようやくヤブヤンマのオスが池に入ってくるようになりました。

2014_07_08_01.jpg
<ヤブヤンマ♂>

 同時にメスも産卵にやってきました。
オスと鉢合せになり、オスがメスを追い回しますが、オスはうまく捕らえることができません。
ヤブヤンマは、あまり上手ではないのでしょうか。
結局、捕らえることができないまま、オスは諦めて飛び去りました。

2014_07_08_02.jpg
<ヤブヤンマのオスとメス>

 その後、メスは何度も産卵に来てくれました。
オスも、相変わらず短い時間ですが、そこそこ出てくれました。
オスの今季初のぶら下がりも見ることができました。

2014_07_08_03.jpg
<ヤブヤンマ♀ ノートリミング>

2014_07_08_04.jpg
<ヤブヤンマ♀ ノートリミング>

2014_07_08_05.jpg
<ヤブヤンマ♀産卵 ノートリミング>

2014_07_08_06.jpg
<ヤブヤンマ♂ ノートリミング>

2014_07_08_07.jpg
<ヤブヤンマ♂>

 ヤブヤンマを撮っていると、キビタキがひょっこり出てきました。

2014_07_08_08.jpg
<キビタキ♀>

2014_07_08_09.jpg
<キビタキ♂>

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
37位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム