FC2ブログ

またアキアカネへ

2019年11月12日(火)

 11月6日に行った田んぼへアキアカネ。
昨日降った雨で、少し水が増えており、産卵は分散。

 10時から産卵がスタートしました。
やや風があって撮影しにくい状況ではありましたが、多くのアキアカネ達
を見ることができました。

 

【全ノートリミング】

2019_11_12_01.jpg

2019_11_12_02.jpg

2019_11_12_04.jpg

2019_11_12_13.jpg


2019_11_12_06.jpg

2019_11_12_07.jpg

2019_11_12_10.jpg

2019_11_12_12.jpg

2019_11_12_14.jpg
スポンサーサイト



再びアキアカネ

2019年11月6日(水)

 今日は、別の田んぼにアキアカネ。
幸い、まだ多くの田んぼで水が残っていました。

2019_11_06_100.jpg

 ポイントには10時30分着。
アキアカネ達は、すでに産卵していて、12時すぎまで途切れることなく
産卵が続きました。

【全ノートリミング】

2019_11_06_00.jpg

2019_11_06_00_1.jpg

2019_11_06_01.jpg

2019_11_06_02.jpg

2019_11_06_03.jpg

2019_11_06_04.jpg

2019_11_06_06.jpg

2019_11_06_07.jpg

2019_11_06_08.jpg

2019_11_06_09.jpg
<OMD>

2019_11_06_10.jpg
<OMD>

アキアカネ

2019年11月5日(火)

 前回、多くのアキアカネの産卵が見られた田んぼへ再度行って見ると、
水が乾燥して無くなってしまったため、産卵どころか、オスの姿さえも厳しい
状況でした。

1カ所だけ、わずかに水が残った田んぼで待ちますが、3ペアほど。
あれほど多くいたアキアカネは何処へ・・・。

 アキアカネの撮影は、いつも2番穂が伸びた田んぼでの撮影になり、背景が酷いですが、、。
これが、本来のアキアカネの風景としておきましょう。




2019_11_05_01.jpg

2019_11_05_02.jpg

2019_11_05_03.jpg

2019_11_05_04.jpg


アキアカネ

2019年10月30日(水) その1

 アキアカネです。
少し寝坊してしまい、出発が遅れてしまいました。

家を出ると、気温が高く、信号待ちの車中から見える田んぼでは、すでにアキアカネ達が
産卵していました。。。

 ポイントへは10時40分頃到着。
非常に多くのアキアカネが産卵中で、次から次へとペアが飛来してきます。

 ただ、二番穂が伸びた田んぼでしたので、写真としては撮り難く、打泥産卵した写真は
すべて背景のゴチャゴチャに紛れてしまい、良い結果にはならず。

【全ノートリミング】
2019_10_30_01.jpg


2019_10_30_02.jpg

2019_10_30_03.jpg

2019_10_30_17.jpg


2019_10_30_05.jpg

2019_10_30_06.jpg

2019_10_30_07.jpg

アキアカネ

2018年10月17日(水)

 アキアカネです。
今日は大きく写してみました。

【全ノートリミング】


2018_10_17_01.jpg

2018_10_17_02.jpg

2018_10_17_03.jpg

2018_10_17_03_1.jpg

2018_10_17_04.jpg

2018_10_17_05.jpg

2018_10_17_05_1.jpg

2018_10_17_06.jpg

2018_10_17_07.jpg

2018_10_17_08.jpg

2018_10_17_09.jpg

アキアカネ

2017年10月08日(日) その2

 ミヤマアカネが産卵していた田んぼでは、当然ながらアキアカネも産卵。
両者のコラボを狙いましたが、全くフレームに入ってくれず、撮れませんでした。

やはりアキアカネは、ミヤマアカネよりも敏感で、近寄ってもアキアカネだけが
飛び去ってしまうパターンばかりでした。
また露出失敗。


【全ノートリミング】

2017_10_08_07.jpg

2017_10_08_08.jpg

2017_10_08_10.jpg

アキアカネ

2017年10月4日(水) その3

 キトンボの池に向かう途中、小さな田んぼを車で通過すると、
リング状になったアキアカネの交尾態が、フワッと舞い上がるのが見えました。
6~7ペアほどが同時に飛んだので、思わず車を止めてしまいました。
まだ、太陽が雲に隠れていた時間だったので、体を温めていたのではないでしょうか。

一旦、キトンボの池に行きました。
前回の記事に書いた通り、キトンボは姿がありませんでしたので、またこの田んぼ
に戻ってアキアカネ撮影。

晴れたと同時に、次から次へと産卵がやってきます。
もう休む暇もありません。

【全ノートリミング】
2017_10_05_03.jpg

2017_10_05_04.jpg

 今更言うことでもないが、田んぼでのアキアカネ広角撮影は難しい。
アキアカネに近寄るのが結構難しい上、田んぼのデコボコした地に低く産卵するため、
背景が抜けないことが多いですね。

今日の写真も、稲の背景に混ざってしまい、良くありません。

2017_10_05_05.jpg

2017_10_05_06.jpg


 アキアカネは、田んぼ以外のフラットな水溜りにも産卵することもあるため、こうした場所での撮影は、
背景も抜けて、綺麗にアキアカネが浮かび上がる写真が撮れるのですが、
やはりアキアカネは田んぼでの産卵を狙いたいですね。

2017_10_05_07.jpg

2017_10_05_08.jpg

 田んぼの具合によっては、好条件な場合もありますが、広角撮影に向いた
良いロケーションに遭遇したことがあまりありません。

更に、田んぼに水が残っていないと産卵には出会えないため、秋晴れの良い天候でも、
田んぼがカラカラに乾燥していると、産卵は見れません。

2017_10_05_09.jpg

2017_10_05_10.jpg

2017_10_05_11.jpg


 今日は、多くのアキアカネが産卵に舞い降り、撮影を堪能できました。
何度か、同時に4ペア以上の産卵もありました。
慎重に近寄るも、結局残るのは1ペア。
やはり、1ペアをじっくり撮影しながら、別のペアがフレームに入ってくるのを待つのが良いのかな。




 









アキアカネ

2016年11月11日(金)

 アキアカネ。
今年のアキアカネは、休みと天候がうまく合わず、ずっと撮れない状況でした。
現状でアキアカネの産卵が見られる田んぼのほとんどは、2番穂が伸びてしまって
撮影が難しい状況でした。

ということで個体数は少ないけど、稲刈りが最も遅かった、車で10分の近所の田んぼへ撮影に出かけました。
現地には、10時に到着。
若干風がありましたが、気温が非常に高く快晴でしたので、産卵に来てくれることを願って
田んぼを歩きました。

2016_11_11_01.jpg

ここは、非常に広大な田んぼです。
更に今年は雨が多く、昨日も雨が降ったので、すべての田んぼには水が残っていましたので、
産卵ポイントを絞るには厳しい状況です。
なので、メスが止まっていると思われる並木の目の前の田んぼにポイントを絞って待つことにしました。↓
2016_11_11_02.jpg

 11時ごろ、連結ペアが高速で舞い降りて産卵を開始。
青空が抜けた写真を撮りたかったのですが、やはりアキアカネの産卵行動は、地面スレスレで低いので
うまく撮れませんでした。

【全ノートリミング】
2016_11_11_03.jpg

2016_11_11_04.jpg

 順光で撮ると、どうしても自分の影が入ってしまってダメでした。
やはり、距離を取って撮影し、トリミングするしかないのかな。
↓これは酷い・・、トンボが田んぼの色に溶け込んでしまってます。
2016_11_11_05.jpg

2016_11_11_06.jpg


 産卵は11時~12時の間に、約10ペアほどが観察した5枚の田んぼに見られました。
探しながらでないと見つけることはできない状況でしたので、見つけて撮影をするも、
すでに産卵していた時間が経過しており、シャッターを切れないまま産卵を終えてしまうペアもありました。
全部背を向けた写真ばかりで、真横でビシッと撮れず、アキアカネはマクロの方が良いかも知れない。

2016_11_11_07.jpg

2016_11_11_08.jpg

2016_11_11_09.jpg

2016_11_11_10.jpg

2016_11_11_11.jpg

2016_11_11_12.jpg


2016_11_11_13.jpg

2016_11_11_99.jpg

2016_11_11_100.jpg



2016_11_11_101.jpg
<オツネントンボ♀>

 うーむ・・・・、撮るには撮れたけどダメダメな写真になってしまいました。
今日から来週1週間は、気温が高い日が続くとのことですので、もう少しの間は産卵が楽しめそうです。

アキアカネ

2016年10月20日(木) その1

 今日はどうしようかと、いくつかの候補を視野に入れながらも、
相変わらず車を走らせてからも行き先が決まらない。

 まずは、家から10分の田んぼへ、アキアカネ。
現地に9時に到着しますが、風が非常に強く産卵には厳しい状況。
次の予定を考えて、10時までのリミットで撮影してみました。
産卵ペアは少なく、かなり探さないと見つからない状況でした。

強風に向かって産卵をするアキアカネをいくつか見ますが、一歩踏み込むだけで
敏感に反応し、強風に乗って遠くへ飛んでしまう始末。
ようやく見つけた産卵も、このような状況でしたので、アッと言う間にリミットの10時。

撮れたのは、背を向けた2枚だけですが、かなり苦戦しました。
自転車でも行ける、僕の家のすぐ近所の田んぼのアキアカネとのことで、これでも十分満足。


【全ノートリミング】

2016_10_20_01.jpg

2016_10_20_03.jpg

アキアカネ

2015年11月5日(木)

 そろそろシーズンも終わりに近づいてきていますね。
今日は、キトンボを狙いで。

現地に10時30分に到着して、先にアキアカネを撮影。
アキアカネの産卵は、前回訪問時よりも数が減っていました。

2015_11_05_01.jpg

2015_11_05_02.jpg

2015_11_05_04.jpg

 11時まで撮影して、キトンボの池に向かいます。
すると、キトンボが1ペア産卵中。
急ぎつつ、ゆっくり池をジャバジャバと産卵しているキトンボに近寄りますが、
残念ながらシャッター切る前に産卵終了。

気温が高かったこともあり、アキアカネを撮影中に産卵していたようです。
キトンボは、12時まで待ちましたが、産卵は現れず。
オスは、わずか3頭。
やはり個体数が少ないようです。

すぐに見切りをつけて、先ほどのアキアカネの旧耕田へ戻りました。

 ここは、足場が悪くアキアカネに近づくのに苦労します。
足を取られて、身動きとれずドロドロになります。
2015_11_05_11.jpg

2015_11_05_05.jpg

2015_11_05_06.jpg

 アキアカネは、12時すぎてからは2ペアのみの産卵。
今日はテレコンは使わず、15mmで撮影しました。

2015_11_05_07.jpg

2015_11_05_08.jpg

2015_11_05_09.jpg

2015_11_05_10.jpg



 今日は、撮影枚数わずか47枚でしたが、なんとかすべてピントが合っていたので
良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
176位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム