アキアカネ

2017年10月08日(日) その2

 ミヤマアカネが産卵していた田んぼでは、当然ながらアキアカネも産卵。
両者のコラボを狙いましたが、全くフレームに入ってくれず、撮れませんでした。

やはりアキアカネは、ミヤマアカネよりも敏感で、近寄ってもアキアカネだけが
飛び去ってしまうパターンばかりでした。
また露出失敗。


【全ノートリミング】

2017_10_08_07.jpg

2017_10_08_08.jpg

2017_10_08_10.jpg
スポンサーサイト

アキアカネ

2017年10月4日(水) その3

 キトンボの池に向かう途中、小さな田んぼを車で通過すると、
リング状になったアキアカネの交尾態が、フワッと舞い上がるのが見えました。
6~7ペアほどが同時に飛んだので、思わず車を止めてしまいました。
まだ、太陽が雲に隠れていた時間だったので、体を温めていたのではないでしょうか。

一旦、キトンボの池に行きました。
前回の記事に書いた通り、キトンボは姿がありませんでしたので、またこの田んぼ
に戻ってアキアカネ撮影。

晴れたと同時に、次から次へと産卵がやってきます。
もう休む暇もありません。

【全ノートリミング】
2017_10_05_03.jpg

2017_10_05_04.jpg

 今更言うことでもないが、田んぼでのアキアカネ広角撮影は難しい。
アキアカネに近寄るのが結構難しい上、田んぼのデコボコした地に低く産卵するため、
背景が抜けないことが多いですね。

今日の写真も、稲の背景に混ざってしまい、良くありません。

2017_10_05_05.jpg

2017_10_05_06.jpg


 アキアカネは、田んぼ以外のフラットな水溜りにも産卵することもあるため、こうした場所での撮影は、
背景も抜けて、綺麗にアキアカネが浮かび上がる写真が撮れるのですが、
やはりアキアカネは田んぼでの産卵を狙いたいですね。

2017_10_05_07.jpg

2017_10_05_08.jpg

 田んぼの具合によっては、好条件な場合もありますが、広角撮影に向いた
良いロケーションに遭遇したことがあまりありません。

更に、田んぼに水が残っていないと産卵には出会えないため、秋晴れの良い天候でも、
田んぼがカラカラに乾燥していると、産卵は見れません。

2017_10_05_09.jpg

2017_10_05_10.jpg

2017_10_05_11.jpg


 今日は、多くのアキアカネが産卵に舞い降り、撮影を堪能できました。
何度か、同時に4ペア以上の産卵もありました。
慎重に近寄るも、結局残るのは1ペア。
やはり、1ペアをじっくり撮影しながら、別のペアがフレームに入ってくるのを待つのが良いのかな。




 









アキアカネ

2016年11月11日(金)

 アキアカネ。
今年のアキアカネは、休みと天候がうまく合わず、ずっと撮れない状況でした。
現状でアキアカネの産卵が見られる田んぼのほとんどは、2番穂が伸びてしまって
撮影が難しい状況でした。

ということで個体数は少ないけど、稲刈りが最も遅かった、車で10分の近所の田んぼへ撮影に出かけました。
現地には、10時に到着。
若干風がありましたが、気温が非常に高く快晴でしたので、産卵に来てくれることを願って
田んぼを歩きました。

2016_11_11_01.jpg

ここは、非常に広大な田んぼです。
更に今年は雨が多く、昨日も雨が降ったので、すべての田んぼには水が残っていましたので、
産卵ポイントを絞るには厳しい状況です。
なので、メスが止まっていると思われる並木の目の前の田んぼにポイントを絞って待つことにしました。↓
2016_11_11_02.jpg

 11時ごろ、連結ペアが高速で舞い降りて産卵を開始。
青空が抜けた写真を撮りたかったのですが、やはりアキアカネの産卵行動は、地面スレスレで低いので
うまく撮れませんでした。

【全ノートリミング】
2016_11_11_03.jpg

2016_11_11_04.jpg

 順光で撮ると、どうしても自分の影が入ってしまってダメでした。
やはり、距離を取って撮影し、トリミングするしかないのかな。
↓これは酷い・・、トンボが田んぼの色に溶け込んでしまってます。
2016_11_11_05.jpg

2016_11_11_06.jpg


 産卵は11時~12時の間に、約10ペアほどが観察した5枚の田んぼに見られました。
探しながらでないと見つけることはできない状況でしたので、見つけて撮影をするも、
すでに産卵していた時間が経過しており、シャッターを切れないまま産卵を終えてしまうペアもありました。
全部背を向けた写真ばかりで、真横でビシッと撮れず、アキアカネはマクロの方が良いかも知れない。

2016_11_11_07.jpg

2016_11_11_08.jpg

2016_11_11_09.jpg

2016_11_11_10.jpg

2016_11_11_11.jpg

2016_11_11_12.jpg


2016_11_11_13.jpg

2016_11_11_99.jpg

2016_11_11_100.jpg



2016_11_11_101.jpg
<オツネントンボ♀>

 うーむ・・・・、撮るには撮れたけどダメダメな写真になってしまいました。
今日から来週1週間は、気温が高い日が続くとのことですので、もう少しの間は産卵が楽しめそうです。

アキアカネ

2016年10月20日(木) その1

 今日はどうしようかと、いくつかの候補を視野に入れながらも、
相変わらず車を走らせてからも行き先が決まらない。

 まずは、家から10分の田んぼへ、アキアカネ。
現地に9時に到着しますが、風が非常に強く産卵には厳しい状況。
次の予定を考えて、10時までのリミットで撮影してみました。
産卵ペアは少なく、かなり探さないと見つからない状況でした。

強風に向かって産卵をするアキアカネをいくつか見ますが、一歩踏み込むだけで
敏感に反応し、強風に乗って遠くへ飛んでしまう始末。
ようやく見つけた産卵も、このような状況でしたので、アッと言う間にリミットの10時。

撮れたのは、背を向けた2枚だけですが、かなり苦戦しました。
自転車でも行ける、僕の家のすぐ近所の田んぼのアキアカネとのことで、これでも十分満足。


【全ノートリミング】

2016_10_20_01.jpg

2016_10_20_03.jpg

アキアカネ

2015年11月5日(木)

 そろそろシーズンも終わりに近づいてきていますね。
今日は、キトンボを狙いで。

現地に10時30分に到着して、先にアキアカネを撮影。
アキアカネの産卵は、前回訪問時よりも数が減っていました。

2015_11_05_01.jpg

2015_11_05_02.jpg

2015_11_05_04.jpg

 11時まで撮影して、キトンボの池に向かいます。
すると、キトンボが1ペア産卵中。
急ぎつつ、ゆっくり池をジャバジャバと産卵しているキトンボに近寄りますが、
残念ながらシャッター切る前に産卵終了。

気温が高かったこともあり、アキアカネを撮影中に産卵していたようです。
キトンボは、12時まで待ちましたが、産卵は現れず。
オスは、わずか3頭。
やはり個体数が少ないようです。

すぐに見切りをつけて、先ほどのアキアカネの旧耕田へ戻りました。

 ここは、足場が悪くアキアカネに近づくのに苦労します。
足を取られて、身動きとれずドロドロになります。
2015_11_05_11.jpg

2015_11_05_05.jpg

2015_11_05_06.jpg

 アキアカネは、12時すぎてからは2ペアのみの産卵。
今日はテレコンは使わず、15mmで撮影しました。

2015_11_05_07.jpg

2015_11_05_08.jpg

2015_11_05_09.jpg

2015_11_05_10.jpg



 今日は、撮影枚数わずか47枚でしたが、なんとかすべてピントが合っていたので
良かったです。

アキアカネ、ヒメアカネ

2015年10月27日(火)

 今日もアキアカネ。
近場の田んぼへ行きました。

10時にポイントへ到着するも、何処の田んぼも水が無く、カラカラに乾燥していて、アキアカネが産卵する場所が
ありませんでした。

仕方なく、田んぼの横を流れる川の水を掬って、少し水溜りを作り、
アキアカネを待ちました。
広大な田んぼですので、1m程度の水溜りを作ったところで、焼け石に水といった
感じで、アキアカネは、なかなか飛来しませんでした。
僕が作った水溜りの上空を素通りするペアも見られ、何かが違うと察知したのでしょうか。

約1時間ほど待ったころ、ようやく1ペアが飛来。
警戒はするものの、それほど困難な状況ではなく、落ち着いて撮らせてくれました。

2015_10_27_12.jpg

2015_10_27_14.jpg

2015_10_27_01.jpg

2015_10_27_02.jpg

2015_10_27_03.jpg

2015_10_27_04.jpg

2015_10_27_05.jpg



 10分ほど撮影していると、地主さんが田んぼの作業に入りましたので、11時30分で撮影は
終了としました。
その後、横の川でヒメアカネを撮影。
すでに空が曇ってしまったためか、交尾は何度か現れますが、どのペアも産卵に移行せず
産卵の撮影はできませんでした。

2015_10_27_06.jpg

2015_10_27_07.jpg

2015_10_27_08.jpg

2015_10_27_09.jpg

2015_10_27_10.jpg
<シラタマホシクサ>

アキアカネ

2015年10月25日(日) その2

 記事の時間が前後しますが、キトンボのポイントに到着してすぐに撮影した
アキアカネです。
駐車場前の休耕田にアキアカネが産卵に来ていました。

2015_10_25_15.jpg

2015_10_25_05.jpg
<テレコンあり21mm>

2015_10_25_16.jpg
<テレコンあり21mm>

 上の写真以外は、被写体が大きすぎる雑な写真にならないよう、できるだけ距離を取って撮影した。
とはいえ、なかなか近寄れない状況でしたが。
ただ、距離を取ると自分の影が入ってしまうのはどうしたものか。
トリミングしかないのかな。

 いつもなら、キトンボを優先でスルーするのですが、ここは芝生状の植物が生えていて、
そこで産卵するアキアカネが非常に魅力的でした。
約1時間、ここで足止め。
(結局、キトンボは現れませんでしたが・・・・)

2015_10_25_07.jpg

2015_10_25_08.jpg

2015_10_25_09.jpg

 足場が非常に悪く、膝までズブズブと沈むため、身動きが取れなくなる。
一度転んでしまい、ドロドロになってしまいましたが、運よくカメラは無事でした。
足を取られるので、アキアカネに近づくのも至難の業でしたが、なんとか撮影できた。

2015_10_25_10.jpg

2015_10_25_11.jpg

 昼食は、久しぶりにチキンラーメン。
2015_10_25_12.jpg

2015_10_25_13.jpg

 帰りに立ち寄った田んぼで撮影したカトリヤンマ。
2015_10_25_14.jpg

アキアカネ

2015年10月2日(金) その1

 今日も風が強く、観察には厳しいと分かっていましたが、
近所の田んぼにアキアカネ撮影。

前回同様、かなり風が強い。
10時30分に到着するも、産卵している様子はない。

11時ごろ、ようやく1ペアの産卵。
暴風のため、すぐに連結をヤメてしまい撮影は非常に厳しい状況でした。
そんな状況でしたので、なんとか見つけた静止する交尾態が産卵するのを、ジッと待って撮影しました。
撮影枚数は40枚ほど、12時までの間に、わずか5ペアほどのアキアカネでした。

2015_10_02_02.jpg

2015_10_02_03.jpg

2015_10_02_04.jpg

2015_10_02_05.jpg

2015_10_02_06.jpg


アキアカネ

2015年9月29日(火) その1

 先週行った、近所の田んぼにアキアカネ撮影に行きました。
10時すぎに到着すると、風が強い。
ナツアカネの姿が見られず、嫌な予感。

先週訪れた、アキアカネの産卵場所の田んぼは、水溜まりがほとんど無くなっており、
田んぼのコーナー付近2カ所に、水溜まりが残っているだけでした。
ノビタキ撮影の方が陣取っていましたので、撮影も厳しい。

アキアカネ達は、ほとんど確認できず、ようやく産卵に現れても、強風にあおられて
連結を解いてしまい、更に、縄張りしていたシオカラトンボのオスに追い払われ、
散々な状況でした。

撮影に付き合ってくれたのは、わずか1ペア。
ピントも合わず、秋晴れの良い天気だっただけに、非常に残念でした。

【全ノートリミング・15mmフィシュアイ】
2015_09_29_01.jpg

2015_09_29_02.jpg

2015_09_29_03.jpg

アキアカネ

2015年9月26日(土) その2

 続きです。
ナツアカネ産卵撮影で、なんとか良いポジションが無いかと、田んぼをグルグル歩きながら
探していると、1カ所だけ稲の無い田んぼがありました。↓

2015_09_26_05_1.jpg

 どう見てもアキアカネが産卵しそうな感じです。
ゆっくり歩きながら探してみると、やはりアキアカネが。

2015_09_26_06.jpg

【全ノートリミング】

2015_09_26_07.jpg

2015_09_26_08.jpg

 最初はマクロ撮影をしていましたが、結構な数の産卵でしたので、すぐに車へ広角レンズを取りに行きました。
まさか、戻ると産卵終了なんてないよね?・・と思いながら、急ぎ足でポイントへ戻りました。

2015_09_26_23.jpg

2015_09_26_11.jpg

  アキアカネの産卵は、次から次へと、休む間もないほど産卵にやってきました。
先ほどの、ナツアカネそっちのけで撮影。
今日は、2ペア~3ペアの同時産卵は、当たり前な状況でしたが、これをフレームに入れようと
しますが、どうしても無理でした。

2015_09_26_12.jpg

2015_09_26_13.jpg

2015_09_26_14.jpg

 残念だったのが、ストロボのロックをするのを忘れていたようで、いつからか分かりませんが、ストロボが
抜けかかった状態になり、発光しないまま撮影をし続けてしまいました。
写真を見ると丁度、青空が出てきたあたりの時間だったようで、写真は全部真っ黒になってしまいました。
↓これがその時の写真の1枚ですが、ムリやり画像ソフトで補正をかけて明るくしてみましたが、ダメですね。
2015_09_26_15.jpg

2015_09_26_16.jpg

2015_09_26_24.jpg

2015_09_26_17_2.jpg

2015_09_26_25.jpg

2015_09_26_27.jpg

2015_09_26_26.jpg

2015_09_26_18.jpg

2015_09_26_29.jpg


 ということで、非常に充実したアキアカネ産卵でした。
ここのポイントの田んぼは、稲刈りがまだ行われておらず、
たまたまこの1枚の田んぼだけが、稲が無く、更に昨日の雨で、
ほどよく水溜りができ、この1枚の田んぼにアキアカネが集中していたようです。
産卵時間は、10時~12時30分。
完全に産卵終了までは見届けていません。

来週の晴れで、田んぼ内の水が少なくなったら、産卵場所がもっと絞られて
更に密集するかも。
来週もここに来るとしましょうかね。

2015_09_26_18_1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
73位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム