FC2ブログ

コシボソヤンマ

2019年8月5日(月) その3

 最後はコジボソヤンマ。
今日は、あまり出が悪かったので、19時で退散。

【全ノートリミング】

2019_08_05_12_2.jpg

2019_08_05_14.jpg

2019_08_05_15_1.jpg

2019_08_05_16.jpg

2019_08_05_17.jpg

スポンサーサイト



コシボソヤンマ

2019年8月4日(土)

 コシボソヤンマです。
今日は、ヤンマのポイントがジャングル化していたので、草刈をした後、
コシボソへ。


2019_08_03_022.jpg

コシボソヤンマ

2019年7月30日(火)

 2年ぶりに、コシボソヤンマを見に行きました。
まず、草刈を・・。
川へ出る道まで、かなりの状態でしたが、息子が全部刈ってくれました。

【全ノートリミング】

2019_07_30_01.jpg

2019_07_30_02.jpg

 ポイント最終地点の産卵木も、雨で全部流されていたので、作り直し。

2019_07_30_03.jpg

 コシボソヤンマは、17時30分以降から飛び始め、18時がピークでした。
産卵は19時すぎまで待ちましたが、今日は現れず。

2019_07_30_04.jpg

 今日は、大きく撮ってみました。
レンズにトンボが接触するギリギリの距離でした。

2019_07_30_05.jpg

2019_07_30_06.jpg

2019_07_30_07.jpg

2019_07_30_08.jpg

 帰りは、未熟群飛。
もう数はかなり少なくなってましたが、思っていたよりも飛んでくれました。

2019_07_30_09.jpg

コシボソヤンマ縄張飛翔 7

2017年8月20日(日)

 今日は、朝から体調悪く、歩くのもダルくて辛かったのですが、
移動の合間の車内で休憩しながら観察に行ってきました。

前回と全く同じコース。
午前中は、タイワンウチワヤンマ。
産卵の打水を狙ってのことでしたが、曇っていて活性悪く、元気なのは
ギンヤンマだけでした。

12時をすぎた頃、タイワンウチワの交尾がいくつか見られるようになりました。
ただ、交尾をしても一瞬で連結を解いて、どこかへ高速で飛んで行ってしまいます。

産卵は見られず。

↓遠くで交尾に持ち込んだ末、池に落ちたカップル。水中に隠れて見えないので、
♀がタイワンウチワがどうか分かりません。
2017_08_20_06.jpg

↓待つ時間が長く、目の前で産卵するアジアイトトンボ・・・・・。
2017_08_20_07.jpg

 で、結局、疲れもあったため、14時ごろに車へ戻りました。
コシボソヤンマへ行く前に、車で休憩し、周辺のポイントを少し見て、16時30分頃、
コシボソへ。

駐車場に到着すると、丁度「monさん」が帰り支度をしておられました。
もうすでに、コシボソは結構飛んでいたとのことでした。
「monさん」がカトリヤンマの綺麗な♂のぶら下がりを撮影されておられました。
過去、蝶鳥蜻蛉さんも、ここで何度も目撃しているので、
池淵の湿った陸地で、♂のホバリングが見られるかもしれません。
今年、ここのポイントの途中の池周辺が豪雨で、笹が根こそぎ洗い流されていて、
カトリが飛びそうな感じになっています。

「monさん」と別れて、息子とコシボソへ。
今日も、夕日ポイントでの撮影が目当てです。

支流の産卵ポイント付近では、何頭かすでに飛んでいましたが、
やはり、今年はかなり数が少ないようです。

2017_08_20_01.jpg

2017_08_20_02.jpg

2017_08_20_03.jpg

2017_08_20_04.jpg

 17時すぎから、夕日の差し込むポイントで待ちますが、今日は、一頭も飛んで来ず。
90分待ちました。
途中で、遠目にオナガサナエが産卵に来たので、慌てて駆け寄りましたが、
間に合わず、シャッター押す直前で、産卵が終わってしまいました。
これも丁度、夕日バックで良い感じでしたが、残念。

やがて、日は落ちて終了・・。
また同じ写真の量産となってしまいました。
昨年の、4連コシボソが夢のような出来事に思い出されます。
まぁ、これも泥臭く行かないと成果は得られない訳ですので。。。


2017_08_20_05.jpg

 今日は、獣臭も無く、イノシシにも会いませんでした。







コシボソヤンマ縄張飛翔 6

2017年8月17日(木)

 今日は、昼13時にネアカヨシヤンマの産卵を探しに行ってきました。
以前、ネアカの産卵をコンスタントに見られた田んぼ。

しかし、雨の影響で、田んぼは満水状態で、あぜ道まで水が溢れてしまっており、
ネアカが産卵できそうな環境にありませんでした。
14時30分まで待ちますが、やはりネアカの姿は無し。

その後、先日撮影した、タイワンウチワヤンマの産卵ポイントへ。
時間は15時。

タイワンウチワヤンマの♂は多くいましたが、時間帯でしょうか、♀の産卵は見られませんでした。

2017_08_17_00.jpg
<タイワンウチワヤンマ♂>


 そろそろ、コシボソへ移動しようとした時、Uさんにお会いしました。
タイワンウチワヤンマ調査とのことでした。

2017_08_17_00_1.jpg
<ギンヤンマ産卵>

 
 そして、また恒例のコシボソ。
現地には、16時30分到着。
ポイントまでの道中、獣臭(イノシシ)が強く、非常に臭い。

 本流と、支流を行き来するも、コシボソ少ない・・。
今年は、あまり状況が良くないような気がします。
歩き疲れてしまい、本流の夕日が差し込むポイントで待つことにしました。

何頭かのコシボソは飛んできますが、安定した往復飛翔は見られず、
待つ時間の方が長い状況でした。

2017_08_17_01.jpg

2017_08_17_02.jpg

2017_08_17_03.jpg



2017_08_17_06.jpg

 そんな中で、非常に変な飛び方をする個体がおりました。
見ると、羽化不全個体でした。
尾っぽが、波打つように曲がっていました。

2017_08_17_07.jpg

2017_08_17_08.jpg

2017_08_17_10.jpg

 あとは、コヤマトンボが水浴びに飛んできたのを撮影。


2017_08_17_11.jpg

 そして、日は落ちてしまいました。
また次回のリベンジか。。。

2017_08_17_12.jpg

 その後、真っ暗になった中、産卵が入っているか見に行きましたが、産卵はありませんでした。
19時すぎに撤収。

そして、帰りの道中。
イノシシに立て続けに2度遭遇しました。
両方とも目の前でした。

なんとも言えない、唸り声を発しながら、逃げていきましたが、
真っ暗な中で、LEDライト片手での遭遇でしたので、結構怖かった。
臭い獣臭があった場合は、特に要注意ですね。
(とは言っても、一度臭いが出ると、毎日獣臭は漂っていますが・・・)

次回は、イノシシに会いませんように・・・・・・。


 ↓19時30分頃、車に戻って、ふとメーターを見ると20万キロを超えていました。
IMG_2452.jpg
<20万キロ超えた>



コシボソヤンマ産卵

2017年8月14日(月) その2

 コシボソヤンマ産卵です。
ずっと天候不順が続いていますね。
関東では、雨が連続16日続いたそうで、40年ぶりの記録だそうです・・・。

 16時ごろにポイントへ着き、本流を先に見て回りました。
すると、カイツブリの赤ちゃんが泳いでいました。



 コシボソヤンマは、まだ飛んでいませんでした。
リュックを下ろしてしばらく待ちましたが、コシボソの姿は無し。
1頭だけ巡回に回ってきたのを撮影。

2017_08_14_09.jpg


 その後、支流へ。
そこに先に来ておられた、「monさん」とお会いしました。
今日は帰られるとのことで、ご挨拶して別れました。

支流では、いつものごとくオスが往復していましたが、♂単独はスルーして
オスのバトル、交尾飛翔などを待ちました。
しかし、いつの間にか往復していた♂達も姿を消し、一時閑散状態となってしまいました。

 そこに、メスが産卵。
僕の体の周囲をブンブンと羽音を響かせながら、♀が産卵にやってきました。
♂が時折、通過していくので、連れ去りシーンを期待してこの産卵個体に密着しました。

2017_08_14_11.jpg

 産卵中の横で、オスが往復し始めましたが、見つけることができず、やがて♂は姿を消しました。
その後、♂は姿を見せないため、このメスの産卵を撮影することとしました。
まだ薄暗い時間帯でしたので、何度か飛ばしてしまい、静止→産卵の繰り返し。

時間が経過するとともに、周囲が暗くなるにつれ、僕と息子の衣服や腕に何度も
産卵行動をするようになってきました。
 
 この産卵は、動画メインとしました。
動画は、解像度を上げ過ぎたため、僕のPCでは編集がカクカクになってしまい、
エンコードの際に、ブロックノイズが酷く出てしまいました。




【高画質用】


↑でうまく再生できない方は、↓で。






2017_08_14_08_1.jpg

2017_08_14_10.jpg

 まだまだ産卵は続いていましたが、約1時間産卵撮影をし、19時30分で撤収しました。


コシボソヤンマ縄張飛翔 5

2017年8月10日(木) その4

 恒例のコシボソヤンマ。
ポイントへ15時すぎに入りました。
先日の台風で、また産卵木が少し流されていましたので、復旧。

【全ノートリミング】

DSC_9167.jpg

 16時すぎに、仕事を終えた「monさん」が、いらっしゃいました。
明日からお盆休みとのこと。
羨ましい・・。(僕の仕事は、お盆休みや、GW、正月休みがありません。。。)

今日は、先日の台風で川の流れが強く、水しぶきがあって、その上を飛ぶコシボソ
の風景が良かったのですが、飛んでくれたのが、わずか5分足らずと、これまた撮れず。
↓失敗作
DSC_9166.jpg

 
 今年は、不作続きで、何も撮れていません。
オスのバトルも、チャンスが少なく、厳しい状況です。
また、オス単独になります。。。。


2017_08_10_15.jpg

2017_08_10_16.jpg

2017_08_10_17.jpg

2017_08_10_18.jpg

2017_08_10_19.jpg

2017_08_10_20.jpg

2017_08_10_21.jpg

 産卵は、明るい時間帯に何度か見られましたが、僕よりも先にオスが先に持っていきました。
撮れたのはフラッシュが届かなかったこの1枚のみ。

DSC_9165.jpg

 その後、手堅く見られる、真っ暗になった時間帯での産卵は無しでした。。。
コシボソ自体の数は少なくは無いですが、昨年までとは大違いの様相です。



コシボソヤンマ縄張飛翔 4

2017年8月5日(土)

 今日も、「monさん」とコシボソ。
ポイントには16時着。

すでに、何頭かのオスが飛んでいました。
オスのバトルや、連れ去りが何度かありましたが、全く撮れませんでした。
なのでまた、いつもの単独♂の飛翔写真となります。

2017_08_05_01.jpg

2017_08_05_02.jpg

2017_08_05_03.jpg

2017_08_05_04.jpg

2017_08_05_05.jpg

 今のピーク時、明るい本流で飛んでくれます。
これもお盆を過ぎると、ほとんど飛ばなくなってしまいます。
明るい流れのある川の上を飛んでくれましたので、「monさん」と2人で並んで撮影。
イメージした絵とはほど遠く、次回の宿題となりました。

また、夕日バックのポイントでは、今日はほとんど飛んでくれませんでした。

2017_08_05_06.jpg

2017_08_05_07.jpg

 コシボソを撮影していると、オナガサナエが産卵にやってきました。
しかし、往復飛翔するコシボソが追い払います。
オナガサナエは、追い払われても、同じ場所に戻ってきて、何度か産卵を試みますが、
執拗なコシボソの攻撃に負けて退散。

2017_08_05_08.jpg

2017_08_05_08_1.jpg

 産卵は、18時すぎた頃から見られるようになりました。
今日は、OMDを持ってきていなかったので、数枚だけ撮影。
撮影中に、産卵木を蹴って倒してしまい、「monさん」が撮影する前に飛ばせてしまいました。

2017_08_05_10.jpg

2017_08_05_11.jpg

 「monさん」は、本当にトンボに熱心です。
日が落ちた、真っ暗闇の中、懸命にオスの飛翔を撮られておられました。
今日は、遅くまでお付き合い下さり、ありがとうございました。

コシボソヤンマ縄張飛翔 3

2017年7月29日(土)

 今日は、monさんとご一緒させて頂きました。
まずは、ヤブヤンマの池へ。

お昼13時すぎに到着すると、ヤブヤンマが3頭、休憩中。
マルタンの姿は無し。
15時前まで、待ちましたが動きが無かったため、コシボソヤンマへと移動。

【全ノートリミング】


2017_07_29_02.jpg

 産卵と飛翔を1本のレンズで対応したいため、ズームレンズを準備しました。
日中の明るい時間帯の産卵は、広角では近寄るのが厳しく、望遠に頼るケースがあるのと、
今メインで使っている、シグマの15mmフィッシュアイはフルサイズ用で、液晶でのライブビュー
撮影でAFが利きません。

 準備したレンズは、一眼レフを初めて購入した時のレンズで、「AF-S DX Nikkor 18-200 f/3.5-5.6G ED VR II」です。
このレンズは最短撮影距離が、0.5mなのが気になってテストで持ち出しました。
これで僕の撮影スタイルに問題なければ、これで行こうと考えています。


しかし・・・・。
昨晩、念のためテストしてみると、AFが利かなくなっていました。
接点の一つが陥没したままの状態でした。

僕がフルサイズに移行してからは使用せず、その間、息子が小学3年からずっと使っていました。
ということで、ボロボロでレンズもキズだらけです。
壊す覚悟でバラし開始。

2017_07_29_00.jpg


結果、なんとか接点の陥没は解消されましたが、AF作動時に異音が発生します。
まぁ、撮影はできますので、とりあえずこれで。


2017_07_29_03.jpg

2017_07_29_04.jpg

 すべて、D500+AF-S DX Nikkor 18-200 f/3.5-5.6G ED VR IIで撮影。
とりあえず、問題なさそうです。
若干ピンボケなのは、僕の撮影の問題だと思います。

ただ、前述したように、すでに壊れかけているレンズですので、これに近い
15mm-200mm程度のズームレンズを新しく購入を検討したいと思います。

2017_07_29_05.jpg

2017_07_29_06.jpg

2017_07_29_07.jpg

 今日のコシボソヤンマは、出が悪く、17時すぎても少ない状況でした。
18時以降かな?と思った矢先、雷が鳴り出し、雨が降ってきそうでしたので、
18時に撤収しました。
駐車場についた頃に、雨が降り出し、道中では土砂降りに。

【息子撮影分】
2017_07_29_08.jpg
<D7000+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR>

2017_07_29_09.jpg
<D7000+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR>


コシボソヤンマ縄張飛翔 2

2017年7月27日(木)
 
 遠征予定で、朝、4時に起床。
しかし、かなり強く雨が降っていました。

遠征先の天気予報を見ると、曇り雨。
その後の一週間の予報も、晴れはありません。
折角、連休取ったのに・・・・・。

結局今日は、夕方になっても、太陽は見ることなく、非常に曇って
いました。
ということで、夕方から息子と一緒に、天候に左右されない、コシボソヤンマへと行ってきました。

 現地には、16時30分到着。
すでに、メスが産卵中でした。
しかし、ずっと飛び回りながら産卵をしていて、落ち着かず撮影できませんでした。

 その後、♂も出が悪く、しばらく待ち時間。
そこに、コオニヤンマが産卵開始。
動画をメインで撮影したのですが、なんと、録画ボタン押し忘れで撮れていませんでした。

息子と2人の目の前、非常に長い産卵で、カメラが密着するほど
の状況でしたが、非常に残念でした。

2017_07_27_01.jpg
<コオニヤンマ産卵>


【動画】息子撮影iphone7





【動画】OMD 操作を間違って、いつの間にか動画を撮影していたようでした。
あまりに短い動画でしたので、無理やりyoutube内でスローに編集したので、
おかしな動画になってしまいました。




 その後、17時30分ぐらいから、コシボソヤンマ♂が縄張りを開始。
メスも3頭飛来しましたが、産卵することなく、素通りでした。
今回は、OMDで撮影。

【全ノートリミング】
2017_07_27_03.jpg

2017_07_27_02.jpg

2017_07_27_04.jpg

2017_07_27_06.jpg

 ↓これは、縄張り往復飛翔する♂が、カメラに激突した瞬間の写真です。
2017_07_27_07.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
131位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム