ハッチョウトンボのヤゴ(孵化直後)

2014年9月10日(金)

 8月30日に採卵した、ハッチョウトンボの卵。
11日経過した今日、孵化しました。
孵化シーンを撮影しようと準備していたのですが、他の用事をしていたら
全部の卵が孵化してしまいました。

なので、孵化直後のヤゴのみの動画となってしまいました。

スポンサーサイト

ハッチョウトンボの卵

2014年8月30日(土) その1

 久しぶりに晴れたので出かけました。
まず、ハネビロエゾトンボの発生確認に行きました。

朝、10時に到着。
残念ながらハネビロは確認できず。
お昼11時30分まで探しましたが、オニヤンマの縄張りのみで
ハネビロは見られず。

その後、ハッチョウトンボの卵の採集に。
前回、採集したのですが、採集方法が適当だったので、卵が確認できませんでした。

到着は、12時すぎ。
オスの姿は数頭確認できますが、メスがいない。

ハッチョウトンボのシーズンが終わりなので、仕方ないですが、
オスも数えるほどしか確認できない状況で、メスに至っては、かなり探さないと
見つかりません。

2014_08_30_02.jpg

 ようやく、交尾態を発見し、連結を解くのを待ち、産卵の確認。
産卵は弱々しく、1度きり産卵しただけで、やめてしまう個体がほとんどでした。

2014_08_30_03.jpg

2014_08_30_04.jpg

 オスは、まだまだ元気で、激しく縄張り争いをする光景も見られます。
その後、なんとか産卵するメスを発見し、卵を無事採集できました。

2014_08_30_05.jpg

 ハッチョウトンボの採卵は簡単です。
産卵しているメスを捕獲して、個体を手に持ち、尻を1度水で濡らします。
その後、しばらく待つと、お尻からズブズブと卵が出てきます。
それを、水で湿らせたティッシューの上で採ります。

卵は、産卵直後はクリーム色をしていますが、水に漬けてしばらくすると、
黒茶色に変色します。

2014_08_30_01.jpg

ハッチョウトンボのヤゴ

2012年6月19日(火)

 今日の休みも雨。
台風が2つあって次の休みも雨の予報・・・・・・。

午前中は曇っていただけだったので、サラサヤンマは見れるかもと思いましたが
散々撮影したので寝てました(^^;
で、昼すぎには雨が土砂降りに。

けど、家にいても暇で仕方ないので、何かフィールドに出るきっかけは無いかと
考えるように。
で、思いついたのが8匹いるヒメタイコウチをリリースしに行くことに決定。
場所は先日発見した広大な湿地。ハッチョウトンボが山ほどいる湿地へ。

湿地までは100mほど歩きますので、途中の水たまりなどを網で掬いながら湿地へ。
するとまたヒメタイコウチ。
今年は多いのでしょうか。
本当に沢山います。
ついでにヒメタイコウチをリリース。

湿地に到着すると、一歩踏み出す度に無数のハッチョウトンボが舞い上がります。
こんなに土砂降りなのに、晴れた日と変わらず同じ場所にいるのですね。
湿地の写真は6月の過去記事でご覧ください

人があまり入らない場所ということもありますが、これだけ広大な湿地に大量の
ハッチョウトンボは圧巻です。
更に・・水たまりを1掬いすると100%ハッチョウトンボのヤゴが数匹入ります。
本当にハッチョウパラダイスな場所です。

そして、湿地に繋がっている池には沢山のメダカがいました。

先日息子の学校で飼育していたメダカを、クラス内で数匹ずつ分配され持って帰ってきました。
私は多分カダヤシなのでは?と思い確認すると
やはり、それは残念ながら外来種であるカダヤシでした。

先生も「メダカだ」と言って児童に教えていたようでしたので、息子に先生に「メダカでは
なく外国の魚のカダヤシでした」と間違っていると報告するように伝えました。

結果、伝えはしたようですが、まぁ、先生や児童達にとっては、それほど関心のないこと
だったので、ふ~ん程度だったようです。
ただ、メダカが絶滅危惧種にも指定されていたことに対しては誰も信じなかったようです。
「こんなん、そこらの田んぼや池にようけおるよ」とのことでした。
つまり、カダヤシをメダカとして認識していたということですね。

確かに貴重とされる「メダカ」は、ヤゴ採集していると沢山遭遇しますが、今回のメダカもそうですが
人工的に飼育されたメダカの放流によるものかどうかは分かりません。

あぁ・・雨のせいで暇すぎて書きすぎた。
ちなみに私はメダカには一切興味ないんですけどね(--;

今日のメダカちゃんは、明日息子が学校へ持って行って、カダヤシとの違いを見せつける・・
とのことでした。

2012_06_19.jpg
<ハッチョウトンボのヤゴ>


2012_06_19_2.jpg
<メダカ>

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ハッチョウトンボの幼虫

2012年5月17日(木)その4

 ハッチョウトンボのヤゴです。
体長は1cm弱と大変小さいです。
同じようなサイズのトンボ科のヤゴとよく見間違われます。

2012_05_18_ha2.jpg

2012_05_18_ha1.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ハッチョウトンボのヤゴ

2011年9月2日(金)

 今日は台風で雨のため、どこにも行けませんでした。
暇だったので、ブログのランダム表示のタイトル画像の追加をしたり、
飼育の終わったヤゴ達の水槽やカップの片付けと清掃をしました。

ハッチョウトンボのヤゴがいた、プリンカップを清掃していると、1匹の
ハッチョウトンボのヤゴが見つかりました。
アカムシを与えるとすぐに食べました。

そろそろハッチョウトンボのシーズンも終盤にさしかかってきたので、このヤゴの写真を
撮ってみました。
サイズは米粒ぐらいの小さなヤゴなので、思うように綺麗に撮影できませんでした。

2011_09_02_01.jpg
<頭に緑色の物体が付いていますが、ミズゴケだと思います>

2011_09_02_02.jpg

2011_09_02_03.jpg

2011_09_02_04.jpg

2011_09_02_05.jpg

2011_09_02_06.jpg
■サイズは8mmぐらいでしょうか。(終齢) ハッチョウトンボ ヤゴなどで画像を検索すると、
よくシオカラトンボやオオシオカラなどの若齢のヤゴと間違って掲載されているようです。

RIMG0504.jpg

DSC_0580.jpg

DSC_0567.jpg



人気ブログランキングへ

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ハッチョウトンボのヤゴ

2011年6月21日(火)

 ハッチョウトンボの終齢です。
ニコンD90+マクロで接写しようと撮影しましたが、三脚を車に忘れてきたので、
リコーCX4で撮影しました。

 RIMG0531.jpg

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
37位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム