FC2ブログ

ハッチョウトンボ

2019年5月5日(日) その1

 「やまねさん」と一緒にトンボ。
午前中は、山へ行きましたが、不発でした。

渓流で昼食を食べる合間に散策していると、「やまねさん」が、
サンショウウオを発見し、撮影しました。

2019_05_05_04.jpg

 その後、ポイントを移動。
すると、「やまねさん」が珍しい花を発見。
絶滅危惧種だそうで、「カザグルマ」とのこと。
 

2019_05_05_05.jpg

2019_05_05_06.jpg

2019_05_05_07.jpg

 早くもハッチョウトンボが羽化していて、4頭確認しました。
 
2019_05_05_01.jpg


スポンサーサイト



ハッチョウトンボ

2018年5月2日(水)

 今日は朝から全く太陽が無い完全な曇り。
今晩から雨で荒れる予報。

2018_05_02_01.jpg

 午前中だけ出かけてきました。
まずは、キイロサナエ。
現地に着くと、monさんが来られていました。

キイロサナエは、殻はあるものの、羽化は無し。
約1時間ほど滞在して、ハッチョウトンボへ移動しました。

ハッチョウトンボは、すでに未熟が多数見られました。
羽化殻もかなりありました。

2018_05_02_02.jpg

 いくつかの個体が処女飛行。
まだ他に羽化途中の個体が残っていないか探します。

2018_05_02_03.jpg

2018_05_02_04.jpg

 曇っているとはいえ、時間が11時前で気温も高かったので、ほとんどが羽化を終えて飛ばしてしまいます。
なかなか見つけることが出来ませんでしたが、なんとか1頭発見。

2018_05_02_05.jpg

2018_05_02_06.jpg

 手で泥水を掬うと、簡単にヤゴを見ることができます。↓

2018_05_02_07.jpg
<ハッチョウトンボのヤゴ。手前が終齢>

 他、シオカラトンボも羽化していました。

2018_05_02_100.jpg

ハッチョウトンボ

2017年5月18日(木) その1

 毎年、裂開から撮れないハッチョウトンボの羽化。
個体数はかなりの数がいるので、早起きすれば確実に撮れるのですが、どうしても
寝坊してしまう・・。
今日は、朝5時前に起きて、現地6時着。

【全ノートリミング】
2017_05_18_01.jpg


 過去の経験から、この時間では裂開からの観察は、厳しいと思われます。
せめて、倒垂状態でも見れないかと探し始めました。

結果、すべての個体の羽は伸びきっており、しかも羽化の個体数がかなり少ない状況でした。
もう羽化ピークは終わったのかな・・

2017_05_18_02.jpg

 ↓唯一、羽が閉じた状態の個体。
2017_05_18_03.jpg

2017_05_18_04.jpg

2017_05_18_05.jpg

2017_05_18_06.jpg

2017_05_18_07.jpg

2017_05_18_08.jpg

2017_05_18_09.jpg

2017_05_18_10.jpg


ハッチョウトンボ他

2016年5月31日(火) その1

 午前中は、キイロサナエ産卵→ハッチョウトンボ産卵で行ってきました。
朝、9時45分に到着。
相変わらず、オス達がひしめき合っており、とてもメスが立ち入る隙が無いような状況です。

10時すぎ、オスが少し席を外したと思えば、1頭のメスが高速で水辺へ降り立ち、近くの笹に止まりました。
産卵です。
卵塊をせっせと作っていました。
12mm-60mm、ピンボケでした・・・。

2016_05_31_01.jpg
<キイロサナエ 卵塊形成 ピンボケ>

その後、産卵開始。
せわしなく、飛びながら小刻みに打水産卵。
全く撮れませんでした。
以前撮った時は、ホバリング状態での打水産卵でしたので撮れましたが、
今回は手も足も出ず。

引き続き、次の産卵を待ちました。
すると、少し奥でサラサヤンマが接触飛翔を始めました。

キイロサナエを待っている間、このサラサが気になって仕方なく、10分も持たず、
サラサ撮影に・・。
摂食飛翔だったため、一切ホバリングしてくれなかったので、写真は思うように撮れず。

2016_05_31_02.jpg

2016_05_31_03.jpg


 続いてハッチョウトンボ。
サラサヤンマに時間が取られ、到着した時間11時すぎで遅くなってしまったため、
ハッチョウトンボのメスは、水辺を少し離れた場所で休憩中でした。
各所の40cm四方の場所で、複数のメスが休憩。

産卵する個体をなんとか見つけて撮影しましたが、打水の瞬間は撮れず。

2016_05_31_04.jpg

2016_05_31_05.jpg

2016_05_31_06.jpg

2016_05_31_07.jpg

2016_05_31_08.jpg

 今日撮影した湿地のすぐ横に、フェンスで囲われた保護された湿地があり、
丁度、保護区の湿地を管理されている方が作業をされていました。
帰り支度をしている頃に、お声をかけて頂き、色々お話させて頂きました。
連絡先を教えて下さり、撮影の際には許可下さるとのことでした。
次回、是非見させて頂きたいと思います。

ハッチョウトンボ

2016年5月27日(金) その2

 サラサヤンマが12時になると休息モードに入ったため、
晴れ間を伺いながら、車で昼食を食べました。

13時ごろになると、ようやく陽射しがでてきたため、ハッチョウトンボのポイントへ移動。
歩きはじめると、ここでもサラサヤンマ2頭が飛んでいました。

しばらく足止めを食らい、14時になってハッチョウトンボ。
(ここで撮ったサラサヤンマの写真は、その1の記事にまとめてアップしています。)

ハッチョウトンボは、見え隠れする陽射しにリアルタイムに反応しながら、産卵していました。
やはり、今回も打水は撮れず。
開放された開けた場所での産卵を狙いますが、オスが多すぎます。
すぐにオスに捕まっての繰り返しで、どうにもなりませんでした・・・・。

2016_05_27_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_12.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_27_13.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


ハッチョウトンボ他

2016年5月13日(金)

 今日は、すべての行程でハズしました。
ムカシトンボのオス・メス1頭も来ず、タベ・フタスジ・オグマサナエの産卵もゼロ。
唯一、羽が伸びたハッチョウトンボの羽化が撮れただけでした。
天候は非常に良かったんですけどね。

2016_05_13_01.jpg
<ハッチョウトンボのヤゴ>

2016_05_13_02.jpg
<8時32分>

2016_05_13_03.jpg

2016_05_13_05.jpg
<ハッチョウトンボの羽ではないと思います>

2016_05_13_06.jpg

2016_05_13_07.jpg

2016_05_13_08.jpg
<キイロサナエ>

2016_05_13_09.jpg
<キイロサナエのヤゴ没>

2016_05_13_10.jpg
<オグマサナエ♀>

ハッチョウトンボ動画

2015年7月2日(木) その1

 今日は、12時まで晴れマークが出ていましたが、9時すぎまで曇っていましたので、
家でゆっくりしていました。
ところが10時ごろになると、青空も出て晴れてきました。

さて、どうするかと。
キイロサナエやヒメサナエの産卵には間に合わないので、近場のハッチョウトンボの
ビデオ撮影に出かけました。
夕方は息子が黄昏に行きたいと言っていたので、それまでの時間で行ってきました。

ポイントには11時着。
先に昼食を済ませ、湿地へ。

ハッチョウトンボは、メスの姿が少なく、交尾・産卵が見当たらない。
前回も同じ状況でしたが、産卵時間を読み間違っているのかな・・。

12時すぎに、ようやく産卵が少し見られるようになりましたので、
動画を撮影しました。
13時すぎまで滞在しましたが、あまり産卵が見られないため諦めて、
他へ移動しました。


ハッチョウトンボ

2015年6月23日(火) その1

 昼から急激に晴れました。
ハッチョウトンボの打水をまだ撮れていなかったので、ビデオ撮影も含め
行きました。

現地12時着。
しかし、かなりの暑さのためか、産卵を終えてしまった後なのか、
全く産卵は見れず。
わずか、3頭の産卵しか見れませんでした。
恐らく、時間が遅かったのだと思います。

2015_06_23_01.jpg

2015_06_23_02.jpg

2015_06_23_03.jpg

2015_06_23_04.jpg

ハッチョウトンボ

2015年5月29日(金) その1
 
 今日は曇り。
ですので、またしてもヒメクロサナエ産卵捜索は断念。

昼から、ゆっくり出かけました。
曇りでも見られる、ハッチョウトンボの様子を見に行きました。

雨が降っていましたが、オスが多数静止しています。
メスの姿は見当たりません。

14時ごろ晴れ間が見えたと同時にオス達は一斉に活動を開始し、
縄張争いを繰り広げます。
メスも出てきて、産卵も見ることができました。

今回は、スローモーション動画のみの撮影となりました。


ハッチョウトンボ

2014年6月14日(土) その2

 またハッチョウトンボ。
前回は曇っていて、産卵が十分行われなかったため、今日はスローモーション動画
も含め、行ってきました。

今日も、ギリギリ現地12時着。
晴れた日は、11時ぐらいから産卵はスタートしていると思います。

到着すると、すでに何頭ものカップルが交尾していました。
まだ体色の浅い、成熟していないメスにもお構いなし。

2014_06_14_04.jpg

2014_06_14_05.jpg

 撮影はやはり難しく、どうしても頭から尾までのピンが撮れません。
多数の産卵個体がいるので、何度と挑戦しますが、ゴミ写真ばかりでした。

2014_06_14_06.jpg

2014_06_14_07.jpg

2014_06_14_08.jpg

2014_06_14_09.jpg

2014_06_14_10.jpg

2014_06_14_11.jpg

2014_06_14_12.jpg

2014_06_14_13.jpg

 広角撮影もしてみました。
カメラ下部のバッテリー部が邪魔で、水面ギリギリ、少し水没させても厳しい状況です。

2014_06_14_14.jpg

2014_06_14_15.jpg

2014_06_14_16.jpg

2014_06_14_17.jpg

2014_06_14_18.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
123位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム