ミヤマアカネ&ルリボシヤンマ

2016年9月27日(火)

 本日も行ってきました。
前回、ご一緒した「やまねさん」と「イヨさん」が、再度ミヤマアカネに行かれるとのことでしたが、
僕はマダラナニワトンボを予定していました。

しかし、朝からかなり曇っていたため、
予定を変更して、やまねさん達と合流し、またミヤマアカネとルリボシヤンマを見に行きました。

現地には、11時前に到着。
いつものように地主さん宅へご挨拶し、田んぼへ。
田んぼは稲刈りを終えていました。

ミヤマアカネの産卵する細流は、雑草がかなり茂っていましたので、まずはこれらの
草刈を3人で行いました。
しかし、草刈を終えるも、あまり産卵するペアが見られません。

天候は、前回日曜日の訪問時とさほど変わりありませんでしたので、天候の影響は
関係なさそうに思います。
パラパラと少数が産卵にやってきますが、相当敏感で、近寄ることさえできない状況です。
12時になっても状況は変わらず、オスもメスもお休みモードとなり、結局今日の産卵は終了となってしまいました。

帰りに地主さん宅へご挨拶に伺うと、ご夫婦揃って庭で手入れをされていました。
この地主さん宅の敷地は大変広く、ミヤマアカネを中心に、オニヤンマ、ミルンヤンマが飛びます。
その一角に植えられたフジバカマには、毎年10ほどのアサギマダラが飛来するとのことで、
これを楽しみにされているとのことでした。

2016_09_27_1.jpg

2016_09_27_2.jpg

2016_09_27_3.jpg

2016_09_27_4.jpg

 その後、弁当を食べて、ルリボシヤンマのポイントへ移動。
現地には、13時45分に到着。
天候は、雨が降りそうな曇り空。

駐車場前の水溜り池では、いつものごとくルリボシのオスが飛んでいました。
奥の広場へ移動するも、1頭のオスが時折飛んでくるだけで、厳しい状況でした。

ルリボシヤンマは、曇ってくるとホバリングをしてくれるので、曇り空でも大丈夫のような
気もしますが、やはり基本的に晴れベースの日でないと厳しいようです。

そんな中、少し奥の湿地池で、オスがホバリングを交えながら、メスをしきりに探していました。
メスも何度か入ってきて、連れ去りを試みたようですが、すべて失敗。

今日は、この飛翔を3人で囲んで撮影大会となりました。
広角で目の前に急接近するルリボシを約40分ほど堪能できました。

今日の写真はミヤマアカネ共によくありませんでしたが、最後の3人でのルリボシ撮影大会は非常に
楽しい時間となりました。

2016_09_27_100.jpg

2016_09_27_103_1.jpg

2016_09_27_104.jpg

2016_09_27_105.jpg



スポンサーサイト

ルリボシヤンマ

2016年9月25日(日) その2

 次にルリボシヤンマ。
現地には、14時30分すぎに到着。

いつもの駐車場池で、ルリボシが飛んでいました。
息子はここで撮影するとのことで、僕は奥へ。
途中の大きな池の湖畔で飛ぶルリボシを撮影したく、見てみましたが、
オオルリボシヤンマしか飛んでいませんでした。

そのまま、いつもの広場へ。
ルリボシヤンマは、♂が3頭が飛んでいましたが、あまり落ち着きが無い様子で、
じっくり撮らせてくれません。

【全ノートリミング】
2016_09_25_18.jpg

 近くの湿地池でも飛んでいましたので撮影。
ここは暗いので、ストロボ撮影。
今日は、久しぶりにニコン機で撮影しました。

2016_09_25_19.jpg

↓雨で水溜りができた広場で撮影。
広角で初めて縦撮りしてみた。

2016_09_25_22.jpg

2016_09_25_23.jpg


 駐車場前の小さな池、ここではいつもルリボシの♂が常に飛んでいます。
比較的ホバリングも披露してくれ、オスも数頭飛んでいたので、オス同士のバトルも見られました。

2016_09_25_20.jpg

2016_09_25_21.jpg

ルリボシヤンマ

2016年9月9日(金) その3 

 続いてルリボシヤンマへ。
時間は、13時30分。

ルリボシヤンマは今まで見たことが無い数のオスが飛んでいました。
全部で8~9頭ほど。
先日までの雨で、各所に水溜りができ、そこで縄張り飛翔していました。
午後からは、天候が良く気温が高いため、ほとんどホバリングすることはありませんでした。

個体数が多いにも関わらず、非常に苦戦しました。
今日は13時30分から16時30分まで、延々と飛び続けました。
昼食も取らず撮影続行。

集中するためか、流石に非常に疲れたので、15時に遅い昼食をとり、
飛ぶルリボシを目の前に30分休憩。

【全ノートリミング 12mm】

2016_09_09_200.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_202_2.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_203.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_204_1.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

↓連射でフラッシュ光らず、色が出ませんでしたので残念ながら調整しました・・・・。
2016_09_09_212.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


 オスを苦心しながら撮影していると、後ろでバサバサッと羽音が聞こえ、無意識?に駆け寄りました。
3連結したルリボシでした。
逆光にも対応したいため、常時外部ストロボをONにしたOMDで撮影しましたので、
FP発光連射が足らず、肝心の1コマが抜けていました。
これがニコン機だったら、もしかしたら撮れていたかも??
以下、連続撮影の3コマです。

 2頭のオスが同時に、メスの首根っこを掴んでいます。
2016_09_09_206.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_207.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_09_208.jpg
<ルリボシヤンマ3連結  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
 
 で、その後、すぐにニコン機に切れ換え、その時を待ちましたが、そう簡単には行きませんよね。
メスも現れず、オスは16時30分を目処に姿を消してしまいました。

2016_09_09_209.jpg
<ルリボシヤンマ♂飛翔 ニコンD4>

ルリボシヤンマ

2016年9月3日(土)  

 今日は、「やまねさん」、「monsanさん」、僕と息子の4人で、ルリボシヤンマを見に行きました。
現地集合で、僕たちは11時前に到着。

まずは、久しぶりにコケの生い茂るブナの原生林へ行ってみました。
このコケの生い茂る中でルリボシを広角で撮れたら、また違った写真が撮れるかと思ったのですが、
ルリボシどころか、トンボが全くいませんでした。

2016_09_03_107.jpg

2016_09_03_106.jpg

 その後、いつものルリボシポイントへ移動。
今日は晴天で、気温が非常に高く、まだルリボシは飛んでいませんでした。

メスが産卵に来る水溜りが干上がっていて、カラカラの状態でした。
毎年、オスはこの水溜りの上でメスを待ちながら、縄張りを持つのですが、水が干上がってしまった
状態では、オスの縄張り飛翔も、メスの産卵も見れないため、急遽、バケツで渓流の水を
汲んで干上がったポイントへ水をはりました。

 そこに、やまねさんと、monsanさんが合流。
お二人も手伝って下さり、干上がった湿地の一部に水をはることができました。
ありがとうございました!

ルリボシヤンマは15時ごろからオスが飛び始めました。
やはり気温が高いため、飛び始めた時間がかなり遅い状況でした。


今回僕の望遠撮影は、あまりよく撮影できなかったので、息子の写真のみアップします。

息子は、やまねさん、monsanさんにお会いできたためテンション高め。
【全ノートリミング】

2016_09_03_01.jpg
<ルリボシヤンマ♂ D7000+タムロン180mm 息子撮影>

2016_09_03_02.jpg
<ルリボシヤンマ♂ D7000+シグマ70-300mm 1:4-5.6 APO DG 息子撮影>

2016_09_03_03.jpg
<ルリボシヤンマ♂ D7000+タムロン180mm 息子撮影>

2016_09_03_04.jpg
<ルリボシヤンマ♂ D7000+シグマ70-300mm 1:4-5.6 APO DG 息子撮影>

 そして、僕は広角での撮影。
湿地池には、定期的にメスを探すルリボシ♂が飛んできますが、やはり暗い。
2016_09_03_103.jpg
<ルリボシヤンマ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_03_104.jpg
<ルリボシヤンマ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 いつもの広場では、4頭が縄張り。
残念ながら今日は、安定したホバリングは見られませんでした。
尚、自分たちで水をはった溜まりには、下段側にはよくオスが縄張りしてくれました。
メインの上側は、あまり来ず・・・。


2016_09_03_105.jpg
<ルリボシヤンマ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


↓monsanさんを背景に撮影できましたが、残念ながらピンボケでした・・・。
2016_09_03_102.jpg
<ルリボシヤンマ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 交尾飛翔の撮影チャンスがありましたが、逆光で色が出なかった。
2016_09_03_110.jpg
<ルリボシヤンマ♂♀連結飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


ボツ写真↓
2016_09_03_108.jpg

 その後、17時前まで待ちましたが、水をはった水溜りにはメスの産卵は現れず。
やまねさん、monsanさん、1日お付き合い下さり、ありがとうございました!
 

ルリボシヤンマ

2016年8月31日(水) その2

 続きます。
ルリボシヤンマは、2時間経過した15時になっても、時々姿は見せるがホバリングはせず、
飛び回る状況でした。

ホバリングはしませんでしたが、そこそこ姿を見せてくれて、4人全員で撮影を楽しむことが
できました。

まずは、毎年の焼きまわしになりますが、いつものマクロ撮影。
あまり解像良く撮れませんでした。
【トリミング混在】
2016_08_31_05.jpg

2016_08_31_06.jpg

2016_08_31_07.jpg

2016_08_31_08.jpg

 次に、広角12mmでの撮影。
一部の写真は、背景は抜けるが逆光になるため、空の色が出ませんでした。

2016_08_31_03.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_08_31_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_08_31_01.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_08_31_02.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 最後は、産卵撮影。
今日は、15時30分ごろから産卵が活発になり、オスが縄張りしている広い高原で
産卵をする個体がおりました。
開けた広い場所でしたので、全く近寄ることができず、何度も飛ばせてしまいます。
広角で背景をある程度抜いて撮影しようとしますが、真上からしか撮影できず。

2016_08_31_09.jpg

2016_08_31_10.jpg


ルリボシヤンマ産卵

2016年8月23日(火) その1

 ピンポイント予報で、現地は雷雨とのことでしたが、山の天気は変わりやすい
ということで、もしかしたら晴れるかも?という期待をし現地へ。

しかし、考え甘くポイントは土砂降り。
2016_08_23_00.jpg

 車で待機しましたが、雹が降っているのかと思うほどの音で、大粒の雨が車の屋根を叩きました。
1時間後、小雨になったので車を降りて、目の前の池を見てみると、ルリボシヤンマが産卵していました。

2016_08_23_01.jpg
<ルリボシヤンマ産卵>

2016_08_23_02.jpg
<ルリボシヤンマ産卵>

2016_08_23_03.jpg
<ルリボシヤンマ産卵>

2016_08_23_04.jpg
<ルリボシヤンマ産卵>

 途中から、ギンヤンマも産卵にやってきたので撮影。
標高の高い、こんな水溜りにもギンヤンマは産卵。どこにでもいますね。
適応能力が高い。

2016_08_23_05.jpg
<ギンヤンマ産卵>

 そして、今日一番の収穫?だったのが、Youtubeの動画編集の中にある、スタビライズ機能。
この動画は、D4+300mmf4の手持ちで動画撮影したので、手振れ補正が無いため、ブルブル動画でした。

そんな動画を、Youtube編集機能にあるスタビライズ補正をすると、なんとまるで三脚立てて撮影したかの
ようにピタッと補正してくれます。
いや、本当にビックリしました。

↓スタビライズ補正前動画




↓スタビライズ補正後の動画。


オオルリボシヤンマ&ルリボシヤンマ

2016年8月19日(金) その3

 ようやく15時すぎに少し晴れ間が見え、オオルリボシヤンマが飛び始めました。
まだ小雨がありましたが撮影。

2016_08_19_19.jpg
<D7000+シグマ70-300mm 1:4-5.6 APO DG>

2016_08_19_10.jpg

 ルリボシヤンマは、15時30分ごろようやく飛び始め、3時間待ち。
到着した直後12時ごろには飛んでいたので、晴れていた午前中に行くべきでした。
せわしなく飛び、ネアカヨシヤンマのように上下にピュンピュン飛ぶばかりで
撮影もかなり厳しい状況でした。

2016_08_19_11.jpg

 広角での撮影しか考えていなかったのですが、これではどうしようもなかったため、
いつものマクロ撮影で終了。
こんなに苦戦するとは思いもせず、なかなかシャッターを押せず、どの写真も良くなく、ピントが合った写真すら撮れませんでした。


2016_08_19_12.jpg

2016_08_19_13.jpg

 帰りに、息子が楽しみにしていた黄昏飛翔へ。
数は少なく、ギンヤンマばかりが多数飛ぶ状況でしたが、志賀昆6mのクソ重い網で、なんとかマルタン♀をGETしていました。
もうヤブヤンマの姿も少なくなっていました。

2016_08_19_14.jpg

2016_08_19_15.jpg

2016_08_19_16.jpg

 ということで、もう秋にシフト。
今後は、オオルリボシヤンマ残党、ルリボシヤンマ、ミルンヤンマ、ミヤマアカネ、カトリヤンマ、
マダラナニワトンボ、ナツアカネ、アキアカネですね!



ルリボシヤンマ

2015年9月29日(火) その2

 続いて、ルリボシヤンマ。
ルリボシは今日を最後にしようと考えてます。
13時に到着すると、駐車場の池に1頭、広場に1頭のオスが飛んでいました。
天候が良いため、日差しがあると、なかなかホバリングしてくれません。

今日も広角撮影でしたが、一時間半ほど粘っても撮れず、このままでは
何も撮れないまま帰ることになりそうだったので、
途中で少しマクロで撮影しておきました。

オスは、15時前に姿を消してしまいました。
駐車場の方へ戻ってみると、こちらもいない。
16時ぐらいまでは飛んでくれるかと思いましたが・・・。

その後、16時30分まで駐車場の池と、奥の湿原広場を何度も往復して
探してみましたが、オスは現れず。

2015_09_29_04.jpg

2015_09_29_05.jpg

なんとか撮れた広角の一枚。↓
2015_09_29_07.jpg
<15mmフィッシュアイ、トリミング無し>



ルリボシヤンマ

2015年9月26日(土) その3

 午後からは、ルリボシヤンマに行きました。
カトリヤンマとどっちにしようか迷いましたが、そろそろシーズンも終わりに近づいている
ルリボシヤンマへ。
予想はしていましたが、流石に標高を上げると、どんより曇り。

2015_09_26_18_2.jpg

 ポイントは、もう今にも雨が降りそうな感じでした。
ルリボシヤンマは、かろうじて2頭のオス。
広角で撮影を始めたのですが、30分ほどで姿を消してしまいました。

2015_09_26_20.jpg
 
 広角撮影はやはり、今日も失敗。
見れる写真が無かったのですが、アップしてみました。
しかも、過去最小サイズでアップ・・・↓
広角撮影をする時は、人を入れるのが好きです。
息子のオレンジの服が、暗い背景の中、唯一アクセントになってくれた。

2015_09_26_21.jpg

2015_09_26_28.jpg

16時すぎに、とうとう雨が降ってきて退散。
しかし、本当に天気悪かったな・・。

2015_09_26_22.jpg

ルリボシヤンマ

2015年9月15日(火) その3

 本日最後は、やはりルリボシヤンマ。
現地には13時着。
交尾飛翔を狙ってのことでしたが、前回と全くパターンは同じで
個体数少ない。

20分間隔で、わずか1頭が巡回時に現れるだけ。
先週行った台風前とは、明らかに個体数が少ない。

2015_09_15_12.jpg

2015_09_15_13.jpg

 ↓こちらは、合間に撮ったタカネトンボ?エゾトンボ?
2015_09_15_14.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
43位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム