ルリボシヤンマ

2017年9月19日(火) その2

 ここ最近のトレンド。他のトンボブログを見ると、マダラヤンマばかりですが、
とても行く気力が無いため、ルリボシヤンマ。

午前中、またマダラナニワトンボを空振りしての移動。
約1時間弱走って、14時にポイントへ。

曇っていましたが、ルリボシは飛んでいました。
ここは、トンボをはじめた頃に、よく行っていたポイントです。
当時は、必ず週2回、息子の学校終わりの15時前に出発、90分走って行ってました。

【全ノートリミング】
2017_09_19_01.jpg

↓この木道を挟んで、両端の湿地に飛びます。
2017_09_19_02.jpg

2017_09_19_05.jpg

 ロケーションが広角向きではないため、今日はマクロで撮影しました。
かなり近くでホバリングしてくれる上、足場の良い木道での撮影なので楽です。
ただ、写真は何枚も同じですが・・・苦笑。

2017_09_19_06.jpg

2017_09_19_07.jpg


 当時アキアカネの産卵を撮った田んぼへ寄ってみると、多くのアキアカネ達が、羽を休めて
いました。
2017_09_19_100.jpg

スポンサーサイト

ルリボシヤンマ♂飛翔

2017年9月10日(日) その3


 続いて、ルリボシヤンマ。
ポイントには、13時前に到着。
駐車場前の池では、すでに♂が飛んでいました。
そのまま広場へ移動。
カキツバタが咲く湿地池でも♂が縄張りしていました。

一昨日降った雨水が、高原に残ってくれていれば良かったのですが、
またもや、カラッカラ。
昨日も天気良かったし、仕方ないですね。
ということで、また水を汲んで、草原の各所に水を張りました。

【全ノートリミング】

2017_09_10_13_1.jpg

 その後、少し休憩。
すると、14時すぎに、広場に♂が縄張り。
しかし、全くホバリングはせず、ずっと広範囲に飛び回っています。

追いかけ回すような撮影になりましたが、♂はこの場を離れることは無く、
ずっと飛んでいます。

2017_09_10_14.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_15.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

 今度は、カキツバタがある池で撮影。
まだホバリングはしませんが、ここは小さな湿地池なので、飛ぶ場所も限定され、
撮りやすい。

2017_09_10_16.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_17.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

 16時前の、少し日が傾いてきた頃、ホバリングをするようになりました。
レンズが密着するほど、かなり急接近して撮影できました。

 ここまで寄ってしまうと、ストロボもカメラで影になるし、トンボが大きすぎて良くありません。
写真はあまり良くありませんが、それよりも、トンボとの駆け引き、どれだけ近寄れるか
が楽しくなります。

そう、、撮影経験がある方は分かると思いますが、
ホバリングしてくれるけど、あともう一歩!のところで逃げられる。この駆け引きが楽しい。

18時まで飛んでくれて、何枚も撮影しました。

2017_09_10_18.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_19.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_20_1.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_21.jpg
<OMD>



ルリボシヤンマ

2017年9月8日(金) その2

 続いて、ルリボシヤンマ。
前回、前々回と空振りだったのですが、昨日、雨が降ったため、高原の広場に
水が溜まっていると思い、行ってみました。

到着時刻は、13時。
なーんにも飛んでいません。
ウスバキトンボすら、数えることができるほどの少なさ。

14時30分ごろ、ようやく、ルリボシヤンマのメスが産卵に。
【全ノートリミング】


2017_09_08_14.jpg

 暗い湿地池での産卵です。
またここで産卵か・・・と気乗りしなかったのですが、他に目ぼしいトンボもなかったので
撮影しました。
ここでのルリボシ産卵はよく見られますが、暗いロケーションということもあり、あまり撮影
をしません・・・。

 長靴だったので、深みには行けないため、広角撮影範囲に来てくれるまで、
飛んでは産卵を繰り返しで、なんとか撮影しました。
結局、結構楽しんで30分近く撮影しました。


2017_09_08_15.jpg

2017_09_08_16.jpg

 産卵撮影で腰が痛くなったので、休憩がてら、広場に出てみると、オスが縄張りしていました。
やはり、昨日の雨で溜まった水溜りで縄張り。


2017_09_08_17.jpg

2017_09_08_18_1.jpg

 やはり、太陽が出ている時間帯では、ホバリングはほとんどしません。
更に、この個体は、僕が水溜りに陣取ると、警戒して全く寄って来ない。
その場から離れて、しばらく見ていると、水溜りの上を縄張り。

結局、このルリボシが、水溜りに躊躇なく寄ってきたのは、太陽が山陰に隠れた時間帯、17時前でした。


2017_09_08_19.jpg

2017_09_08_21.jpg


 この高原は広いので、他の場所でも飛んでいる可能性があります。
次回は少し森の中を、歩いてみようかと思っています。


ルリボシヤンマ

2017年9月5日(火) その3

 前回、さっぱり空振りしたルリボシヤンマ。
メスは産卵を2頭確認しましたが、オスは1頭。

オスは、15時30分ごろ、諦めて帰ろうかとした時に湿地の上を飛んで
いました。
しかし、ほとんど留まることは無く、5分もすると他の場所へ飛んで行き、
しばらくすると戻ってくるの繰り返し。
広範囲にメスを求めて飛び回っている感じでした。

2017_09_05_10.jpg

 メスは2頭産卵にやってきました。
1頭は、尾っぽが曲がったままの状態で、羽化不全の模様。
この尾っぽが曲がったままの個体は、前回、息子が撮影した個体と同じでした。

2017_09_05_11.jpg

2017_09_05_12.jpg

2017_09_05_13.jpg

ルリボシヤンマ、他

2017年8月30日(水) その3

 ミヤマアカネ撮影後、30分ほど走って、ルリボシの高原へ。
到着して間もなく、「やまねさん」もいらっしゃって、一緒に撮影しました。

まずは、暗い湿地池にて。



【全ノートリミング】

2017_08_30_100.jpg
<タカネトンボ♂>

2017_08_30_101.jpg
<ルリボシヤンマ♂>

 ルリボシヤンマ撮影中、オオルリボシヤンマが産卵に入りました。
見た目、良く似ているのですが、ルリボシヤンマの♂は、全く手を出さず、オオルリボシ♀は悠々と産卵。

2017_08_30_102.jpg
<オオルリボシヤンマ産卵>

2017_08_30_103.jpg
<オオルリボシヤンマ産卵>

 今日も、ルリボシ♀は産卵する暇も無く、全部♂に連れ去り。
ルリボシヤンマの♂は、♀を見つけると、電光石火のごとく一瞬で連れ去ります。
とにかく正確で、100%の成功率です。
♀を捕まえると、一度地面に落ちることが多いので、交尾飛翔撮影は、この瞬間が狙い目。
今日は、撮影できませんでした。

2017_08_30_104.jpg

2017_08_30_105.jpg

2017_08_30_106.jpg

2017_08_30_107.jpg

 僕は、どうもカメラを、やや下気味に向けて撮影してしまうクセが付いてしまっているので、
↓のような写真を連発してしまいます。

2017_08_30_108.jpg

残念ながら、これといった面白い写真は撮れませんでした。
また次回同じコースかな。。。

ルリボシヤンマ

2017年8月26日(土) その2

 続きです。
今日のルリボシヤンマは、気温が高すぎるためか、15時30分すぎから
飛び始めましたが、すぐに休憩に入り、姿を消してしまいます。

今日は、久しぶりに、スローで動画撮影をしました。
明るい広場では、ほとんど飛ばなかったので、暗い池で撮影しました。
なので、画質荒くなってしまいました。
前半120fps、後半240fpsとなっています。(FZ-200で撮影)


【FZ-200】


【全ノートリミング】
2017_08_26_11.jpg

2017_08_26_12.jpg

2017_08_26_13.jpg

2017_08_26_13_1.jpg

2017_08_26_15.jpg

ルリボシヤンマ

2017年8月23日(水) その3

 続きです。
もう、ルリボシヤンマが飛ぶ季節になってしまいました。
悪天候の中でしたが、駐車場前の池では、オスが縄張り。
そして、広場の湿原でもオスが飛んでいました。

【全ノートリミング】
2017_08_23_07.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>

2017_08_23_08.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>

2017_08_23_09.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>


 午後から、なんとか晴れてくれました。
午前中の状況からは、考えられない晴れ間となりました。
ところが、それまで飛んでいたルリボシは、一斉に姿を消し、
約1時間以上出てくれず。

2017_08_23_06.jpg

 15時30分ごろ、また曇りはじめると同時に出てきました。
息子は、駐車場前、僕は広場の湿原で撮影。
それぞれの場所で見られたルリボシの数は、全部で最低5頭ほど。

2017_08_23_10_1.jpg
<息子撮影分>
<D7000+シグマAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO フラッシュ無し>

2017_08_23_11.jpg
<D500+タムロン180mm>

2017_08_23_12.jpg
<OMD-EM1markⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>

2017_08_23_10.jpg
<D500+タムロン180mm>

 そして、今日はメスの産卵も多く見られました。
しかし、産卵に至る前に100%確実にオスが持っていき、産卵は撮れませんでした。
息子と合わせて確認できた数は、4頭の産卵飛来。

2017_08_23_14.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>

2017_08_23_15.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>

2017_08_23_16.jpg
<D500+シグマ15mmフィッシュアイ>

2017_08_23_100.jpg

 やはり、15時を過ぎた時間帯が多く飛んでいました。


ルリボシヤンマ

2017年8月2日(水) その2

 カオジロトンボを撮影していると、次第に雲行きが怪しくなり、12時すぎには雨が降ってきました。
まだ小雨だったのですが、雨雲レーダーを見ると、真っ赤になっていましたので、慌てて撤収。
しかし、、、、間に合わず、車を駐車した場所までズブ濡れになってしまいました。

 


 カメラバックのレインカバーを持って来て無かったので、カメラバックも滴るほどの状態に・・。
途中の広場で、テントがあったので、雨宿り。
もうテンション下がりまくりで・・・・・。

 2017_08_02_200.jpg

 1時間ほどすると、なんとか小雨になってきたので、テントの周囲を見て回ると、池がありました。
すると、ルリボシヤンマが数頭産卵中でした。

2017_08_02_201.jpg

【全ノートリミング】
2017_08_02_202.jpg

 ルリボシヤンマの産卵を撮影していると、ようやく雨が止んだので、また元の湿原へ戻りました。
しかし、天候が曇りすぎて、トンボはルリボシヤンマの♂が飛んでいるだけ・・・。
とりあえず、撮影しました。

2017_08_02_203.jpg

2017_08_02_205.jpg

2017_08_02_204.jpg

 約一時間ほど経過した頃、少し空が明るくなってきました。
カオジロトンボの♂達もチラホラ戻ってきていました。
そこで、息子が熱心に撮影してたので、何がいるのかと見に行くと、
ルリボシヤンマの♀が、ここでも産卵中。
しかも、かなりの至近距離・・レンズが密着するほどの距離で撮影していました。
僕も、これを撮影。


2017_08_02_206.jpg

2017_08_02_210.jpg

2017_08_02_208.jpg

 ここでは、オオルリボシヤンマは見られませんでした。
最初、遠目に飛んでいる姿を見るに、オオルリボシかと思いましたが、全部ルリボシヤンマでした。
続く・・・・・・。




 

ミヤマアカネ&ルリボシヤンマ

2016年9月27日(火)

 本日も行ってきました。
前回、ご一緒した「やまねさん」と「イヨさん」が、再度ミヤマアカネに行かれるとのことでしたが、
僕はマダラナニワトンボを予定していました。

しかし、朝からかなり曇っていたため、
予定を変更して、やまねさん達と合流し、またミヤマアカネとルリボシヤンマを見に行きました。

現地には、11時前に到着。
いつものように地主さん宅へご挨拶し、田んぼへ。
田んぼは稲刈りを終えていました。

ミヤマアカネの産卵する細流は、雑草がかなり茂っていましたので、まずはこれらの
草刈を3人で行いました。
しかし、草刈を終えるも、あまり産卵するペアが見られません。

天候は、前回日曜日の訪問時とさほど変わりありませんでしたので、天候の影響は
関係なさそうに思います。
パラパラと少数が産卵にやってきますが、相当敏感で、近寄ることさえできない状況です。
12時になっても状況は変わらず、オスもメスもお休みモードとなり、結局今日の産卵は終了となってしまいました。

帰りに地主さん宅へご挨拶に伺うと、ご夫婦揃って庭で手入れをされていました。
この地主さん宅の敷地は大変広く、ミヤマアカネを中心に、オニヤンマ、ミルンヤンマが飛びます。
その一角に植えられたフジバカマには、毎年10ほどのアサギマダラが飛来するとのことで、
これを楽しみにされているとのことでした。

2016_09_27_1.jpg

2016_09_27_2.jpg

2016_09_27_3.jpg

2016_09_27_4.jpg

 その後、弁当を食べて、ルリボシヤンマのポイントへ移動。
現地には、13時45分に到着。
天候は、雨が降りそうな曇り空。

駐車場前の水溜り池では、いつものごとくルリボシのオスが飛んでいました。
奥の広場へ移動するも、1頭のオスが時折飛んでくるだけで、厳しい状況でした。

ルリボシヤンマは、曇ってくるとホバリングをしてくれるので、曇り空でも大丈夫のような
気もしますが、やはり基本的に晴れベースの日でないと厳しいようです。

そんな中、少し奥の湿地池で、オスがホバリングを交えながら、メスをしきりに探していました。
メスも何度か入ってきて、連れ去りを試みたようですが、すべて失敗。

今日は、この飛翔を3人で囲んで撮影大会となりました。
広角で目の前に急接近するルリボシを約40分ほど堪能できました。

今日の写真はミヤマアカネ共によくありませんでしたが、最後の3人でのルリボシ撮影大会は非常に
楽しい時間となりました。

2016_09_27_100.jpg

2016_09_27_103_1.jpg

2016_09_27_104.jpg

2016_09_27_105.jpg



ルリボシヤンマ

2016年9月25日(日) その2

 次にルリボシヤンマ。
現地には、14時30分すぎに到着。

いつもの駐車場池で、ルリボシが飛んでいました。
息子はここで撮影するとのことで、僕は奥へ。
途中の大きな池の湖畔で飛ぶルリボシを撮影したく、見てみましたが、
オオルリボシヤンマしか飛んでいませんでした。

そのまま、いつもの広場へ。
ルリボシヤンマは、♂が3頭が飛んでいましたが、あまり落ち着きが無い様子で、
じっくり撮らせてくれません。

【全ノートリミング】
2016_09_25_18.jpg

 近くの湿地池でも飛んでいましたので撮影。
ここは暗いので、ストロボ撮影。
今日は、久しぶりにニコン機で撮影しました。

2016_09_25_19.jpg

↓雨で水溜りができた広場で撮影。
広角で初めて縦撮りしてみた。

2016_09_25_22.jpg

2016_09_25_23.jpg


 駐車場前の小さな池、ここではいつもルリボシの♂が常に飛んでいます。
比較的ホバリングも披露してくれ、オスも数頭飛んでいたので、オス同士のバトルも見られました。

2016_09_25_20.jpg

2016_09_25_21.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
73位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム