オニヤンマ

2016年9月9日(金) その2

 ミヤマアカネの産卵する流れでは、オニヤンマが縄張り飛翔していました。
オニヤンマ♂は、ミヤマアカネの産卵を見つけて、地面スレスレにホバリングして襲いかかるシーン
を何度か目撃しました。
この行動は、メスを発見した時と同じ行動なので、ミヤマアカネの羽の羽ばたきに反応していると
思われます。(参考:オニヤンマの扇風機)

 これを撮影できたら面白かったのですが、残念ながら撮影ならず。

【ノートリミング】


2016_09_09_211.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
スポンサーサイト

オニヤンマ

2016年9月4日(日) その2

 続いて、オニヤンマです。
9月に入ってオニヤンマの良いシーズンになりました。

ミヤマアカネの産卵していた細流には、オニヤンマのオスが縄張りしていました。
全部で3頭のオスが同じテリトリーを飛んでいました。
飛翔写真は、オスのバトルは完全ピンボケですが、それ以外も微妙にピンボケです。

【全ノートリミング 12mm撮影】
2016_09_04_01.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_02.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_03.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_04.jpg
<オニヤンマ♂飛翔 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

【一部トリミングあり 12mm撮影】
2016_09_04_05.jpg
<オニヤンマ♂バトル OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_06.jpg
<オニヤンマ♂バトル OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_07.jpg
<オニヤンマ♂バトル OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_08.jpg
<オニヤンマ♂バトル OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_09_04_08_8.jpg
<オニヤンマ♂バトル OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

↓息子は僕が撮影しているシーンを、トンボと一緒によく撮ってくれる。
2016_09_04_08_9.jpg
<オニヤンマ♂バトル D7000+シグマ70-300mm 1:4-5.6 APO DG 息子撮影>

 途中で、メスの産卵が目の前でありましたが、オスに追い回されて、わずか20秒ほどの産卵で
カメラを近づける間もありませんでした。
たまたま動画を撮影していた息子撮影の動画をアップしてみました。
20秒ほどですが・・・・・。





 オニヤンマと言えば、尾園さんが撮影された「しぜんのひみつ写真館(7) ぜんぶわかる! トンボ」
僕も購入して見てみましたが、こんな感じに撮影してみたいものです。

オニヤンマ

2016年8月9日(火)

 今日もいつものコースで観察。
気温は35度で高い状況ですが、台風の影響か、風が強く涼しい風でした。
今日のヤブ池は、ヤブとネアカの飛来→ぶら下がりが多く見られ、今年で一番多かった。
多いと言っても、これまでとは比較にならないほど少ない。

またUSBの調子が悪い。
PCへ保存できているか心配なので、今まではファイル移動していたが、ファイルコピーしてからSDカードを削除。

2016_08_09_1.jpg
<ヤブヤンマ>

2016_08_09_2.jpg
<ヤブヤンマ>

2016_08_09_3.jpg
<ネアカヨシヤンマ>

2016_08_09_10.jpg
<オニヤンマ><息子にピンボケで微妙~と言われた一枚>

オニヤンマ

2016年7月7日(木)

 今日は、最高に天候が良かったですが、何もいませんでした。
閑散の一言。
更に、車の接触事故にも合い散々な一日でした。
事故で運転席のドアが開かなくなったので、助手席から乗り降り。

車もトンボ撮影で走り回って18万キロ目前。
どうしようか悩むところです。



2016_07_07_00.jpg

2016_07_07_01.jpg

2016_07_07_02.jpg




オニヤンマ

2014年7月6日(日) その2

 続きです。
天候の回復は期待できず、ずっと曇り空であったため、トンボも全く出ません。
少しの日差しが出たときに、オニヤンマが数頭飛びましたので、撮影。

その後の黄昏飛翔も17時30分から雨が降り、撤収となりました。

2014_07_06_06.jpg
<オニヤンマ♂未熟>

2014_07_06_07.jpg
<オニヤンマ♀未熟>

※覚書 14時、マルタンヤンマ♂確認。

オニヤンマ

2014年7月1日(火) その3

 ヤブヤンマのポイントで、オニヤンマの未熟♂も飛んでいました。
暑いためか、何度もインターバルの休憩をしながらの摂食でした。

2014_07_01_01.jpg
<オニヤンマ♂未熟摂食>

2014_07_01_02.jpg
<オニヤンマ♂未熟摂食>

オニヤンマ産卵

2013年9月22日(日) その2

 ハネビロエゾトンボを撮影していると、思いがけず目の前に現れたオニヤンマ♀。
本当に突然で、目の前の足元にブルン!という羽音と共に産卵。

少し警戒しているようで、細流を何度も場所を変えながら産卵を続けていました。
今回はスローモーション動画と共に撮影をしました。

【全ノートリミング】
2013_09_22_06.jpg

2013_09_22_07.jpg

2013_09_22_08.jpg

2013_09_22_09.jpg

2013_09_22_10.jpg

2013_09_22_11.jpg

2013_09_22_12.jpg

【オニヤンマ産卵スローモーション動画1】


【オニヤンマ産卵スローモーション動画2】

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オニヤンマの実験

2013年9月14日(土)その2

 オニヤンマの実験です。
今月、オニヤンマを撮影していて、家にある等身大のリアルなオニヤンマのメスのフィギュア
があるのを思い出し、これを使うとオスはどうするのかやってみたことがあります。

結果、リアルなフィギュアには一切反応しませんでした。
その夜、ネットで色々と調べていると、どうやらオニヤンマのオスは、動く個体に
のみ反応するそうで、♀の羽の動くのを見て交尾につかみかかるとのこと。

更に、オニヤンマは扇風機など回転するものを、メスの羽ばたきと勘違いして
しまうようです。
情報では、エアコンの室外機や室内の扇風機などによくホバリングするとのこと。
そこで、実際にホバリングするのかどうか実験してみました。

扇風機は、単三電池で駆動する小さな装置に、緑黒の模様を書いた円盤を
使いました。

実験開始から、オスはほとんど見向きもしませんでしたが、しばらくすると、
少しずつ反応をするようになりました。

メスが産卵に現れると同時に、急に扇風機に反応するようになり、
扇風機を素通りすることは無くなりました。

完全にメスと間違えて、低空ホバリングから一気に扇風機に突進する
姿を見ることができました。


尚、アップした動画は、息子に撮影を任せておりましたので、かなり見難いです
のでご了承を。
また、この映像ではホバリングはかなり短いですが、もっと長くホバリングする
ことが多々ありました。

2013_09_14_03.jpg

2013_09_14_04.jpg

2013_09_14_05.jpg

2013_09_14_06.jpg
<今回実験に作成した扇風機>

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オニヤンマ

2013年9月6日(金) その2

続きです。
一旦、家に帰って息子を拾って、再度出発。
今日は、昼からはルリボシヤンマに行く予定でしたが
予定を変更して、再度オニヤンマへ。

14時ごろ到着すると、まだ出が悪いが午前中ほど酷くは無い状況。
細い流れを水面ギリギリに縄張りして飛んでいます。
オニヤンマは、すぐに休憩をするので個体数が多くないと
待ちぼうけ状態が続きます。

息子と私で二手に分かれて、飛んで来たら合図し合いながら撮影。
15時ごろ、息子が「産卵!!」と叫ぶのを聞き、慌てて息子の方へ。

間に合うかどうか、すぐにレンズと長靴を取りに行く。
戻るとまだザクザク産卵していました。

小川にゆっくりと下りて、慎重に近づきます。
ここで、しまった!アングルファインダー忘れに気が付く。
もう戻れないので、このまま直感でシャッターを切りました。

息子は上からの撮影だったため、ガマンしきれずジャブン!!
当然、ビックリしたオニは、奥へ飛んで行ってしまいました。

が、10秒もたたないうちに、私の目の前に再び産卵。
なんと、レンズがオニヤンマの顔に当たっても産卵し続ける。
ピントが合っているのか分からず、しかも近くに寄りすぎて
フラッシュ当たらずで、撮影は失敗。

ですので、今回はいつもの解像度よりも半分の800に落とさせて
いただきました。

でも、楽しかった。
フラッシュ爆連&レンズフードにガンガン当たりながらの産卵。

【全ノートリミング】

2013_09_06_05.jpg

2013_09_06_06.jpg

2013_09_06_03.jpg

2013_09_06_04.jpg

2013_09_06_01.jpg

2013_09_06_02.jpg





最後に。
息子が撮ったオニヤンマの産卵と、オオスズメバチ捕食の写真。

2013_09_06_14.jpg

2013_09_06_13.jpg

2013_09_06_11.jpg

2013_09_06_12.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オニヤンマ 他

2013年7月13日(土)

 今日は天候が悪く不発。
朝9時にお約束した蝶鳥蜻蛉さんと、私・息子と共にフィールドへ出かけました。
昼ごろには雨が降り、一旦退散となりました。

その後、天候が少し回復したことから、再度合流。
そのまま黄昏の19時すぎまで粘りましたが、雨もパラパラ降る
天候でダメでした。
本日も我がまま息子とお付き合いくださった蝶鳥蜻蛉さん、ありがとうです。

2103_07_13_01.jpg

2103_07_13_02.jpg

2103_07_13_03.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
48位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム