オニヤンマのヤゴ

2012年11月3日(土)
 
 オニヤンマのヤゴです。
流石の貫禄で大きいです。
息子の友達が欲しいというので、今日採集してきた個体です。

オニヤンマ1
<オニヤンマのヤゴ>
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ガサガサ

2011_02_19(土)

今日は久しぶりに家族3人で出かけた
行ったのは最近ハマッっているガサガサヤゴ採集。


朝、10:00。
やはり、どこに行こうか毎回悩みながら、教えてもらった岐阜の高原へ
ルリボシヤンマのヤゴに行こうかとも考えましたが
片道3時間なので、結局、里山の池を目指しました。

約90分程度で着く予定


目的の周辺で川の横を走りながら里山の近く、○神社に。
到着すると、駐車場には沢山の登山客でいっぱいでした。
2台しか駐車場が空いておらず駐車。

里山への道が分からず、Iphoneで調べる。
神社から西へ300mとあるため、駐車場から神社
まで歩いて戻る。

その道中、道路横には綺麗な川があって、そこで道草ガサガサ
かなり水が綺麗で底砂も、いつもの森より綺麗。

絶対サナエかオニヤゴ、カワトンボのヤゴがわんさか居そうな流れでした。
いざ、網を入れるもトビゲラばかりでヤゴは1匹も入らず。
夏場、登山客や観光客のファミリーの親子連れが水遊びで満員になりそうな
感じで、結構荒らされているのかとも感じました。
s_RIMG0057.jpg

s_RIMG0053.jpg


で、目的の里山は・・。
全く分からず。
しばらく探しましたが見つからないため、駐車場へ戻ることに。
神社前の道を挟んで向かいにある、田んぼ横の川に寄り道。


ここもヤゴが居そうな環境
すぐにはヤゴは入りませんでしたが、しばらくガサっていると
ダビドサナエがポツポツと入りはじめたため、息子も参戦して
ガサガサ。
結局、ダビドサナエが数匹と終齢コシボソが取れたのみ。

そのまま駐車場に戻り、とあるブログで教えてもらった県道
沿いの川へ。

現地到着。
五平餅を購入してはじめて食べました。
あまりおいしいとは・・、
適当に道中でガサれそうな場所を見つけてガサガサ。

長靴履いて、川へ。

サナエが結構取れます。
そこに大きな終齢オニヤゴ。
川の端に、砂地でせき止められた溜まりがある所で取れました。
その場所には小さな魚も大量にいました。
恐らく、このオニヤゴはその小魚を餌にしていたんでしょう。

更に先を(下流)をジャバジャバ歩きながらガサガサするも、
サナエばかりだったので、場所を移動。

車から降りれそうな場所がないかチラチラ見ながら走りましたが、
適当な場所が見つからず。
夏場だとそのままドボンと入ることが出来るので場所も広がりますが、
今は胴長も無く長靴なので、どうしても範囲が限られてしまします。

結局、そのままいつものS市へ。
ハッチョウトンボのヤゴ湿地を目指しました。

途中の沢で、息子がオニヤゴ数匹を採集。
1匹は亜終齢でした。
ハジチョウトンボは見つからず、その場を後にしました。
その帰り、息子の大好きな回転すしへ。

スシローは超絶満員でかっぱ寿司へ。
結構おいしかったかな。

s_RIMG0062.jpg

s_RIMG0064.jpg














テーマ : 水生昆虫
ジャンル : ペット

寒いけどヤゴ

2011年1月11日

今日は、近くの釣具やで、息子用のスウェーダーを買って
森近くの川へ行った。
ここは昨年、黄昏飛行のマルタンヤンマを採った場所です。
川は綺麗で、サナエ系、コシボソが沢山取れた場所でもあります。
(オニヤンマヤゴはほとんど取れない)

現地に着いてビックリ。
なんと工事が進んで高速道路のような橋がかかっていました。
夏は造りかけのまま放置されているようでした。

今回は、息子だけがスウェーダーを履いてガサガサする予定で、
早々スウェーダーを履いて川へ。
川に入ってすぐに、40cmほどのコイがいました。
こんなの夏にはいなかったのに・・。
もしかして誰かが放流したのか?
コイはヤゴを食べるので、捕獲しておけばよかったと今になって思いました。

息子は、その大きなコイを見て少し怖がってしまい、ほとんどガサガサしないまま
上がってきました。
その後、中流あたりに移動し岸からガサガサし、カワトンボ系の終齢を1匹だけ採集して帰りました。
ここは夏のシーズン終わりごろまでガサガサしていましたが、秋になるにつれ、だんだん採れるヤゴの数が減っていったのを覚えてます。
(ヤゴは亜終齢を数匹持ち帰り、それ以外はリリースしています。)

2011年1月18日

今日、いつもの森の池に行きました。
夏に行って以来となる。
昨日、一昨日の大雪の影響で道は雪道で、池は凍っていました。
左右の小川でガサガサしましたが、空振り。
確かこの辺は、夏にも少しガサガサしたけど居なかったっけ。

某池に到着。
某池は夏場、背の高い草で覆われていて、水辺に近寄れないのですが、今の時期は草木が枯れて水辺に届きます。
一応、割れた氷の隙間から網を入れましたが、何も採れず。

IMG_0106.jpg


2011年2月2日?

今日は、少し遠くT市。
ネットの情報で、小学校の子供たちが、T川の水質調査を行ったさいにオニヤゴが数匹取れているのをみたため。

いざナビにセットしようとするも、小さな川のためか某川が表示されない。
しかたなく、小学校にセットし出発。

川の下流に到着し、その川沿いをしばらく走る。
O渓谷の近くまで来て、確かT川はこの近所だったと・・ナビを見直すが滝川が分からない。
時間が本当に無いので、もたもたしているとすぐに日没になってしまう。
ということで、この川は諦めてこの周辺の川をガサることに。

それらしい川を車で移動しながらガサるが、何も入らない。
なかなか厳しい。
農家の家らしい前に小さな小川があったので、ガサガサ。
何も居ない。

田んぼの横の舗装された道と山の間に、ドブのような水路があったのでガサガサ。
水は、サビのような色で茶色く濁っており、くさい。
何度かガサると、小さなオニヤゴとカワトンボ系のヤゴが採れた。
その後、何度かガサガサ続けたが、何も入らず。

田んぼの横に小川があったので、ガサガサ。
多分、夏は草が高く茂って見えなくなるんでしょうね。
これまた何も入らない。
1匹だけ終齢のサナエが入った。

あたりは日没で薄暗くなってきたので、今日はこれにて終了。
うーん、なかなか思うようにいかないなぁ・・。



2011年2月8日

朝起きると、サナエトンボが羽化していた。
羽化は、水槽の下に敷いてあるシートの折り目の部分につかまって羽化していた。
ということで、サナエ羽化用の環境を作るため、石と砂利を調達も兼ねて、ヤゴ採集に行ってきました。

先週から、どこに行こうかネットでかなり下調べをしていたが、決定的な目的地が定まらないまま、とりあえず、S市の○流川の周辺に行った。
一応、候補の数箇所を「○○市の景観」というページから印刷して行った。

子供が学校から帰るのが15:00、冬場の日没時間が早いことで
採集できる時間があまりない。
子供が帰って5分もしないうちに出発。
現地には16:00ごろ到着。

行ったK川は、遠目にはよさそうな感じ。
途中でミニストップに寄り、子供のお決まりのアイスクリームを買う。
その近くで小さな池がナビに表示されていたので立ち寄る。
しかし、池はフェンスで囲われていたため、車から降りることなく引き返した。

再度、K川沿いを車で流しながら確認。
土手沿いに駐車できるスペースがあったため、川に下りた。
川は、砂がほとんど無くオニヤゴが生息しそうな環境ではなかった。
他のヤゴでも確認できればと少し粘ったが何もいなかった。

次に、渓谷にナビをセット。
意外に距離があって、17:00の到着時間。

それらしい田園風景の場所に到着し、上流を目指す。
途中の路肩に車を止めた。
しかし、川は高い防波堤の下に流れていて、降りる階段が一切無かった。
過去浸水被害があったためか、こういった川が多い。
降りれそうな場所が無いか、川沿いを歩いて周ったが残念ながら一切無かった。
底砂のある場所もいくつかあったので、何らかのヤゴがいそうな川でした。

結局、日没近くになり今日は終了。
やはり、学校が休みの土・日で朝から動きたいですね。



2011年2月9日

今日も、同じ時刻に出かけた。
宿題もせず、学校から帰るとすぐに出発。
以前から確認しておきたい場所があって、森の○池奥を目指した。
ここは森でも有名な場所らしく、ネットでもよく写真がアップされている。
小さな緩やかな流れで、オニヤゴが居そうな場所である。


毎度のお決まりでコンビニへ寄る。
セブンで、肉まん、雪見だいふく、飲み物、など購入。
現地には16:00に到着。
前回着た時は、○池は凍っていて雪道でしたが、今日は雪も氷も溶けていた。
○池16:30分到着。
さて、ここからどう行けばよいのか?
確か、ネット情報では立ち入り禁止看板の先だと書いてあった。


看板周辺を見てもそれらしい道が見当たらない。
とそこで息子がここを渡るんちゃう?と、。
よく見ると、看板左横、池に沿って細い道があった。


細い道を進む。
5分もしないうちに、木が横倒しになって道をふさいでいる。
更にそこに「クマ出没情報」の張り紙が・・。

少し躊躇したが、倒れた木をぐるっと回り込むように道があったので先に進む。

するとすぐに、小川が流れる場所に到着した。
今は冬場なので、緑はなく寂しい状態だが、間違いなくネットで見た場所。

早々、ガサガサを。
意外に何も入らない・・。
入るのは2mmぐらいのトビゲラ?ハサミムシみたいな小さな幼虫ばかり。
しばらくすると、ホトケドジョウと思われるドジョウと小さなオニヤゴ、コシボソが2匹。

その後、ドジョウは何度か網に入るが目的のオニヤゴが入らない。
他のヤゴ含め、小さなオニヤゴすら入らず。
17:00を過ぎ、そろそろ下山しようかとガサガサしながら、戻る方向へ。
息子が網を入れた泥砂を2人で見ていると、何か木の腐ったような泥まみれの物体に気がついた。
何気なくその物体を水で洗うと、なんと大きなオニヤゴ!
5cmぐらいのオスのオニヤゴでした。
これに気を良くした2人は、テンション上昇。
そのまま赤池の方までガサガサしながら進む。

○池周辺へ足を踏み入れると、足がズブズブと沈み、泥まみれのビショビショ状態になってしまった。
冷たいは寒いは泥まみれで、一気に気落ちした。
そのドロまみれのまま山を降りる。
途中の川の流れで足を荒い、車まで戻った。

これは長靴がいる!と帰りにホームセンターへ行き、長靴を購入。
長靴は釣具屋で売っている少し丈の長い、頑丈なタイプ。
息子はズボンまでドロドロだったので、人目が気になりつつ、とりあえずトイレで靴を洗った。
ということで、明日もこの場所に出撃予定としました。

自宅に帰ると、小さな小さなサナエトンボが羽化していました。
そのあまりの小さなサイズに目を疑いましたが、改めて図鑑を見ると確かに合っている。
このサナエはどうやらダビドサナエのようでした。



2011年2月10日

予定通り、今日も昨日と同じ場所へ行った。
息子が帰ってくる15:00まで、ネットでサラサヤンマのヤゴの情報を見ていた。
なかなか見つからないヤゴらしく、湿地や落ち葉のある湿った場所の枯葉の裏側にしがみついているらしい。
昨日行った場所は、湿地では無いが、もしかしたら見つかるかもしれないと思い、落ち葉も確認するようにしたい。

15:00出発。
近くの釣具屋に寄り、短い網を購入。

さて、今日は、昨日の教訓を活かした長靴を装備して挑む。
長靴はかなり快適で、グチョグチョの悪路も快適に歩ける。
長靴なんて何年ぶりだろうか・・。

さて、現地に到着しガサガサ。
息子はテンション高くまたオニヤゴを採集するべく一人で先に先に上流の方面へ進む。
自分はゆっくりガサガサしながら上流へ。

しかし、しばらくガサるも昨日以上に何も入らない。
ふと途切れた瞬間に周辺を見渡す。
誰もいない、鳥の声も聞こえない。緑の無い静まりかえった状況。
あの熊の張り紙を思い出すと、今にもそこから熊が出てきそうな気がした。
息子は先に一人で行ってしまい、少し心配になったので、息子の場所へ急いだ。
息子は一心不乱にガサガサしていたが、何も入っていない様子。



明日から大雪で荒れる天候ということもあり、今日はかなり曇っており雨が降りそうだったので、早めに引き返すことにした。
結局、今日は息子が採集した小さなオニヤゴ1匹のみ。
山を下りアスファルトの道路に出ると風が強く、かなり寒い。

来週は湿地へ行きたいと思います。

テーマ : 水生昆虫
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム