マルタンヤンマ

2016年8月6日(土) その1

 いつものようにお昼12時に、「ぶら下がり」ポイントへマルタンチェック。
気温は33度ほどありましたが、湿度が高く、雷がゴロゴロ鳴り響き、曇り空。

 到着するも、全く何もいません。
ヤブヤンマがようやく飛んできたと思えば、池を一周して森の奥へ。
結局、1時間30分何も見ないまま、ダラダラと過ごしました。

 昼食を食べた後、池の対岸に目をやると、なんとマルタンヤンマの♂の姿が!
かなり低い位置で角度によっては全く目に付かない場所でした。
見落としていたのか、今現れたのか分かりません。

今日は、テレコン2.0×を装着した300mmを持ってきていたので、まずはこれで撮影しました。
【全ノートリミング】
2016_08_06_01.jpg
<マルタンヤンマ♂ 300mm×2.0テレコン 13時54分>

 しかし、かなり見下ろしになってしまうため、急遽、車まで胴長を取りに戻りました。
15分後戻って、恐る々確認すると無事まだ止まっていました。

胴長履いて池にドボン。
ところが、マルタンが見当たらない・・・。
池に入った時に飛ばれたか・・。
池から出て、再度よく見るといた!

で、また池に入って、ようやく撮影。
マクロで撮影後、池から出て広角に持ち替え、また池に。

慎重に近づきますが、残念ながら飛ばれてしまいました。
まだ付近に止まっている可能性があったため、くまなく探しましたが見当たらず。
先月7月5日に撮影したので、丁度1か月になります。
今日、ポイントへ向かう道中で、先月から丁度一か月なので、もしかしたら見れるかも?!などと
妄想していたのが的中した。

ということで、何もトンボが居ない中、何度も移動を考えましたが、ダラダラと時間を潰したのが良かった
ようです。
今年は何回見れるかな?あと1回見れたら御の字。


2016_08_06_02.jpg
<マルタンヤンマ♂ 180mmマクロ>

 マルタンヤンマ♂は暗い場所に止まることから、多くの写真はフラッシュのテカテカ写真が多いため、
光量には気を使って撮影してみました。

2016_08_06_03.jpg
<マルタンヤンマ♂ 180mmマクロ>

2016_08_06_09.jpg
<マルタンヤンマ♂ 180mmマクロ>


スポンサーサイト

マルタンヤンマ産卵

2016年7月17日(日)

 午前中は、先日の事故の関係でディーラーへ行き、
夕方から、トンボ界の重鎮、Sさんとマルタンヤンマの産卵撮影。

 現地には、15時に到着し、
16時40分のマルタンヤンマ産卵登場までの間、Sさんとお話ししながらマル待ち。
40年以上もトンボの観察と撮影を続けてきたSさんは、自費出版の写真集や、
当時のトンボ話も含め、非常に興味深いお話をして下さいました。
また、当時の自然豊かだった時代を羨ましくも思いました。

 フィルム時代における、多大なコストと時間をかけて撮影し続けてきたことを想像すると、
その熱意には感服するばかりです。しかも、カメラの性能も40年前と今では雲泥の差の時代です。
フィルム交換の間に目の前の貴重な瞬間を撮り逃したりなどもあったことでしょう。
一方で、仕事とフィールドへ行く時間をやり繰りする苦悩は、僕と同じでした(笑)

 さて、マルタンヤンマの産卵は、今日は16時40分に1頭のみでした。
この個体は非常に付き合いが良く、あまり近寄っても逃げることがありませんでした。
ただ、枝被りの無い、真横からのショットは撮れませんでしたが・・・。

2016_07_17_01.jpg

2016_07_17_02.jpg

2016_07_17_03.jpg

2016_07_17_04.jpg

2016_07_17_05.jpg

 ということで、Sさん今日はありがとうございました。
また次回お会いできればと思います。

2016_07_17_06.jpg

 最後に、息子撮影の動画です。
手振れ補正がOFFになっていたので、ブルブルですが・・。









マルタンヤンマ産卵

2016年7月14日(木) その1

 今日は、お昼からヤンマのぶら下がりチェック。
12時すぎ到着すると、ネアカヨシヤンマ発見。
ちょっと遠いので300mmでギリギリ。

2016_07_14_01.jpg

 その後、場所を移動してヤブヤンマのぶら下がり。
ご一緒した蝶鳥蜻蛉さんが見つけてくれました。

2016_07_14_02.jpg

2016_07_14_03.jpg

 その後は、マルタンヤンマの産卵待ち。
16時30分になると、1頭のメスが産卵にやってきました。

2016_07_14_04.jpg

しばらく間をおいて、17時すぎ、後続の3頭が産卵に。
やはり、ごちゃごちゃした草地に潜り込むため、思うように撮影ができません。

2016_07_14_06.jpg

2016_07_14_07.jpg
<トリミングしてないけど、ザラザラ>

2016_07_14_05.jpg

 そして、この後はコシボソヤンマの未熟個体乱舞の撮影。
2012年7月17日に撮影した時よりも数は少なかったですが、結構飛んでくれました。
動画も撮影しましたが、トンボを知る方には分かる程度の映像で、
他の撮影者の方も映っているので今回はアップは無しです。



マルタンヤンマ

2016年7月5日(火)

 今日は、あちこち結構行きましたが、気温が高いためか、どこのフィールドも閑散状態でした。
午前中10時に、ウチワヤンマの産卵狙いで行きましたが、産卵用の植物が一切無く、残念ながら
産卵は見られず。
2年前はびっしり植物が茂っていて産卵もバンバン来ていましたが、昨年からなぜか全く無くなってしまいました。

2016_07_05_09.jpg
<ウチワヤンマ♂>

 次に、キイロヤマトンボの支流へ向かいます。
その道中で、突然思い立ったヤブヤンマの池に寄り道。
今季まだ撮っていない、ヤブヤンマのぶら下がりを撮っておこうと思い寄りました。

池に着くと、残念ながらヤブヤンマは見られず。
とりあえず昼食を食べて待つかと、腰を下ろした所、トンボの小さな羽音が聞こえるので見てみると、
なんとマルタン♂でした。
まだ体の色が薄い若いオス。
今年第1回目のぶら下がりヤンマ訪問で、いきなりマルタン♂。
ヤブもネアカもまだ見ぬままマルタン♂が来るとは思いもしませんでした。


しかし、真横からの撮影がどこのポジションを取っても枝被りで、どうしても撮れなかった。
マルタン♂は、1度飛んで場所を移動し、池の奥の少し高い場所に静止。
距離があって、全く動く気配が無かったため、わずか30分ほどでその場を後にしました。
過去全く同じ日・同じ曜日の、2011年7月5日(火)に、同じく若い個体を見た(この日は採集)のを思い出します。

【証拠写真含めアップ】
2016_07_05_10.jpg
<マルタンヤンマ♂ 超トリミング><12時13分 気温34度>

2016_07_05_02.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_03.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_04.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2016_07_05_05.jpg
<マルタンヤンマ♂>

 次にキイロヤマトンボの支流へ行きましたが、気温が高く全くトンボはいませんでした。
このまま夕方まで待てば飛んでくれるのでしょうが、待ちきれず移動。
次に、昨年何度も撮影したマルタンの産卵ポイントへ。
マルタン産卵ポイントは昨年に比べ、かなりガマが茂っていました。

2016_07_05_06.jpg

 17時30分まで待ちましたが、産卵は現れず。
少し時期が早いのか・・・。
ここは冬場、水が無くなる懸念がありますが、無事いくつかの羽化殻が見られました。

2016_07_05_07.jpg
<マルタンヤンマ♀羽化殻>

2016_07_05_08.jpg

テーマ : 小さな生き物達の世界
ジャンル : 写真

マルタンヤンマ♀他

2015年8月2日(日) その2

続きです。
 11時に、マルタンヤンマのメスが飛来。
前回も同じ時間・同じ場所に静止するのを見ています。
マルタンヤンマはオス・メス共に、同じ場所で休憩する傾向が強いようです。

その後、ネアカヨシヤンマも。
ネアカは、ヤブやマルタンのように、長くは止まっていませんでした。
また、コシボソヤンマも見られました。

【すべてトリミング無し】
2015_08_02_10.jpg

2015_08_02_11.jpg

2015_08_02_12.jpg

2015_08_02_13.jpg

2015_08_02_14.jpg

またまたマルタンヤンマの産卵

2015年7月21日(火)

 今日もマルタン産卵。
2015_07_21_01.jpg

連日、夕刻のマルタンヤンマの産卵を見に行っていますが、
今日は、産卵終了まで付き合いました。

産卵時間は、17時~18時45分。

【全ノートリミング】

2015_07_21_02.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_21_09.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_21_03.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_21_04.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_21_05.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

 18時30分になると、上空には黄昏のマルタン♀も飛び始めました。
産卵は、18時45分を最後に、水浴びをする個体も見られ、そのまま黄昏飛翔に
転じる個体もいました。

2015_07_21_06.jpg
<マルタンヤンマ産卵><Sさんの写真集オオルリボシヤンマ♀のように・・>

2015_07_21_07.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_21_08.jpg
<マルタンヤンマ産卵>



 このマルタン産卵ポイントは休耕田のため、来シーズンまでの間に、恐らく水が枯れてしまいます。
今は雨で、一時的に水がある状態。
ここで産卵しても来年は羽化できないと考えられます。
そんな環境の中、今日羽化殻を発見。
昨年産卵し、無事今年羽化した個体。

今日の産卵が、来年までなんとか命を繋げてほしいと願います。

2015_07_21_10.jpg

マルタンヤンマの産卵

2015年7月19日(日) その2


 続いて、またマルタンヤンマの産卵へ。
モシャモシャの中での産卵で写真としては、良いのが撮れませんが、
産卵しているマルタンに、そっと近づくのが非常に楽しいのです。

今日は、16時30分ごろから18時すぎまで。

【全ノートリミング】
2015_07_20_07.jpg

2015_07_20_08.jpg

2015_07_20_09.jpg

2015_07_20_10.jpg

2015_07_20_11.jpg

2015_07_20_12.jpg

またマルタンヤンマの産卵へ

2015年7月16日(木)

 梅雨前線と台風の影響で、天候は荒れ模様。
14時ごろまで雨が断続的に降っていましたが、14時30分に落ち着き、
少し晴れ間が見えるようになりました。

見れるかどうか分かりませんが、マルタンヤンマの産卵を見に行きました。
ポイントには15時30分ごろ到着。
雨は降っていませんでしたが台風の影響で、風が強いため、マルタンは出てくれるのか。

2015_07_16_00.jpg
<マルタンヤンマの産卵ポイント>

15時50分に一頭のマルタン♀が産卵に入りました。
遠くの場所に潜り込んだので、場所が分からず飛ばせてしまう。
この個体は、一気に風に流されて戻ってきませんでした。

【全ノートリミング】
2015_07_16_01.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_16_02.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

 その後しばらく産卵には来ず、16時20分にようやく産卵に。
今日は、昨日ほど数は多くありませんでしたが、16時~17時までの1時間で約5個体の産卵を
見ることができました。

この場所での撮影は、私にはこの程度が限界。
バックが綺麗に抜けた、ガマに産卵したシーンを真横から撮影してみたいものです。

2015_07_16_03.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_16_04.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_16_05.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

 一眼レフの動画では、手振れが酷いので今日はビデオカメラで。
最近のYouTubeは全画面でも綺麗です。



マルタンヤンマの産卵

2015年7月15日(水) その3

 14時すぎ雲行きが悪くなってきたため、荷物をまとめました。
14時30分には、かなり強い雨が降り出しました。

2015_07_15_10.jpg

 コシボソヤンマの渓流の駐車場で休憩しながら、雨が止むのを待ちます。
しかし、一向に止まないため、今日は退散。
自宅へ車を走らせます。

途中で、急に雨が止んだので、
急遽、先日見た休耕田のマルタンヤンマ産卵ポイントを思いだし、そこに急行。

ポイントには、16時着。
休耕田は湿原状になっており、カンガレイ、ヒメガマや葦が茂っています。
その中を、ガサガサと歩いていると、バサバサ!とマルタンヤンマの♀が飛び出しました。
お!いた!

2015_07_15_04.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_15_05.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_15_06.jpg
<マルタンヤンマ産卵>




【手持ちなので、ブレブレです】



 マルタン♀は、述べ8頭ぐらいでしょうか。
思いのほか多く産卵していて、湿原を歩くとバサバサと飛出します。
やはり、草ボウボウの中での産卵ですので、近づくのが難しく、
少しの物音でも飛び出してしまいます。

2015_07_15_07.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

 産卵に潜ってから、5分ほど待って、ゆっくり近づいてなんとか撮れた写真です。

2015_07_15_08.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

2015_07_15_09.jpg
<マルタンヤンマ産卵>

黄昏のマルタンヤンマ♂

2015年7月10日(金)


 本日、仕事帰りに黄昏飛翔を見に行きました。
蝶鳥蜻蛉さんも、仕事帰りに来られ、一緒に撮影。
飛んだ時間は、18時45分~19時10分。

運よく、マルタンヤンマの♂に出会えました。
マルタン♂が飛んだ時間は、写真のタイムスタンプから、
19時01分~19時12分でした。

今日はD800を使用。
画像ザラザラですが、なんとかマルタン♂を見ることができました。

2015_07_10_01.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2015_07_10_02.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2015_07_10_03.jpg
<マルタンヤンマ♂>

2015_07_10_04.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂>

2015_07_10_05.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂>

2015_07_10_06.jpg
<ネアカヨシヤンマ♂>

2015_07_10_07.jpg
<ヤブヤンマ♂>

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム