ヒメサナエ産卵

2015年7月15日(水) その2

 懲りずにヒメサナエ。
朝、9時30分着。

今日の渓流は気温が低く、半袖では寒いくらいでした。
産卵は、10時~12時30分までで、5度の産卵。
同じ個体が2度産卵に来ることがあるので、産卵個体数としては、
確認できた限りでは、3個体でしょうか。

【全ノートリミング】

2015_07_15_01.jpg
<ヒメサナエ産卵>

2015_07_15_02.jpg
<ヒメサナエ産卵><中央下の石の左横にヤゴが見えます↑>

2015_07_15_03.jpg
<ヒメサナエ産卵>

 今日は105mmのマクロ、ビデオ撮影をメインで撮影しました。
産卵時間が非常に短いため、見つけて近寄って撮影開始までのラグが懸念です。
これまた今日も、打水の瞬間は撮れず。

ビデオは、一眼レフと同時撮影分も含め、そこそこの回数を撮影できました。

スポンサーサイト

ヒメサナエの産卵

2015年7月14日(火)

 今日もヒメサナエ。

今日は、午前中から渓流へ入りました。
現地には9時30分。

9時50分に早々、ヒメサナエの♀が産卵に入ってきました。
しかし、相当敏感で全く近寄れず。
今日はビデオ撮影オンリーで行こうと、ビデオで挑みますが、
わずか2mほど近寄るだけで、ピュンピュンと暴れだし、全く寄れません。

10時30分、10時55分にも産卵に来ますが、状況は同じ。
ここで、一眼レフに変更し、後続の産卵を待ちます。

すると今度は、少し若い個体が11時11分に、産卵に入りました。
この個体は落ち着いており、ようやく撮影できました。
成熟具合によってなのか、個体差によるものなのか分かりません。

ヒメサナエの産卵は、僕が待つポイントにはほとんどオスは見当たりません。
時折、オスが飛来してくる程度。
すぐ近く10m~15mほど下流に行くと、多くのオスが、石の上で静止しメス待ちしています。
恐らく、ここでもメスが産卵にやってくるのでしょうが、これだけのオスが待ち構えていると、
すぐにオスに見つかってしまうでしょう。

2015_07_14_01.jpg
<ヒメサナエ♂>.

2015_07_14_02.jpg
<ヒメサナエ♂>.

2015_07_14_03.jpg
<ヒメサナエ産卵>

2015_07_14_04.jpg
<ヒメサナエ産卵>

2015_07_14_05.jpg
<ダビドサナエ産卵>

 14時30分ごろ、そろそろ帰ろうかと荷物をまとめようと一歩踏み出した瞬間、
オジロサナエが産卵に入りましたが、逃げてしまいました。
15時まで待ちましたが、産卵には来ず。

その後、マルタンヤンマの池に移動。
産卵待ち。
しかし、今日もマルタン現れず。

2015_07_14_06.jpg
<ヤブヤンマ産卵>



ヒメサナエ産卵

2015年6月25日(木)

 朝から快晴で、今日こそはヒメクロサナエの上流まで登れそう。
駐車場に9時30分着で、ポイントには9時45分到着しました。

ポイントには、まだ日がさしていない状況で、日が当たるには、お昼ぐらいまで
かかりそうです。

2015_06_25_99.jpg

 しばらくすると、急に雲行きが悪くなり、あれだけ晴れていたにも関わらず
雨が降りそうな気配。
回復するかと待ちますが、ダメみたい。

2015_06_25_100.jpg

 結局、もとの駐車場の渓流へ戻ることにしました。
ここでも、曇っていて状況は昨日よりも悪い。
お昼、12時すぎ、少しだけ日差しが出た途端、ヒメサナエが産卵に現れました。

その後、13時まで3度の産卵。
同じ個体かもしれませんが、産卵時間は以下となります。
1回目 12時33分。
2回目 12時40分。
3回目 13時00分。

打水の瞬間と、卵塊形成を撮ろうと思い、あれこれ体勢を変えますが
産卵自体が非常に低い位置で行われるため、どうにも無理でした。
おまけにストロボ調光がうまく行かず、写真は全部失敗でした。
ですので、ピン含め、色が全部不自然です。
もう、渓流の中を寝そべって撮るしかないな・・。

あと、クロサナエの産卵も見れました。
1回目 11時。
2回目 14時10分。

2015_06_25_1.jpg

2015_06_25_2.jpg

2015_06_25_3.jpg

2015_06_25_4.jpg

2015_06_25_5.jpg

2015_06_25_6.jpg

2015_06_25_7.jpg

2015_06_25_8.jpg



 14時30分ごろに、「やまねさん」も参戦し、17時まで待ちますが、
産卵は現れず。
色んな話を聞かせて頂き、楽しく時間を過ごせました。

2015_06_25_1001.jpg

2015_06_25_1000.jpg


 その帰り、黄昏を寄ってきました。
まだヤブヤンマ中心でしたが、マルタン、ネアカも飛んでいました。

2015_06_25_9.jpg

2015_06_25_10.jpg

ヒメサナエ産卵

2015年6月24日(水) その3

 ヒメサナエ産卵です。
少し晴れ間が出ると一斉に♂が降りてきますが、メスの産卵は見れそうにない感じ。

アサヒナカワトンボの産卵を見ていると、何かが渓流の上をとんでもない速さで
飛んでいるような?
ヒメサナエの産卵でした。
この時は、カメラを持っていなかったので、間に合わず。
これが、12時35分。

その後、13時52分に再度の産卵。
この時も、少し日差しが出た一瞬の間に出てきました。

2015_06_24_08.jpg
<ヒメサナエ♂> 

2015_06_24_09.jpg
<ヒメサナエ♂>

2015_06_24_10.jpg
<ヒメサナエ産卵 13時52分>

2015_06_24_11.jpg
<ヒメサナエ産卵 13時52分>

2015_06_24_12.jpg
<ヒメサナエ産卵 13時52分>

2015_06_24_13.jpg
<ヒメサナエ産卵 卵形成していましたが、位置が低すぎて撮れませんでした。>



2015_06_24_14.jpg
<ヒメサナエの産卵場所>

続く。

ヒメサナエ

2015年6月13日(土) その2

 クロサナエ、ダビドサナエを待っていると、ヒメサナエの産卵を見ることができました。
息子の右横の岩陰にスッとサナエ?アサヒナ?が入るのが見え、またアサヒナかと思っていましたが、
しばらくしてもその個体が視界に出てくる気配が無かったため、息子にジェスチャーで伝えると
「産卵!」と叫ぶ。

すぐに駆け寄りましたが、飛び立ってしまいました。
小さな石の上の1cm~2cmほどの高さをギリギリでホバリングして
打水産卵した後、石の上にベタッと静止し、静止接水産卵もしていました。

ビデオも同時撮影しましたが、RECボタンを押したつもりが押されていなく撮影されて
いませんでした。
まだ、若い黄色い個体でしたので、今後しばらく楽しめそうです。
その後、オスも1頭静止しているのを撮影。

今日の状況から、ダビドサナエ・クロサナエは終わり、ヒメサナエにシフトしていると
感じます。

2015_06_13_03.jpg
<ヒメサナエ♂>

2015_06_13_04.jpg
<ヒメサナエ♂>

2015_06_13_04_1.jpg
<ヒメサナエ♂>

2015_06_13_05.jpg
<ヒメサナエ♀産卵 静止接水産卵>

2015_06_13_06.jpg
<ヒメサナエ♀産卵 ホバリング>

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム