ダビドサナエ

2015年6月6日(土) その1

 今日も「やまねさん」とクロサナエの捜索。
今日は、息子もご一緒させて頂きました。
当初、キイロサナエを撮ってから、11時30分に合流の予定でおりましたが、
急遽、私の方から無理言って時間を2時間早めて、朝9時30分に待ち合わせ場所に変更させて頂きました。

時間の変更をギリギリの8時に連絡したため、「やまねさん」には大変ご迷惑をおかけしました。
待ち合わせ場所に、9時30分に無事到着し、現地には10時に到着。
天候が悪く、ずっと曇っていて、何より気温が低く、息子の腕時計の温度計は9度でした。

やはり、ポイントは閑散としていて、オスの姿も無く、アサヒナやミヤマカワトンボも見られません。
そんな中、11時ごろにコケの岩場で1頭のダビドサナエの産卵を発見。

皆、カメラを持っていなかったので、全員あわててカメラを取りに行くも、産卵は
終了。
こんなに気温が低い、曇り空の状態でも産卵に来てくれました。

その後、数は非常に少ないものの、述べ10個体のオスがフキのポイントへ
飛来。

2015_06_06_1.jpg

 ダビドサナエの産卵は3個体でした。

2015_06_06_2.jpg

2015_06_06_3.jpg

2015_06_06_3_1.jpg

2015_06_06_4.jpg

2015_06_06_5.jpg

続く。

スポンサーサイト

ダビドサナエ

2015年6月4日(木) その2

 続いて、「やまねさん」と合流して、ヒメクロサナエとクロサナエの捜索。
産卵時間の13時までの到着を考え、現地には12時30分到着。

駐車場に着くと、すでに「やまねさん」がお見えで、遠くで大きく「○」サインのジェスチャー。
まだエンジンがかかったままの私の車に駆け寄り、「早く!」との声。
速攻で降りて、渓流へ行きます。

目当ての一つ、クロサナエかヒメクロサナエのオスがいたとのことで、すでに200枚ほど撮影された
とのこと。
私が渓流に入ると、それまでおとなしく撮影できたサナエは、高い木の上の葉に静止。
またすぐに降りてくるだろうと、待つことにします。

その間に、近くのフキの葉を見ると、なんとここでもムカシトンボの産卵痕が。
新たなムカシトンボの産卵ポイントが見つかり、来年に期待。

2015_06_04_05.jpg
<フキの茎のムカシトンボ産卵痕>

2015_06_04_04.jpg
<環境>

 しばらくすると、ようやくオスがポツポツと降りてきました。
やはり敏感で、近寄りにくい。

2015_06_04_06.jpg

  13時ごろでしょうか。
オスが一気に目立つようになり、フキの葉によく止まるようになりました。
この状況を見るに、恐らくここで産卵が来ると確信しました。
環境から、ヒメクロではないと思っていましたが、クロサナエかダビドサナエでしょうか。
この時点では、クロサナエとして思い込んで撮影していましたが、
家に帰って同定すると、この個体はダビドサナエだとわかりました。

15分もすると、更に数が増え、4頭が連なって運動会のように追いかけっこするような場面も。
ここで、いつメスが入ったのかわかりませんが、目の前でオスに捕まるのを
目撃し、交尾態が目の前を横切りました。

2015_06_04_07.jpg

 更に、またオスがメスを捕まえて、交尾態で飛んでいくのを発見。
その後、しばらくオスの数が減り、ポツポツとしか現れなくなりました。

2015_06_04_08.jpg

 14時すぎ。
もしかして、あの13時のラッシュで終わったのかな?
と話をしていると、ふと「やまねさん」が産卵!
振り返ると、コケの岩の上で産卵。

2015_06_04_09.jpg
<ダビドサナエ産卵>

2015_06_04_10.jpg
<ダビドサナエ産卵>

2015_06_04_11.jpg
<ダビドサナエ産卵>

 産卵は30秒ほどで、オスの連れ去りもあり、十分撮影できませんでした。

2015_06_04_12.jpg

2015_06_04_13.jpg

2015_06_04_14.jpg
<左のコケ岩の上で産卵していました>

2015_06_04_02.jpg
<ミヤマカワトンボ TG-3のアートモードで撮影>

2015_06_04_03.jpg
<ミヤマカワトンボ TG-3のアートモードで撮影>

 ダビドサナエの産卵を見た後、アオサナエのポイントへ移動。
今日は、気温が低く、産卵は撮れませんでした。
唯一、「やまねさん」が陽がある時間帯で1頭の産卵を撮影されていました。

2015_06_04_17.jpg

 ということで、家に帰って同定するまで、クロかダビドかわかりませんでしたが、
家に帰って見てみると、ダビドサナエでした。
クロサナエでなかったのは、少し残念ではありましたが、ダビドの産卵は初めて撮ったので、
十分成果として残りました。
「やまねさん」今日はありがとうございました。

ダビドサナエ

2015年5月2日(土) その1

 本日は、朝早く起きて、ホンサナエ羽化狙いで川へ。
前回、ガサガサしてヤゴも確認できなかったので、ダメもとで・・。
現地には、朝7時着。

9時まで探しましたが、ホンサナエの羽化殻が2個見つかっただけ。
雨続きの増水と流れによって、やはり厳しいですね。

2015_05_02_00.jpg
<ホンサナエ羽化殻>
 
 写真は、途中で見つけたダビドサナエの羽化です。
コンデジ撮影です。
今日は、ダムの水門を大きく開放して放流していたため、周囲は霧状に
なっており、アタッチメントのフィシュアイレンズが、曇って曇ってどうしようもありませんでした。

2015_05_02_01.jpg

2015_05_02_02.jpg

2015_05_02_03.jpg

2015_05_02_17.jpg

2015_05_02_05.jpg

ダビドサナエ

2015年4月22日(水) その3

 ムカシヤンマのヤゴを見た後、帰り道にある川へ寄りました。
ホンサナエの羽化殻が無いか確認のため。

川は雨の増水で、どこも流れが速く良い場所が見つかりません。
テトラポッドのある場所を見てみると、ダビドサナエが裂開中でした。

2015_04_22_05.jpg

2015_04_22_06.jpg

2015_04_22_07.jpg

2015_04_22_08.jpg

2015_04_22_09.jpg

 ダビドサナエの羽化を撮影中に見つけたホンサナエの羽化殻。
テトラポッドの上部で羽化していたようです。
こんな解放感のある場所での羽化シーンを撮影してみたいものです。

2015_04_22_10.jpg

2015_04_22_11.jpg

2015_04_22_12.jpg

ダビドサナエ

2015年4月16日(木) その2
 
 続きます。
オグマサナエの羽化がほぼ終わりかけたころ、ダビドサナエの羽化を発見。
タベかな?と思いましたが、羽化殻を見るとダビドでした。

この個体は、風にあおられる度に、フラフラと落ちそうになり、
撮影中も落ち着きませんでした。

 さて、明日はどうしようか。
ムカシトンボも、まだ早そうだし。
明日もオグマ行くかな。

2105_04_16_03.jpg

2105_04_16_04.jpg

2105_04_16_05.jpg

2105_04_16_06.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム