キイロサナエのヤゴ

2014年2月6日(木)

 前回行ったミヤマホオジロを超解像度撮影しようと思いポイントへ行きました。
ポイントに近づくにつれ、大きな話し声が聞こえてきて、ポイントに到着すると、
ガヤガヤと満員御礼。
全く立ち寄る気になれず、そのままスルーして何も撮影することなく公園を出ました。
天候も曇っていて、解像度を確保するには厳しかったのもありますが(^^;

で、この天気の悪い日は、恒例のヤゴでしょう!
ということで、サラサヤンマの湿地へ。

ポイントに着いて、まずはキイロサナエのヤゴを確認。
一発目の1掬いで3頭も終齢のキロサナエのヤゴが入りました。

比較用にヤマサナエを捕獲しようとしましたが、掬えど々、キイロサナエばかり
入ります。
しばらくガサッてようやく入った1頭のヤマサナエのヤゴを最後に、サラサヤンマの
湿地へ向かいました。

湿地に到着すると・・
ガーン、バッキバキに凍っていました。
確かに、今日は寒い。
湿地を歩くと、バキバキと氷を割る音が聞こえます。

とりあえず、どうしようかと少し思いましたが、凍った湿地を網の柄で割って
探索。
結局、3時間もここで粘りましたがサラサヤンマのヤゴは見つからず。
個体数が非常に多いこの場所ですが、反面、広大な湿地でもあります。
いまの時期ですと、発見は難しいかも知れません。
もう少し暖かくなって、羽化準備に入る頃だと多数見られると思います。

2014_02_06_01.jpg
<キイロサナエのヤゴ>

2014_02_06_02.jpg
<キイロサナエのヤゴ>

2014_02_06_03.jpg
<左がヤマサナエ、右がキイロサナエ。腹部の違いが分かります。>

2014_02_06_04.jpg
<左がヤマサナエ、右がキイロサナエ。腹部の違いが分かります。>

2014_02_06_05.jpg
ヤマサナエは9節が幅が広く、キイロサナエは幅が狭く細い。
側棘は、ヤマサナエは7節-9節までありますが、キイロサナエは、6-9節しかありません。



スポンサーサイト

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム