キイロヤマトンボ

2017年6月21日(火) その3

 グンバイの後は、恒例のキイロヤマトンボ。
今日は、「Oさん」とご一緒しました。

15時に到着し、いきなりキイロヤマトンボの産卵。
その30分後にも、別の場所で、同じくキイロヤマトンボ産卵。
しかし、やはり撮れませんでした。

なので、いつものメス待ちの時間に撮った、オスの飛翔です。
少し飽きてきたので、アングルを真上から撮影してみたけど、うまく撮れない。

【全ノートリミング】

2017_06_20_20.jpg

2017_06_20_21.jpg

2017_06_20_22.jpg

2017_06_20_23.jpg

2017_06_20_24.jpg

2017_06_20_100.jpg

 スロー動画は、編集できないので、適当に飛ばして見て下さい。



スポンサーサイト

キイロヤマトンボ

2017年6月17日(土) その6

 グンバイトンボの撮影をした後、昼食を食べて、キイロヤマトンボへ。
16時前に到着しました。
今日も、「Tさん」がお見えで、一緒に撮影しました。

暑いため、まだトンボの姿はありません。
そこに、未熟キイロヤマトンボのメスが摂食。

【全ノートリミング】
2017_06_17_19.jpg

2017_06_17_20.jpg

 しばらくすると、このメスは姿を消し、また出待ち。
17時前になると、複数のキイロヤマトンボが縄張り飛翔を始め、「Tさん」と撮影大会の開始。
2人して、川淵の草に隠れて広角撮影をしました。
僕はこの撮影が大好きで、いつも楽しみに毎年撮影しています。

2017_06_17_21.jpg

2017_06_17_22.jpg

2017_06_17_23.jpg

2017_06_17_24.jpg



キイロヤマトンボ

2017年6月13日(火) その4

 キイロヤマトンボが飛び始めました。
まだ、完全に縄張り飛翔はしておらず、上空に3頭の摂食飛翔と、水面を少し縄張りしながらの
摂食飛翔が1頭。

いずれも、14時過ぎたぐらいから飛び始め、夕方16時ぐらいまででした。
勿論、ずっと飛んでいることは無く、1時間ほどの休憩を挟んでのことでした。

産卵は、15時に1頭、下流側の川幅の広い場所でやっていました。
それ以降、18時までは見れず。
産卵は、これからの時間帯でしたが、退散しました。
うーむ、結構、フィッシュアイの影響が出てます・・・。


【全ノートリミング】

2017_06_13_11.jpg

2017_06_13_12.jpg

2017_06_13_13.jpg

2017_06_13_14.jpg

 もう少し青空が欲しかった。。。。。

2017_06_13_15.jpg

2017_06_13_16.jpg

2017_06_13_17.jpg


キイロヤマトンボ

2016年6月18日(土) その3

 キイロヤマトンボ。
なんとか1頭飛んでくれました。

2016_06_18_12.jpg
<キイロヤマトンボ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_05.jpg
<キイロヤマトンボ♂ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

 メスの産卵も何度か見ることができました。
14時ぐらいから、4度ほど目撃。
2016_06_18_06.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_07.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_08.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_06_18_09.jpg
<キイロヤマトンボ産卵 OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>


↓打水は撮れませんでした。
2016_06_18_10.jpg
<キイロヤマトンボ産卵>

 
 最近、この野ウサギをよく目にします。
子供も連れていますが、今日は親だけでした。
2016_06_18_11.jpg

キイロヤマトンボ

2016年5月31日(火) その2

 続いて、キイロヤマトンボの飛翔を撮りに行きました。
時刻は13時。

到着した時点では、コヤマトンボもキイロヤマトンボも飛んでいませんでした。
14時ごろになって、キイロヤマトンボが飛び始めました。
上空にも摂食するキイロヤマトンボ。

縄張しながら、摂食するキロヤマトンボを撮影しました。
広角撮影をしましたが、キイロヤマトンボは、コヤマトンボのように、開けた水辺を飛んでくれないことが多いため、
あまり広角撮影をする意味が無い・・。

キイロヤマトンボは、夕方17時ぐらいまでで、途中30分ほどの休憩を挟みながら飛んでくれました。
やはり広角撮影は、被写体の位置もピントも甘く今一つでしたが、十分撮影を堪能できました。


2016_05_31_09.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_10.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_12.jpg
<キイロヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>




 以下、コヤマトンボ。

2016_05_31_11.jpg
<コヤマトンボ OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

2016_05_31_13.jpg
<コヤマトンボ D4+タムロン180mm トリミングなし>

2016_05_31_13_1.jpg
<コヤマトンボ D4+タムロン180mm トリミングあり>

キイロヤマトンボ飛翔撮影風景ビデオ

2015年6月24日(水) その5

 恒例のキイロヤマトンボ。
メールで、飛んでいるトンボの撮影について、質問をお寄せいただくことが多いので
今日は、実際の撮影風景をビデオ同時撮影してみました。

文章ではうまく説明できないので、ビデオに撮ってはどうかと思いましたが、
よく分からない映像になってしまいました・・・すみません。

こんな感じで向かってくるトンボにピントを合わせて撮影しています。
勿論、カメラの性能に助けられている面も多くあります。
トンボの頭から、尾まで映るように、目の前でトンボが真横になるタイミングで、
ピントを合わせてシャッターを切るようにしてます。

写真は、構図も何もない、ただ単にピントが合っているだけの写真です。
撮っている時は楽しいですが、仕上がりは全部同じなので今一つです。
撮影自体が楽しいので、毎年毎回何回も撮影してしまいます。



↓これが、同時に撮影した写真です。
【全トリミングなし】

2015_06_24_18.jpg
<キイロヤマトンボ♂ フラッシュなし>

2015_06_24_17.jpg
<キイロヤマトンボ♂ フラッシュあり>

 また、スローモーションビデオも。
今回は、結構きれいに撮れたかも。



2015_06_24_19.jpg
<黄昏飛翔 ヤブヤンマ♂>

キイロヤマトンボ

2015年6月23日(火) その3

 続きです。
今日は、出が悪く19時まで滞在しましたが、空振り。

唯一、良かったのは、マルタンヤンマの♂が水浴びに来たのを目撃できた
ことでした。
まだ若い♂で、体は全身青い色が出ていましたが、少し薄い色で、水色。
恐らく、上空でヤブヤンマ達が黄昏で摂食していたので、これらに混ざって
いたのでしょう。

 あとは、アオサナエの♂が少し出てました。
終盤ですが、5頭ほど。
産卵は3頭見ましたが、全部♂に連れ去られました。
産卵自体は見れず、捕まって連結して飛び去る状況。


 
 18時30分になると、ヤブヤンマの黄昏が結構多く飛んでいました。
今日は180mmでしたので撮れませんでしたが、黄昏飛翔もシーズン突入です。

2015_06_23_09.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2015_06_23_08.jpg
<ヤブヤンマ♂>

キイロヤマトンボ

2015年6月20日 その3

 コヤマトンボの支流で、キイロヤマトンボを撮影しました。
マクロ180mmレンズが、なぜか曇っていて、3時間ほど曇りが取れませんでした。
ですので、息子のレンズを借りて撮影。
夕方には、レンズの曇りが取れたので、180mmでも撮影できました。
写真は、ピントが今一つな写真でした。

キイロヤマトンボは、結構多く飛んでいて、特に夕方18時を過ぎると
摂食する個体が、一カ所で7頭ほど飛んでいました。
この中には、ヤブヤンマのメスも混じっています。

【トリミング混在】

2015_06_20_101.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

2015_06_20_102.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

2015_06_20_103.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

 17時ごろからは、コヤマトンボの産卵が見られ、18時30分にキイロヤマトンボも産卵に来ました。
アオサナエは、♂が2頭で、メスの産卵は発見できず。


キイロヤマトンボ

2014年6月19日(木) その3

 本流の川を後にして、今度は、いつものキイロヤマトンボの支流へ向かいました。
コヤマトンボ、キイロヤマトンボの♂がパトロール中。

今日は、飛ぶ範囲が広く、撮影には待ち時間があり、効率が悪かったです。
多数のアオサナエのオスが、パトロールするキイロヤマトンボにアタックするため、
飛ぶ軌道がすぐに乱れて撮りにくい。

【トリミング無し混在】
2014_06_19_14.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

2014_06_19_15.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

2014_06_19_16.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

2014_06_19_17.jpg
<キイロヤマトンボ♂>

 2016年12月10日、「Oさん」より、以下の写真について、コヤマトンボ♂×キイロヤマトンボ♀
の異種間連結だとご指摘いただきました。
改めて確認しますと、確かにコヤマとキイロでしたので、訂正させて頂きました。
当時は、異種間連結など思いもしなかったので、見落としておりました。

2014_06_19_18.jpg
<コヤマトンボ♂×キイロヤマトンボ♀連結>

キイロヤマトンボ

2013年6月22日(土) その2

 ハラビロトンボを撮影した後、上空にキイロヤマトンボ、コヤマトンボが
摂食飛翔していました。
息子が採集したキイロヤマトンボです。
キイロヤマトンボを手にしたのは初めて。

蝶鳥蜻蛉さん、オスと言いましたが間違いで、メスでした。

 2013_06_22_4.jpg
<キイロヤマトンボの♀>

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム