ホンサナエ

2018年4月21日(土) その1

 本日は、大きな河川へホンサナエとアオサナエ狙いで行ってきました。
息子のアルバイトが休みだったので、一緒に同行。
過去に見つけたポイントで、ワンドでは無い大きな河川の本流です。
ここでは、ホンサナエとアオサナエの羽化が見られます。

 現地には、8時30分着。
先日の雨の影響が少し残っていて、まだ増水していました。
テトラポッドを見ると、ホンサナエが羽化真っ最中。

【全ノートリミング】
2018_04_21_01.jpg

2018_04_21_03.jpg
<コンデジ撮影>

2018_04_21_04.jpg

 ここのポイントは、歩いて探せる範囲に、同じようなテトラポッドやコンクリートブロックが点在しているのですが、
なぜか、羽化するポイントは毎年いつも同じ場所の数十メートル範囲に集中しています。


2018_04_21_05.jpg

2018_04_21_06.jpg
<コンデジ撮影>

 ホンサナエがあちこちで羽化しており、全部で10頭ほどが羽化していました。
残念ながら、アオサナエの姿はまだありませんでした。
今日以前の羽化殻の数は、5個でしたので出始めのようです。(すべてホンサナエ)

2018_04_21_07.jpg

2018_04_21_08.jpg

 飛び立ちを狙っていると、横の個体が飛び立ち。
無意識にカメラを向けると、ターゲットも飛んで行ってしまい、更に、右奥の個体も飛んで
行ってしまい、撮れたのはこれだけ。。。

2018_04_21_09.jpg

 

次回も天候がよければ、ここに行きたいと思います。


スポンサーサイト

ホンサナエ

2018年4月12日(木) その1

 本日も川へ。
明け方まで雨が降っていました。
家を出た時点でかなり気温が高かったので、もう羽化が始まっている予感。
現地には8時30分着。

 すると案の定、羽化は後半に差し掛かっていました。
カメラを構える前に、飛び立つ個体が多く見られました。

 そこに、大きな岩で羽が伸びたホンサナエ。
そのすぐ横では、定位したばかりのホンサナエのヤゴ。
定位したヤゴは、ビデオをセットして撮影しましたが、
あまり面白いものではなかったので、今回はスルーします。


【全ノートリミング】
 大きな岩で羽化中の撮影は結構難しく、どのポジションで撮影しても、
逆光や、体全体がフレームに入らないなどで、数枚撮影して諦め。↓
2018_04_12_00.jpg

2018_04_12_01.jpg

 早い時間帯に羽化して、雨に降られたのか、このような状態で飛べずにジッとして
いる個体が5頭もいました。↓

2018_04_12_02.jpg

2018_04_12_03.jpg

2018_04_12_04.jpg






ホンサナエ

2018年4月10日(火)

 今日は、良い天気だったので、川へホンサナエとアオサナエ狙いで行ってきました。
現地には8時30分着。

 少し時間が遅いかなと思いながら、探しましたが羽化が見当たらない・・。
先週、4月4日に羽化殻は確認していたので、今日はかなり羽化があると予想してのことでした。

 その後、約1時間探した9時30分にようやく1頭のホンサナエ。

【全ノートリミング】
2018_04_10_01.jpg

2018_04_10_02.jpg

 
 撮影中、ふと見上げると「やまねさん」が来られました。
ここで、「やまねさん」と撮影交代。
「やまねさん」が撮影している間に、他を探しに行きました。


2018_04_10_03.jpg

 他の羽化は見当たらず、元の場所に戻ると、「やまねさん」が上陸したばかりのホンサナエを発見。
岩の上に上陸したヤゴでした。
その後、この個体を2人でじっくり撮影。


2018_04_10_04.jpg

2018_04_10_04_1.jpg

2018_04_10_05.jpg
<やまねさんとホンサナエ>

2018_04_10_06.jpg

 いつものように、飛び立ちを撮影しようと2人でジッと待ちますが、なかなか飛ばない。
結局、足が痺れて体勢を変えた瞬間、フワッと飛んで行ってしまい慌ててシャッター切るも、
撮れたのはフレームギリギリ。
よくあるパターンです。


2018_04_10_07.jpg

 その後、タベサナエの池に寄り道して、未熟個体を撮影して帰りました。 
タベサナエの池では、14時に2頭飛び立ちがありました。
タベサナエは、羽化殻の数が増えていなかったので終わりかな。

2018_04_10_08.jpg
<道のど真ん中で、飛べなくなっていたタベサナエ> 

2018_04_10_09.jpg
<タベサナエ未熟>

 ということで、ホンサナエ撮影、「やまねさん」ありがとうございました。
今日はアオサナエを1頭飛ばしてしまい、撮影ならずでした。
先々週のホンサナエ、アオサナエのヤゴ捜索で確認したヤゴの数からすると、まだまだ羽化個体が少ないので
これからがピークでしょうか。
今週は、水・土・日が雨なので、その合間で再度訪れたい。



ホンサナエ

2017年5月24日(水) その2

 コヤマトンボの羽化撮影中、ホンサナエが何度も産卵に来ていました。
ホンサナエは、後で撮影しようと、一旦、他の川へ移動しました。
しかし、移動したものの、結局、羽化は何も見れず。

お昼すぎに、再度、川に戻って撮影をしていると、
「やまねさん」と「イヨさん」が来られ、3人で撮影。

【全ノートリミング】
2017_05_24_09_1.jpg

2017_05_24_10.jpg

ホンサナエは、そこそこの数の産卵が見られました。
産卵するも、オスにすぐに連れ去られてしまい、メスはほとんど産卵していない様子でした。

唯一、1頭だけオスに見つかることなく、卵塊形成。

2017_05_24_11.jpg

2017_05_24_12.jpg

 


ホンサナエ&アオサナエ

2016年5月31日(火) その3

 キイロヤマトンボ撮影の合間に撮った、アオサナエとホンサナエです。
15時以降~夕方にかけて、ホンサナエの産卵が多く見られました。


2016_05_31_14.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_15.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_16.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_17.jpg
<アオサナエ♂  トリミングなし OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_31_18.jpg
<ホンサナエ卵塊形成 D4+180mm トリミングなし>

2016_05_31_19.jpg
<ホンサナエ卵塊形成 D4+180mm トリミングあり>

2016_05_31_20.jpg
<アオハダトンボ  OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミングなし>

ホンサナエ

2016年4月23日(土) その2

 アオサナエを見つけたすぐ近くで、ホンサナエの上陸ヤゴを発見。
まだ、背中が割れていなかったので、撮影しようと体制を整えていると、裂開してしまいました。
テトラポッドが乱立する中でしたので、すぐにシャッターを切れない状況でした。

2016_04_23_06.jpg

息子は、カメラを下げて、テトラポッドを渡り歩くに厳しいと思ったようで、
羽化する場所までは来れず撮影はしませんでした。

2016_04_23_06_1.jpg

2016_04_23_07.jpg

 この個体も、テトラの中ほどでしたが、先ほどのアオサナエよりは良いポジションでした。

2016_04_23_08.jpg

2016_04_23_09.jpg

2016_04_23_10.jpg

2016_04_23_11.jpg

2016_04_23_11_1.jpg

2016_04_23_12.jpg
<息子撮影 >

 今回は、飛び立ちは撮影失敗。
アオサナエ、ホンサナエ、いずれも体勢を変えている瞬間に飛び立っていきました。
羽化は、まだこれからという印象でしたが、天候によっては1週間以内にラッシュが来ると思います。
今日の撮影は、TG-850とOM-D E-M5 MarkII

ホンサナエ

2016年4月12日(火) その1

 今日は、昨日から急に気温が低くなり、先週から予定していたホンサナエの羽化撮影を
どうしようか悩んでおりました。
気温は、9度・・。

タベサナエなら、ほぼ確実に見れると思われるためボウズを避けて、ホンサナエは後日気温が高い日に
しようかと思案しながら車を走らせました。

で、ダメもとでホンサナエの川へ。
現地に10時すぎ到着。
めちゃ寒い。

前回ヤゴを確認した辺りをウロウロ探索するも、羽化殻すら発見できない・・・・。
やはり不発かと思いながら、しばらく歩くとフワッと羽化したばかりのホンサナエが飛び立ちました。

これはもしかしたら見れるかも!
その後、無事ホンサナエ羽化発見。

2016_04_12_01.jpg

2016_04_12_02.jpg

 気温が低い状況でしたが、どの個体もいつでも飛べる状況であったため、
何頭も飛ばせてしまいました。現地入りが遅かったようです。

2016_04_12_03.jpg

2016_04_12_04.jpg

 昨日かなりの強風でしたが、今日もその影響が残っており、風が強い状況でした。
石の上で羽化したホンサナエは、強風にあおられて羽化を失敗した個体が3頭いました。

2016_04_12_05.jpg

 ということで無事、ホンサナエの羽化を撮影できました。
今度は、テトラポッドで羽化するホンサナエを撮影したいと思います。


ホンサナエ

2016年4月9日(土) その2

 オグマサナエの羽化撮影後、ホンサナエの羽化が始まっていないか、羽化殻探しに行きました。
先週、ガサガサでヤゴの確認をしていた場所です。
すると、1頭のホンサナエの羽化殻発見。
予想通り、やはり羽化していました。

来週、天候と休みのタイミングが合えば、羽化が見れそうです。

2016_04_09_100.jpg

 その後、フタスジサナエの池に移動。
この池は、タベサナエとフタスジサナエが多くいますが、オグマサナエが居るのかどうか
確認が取れていないので、ガサガサを兼ねて調査に行きました。

結果、今回はオグマサナエは入らず、タベとフタスジでした。
やまね」さんが、過去にオグマの成虫を撮影されたとのことですので、数は非常に少ないと思われますが、生息はしている模様。

2016_04_09_101.jpg
<タベサナエの羽化殻・・気持ち悪い

2016_04_09_102.jpg

2016_04_09_103.jpg
<フタスジサナエとタベサナエのヤゴ>

 採集したフタスジサナエとタベサナエのヤゴは、その場でリリースしています。

ホンサナエ

2015年5月26日(火) その2

 続いて、ホンサナエを見に行きました。
現地、15時30分。

オスが結構いて、今まで見きた中では一番多く見られました。
メスの産卵にも遭遇しましたが、写真は撮れず。

メスも、そこそこの数が見られましたが、卵塊形成は見られず。
17時前になると、コヤマトンボ、アオサナエも出てきました。

ホンサナエシーズン真っ最中という感じで、多くのホンサナエに出会えました。
しかし、かなり敏感で、ほとんど近寄ることができず、広角撮影は断念。

2015_05_26_11.jpg

2015_05_26_12.jpg

2015_05_26_13.jpg

2015_05_26_14.jpg

2015_05_26_15.jpg

ホンサナエ

2014年6月1日(日) その4

 アオヤンマのポイントを後にし、2時間走って、ホンサナエの川へ。
ホンサナエのポイントには、15時到着。

3日前には、この時間帯で、多数のホンサナエが見られたのですが、今日は
いませんでした。
周辺をかなり探しましたが、1頭だけ確認。

2014_06_01_11.jpg

2014_06_01_12.jpg

2014_06_01_13.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
76位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム