今日は雨

2017年4月26日(水)

 今日は雨。
昼から雨が上がったら、タベサナエの産卵に行こうと考えていましたが、
止む気配が無く、どこにも行けませんでした。

暇だったので、先日撮った深度合成の写真を見てみました。
やっぱりブレてますね。風かシャッター押す時のブレかな?

それぞれ、1回ずつしか撮らなかったので、
次回、機会があったら、しっかり撮ってみようと思います。

【ノートリミング】
2017_04_25_103.jpg
<ムカシトンボ 深度合成>


2017_04_25_102.jpg
<ムカシトンボ 深度合成>
スポンサーサイト

ムカシトンボ

2017年4月25日(火) その2

 

 フタスジサナエの羽化を見た後、時刻は9時30分。
後続の羽化の気配が無いため、どうしようかと考えました。
川に行こうかと思いましたが、この高い気温ではすでに羽化は終わっていると判断し、
山間部のムカシトンボを見に行きました。

道中の山への入口の電光掲示板の気温表示は21度でした。
数日高い気温が続いたので、羽化のピークが気になる状況です。

10時30分に現地着。
車から降りて歩くこと5分で、飛び立ち前の個体を発見。
しかし、残念ながら、天候がかなり曇ってしまい、陽射しが全くありません。
朝からこの天候だったのか気になる所です。

2017_04_25_07.jpg

 その後、羽化ロードをかなり歩くも羽化した個体は見当たらず、今日はわずか2個体の羽化のみ
でした。

2017_04_25_08.jpg

 てっきり先日の羽化をスタートに、翌日の快晴・高温から羽化ラッシュが始まるものと予想していたのですが。。
本格的な羽化ラッシュは、今週末の29日ぐらいでしょうかね・・・

動画撮りましたが、全く動きが無いので、バックの鳥(ソウシチョウ)の鳴き声が聞こえる程度です。


ムカシトンボ

2017年4月22日(土) その2

 タベサナエを撮影し、昼食を食べてムカシトンボの山へ行きました。
当地では、もうそろそろのハズなんですが、今年は全国的に遅れていることもあったため、
下見の感じで・・。

現地には14時到着。
やはり寒い・・。

カメラをコンデジだけの軽装で行こうと思い、一旦は車から降りましたが、やはり念のため・・
OM-Dだけ首からブラ下げて歩きました。

しばらく歩くと、1頭の羽化発見。



2017_04_22_100.jpg

2017_04_22_101.jpg



数枚だけ撮影して他を探し、山を登りました。
しかし、羽化は見当たらず。
先ほどの羽化個体の飛び立ちでも撮ろうかと戻りましたが、すでに飛び去った後でした。

ということで、ムカシトンボもようやく羽化。
当地では、例年通りの羽化でした。

ムカシトンボ

2016年5月12日(木) その2

 続いて、ムカシトンボです。
現地には、11時すぎに到着。

産卵場所までの山を登る道中で、摂食する2頭のムカシトンボがいたので、少し撮影。
ピン甘ですが、ノートリ広角12mmで運よくオスのバトルを撮ることができました。


※一昨日、ブログのサムネイル画像を大きくできるのを教えて頂いたので、大きくしてみました。


【全ノートリミング】
2016_05_12_10.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_11.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
 
 その後、産卵場所に12時すぎ到着。
オスの訪問は、前回と同じく少なく、15時までで2回だけ。
到着した12時すぎに一度、その次が2時間後の14時でした。。

まだ時期が少し早いのか、今年の個体数が少ないのか・・・・。

メスも2度の産卵でした。

 暗い場所ですので、なんとかフラッシュを使わずに背景も撮れないかと試してみました。
ザラザラですが、雰囲気は撮れたかな?
2016_05_12_04.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


2016_05_12_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


2016_05_12_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_12_09.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>


<iPhone6s>

ムカシトンボ

2016年5月8日(日) その2

 次にムカシトンボの撮影へ移動。
現地には、12時前に到着。

到着して荷物を置く前に、すでにオスが探雌していました。
カメラは間に合わず、次を待つことにします。

その間、オタカラコウを見てみると、もうかなりの産卵痕があり、これ以上産卵する場所が
無い状態でした。
すると、そこにメスが登場。

近寄るのを我慢して、少し放置。
しかし、産卵はすぐにやめてしまいます。
結局、産卵は撮れず。

【全ノートリミング】

2016_05_08_05.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_08_06.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2016_05_08_07.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 その後、1時間ほど待ったころ、同じ個体でしょうか、メスが出てきました。
やはり、先ほどと同じく産卵は長続きしないため、後を追いながら、なんとか1枚撮影。
たった1枚でした。。。

2016_05_08_08.jpg
<OM-D E-M5 MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

 一方、オスはというと、全く出てこず、到着した際に見た1頭のみ。

ムカシトンボ

2016年4月20日(水) その2

 11時30分にフタスジサナエの池を出て、ムカシトンボの羽化を見に行きました。
ポイントには、12時30分着。
標高が少し高いこともあり肌寒く、非常に曇っておりました。

林道の右手と左手を、左右に分かれて「やまねさん」と探しますが、羽化殻すら見当たらない状況。
やはりこの寒さと日射しの無い状況では厳しいかな?と思いながら探しました。

そこで、ようやく1頭の羽化個体を発見。

2016_04_20_13.jpg

 次に、2頭目を「やまねさん」が発見。
この個体は渓流が背景に入る場所で羽化していました。

2016_04_20_14.jpg

2016_04_20_19.jpg
<ムカシトンボ 肛門水排出シーン 暗く解像しませんでした。>

その後、処女飛翔を狙って二人でスタンバイ。
羽が開いてプルプルするも、なかなか飛んでくれず15分ぐらいでしょうか・・かなり待ちました。
そこに太陽が少し出て、日ざしが出たかと思うと、突然飛び立ち。
二人、大慌てでシャッターを切りました。

2016_04_20_16.jpg

2016_04_20_17.jpg

2016_04_20_18.jpg

 ということで今日は、「やまねさん」お付き合い下さり、ありがとうございました。

ムカシトンボ

2016年4月19日(火) その2

 ムカシトンボの羽化を見に行きました。
到着したのは12時ごろ。

探し始めてすぐに一頭の羽化個体。
すでに羽も体色も、しっかりしており、すぐに飛び立ちそうな感じでした。
で、この個体は非常に暗い場所であったため、フラッシュが必要でした。
なので、2枚ほど撮っただけで、他を当たることにしました。(アップ写真はありません)

しかし、他の羽化個体が見当たらない・・。
ある程度見て回って、慌てて先ほどの羽化していた場所まで戻りました。
すでに、羽が開いていて飛ぶ寸前。

2016_04_19_044.jpg


 次に、もう一つ別のポイントへ移動。
ここでも、羽化個体は少なく、わずか1頭のみ。
先ほどの個体と同じく、飛びそうな感じでしたので、処女飛翔を狙って待ちました。

2016_04_19_05.jpg

2016_04_19_06.jpg

 10分ほどでしょうか、羽を広げプルプルし始めました。
その後、しばらくして飛び立ち。

2016_04_19_07.jpg

2016_04_19_09.jpg

 なんとか、処女飛翔の写真をGETすることができました。

ムカシトンボ

2015年5月26日(火) その1

 今日は、ヒメクロサナエ&クロサナエを探して山へ。
もっと早く出かけるつもりでしたが、大幅に寝坊してしまい、
昼になってしまいました。

ムカシトンボが生息する環境で見られるため、いつものポイント
とは別のムカシトンボのポイントへ。

以前にヒメクロの摂食を見た場所です。
しかし、ポイントは閑散としており、何もいません。
昼飯を食べながら待ちますが、何も出ず。

そこから上流へ。
途中で、オタカラコウのある場所を見つけましたが、染み出た水の環境で、
水の流れが無かったため、厳しいかな。
待っていると、なにやら獣の声が聞こえたため、移動。
ここで大丈夫大丈夫などと、余裕見せていると、大変なことになることも
あるので、自然には逆らわず。

2015_05_26_01.jpg

2015_05_26_02.jpg

2015_05_26_03.jpg

 かなり上流まで探すが、オニヤンマが好むような細流が延々続くため、ここで
いつものムカシトンボ産卵ポイントへ移動。

2015_05_26_04.jpg

2015_05_26_05.jpg

  30分ほどで、1頭のムカシトンボのメスが産卵。
ビデオをセットし放置して待ちます。

30分ほど経過した14時前、一頭のヒメクロ♂が登場。
ここでは、石に静止するのを初めてみました。
アサヒナカワトンボが数頭縄張りしていたので、すぐに飛んでいって
しまいました。
写真撮れず・・・。

結局、時間が14時30分となったので、今日はここで退散することに。

2015_05_26_06.jpg

2015_05_26_07.jpg

2015_05_26_08.jpg

2015_05_26_09.jpg

 ムカシトンボはシーズン末期で、メス2、オス2、産卵1でした。

2015_05_26_10.jpg


ムカシトンボ

2015年5月20日(水) その2

 続いて、ムカシトンボ。
今日は、メスの産卵とオスの縄張り飛翔のビデオ撮影、そして、
あわよくばクロサナエ、ヒメクロサナエの産卵も視野に入れて行きました。

引き続き、やまねさんも一緒に同行してくれました。
現地には、12時前に到着し、ポイントには12時30ごろ着。

今年も産卵植物が貧弱で、メスは産卵できる植物を探しながら飛ぶ
感じで、じっくり落ち着いて産卵するシーンを見ていない状況です。

しばらくすると、1頭のオスが現れました。
ホバリング飛翔が見れるか、後をゆっくりついて行きましたが、
残念ながら探雌をして去っていきました。
やはり、オスのホバリングは成熟後しばらくの短い期間に限られると思います。

その後、40分ほどでしょうか、オスもメスも見られなくなる時間が続きます。
その間に産卵植物を二人で確認していくと、どうやら産卵された植物は
茎が折れたり、ダラりとしおれて倒れてしまっているようでした。

産卵されていない植物は、大きくしっかりしていましたが、逆に茎が
紫色になり、茎が固くて産卵できないものがほとんどでした。

そんな中、1頭のメスがピューと飛来。
ほぼ迷うことなく、一直線に、ひとつのオタカラコウに止まり、産卵を開始。
やまねさんと、2人でゆっくり近づき、撮影開始。

2015_05_20_07.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

 今年は、落ち着かないメスばかりだったので、心配をしましたが、
この個体は、全く物怖じせず、一心不乱に産卵をしています。

2015_05_20_08.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

 なんと、オタカラコウの葉っぱの裏ににも産卵。
初めて見ました。

2015_05_20_09.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

 さらに、葉っぱの表面にも産卵。

2015_05_20_10.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

2015_05_20_14.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

2015_05_20_11.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

 最後には、飛ぶ力が無くなり、地面に落ちてしまうほど疲れていました。
5分ほど、この石の上で休んだ後、無事飛び立っていきました。

2015_05_20_12.jpg
<ノートリミング フラッシュ無し>

 その後、やまねさんから、多くのオタカラコウがあるポイントがあるということで、
もしかしたらムカシトンボの産卵痕があるかも?ということで
案内していただきました。

2015_05_20_13.jpg

 到着すると、確かに産卵にほど良い大きさのオタカラコウが沢山。
2人で産卵痕を探しますが、残念ながら見つかりませんでした。

そこに、1頭のサナエ。
まだ羽化して間もない個体でしたが、家に帰って写真を確認すると、
ヒメクロサナエのメス。
今後、産卵が見れるかどうか次回訪問したいと思います。

2015_05_20_15.jpg
<ヒメクロサナエのメス>

2015_05_20_16.jpg
<モリアオガエルの卵>





ムカシトンボ

2015年5月14日(木) その3

 ムカシトンボです。
オスの飛翔撮影が目的です。
13時に現地についたら、曇り。
しかもかなりの曇り空。

山を登ってポイントには、13時30分着。

前回と同じく、渓流の流れの上で縄張り始める個体。
今日は、マクロで撮影しました。

小範囲を飛んでくれますが、
扇形と言いますか、90度にヒョコヒョコと移動するので、結構難しいのですよね。
日差しが全く無かったため、少しでも日が当たればと悔やまれます。

天候が悪かったので、15時には次に移動したため、メスは見ることができていません。

【全ノートリミング】
2015_05_14_10.jpg

2015_05_14_11.jpg

2015_05_14_12.jpg

2015_05_14_13.jpg

2015_05_14_14.jpg

2015_05_14_15.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
43位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム