タベサナエ

2017年5月27日(土) その2

 キイロサナエの川を移動後、午後から各所見て回りましたが、何処も気温が
低いためか、非常にトンボが少ない状況でした。

夕方16時に、いつものタベサナエの池に。
この時間になって、更に冷たい風が強く吹くようになり、産卵は2個体のみでした。



【全ノートリミング】

2017_05_27_07.jpg

2017_05_27_08.jpg

2017_05_27_09.jpg

スポンサーサイト

タベサナエ産卵

2017年5月24日(木) その4

 本日、最後はタベサナエ。
やはり今日も、卵のバラまき撮影。
16時前に到着すると、「Oさん」がすでに待機しておられました。

曇っていたためか、産卵の数は非常に少なかったです。
タベサナエの産卵ピークは過ぎた感がありますが・・・。

で、卵のバラまきシーンは・・・撮れなかった!
「Oさん」はバッチリ撮影。
写真を見せて頂きましたが、卵の形も綺麗に写っていました。流石です。

なので、今日はこの1枚だけ。
二刀流「Oさん」を背景にお気に入りの1枚となりました。

【全ノートリミング】
2017_05_24_14.jpg
<産卵中のタベサナエ♀が、ハッチョウトンボ♂を捕食>





タベサナエ産卵

2017年5月20日(土) その3

 タベサナエの産卵です。
やはり、ここは落ち着きます。
土曜日にも関わらず、夕方の産卵時間帯では人は来ないので、ゆっくり撮影できます。

メスが産卵に来る場所が一望できる、この位置でのんびり座って、産卵を待ちます。
なぜか、今日はメス待ちしている、オスが1頭しかいませんでした。
気温が高すぎたのかな?

↓クロギンを撮影中。
2017_05_20_07.jpg


 タベサナエは、到着した16時ですでに産卵していました。
毎年のことですが、卵をバラまくシーンを狙います。

【下から2枚目のみトリミング】

2017_05_20_08.jpg
<D500>

2017_05_20_09.jpg
<D500>

2017_05_20_10.jpg
<D500>

2017_05_20_11.jpg
<D500>

 なんとか、卵は映っていましたが、卵がピンボケでした。
近寄りすぎると、警戒してホバリングしたまま、なかなか産卵しない(尾っぽを振らない)。

2017_05_20_12.jpg
<D500>

2017_05_20_101.jpg
<D500>

タベサナエ産卵

2017年5月3日(水) その2

 サラサヤンマの羽化撮影後、ムカシヤンマが出ていないか見に行きました。
例年ですと、この時期のお昼からは、クロスジギンヤンマとトラフトンボの飛翔撮影をして
いるのですが、今年はまだ飛んでいません。
昨年と一昨年が暖か過ぎて・・という見方もありますが、明らかに今年は発生が遅いですね。

で、ムカシヤンマですが、結果、殻も無く、まだの模様。
そして、目の前にある池で、ホソミイトトンボの産卵へ切り替えましたが、
曇っているためか、ホソミイトトンボは、1頭も確認できず。

更に、川へ移動。
羽化殻を見るだけですが・・・。
結果、羽化殻は1つも確認できませんでした。
息子が、ついでにガサガサをしてミヤマサナエを確認。

【全ノートリミング】
2017_05_03_99.jpg

 最後に、タベサナエの産卵。
15時から16時30分まで合計3頭の産卵。
昼からずっと曇っており、気温も低いためか、数は非常に少なく、産卵も敏感で
ほとんど寄ることができずに惨敗でした。

2017_05_03_101.jpg

2017_05_03_100.jpg

2017_05_03_102.jpg



タベサナエ産卵、他。

2017年4月25日(火) その3

 ムカシトンボの羽化を撮影後、ホソミイトトンボの産卵を見て、今期初のタベサナエの産卵を
見ることができました。
タベサナエの産卵は、15時30分の1頭のみでした。(16時30分まで確認)

撮影は、どれも失敗ばかり。
ホソミイトトンボは、ピントが合っておらず、タベサナエ産卵はフラッシュ使わなかったので
惨敗でした。



2017_04_25_10.jpg
<ホソミイトトンボ産卵>

2017_04_25_11.jpg
<ホソミイトトンボ産卵>

2017_04_25_100.jpg
<タベサナエ産卵>

またまたタベサナエ 飛翔撮影

2017年4月22日(土) その1


 またタベサナエです。
今日は息子も一緒に同行。
途中から「やまねさん」も参戦して撮影を楽しみました。
フタスジサナエが出ていないか見行ったのが目的でしたが、フタスジはまだでした。

現地には、9時丁度に到着。
池を見ると、まだタベサナエが羽化のために多数上陸していました。
今日は、今まで羽化が多かった日当たりの良い場所では無く、対面の池淵に集中しており、
全部で約25頭の羽化が確認できました。
これまでの観察で確認できた数は、約110頭。

撮影は処女飛翔の飛び立ちを中心に撮影してみました。
今日は午前中、曇り中心の天気で、気温が低かったため、羽化のスピードも遅い状況。

特に書くことも無いので、適当に写真をアップしておきます。

【全ノートリミング】

2017_04_22_01.jpg

2017_04_22_02.jpg

2017_04_22_03.jpg

2017_04_22_04.jpg
↑この2頭は、草が生い茂る中で羽化したため草が干渉して飛べず、草の先端まで登った直後の写真です。

2017_04_22_05.jpg

2017_04_22_06.jpg

2017_04_22_19.jpg

2017_04_22_07.jpg

2017_04_22_08.jpg

2017_04_22_09.jpg

2017_04_22_09_1.jpg

2017_04_22_10.jpg

2017_04_22_11.jpg

2017_04_22_12.jpg

2017_04_22_20.jpg

2017_04_22_14.jpg
<メマトイ>

2017_04_22_15.jpg
<僕とやまねさん 息子撮影>

2017_04_22_16.jpg
<ヒメタイコウチ>

2017_04_22_17.jpg
<シュレーゲルアオガエル 息子撮影>

2017_04_22_18.jpg
<シュレーゲルアオガエル 息子撮影>

またタベサナエ

2017年4月19日(水)

 またタベサナエです。
これまで、羽化飛び立ちと、シュレーゲルの鳴き声を入れた動画がうまく撮れていなかったので、
再度行ってきました。

 オグマサナエと迷いました。
そろそろフタスジが出ても良い時期なので、これも狙ってフタスジの多いポイントへ。

朝かなり曇っていて、気温が低く、晴れる感じではなかったのですが、10時ごろには
陽射しが出てきました。

現地には、10時に到着。
やはり、フタスジは出ておらず、タベサナエもそろそろ羽化が終わる時期ですが、15頭ほど見られました。
これまでの羽化の数は、やまねさんのカウントした数と合わせて約80個体。


【摂食飛翔2枚のみトリミングあり】

2017_04_19_01.jpg
<羽化のために上陸したタベサナエのヤゴ>

 同時に5頭ほどのタベサナエが羽化しておりましたので、まだ裂開していないヤゴを探し、D500の動画撮影を設置。
その間に、他の羽化個体の飛び立ち撮影をしました。

これまで、プロキャプチャーを中心に撮影をしていましたが、どうもうまく撮れませんでしたので、
今回は慣れたいつもの通常の撮影で撮ってみました。

2017_04_19_02.jpg

2017_04_19_03.jpg

2017_04_19_05.jpg

 タベサナエは、11時すぎまで羽化していました。
そして、動画の方はというと・・・。
なんと撮影ボタンが押されておらず、保存されていませんでした・・。
できるだけ足音立てずに静かに撮影したのに・・・・。
次回のフタスジでリベンジします。

2017_04_19_05_5.jpg

2017_04_19_05_6.jpg

2017_04_19_06.jpg

2017_04_19_07_1.jpg

2017_04_19_08.jpg

 そして、タベサナエの未熟個体が1頭水辺に出てきていました。
まだ縄張りすることは無く、摂食しながら水辺と木々を下りたり上がったり。
↓ピンボケですが、羽虫を食べているシーンを撮ることが出来ました。

2017_04_19_09.jpg

2017_04_19_09_1.jpg

2017_04_19_10.jpg

2017_04_19_11.jpg

 その後、池を後にして、オグマサナエの羽化殻チェック。
今日羽化したであろう殻が8個。
これまでの情報と観察から、多く見積もっても約40ぐらいでしょうか。

タベサナエ

2017年4月18日(火)

 今日は、午後からフタスジサナエ、トラフトンボが羽化していないか見に行ってきました。
現地には14時前に到着。

まずはフタスジサナエの羽化殻探し。
結果、やはりまだでした。
昨年の今日は羽化ラッシュ。
数頭でも羽化していたら、今週中に羽化ラッシュが始まると思い・・・。
今年のフタスジはもう少し先かな。

フタスジの羽化殻を探していると、タベサナエが1頭羽化最中でした。
恐らく、この池でのタベサナエ最後の羽化になるのでしょうか。


2017_04_18_01.jpg

2017_04_18_02.jpg

2017_04_18_03.jpg

2017_04_18_04.jpg

2017_04_18_05.jpg

動画はシュレーゲルの鳴き声を入れて、足音などできるだけ入れずに、静かに撮りたくてカメラを設置しました。
が、風音が強く、葉被りの上、風でタベサナエが後ろ向きになってしまいましたので途中で中断しました。・・残念。



 その後、タベサナエの産卵を待ちます。
今月6日に羽化したので、そろそろかな・・と。
しかし、15時ごろになると風が冷たく、フィールドが日陰になると寒くて断念しました。
待っている間は、産卵していたホソミオツネントンボを撮影。

2017_04_18_07.jpg

 そして。
ムカシヤンマのヤゴを見に寄り道。
穴から顔を出していると良かったのですが、かなり穴の奥で撮影が難しい状況でした。

2017_04_18_09.jpg

 次に、トラフトンボの羽化状況の確認。
結果、この池ではトラフおろか、他のトンボの羽化殻も確認できず、まだでした。
昨日の強い雨で流されているとも思いますが・・。

しかし、OM-Dでの撮影がどうもうまく行かないなぁ・・・。

タベサナエ

2017年4月12日(水)

 前回、4月5日に行ったタベサナエの羽化は、シーズン初で3頭の羽化でした。
翌6日は、よく晴れて気温も高かったものの、羽化は無し。
その後、やまねさんが、同じ池で、第一陣の羽化ラッシュで、約30頭の羽化を確認されています。

 そして今日。
しばらく天候が悪い日が続き、昨日は雨が強く降り、今日は風が強く朝の気温が低い状況でした。
現地には、9時すぎに到着。

すると・・・
なんと、もう約5頭ほどのタベサナエが、羽化真っ最中。

【全ノートリミング】
2017_04_12_01.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




 中にはすでに羽が伸びきっている個体もおりました。
その後、次々と羽化。
今日は、第二陣の羽化ラッシュで、全部で約20頭以上でしょうか。
10時すぎ、やまねさんも来られ、一緒に撮影を楽しみました。
風が強く、気温が若干低かったため、出遅れて羽化する個体あった
ため、現地には12時前まで残り撮影しました。

 2017_04_12_02.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2017_04_12_03.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2017_04_12_04.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2017_04_12_05.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2017_04_12_06.jpg
<OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>

2017_04_12_07_18mm.jpg
<D500+AF-S NIKKOR 18-55mm DX>

2017_04_12_08_18mm.jpg
<D500+AF-S NIKKOR 18-55mm DX>

2017_04_12_09_18mm.jpg
<D500+AF-S NIKKOR 18-55mm DX>

2017_04_12_10_18mm.jpg
<D500+AF-S NIKKOR 18-55mm DX>

2017_04_12_11_105mm.jpg
<D500+AF-S MICRO NIKKOR105mm ED>

2017_04_12_12_105mm.jpg
<D500+AF-S MICRO NIKKOR105mm ED>



 その後、やまねさんの案内で新規の池に案内してもらいました。
途中、昨年も行った山の中にある湿地へ寄り道。
12時30分ごろでしたが、まだタベサナエは羽化していたので撮影。

2017_04_12_13.jpg

2017_04_12_14.jpg
<上陸前のヤゴ タベサナエ>

2017_04_12_15.jpg
<シュンラン(春欄)>

2017_04_12_16.jpg

 ということで、本日のタベサナエ羽化は、今日訪問した2カ所の池では、
昨年の羽化殻調査の数から、ほぼ出切っていると思われます。
一方、毎年行っていた池のタベサナエは、今日の夕方見に行った感じでは羽化殻は一つも無く、
まだ羽化は始まっていないようでした。

タベサナエ

2017年4月5日(水)

 シオヤトンボと迷いましたが、タベサナエ羽化の確認へ。
今年は、珍しく毎年シーズン開幕に行っていた恒例の池では無く、別の池へ行ってみました。

 通勤ラッシュと重なり、現地には10時前に到着しました。
池には入らず、池淵の陸地を慎重に歩きながら探します。

 サナエの羽化ヤゴを探す際には、うっかり水際の植物などに触れてしまって、水面を
波立たせると、上陸したヤゴが警戒して羽化に影響します。
また、羽化最中の個体は波によって転倒し、羽化不全となってしまいます。
なので、池の中に入って探すと、どうしても波が出てしまうので池に入るのは厳禁ですね。
タベ、オグマ、フタスジは、他のサナエに比べてもその点は特にシビアに思います。

 さて、タベサナエですが、昨日から急に暖かくなり良く晴れて20度近く気温が
ありましたので、まずは、昨日羽化した個体がいないか羽化殻を見て回りました。
しかし、昨日羽化した様子は無く、殻は一つも見当たりませんでした。

しばらく探すと1頭の上陸ヤゴを発見。
昨年も同じ4月5日の羽化でした。
早速、撮影開始。

同行した息子が、タイムラプスとスローモーションの撮影にIphone7を設置。

2017_04_05_01.jpg

 僕の方は、そんなに気合い入れての撮影には及ばず、羽が伸びてから数枚の撮影となりました。
結局、コンデジの写真が一番良かったという結果に・・。

2017_04_05_02.jpg

 ショックだったのが、D500。
手持ちのシグマ製フィッシュアイレンズでは、ライブビューでAFが利かないということに気が付いた。
折角のチルト式液晶なのに、全く使い物にならず・・・。
純正レンズのマクロ105mmではAFは問題ありませんでした。

2017_04_05_03.jpg

 今年、この池でのタベサナエ羽化は今日が初めての様子で、今日はわずか3頭でした。
明日から約1週間ずっと曇り雨なので、タイミングとしては良かったと思います。

 その後、シオヤトンボの羽化状況を見に行きましたが、残念ながらまだ羽化していませんでした。
2時間、かなり羽化殻を探しましたので、多分見落としは無いかと・・・。

そして、帰り道。
冒頭で書いた、毎年トンボシーズンスタートでタベサナエの羽化を見に行っている池にも寄ってみました。
すると、こっちでは羽化はまだ始まっておらず、羽化殻は全くありませんでした。
例年通り、こっちに来ていたら今日は空振りでした。
運が良かった!

ということで、今年もトンボシーズン開幕となりました。

↓息子撮影のタイムラプス&スローモーション。


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
399位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム