タベサナエ産卵

2018年5月16日(水) その2

 タベサナエです。
現地には、15時20分頃着。
すると、産卵が立て続けに3頭。

2018_05_17_05_1.jpg

 その後、一瞬も見逃すまいと、目を皿にして18時までの2時間半・・・。
18時までの間に来た産卵は1頭。
もうタベサナエは終わりの気配が。


2018_05_17_06.jpg

2018_05_17_07.jpg

 帰り際、トラフトンボのメスが高速で舞い降り、池スレスレを一直線に飛んで高い木々に消えていくのを
見ました。


スポンサーサイト

タベサナエ

2018年5月15日(火) その3


 タベサナエ。
産卵は、フタスジと合わせて4回でした。
卵の写真を狙っていますが、まだ撮れていません。
すべてピンボケ写真です。


2018_05_15_13.jpg

2018_05_15_14.jpg

2018_05_15_15.jpg

2018_05_15_16.jpg

 夕方17時になると、この曲が流れます。
今日の産卵の終わりを告げるようで焦りますが、好きな防災チャイムです。
哀愁漂います。。。。









タベサナエ産卵

2018年5月11日(金) その3

 いつものパターンで最後はタベサナエ。
観察時間は、15時30分から17時30分。
少し風があるものの、気温も天候も問題なかったのですが、産卵数がかなり
少なかったです。

【全ノートリミング】

2018_05_11_17.jpg

2018_05_11_18.jpg

2018_05_11_19.jpg

2018_05_11_20.jpg

2018_05_11_21.jpg

2018_05_11_22.jpg

2018_05_11_23.jpg

 卵の形が潰れているので、懲りずに通うつもりです。
タベサナエ、フタスジサナエ、オグマサナエの中で、
尾っぽを振った瞬間をフレームに収めるには、タベサナエの方が良いように思います。

 フタスジはホバリング卵形成時間が長いものの、卵を撒く際には、あらぬ方向に移動した瞬間に
尾っぽを振ることが多いように思います。
それぞれの個体の性格でかなり違ってきますが。。。









タベサナエ産卵

2018年4月28日(土) その3

 続きです。
いつものパターンですが、タベサナエの産卵です。
今日は、多数のオス達がメス待ちしていました。

産卵は、15時30分からスタートし、17時までで、延べ12頭ほどの産卵が
見られました。

落ち着いて撮らせてくれたのは、17時に来た最後の1頭のみで、他は縦横無尽に場所を
移動しての産卵で、寄れませんでした。

【全ノートリミング】
2018_04_28_12.jpg

2018_04_28_13.jpg

↓↑露出失敗したので、無理やり色補正してます。。。不自然な色合いになってしまいました。

2018_04_28_14.jpg

2018_04_28_15.jpg

2018_04_28_16.jpg

タベサナエ産卵、トラフトンボ、クロギンも。

2018年4月21日(土) その2

 続きです。
夕方のタベサナエ産卵狙いで移動。
まだまだ時間があったので、各所池を見て回りました。


【クロギンのみトリミング】
2018_04_21_10.jpg
<フタスジサナエ♂ 未熟>

2018_04_21_11.jpg
<ヨツボシトンボ♂ 未熟>

 すでに、トラフトンボとクロスジギンヤンマが飛んでいました。
今日は短いレンズしか持ってきていなかったため、息子が撮影。
トラフトンボはピンボケでしたので、アップできず。
ヨツボシトンボは、かなりの数飛んでいました。

2018_04_21_12.jpg
<クロスジギンヤンマ♂ 息子撮影>


 ようやくタベサナエの産卵が見られました。
今年は、少し羽化が早かったこともあり、例年よりも少し早く見に行っていましたが、
これまで見られませんでした。(オスの姿も無し)

 今日もオスの姿が見られなかったため、また今日もダメかと思っていましたが、
16時にタベサナエの産卵。


2018_04_21_13.jpg

 オスは2頭が時折、池上ギリギリを飛ぶだけで、縄張りは無し。
 

2018_04_21_14.jpg





タベサナエ

2018年4月2日(月) その2

 シオヤトンボの羽化を撮影し、タベサナエの池へ移動。
ポイントは同じなので、移動時間は5分もかかりません。

 すると、、、気温が高いこともあって、タベサナエ達は飛び立つ直前の個体ばかり。
羽化殻もかなり多くあり、羽化ピークの様相でした。

2018_04_02_05.jpg

 ↓まだシデコブシが咲いていたので、背景に撮影してみました。
2018_04_02_06.jpg
<TG-850>

 この池では、ミズゴケの上でも羽化するので、彩が良いです。

2018_04_02_07.jpg

2018_04_02_08.jpg

 飛び立ちの背景にシデコブシを入れて撮影したかったのですが、どれもピンボケの量産で
撮れませんでした。

2018_04_02_09.jpg

2018_04_02_10.jpg

2018_04_02_11.jpg

 羽化数は本当に多く、今週中に出切ってしまうのかと思うほどでした。
到着時間が遅く、どれも飛び立ち寸前で、歩く度に飛ばしてしまいます。

2018_04_02_12.jpg

2018_04_02_13.jpg

2018_04_02_14.jpg

タベサナエ羽化

2018年3月31日(土)

 本日もタベサナエの羽化確認へ。
1昨日は26度の気温で、非常に暑かったですが羽化はありませんでした。
今日は、到着時15度で、少し肌寒い状況でしたが、これでも平年より少し高い気温
とのこと。

 池をぐるりと羽化殻を探すもまだ殻は無し。
29日以降も、まだ羽化はしていないようです。

 すると・・・、11時頃、2頭の上陸ヤゴを確認。
なんとか3月中の羽化を確認できそうな気配です。

【全ノートリミング】
2018_03_31_01.jpg
<1頭目の上陸ヤゴ>

2018_03_31_02.jpg
<2頭目の上陸ヤゴ>

 その後、羽化開始まで長丁場になるのは想定していましたが、なかなか羽化をしない。
何度も場所を移動しての繰り返し。
時間だけが過ぎて行き、気が付けば12時30分。
羽化ピーク時とは違い、非常にデリケートで、こちらを警戒しているかのようにも思われます。
今日はほとんど風はありませんでしたが、少し風が出て、池に波紋が立つだけで動いてしまいます。


2018_03_31_03.jpg

 その後、1頭のヤゴは羽化を諦めて水に戻ってしまいました・・・。
今日は、もう羽化はダメかと諦めムードになった頃、もう1頭のヤゴを見てみると、背中を割っていました!
ようやく羽化を開始したのが、12時50分。

2018_03_31_04.jpg

2018_03_31_05.jpg

2018_03_31_06.jpg

2018_03_31_07.jpg


 ということで、無事羽化を撮影。
その後、別の池に行くと・・・。
なんと、8頭の羽化殻。
羽化殻は、あまり真剣に探さなかったので、探せばもっと見つかったのかも知れません。


2018_03_31_08.jpg

2018_03_31_09.jpg

 帰り道。
一昨日も立ち寄った、自宅から5分ほどの池に寄り道。
ここで、息子がガサガサ。

この池では初めて目にする、マルタンヤンマのヤゴをを数頭確認。
あとは、ミズカマキリもここでは初めて。


2018_03_31_10.jpg

2018_03_31_11.jpg

2018_03_31_12.jpg

2018_03_31_13.jpg

2018_03_31_14.jpg


 最後に、今日撮影したタベサナエの羽化動画です。
編集無しの垂れ流しです。



 次もタベサナエ。明日か月曜に行ってみたいと思います。






タベサナエ

2017年5月27日(土) その2

 キイロサナエの川を移動後、午後から各所見て回りましたが、何処も気温が
低いためか、非常にトンボが少ない状況でした。

夕方16時に、いつものタベサナエの池に。
この時間になって、更に冷たい風が強く吹くようになり、産卵は2個体のみでした。



【全ノートリミング】

2017_05_27_07.jpg

2017_05_27_08.jpg

2017_05_27_09.jpg

タベサナエ産卵

2017年5月24日(木) その4

 本日、最後はタベサナエ。
やはり今日も、卵のバラまき撮影。
16時前に到着すると、「Oさん」がすでに待機しておられました。

曇っていたためか、産卵の数は非常に少なかったです。
タベサナエの産卵ピークは過ぎた感がありますが・・・。

で、卵のバラまきシーンは・・・撮れなかった!
「Oさん」はバッチリ撮影。
写真を見せて頂きましたが、卵の形も綺麗に写っていました。流石です。

なので、今日はこの1枚だけ。
二刀流「Oさん」を背景にお気に入りの1枚となりました。

【全ノートリミング】
2017_05_24_14.jpg
<産卵中のタベサナエ♀が、ハッチョウトンボ♂を捕食>





タベサナエ産卵

2017年5月20日(土) その3

 タベサナエの産卵です。
やはり、ここは落ち着きます。
土曜日にも関わらず、夕方の産卵時間帯では人は来ないので、ゆっくり撮影できます。

メスが産卵に来る場所が一望できる、この位置でのんびり座って、産卵を待ちます。
なぜか、今日はメス待ちしている、オスが1頭しかいませんでした。
気温が高すぎたのかな?

↓クロギンを撮影中。
2017_05_20_07.jpg


 タベサナエは、到着した16時ですでに産卵していました。
毎年のことですが、卵をバラまくシーンを狙います。

【下から2枚目のみトリミング】

2017_05_20_08.jpg
<D500>

2017_05_20_09.jpg
<D500>

2017_05_20_10.jpg
<D500>

2017_05_20_11.jpg
<D500>

 なんとか、卵は映っていましたが、卵がピンボケでした。
近寄りすぎると、警戒してホバリングしたまま、なかなか産卵しない(尾っぽを振らない)。

2017_05_20_12.jpg
<D500>

2017_05_20_101.jpg
<D500>

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
77位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム