ネブトクワガタ

2014年7月6日(日) その1

 天気予報は晴れでしたが、曇り。
晴れていたらヤブヤンマの池に行こうと思いましたが、かなりの曇り空だったため
クワガタ採集へ。

今日は、ネブトクワガタ。
初めてのポイントで、ピンポイントな場所が分からなかったのですが、
樹液の洞の中に、大量にネブトクワガタ。
全部同じ洞の中に積み重なるように20頭以上いました。

その後、ミヤマクワガタのポイントへ移動しましたが、小さな交尾個体が1ペアのみ。

2014_07_06_01.jpg
<樹液の洞に何十匹もいたネブトクワガタ>

2014_07_06_02.jpg
<ネブトクワガタ>

2014_07_06_03.jpg
<ネブトクワガタ♂><TG-3深度合成>

2014_07_06_04.jpg
<ネブトクワガタ♂><TG-3深度合成>

2014_07_06_05.jpg
<ネブトクワガタ♂><TG-3深度合成>
スポンサーサイト

ヘラクレスリッキー

2014年6月29日(日)

2014_06_29_01.jpg

2014_06_29_02.jpg

ミヤマクワガタ&無念のヒラタ

2014年6月28日(土)

 今日は、息子の強いリクエストでクワガタ採集へ。
予報が曇り雨で、朝からやはり曇り。
昨年も全く同じ時期に行っており、同様の天気でした。

まずは、ノコギリクワガタを自宅近くの雑木林でGET。
オオスズメバチが多数樹液を吸っていた真っ只中にいましたが、時期的に近づいても問題
ありませんでした。

次に、ヒラタクワガタの河川敷へ。
昨年、ここで60mmオーバーのヒラタを採っています。

ポイントへ着くと、河川敷のヤナギの木は、綺麗さっぱり流されて
河原だけになっていました。
こんなにも風景が変わるものかと、目を疑いました。
うっそうとヤナギの木が乱立していたものが、一切無くなって、ただの河原
になっていたのです。

次に、ノコギリクワガタのポイントへ。
途中の畑の上で、キイロヤマトンボの未熟♀が摂食飛翔中。
昨年も同じ場所で見ました。



2014_06_28_01.jpg
<キイロヤマトンボ未熟♀>

 続く雑木林にはノコギリ見当たらず、続いてミヤマクワガタのポイントへ。
ミヤマクワガタのポイントへ着くなり、一本の木に、ミヤマクワガタのオス、メスが数頭
群がっていました。

2014_06_28_06.jpg

2014_06_28_07.jpg

2014_06_28_20.jpg

 写真の通り、数頭GET。
そこへ、一人の男性採集者が来られ、GETしたミヤマクワガタを見て、かなり悔しがって
おられました。
その方は、一心不乱に木を蹴り続けます。
30分ほど、ずっとドカッドカッと木を蹴っていました。

私たち親子は、ある木の洞で、ヒラタクワガタを発見。
しかし、近寄るやすぐに奥深く潜りこみ、全く手が出せません。

3時間ほど、別の場所を探索して再度戻ると、少し洞から出てきていたのを
ピンセットで掴みますが、ガチガチに固まって動きません。
サイズは50mm強ぐらいでしょうか。

とりあえず、一旦、ここで諦めて、ヤンマの黄昏を見に行きます。
黄昏が終わったら、再度挑む予定。

その前に、ホームセンターでLEDライトを購入。
ライトを家に忘れてきてしまったため、洞の中が見えないのです。

道が混んでいて、黄昏ポイントには18時30分を過ぎていました。
すでに、ヤンマ達は飛んでいましたが、上空高い。
一応、なんとか写真を撮りましたが・・・。

今季初の黄昏飛翔に親子とも興奮のまま、19時30分終了。

2014_06_28_03.jpg
<ヤブヤンマ♀>

2014_06_28_04.jpg
<ヤブヤンマ♂>

2014_06_28_05.jpg
<マルタンヤンマ♀>

 ヤンマの黄昏を見て、すぐにまた、ヒラタクワガタのポイントへ。
21時頃、ポイントへ到着。
ヒラタは・・。

見ると、体全体が洞の中で確認できるほど出ていましたが、やはり失敗。
かなり立派なヒラタクワガタでしたが、残念無念。
次回、再挑戦したいと思います。

2014_06_28_08.jpg

2014_06_28_09.jpg

オオクワガタ

2014年6月13日(金)

 以前にアップしたオオクワガタの蛹を見てみたら、羽化が近いようだ。

 2014_06_13.jpg
<オオクワガタ蛹♂>

 別の菌糸ビンを掘ってみたら、なんとも小さなオスが蛹になっていた。
さらに、もう1本の菌糸ビンは、すでにメスが成虫で這いずり回っていた。
うーん、なんとも・・適当すぎる飼育で・・。

翌日。。

オオクワガタ

2014年5月28日(水)

 今日、久しぶりに菌糸ボトルを見てみると、オオクワガタのオスが蛹になっていました。

 2014_05_28_01.jpg
<オオクワガタ♂蛹>

標本

2014年2月14日(金)

 今日は、また雪が降って交通が麻痺しました。
どこのブログも、今日は・・また雪で・・と雪のことばかり。

久しぶりに、標本を見てみた。
マルタンヤンマの♂の青い色は、4年経過しましたが大丈夫でした。
トンボは、全く臭くないのでいいですね。

あとは・・。
今年は、ヤゴもヒメタイも、タガメも、ゲンゴロウもやってません。
唯一、ヤゴではムカシヤンマが1頭。
クワガタ・カブトでは、オオクワガタとヘラクレスオオカブトを少し。

2014_02_14_02.jpg
<マルタンヤンマ標本>

2014_02_14_01.jpg
<オオクワガタ幼虫の菌糸ビン>

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ミヤマクワガタ

2013年6月30日(日) その1

 今日は天候もあまり良くないため、朝からクワガタ採集に出かけました。
もっと朝早く出かけて、各所のポイントへ行く予定でしたが
昨日、灯火採集を遅くまでやっていたので、朝8時の出発となりました。

まずは、毎年出かけているノコギリクワガタのポイントへ。
まだ時期が早いのか、出が悪く、数頭しか見かけませんでした。
とりあえず、1つ採集。

次に、ミヤマクワガタへ。
ここは初めてのポイントで、ピンポイントな場所が分かりませんでしたが、
散策すると樹液の出た木があり、すぐに分かりました。
息子が遠い木にいるクワガタらしきシルエットを見て、半信半疑で網で採集すると
ミヤマでした。
私にはどう見てもクワガタには見えませんでしたが・・・。

次にヒラタのポイントへ移動。
ここでは結構歩いて探したのですが、1匹も見当たらず。
お昼になったので、車まで戻って昼食。

続きます。


2013_06_30_02.jpg
<ノコギリクワガタ>

2013_06_30_01.jpg
<ミヤマクワガタ>

2013_06_30_03.jpg
<この時間の流れが好きです>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ヒラタクワガタ

2013年6月25日(火) その1
 
 今日は、アオハダトンボの産卵を見に行ってきました。
その前に時間があったので、クワガタのいる河川敷のヤナギの木を見て周りました。
先日、雨が降ったので増水してヤナギの木も浸水しているのではないかと思いましたが、
全くそんなことは無く、ワンドも水がカラカラ状態でした。
装備して行ったヒップウェイダーが無駄になりました。

しばらく歩くと、ヤナギの木2本が重なった隙間に、シルエット発見。
近くで見てみると、ヒラタクワガタでした。
そのすぐ上にはコクワガタ。
更にその上に、ノコが交尾中。

とりあえず写真を撮って、ピンセットを忘れてきたので、落ちていた枝で掻き出し。
力が強くて中々出てきませんでした。
続けて、コクワとノコをGETして退散。

2103_06_25_05.jpg
<コクワガタ>

2103_06_25_06.jpg
<ヒラタクワガタ>

2103_06_25_07.jpg
<ヒラタクワガタ>

2103_06_25_08.jpg
<ヒラタクワガタ 62mmぐらい>

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

ノコギリクワガタ

2012年7月5日(木)

 朝から曇っていたのでトンボは期待できないので、今年初のクワガタ採集に。
カブトムシには少し時期が早いでしょうか。
朝6:00に起きて行ってきました。
残念ながら、いつもの近場の樹液場にはまだいませんでした。

この時点でまだ時間は7時なので、これからどうしようかと悩みます。
曇って雨さえなければ、オオヤマトンボなんですが・・。

で思い出したトンボ師匠に教えて頂いた昼間のヤブヤンマ。
現地に到着して、小さな暗い池がいくつもあり、なるほど確かにヤブヤンマの環境。
これまた残念なことに曇り空のためか、トンボは上空高く飛ぶオニヤンマしか見れず。

しかし、この場所の雑木林には沢山のノコギリクワガタが沢山いました。
ほとんどがペアで交尾をしていました。
一緒に行った息子は夢中でムシカゴに次々と採集。
10ペアほど採集して後にしました。

2012_07_05_02.jpg

2012_07_05_01.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

トンボ

2011年8月3日(水)

 朝、6時に目が覚め、外を見ると久しぶりに晴れ。
これは行かねばということで、すぐに支度して出かけました。

コースは、
①河川敷でヒラタクワガタ採集。
②某美術館近くの雑木林でノコギリクワガタ採集。
③某大きな池でオオヤマトンボ撮影。
④某森で、オニヤンマ撮影とマルタンヤンマ・ヤブヤンマの黄昏飛行採集。

以上の順で行ってきました。

まず、①の河川敷でヒラタクワガタ採集。
結果からいうと全くダメ。
雨続きの影響か、ヤナギの木がなぎ倒されていました。

次に②某美術館近くの雑木林でノコギリクワガタ採集。
ここは、予想通りすぐに採集できました。
家にも採集個体が沢山いるので、1匹だけ採取して後にしました。

2011_08_03_05.jpg
↑ノコギリクワガタ。

 次。
③某大きな池でオオヤマトンボ撮影。
私の中でのメイン。
早々、池につくとオオヤマトンボ。
でも、昨年に比べかなり数が少ない。
少ないどころか1匹、2匹しかいない。

同じ池で息子と同年代ぐらいの家族連れのファミリーが大きな
網を構えて、周回してくるオオヤマを狙っているようでした。

うちの息子は昨年、山ほどオオヤマを採った為、今年はなぜか
コンデジ片手に写真を撮るようです。

かれこれ2時間ぐらいパシャパシャ撮影しましたが、オオヤマは難しい。
ギンヤンマはそこそこ撮れるのですが・・。

息子も流石に2時間も持たず、網を手にしました。
昆虫用の網ではなく、タガメの餌採集用の水網です。
すぐに、ギンヤンマとオオヤマトンボを採集。

お隣の同年代の小学生の男の子と、お父さんは、残念ながら
捕獲ならず・・。
そのファミリーさんのお父さんが持つ網は、志賀昆虫の3m網でした。
うちも今回、車に置いてきましたが同じ網を常用してます。
本格的な網を持つ家族を見たのは初めてでした。

勝手な想像ですが、そのお父さんは私と同じく、幼少の頃に昆虫採集にハマった
経験がおありなのではないかと思いました。

2011_08_03_06.jpg
↑オオヤマトンボですが・・
ホバリングしないギンヤンマとさほど条件は変わらないと思うのですが、
全く撮れません・・・・・・・・・・・。

2011_08_03_02.jpg
↑ギンヤンマ。
どれも同じような出来具合だったので、そのうちの1枚。
今日は、無風で全くホバリングせず、周囲にコシアキトンボが沢山したので、
縄張り争いで、すぐに高速飛行になるのでダメでした。

2011_08_03_04.jpg
↑チョウトンボ。(ノートリ)

テーマ : 昆虫 虫 むし ムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
32位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム