タベサナエ産卵、トラフトンボ、クロギンも。

2018年4月21日(土) その2

 続きです。
夕方のタベサナエ産卵狙いで移動。
まだまだ時間があったので、各所池を見て回りました。


【クロギンのみトリミング】
2018_04_21_10.jpg
<フタスジサナエ♂ 未熟>

2018_04_21_11.jpg
<ヨツボシトンボ♂ 未熟>

 すでに、トラフトンボとクロスジギンヤンマが飛んでいました。
今日は短いレンズしか持ってきていなかったため、息子が撮影。
トラフトンボはピンボケでしたので、アップできず。
ヨツボシトンボは、かなりの数飛んでいました。

2018_04_21_12.jpg
<クロスジギンヤンマ♂ 息子撮影>


 ようやくタベサナエの産卵が見られました。
今年は、少し羽化が早かったこともあり、例年よりも少し早く見に行っていましたが、
これまで見られませんでした。(オスの姿も無し)

 今日もオスの姿が見られなかったため、また今日もダメかと思っていましたが、
16時にタベサナエの産卵。


2018_04_21_13.jpg

 オスは2頭が時折、池上ギリギリを飛ぶだけで、縄張りは無し。
 

2018_04_21_14.jpg





スポンサーサイト

ホンサナエ

2018年4月21日(土) その1

 本日は、大きな河川へホンサナエとアオサナエ狙いで行ってきました。
息子のアルバイトが休みだったので、一緒に同行。
過去に見つけたポイントで、ワンドでは無い大きな河川の本流です。
ここでは、ホンサナエとアオサナエの羽化が見られます。

 現地には、8時30分着。
先日の雨の影響が少し残っていて、まだ増水していました。
テトラポッドを見ると、ホンサナエが羽化真っ最中。

【全ノートリミング】
2018_04_21_01.jpg

2018_04_21_03.jpg
<コンデジ撮影>

2018_04_21_04.jpg

 ここのポイントは、歩いて探せる範囲に、同じようなテトラポッドやコンクリートブロックが点在しているのですが、
なぜか、羽化するポイントは毎年いつも同じ場所の数十メートル範囲に集中しています。


2018_04_21_05.jpg

2018_04_21_06.jpg
<コンデジ撮影>

 ホンサナエがあちこちで羽化しており、全部で10頭ほどが羽化していました。
残念ながら、アオサナエの姿はまだありませんでした。
今日以前の羽化殻の数は、5個でしたので出始めのようです。(すべてホンサナエ)

2018_04_21_07.jpg

2018_04_21_08.jpg

 飛び立ちを狙っていると、横の個体が飛び立ち。
無意識にカメラを向けると、ターゲットも飛んで行ってしまい、更に、右奥の個体も飛んで
行ってしまい、撮れたのはこれだけ。。。

2018_04_21_09.jpg

 

次回も天候がよければ、ここに行きたいと思います。


ホソミイトトンボ

2018年4月19日(木) その2

 次にムカシトンボへ移動。
先週12日に羽化を確認して1週間ぶりとなります。
しかし、もうすでに遅く、羽化は見られませんでした。
いつもよりかなり上流まで見て回りましたが・・・。
今年は、例年より少ないような気がします。


帰りに、ホソミイトトンボを見て帰りました。

2018_04_19_10.jpg

2018_04_19_11.jpg

 撮影中、ミズカマキリがいたので水中撮影してみました。



2018_04_19_12.jpg
<ムカシヤンマのヤゴ>

フタスジサナエ

2018年4月19日(木) その1

 フタスジサナエです。
今日も気温が高いため、朝少し早く出ました。
しかし、家を出てみるとそれほど高くなかった。

 現地には、7時に着いてしまい、ヤゴ達が動き出すまで約1時間待つハメに・・。
8時ごろからヤゴ達が上陸開始。

【上陸⇒羽化⇒飛び立ちまでの、早送り&スロー】
※一部の映像が上下逆になってしまいました。



【全ノートリミング】

2018_04_19_01.jpg

2018_04_19_02.jpg

2018_04_19_03.jpg

 途中で「monさん」も来られました。
今日は珍しくご夫婦で参戦されました。


2018_04_19_04.jpg

2018_04_19_05.jpg

2018_04_19_06.jpg

2018_04_19_07.jpg

2018_04_19_08.jpg

2018_04_19_09.jpg

2018_04_19_09_1.jpg

サラサヤンマ

2018年4月14日(土)


 今年の春のトンボの羽化は早く、例年のペースで行動していると、アッと言う間に
終わってしまいそうな予感。
過去のデータから推測すると、そろそろサラサヤンマとフタスジサナエが
出てくるころだろうと思っていましたが、明日から雨の予報だったため、明日は諦めていました。

 そんな中、昨晩の出張帰りの新幹線で、「やまねさん」とのメールのやりとりをしている中で、
明日は雨は降らず曇りになっていたので、なんとか羽化は見れるだろうと行く計画にしました。

ということで、「やまねさん」と現地で合流し、サラサヤンマを見に行きました。



2018_04_14_01.jpg

 現地には、8時すぎに到着。
30分探すも羽化殻も無く、読みをハズしたか?と思いながら探していると・・、
1頭の羽化を発見しました。




【全ノートリミング】

2018_04_14_02.jpg
<8時27分>

2018_04_14_03.jpg

2018_04_14_04.jpg

 そのすぐ横でも、別個体が羽化していました。


2018_04_14_05.jpg

2018_04_14_06.jpg

2018_04_14_07.jpg

 更に、「やまねさん」が別個体を発見。

2018_04_14_08.jpg

2018_04_14_08_1.jpg

2018_04_14_09.jpg

 今日は、合計4頭の羽化でした。
飛び立ちまで付き合おうと思っていましたが、曇っていてなかなか飛びそうに
なかったため移動。


2018_04_14_10.jpg


 次に向かったのは、フタスジサナエの池。

フタスジサナエの羽化殻1個確認。↓
2018_04_14_11.jpg
<フタスジサナエの殻>

 羽化している個体は、すべてタベサナエでフタスジは見られず。
今日のタベサナエ羽化は7頭ほどでしょうか。


2018_04_14_12.jpg
<タベサナエ>

2018_04_14_13.jpg
<タベサナエ>

 やはり、サラサヤンマもフタスジサナエも、例年より1週間早く出てきました。
ということは、トラフトンボも羽化しているかな?
早起きが苦手なので、毎年スルーするクロスジギンヤンマ・・、もう出てますよね。
来週後半は、ムカシヤンマですね。
 

ムカシトンボ

2018年4月12日(木) その3

 ホンサナエとアオサナエの羽化が10時すぎに全部終わったため、移動することに。
しかし天候が悪く曇っていましたので、どうしようかと悩んだ結果、ムカシトンボへ。

 現地には、11時30分着。
昼食を食べて、ゆっくり歩き始めました。
標高が高いこともあって、天候は更に悪く曇り。

 すると、車を止めたすぐ近くの先で、羽化発見。
例年、4月20日前後の羽化ですが、約8日ほど早く羽化を確認できました。

【全ノートリミング】
2018_04_12_200.jpg

 数枚撮影して、他の羽化を探しに歩きましたが、どうやらこの1頭だけのようでした。

2018_04_12_201.jpg

2018_04_12_202.jpg

2018_04_12_203.jpg


 飛び立ち撮影ですが、家に帰って見てみると、途中までしか撮影できていない。
今日のアオサナエも同様でした。
飛び立つ前に連射撮影が終わってしまっており、羽が開いた状態の写真ばかり。

 設定を調べてみると、連続撮影リミットが20枚になっていました・・。残念。

2018_04_12_204.jpg




アオサナエ羽化ラッシュ

2018年4月12日(木) その2

 ホンサナエ羽化撮影の合間に他を見て回ると、アオサナエが多数羽化していました。
あちこちでアオサナエが羽化していて、目撃しただけで約15頭以上カウント。

 風無く穏やかでしたが天候が悪く、数十秒間隔で雲が太陽を隠しての繰り返し
でした。

【全ノートリミング】



2018_04_12_110.jpg


2018_04_12_100.jpg

2018_04_12_101.jpg

2018_04_12_102.jpg

 多数の羽化個体は、ほぼ同時にスタートした様子で、時間差はほとんどなく次々と飛び立ち。

2018_04_12_103.jpg

2018_04_12_104.jpg

2018_04_12_105.jpg

 ↓この葦では、7頭が羽化していました。
すぐに4頭が飛び立ってしまったため、残った3頭を撮影。




 先々週のヤゴ調査のエリアでは、まだ羽化殻は1つもありませんでしたので、
まだ楽しめそうです。





ホンサナエ

2018年4月12日(木) その1

 本日も川へ。
明け方まで雨が降っていました。
家を出た時点でかなり気温が高かったので、もう羽化が始まっている予感。
現地には8時30分着。

 すると案の定、羽化は後半に差し掛かっていました。
カメラを構える前に、飛び立つ個体が多く見られました。

 そこに、大きな岩で羽が伸びたホンサナエ。
そのすぐ横では、定位したばかりのホンサナエのヤゴ。
定位したヤゴは、ビデオをセットして撮影しましたが、
あまり面白いものではなかったので、今回はスルーします。


【全ノートリミング】
 大きな岩で羽化中の撮影は結構難しく、どのポジションで撮影しても、
逆光や、体全体がフレームに入らないなどで、数枚撮影して諦め。↓
2018_04_12_00.jpg

2018_04_12_01.jpg

 早い時間帯に羽化して、雨に降られたのか、このような状態で飛べずにジッとして
いる個体が5頭もいました。↓

2018_04_12_02.jpg

2018_04_12_03.jpg

2018_04_12_04.jpg






ホンサナエ

2018年4月10日(火)

 今日は、良い天気だったので、川へホンサナエとアオサナエ狙いで行ってきました。
現地には8時30分着。

 少し時間が遅いかなと思いながら、探しましたが羽化が見当たらない・・。
先週、4月4日に羽化殻は確認していたので、今日はかなり羽化があると予想してのことでした。

 その後、約1時間探した9時30分にようやく1頭のホンサナエ。

【全ノートリミング】
2018_04_10_01.jpg

2018_04_10_02.jpg

 
 撮影中、ふと見上げると「やまねさん」が来られました。
ここで、「やまねさん」と撮影交代。
「やまねさん」が撮影している間に、他を探しに行きました。


2018_04_10_03.jpg

 他の羽化は見当たらず、元の場所に戻ると、「やまねさん」が上陸したばかりのホンサナエを発見。
岩の上に上陸したヤゴでした。
その後、この個体を2人でじっくり撮影。


2018_04_10_04.jpg

2018_04_10_04_1.jpg

2018_04_10_05.jpg
<やまねさんとホンサナエ>

2018_04_10_06.jpg

 いつものように、飛び立ちを撮影しようと2人でジッと待ちますが、なかなか飛ばない。
結局、足が痺れて体勢を変えた瞬間、フワッと飛んで行ってしまい慌ててシャッター切るも、
撮れたのはフレームギリギリ。
よくあるパターンです。


2018_04_10_07.jpg

 その後、タベサナエの池に寄り道して、未熟個体を撮影して帰りました。 
タベサナエの池では、14時に2頭飛び立ちがありました。
タベサナエは、羽化殻の数が増えていなかったので終わりかな。

2018_04_10_08.jpg
<道のど真ん中で、飛べなくなっていたタベサナエ> 

2018_04_10_09.jpg
<タベサナエ未熟>

 ということで、ホンサナエ撮影、「やまねさん」ありがとうございました。
今日はアオサナエを1頭飛ばしてしまい、撮影ならずでした。
先々週のホンサナエ、アオサナエのヤゴ捜索で確認したヤゴの数からすると、まだまだ羽化個体が少ないので
これからがピークでしょうか。
今週は、水・土・日が雨なので、その合間で再度訪れたい。



寒い!

2018年4月7日(土) その1
 
 昨日の夜、久しぶりに雨が降って、気温が急激に下がりました。
今日も、その影響で、朝から曇り。
道中の電光掲示板の気温は、8度!
明日は、更に寒いとのことで、羽化は期待できそうにありません。

 ということで、各所ヤゴ探索、羽化殻確認へと行ってきました。
まずは川へ。

 天候と休みのタイミングが合わず、羽化殻確認ばかりですが、
4月4日に確認に行った際は、ホンサナエの羽化殻は1つでした。
そして今日のホンサナエ殻は、3頭追加されただけで、思ったほど羽化は多くなかったです。

 そこに、アオサナエの羽化殻を1頭確認。
2018_04_07_01.jpg

 晴れ続きで本流から孤立したワンドでしたが、昨日の雨で増水しており、
胴長の腰ギリギリまで水位がありました。
川を見ると穏やかでしたので、あまり雨は降らなかったような印象でしたが、とんでもない。
本流からの冷たい水が流れ込んでいましたので、羽化はしばらく先送りになりそうです。



 本流の水際を見てみると、ホンサナエとアオサナエのヤゴが、頭隠して尻隠さず状態。
これは、昨日の雨で一旦増水した後、今日の朝、水位が低下した際に、取り残されたヤゴです。
羽化で上陸したヤゴではありません。



 次に、池に移動。
タベサナエの池に行ってみましたが、羽化個体は皆無。
この池で昼食を食べて後にしました。

2018_04_07_02.jpg

2018_04_07_03.jpg

2018_04_07_04.jpg

 そして、更に別の池へ移動。
マルタンヤンマの池です。

 昨年、羽化殻も産卵も確認できなかったため、気になって幼虫の確認に行ってきました。
結果、マルタンヤンマのヤゴは1頭も入らず。

 ↓2年前まで多くのマルタンが居た池は、地形が変わっており、
川からの水が入って池は半分無くなっていました。
2018_04_07_06.jpg

 ↓隣接するもう一つの池です。
2018_04_07_07.jpg

 かなりの時間ガサガサ確認しましたが、結果、クロギンが20頭ほど、ヤブヤンマが5頭でした。
池の抽水植物もほとんど無くなっておりました。


2018_04_07_08.jpg

 ということで、このポイントには用が無くなりました・・残念です。

2018_04_07_05.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
69位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム