ルリボシヤンマ

2017年9月19日(火) その2

 ここ最近のトレンド。他のトンボブログを見ると、マダラヤンマばかりですが、
とても行く気力が無いため、ルリボシヤンマ。

午前中、またマダラナニワトンボを空振りしての移動。
約1時間弱走って、14時にポイントへ。

曇っていましたが、ルリボシは飛んでいました。
ここは、トンボをはじめた頃に、よく行っていたポイントです。
当時は、必ず週2回、息子の学校終わりの15時前に出発、90分走って行ってました。

【全ノートリミング】
2017_09_19_01.jpg

↓この木道を挟んで、両端の湿地に飛びます。
2017_09_19_02.jpg

2017_09_19_05.jpg

 ロケーションが広角向きではないため、今日はマクロで撮影しました。
かなり近くでホバリングしてくれる上、足場の良い木道での撮影なので楽です。
ただ、写真は何枚も同じですが・・・苦笑。

2017_09_19_06.jpg

2017_09_19_07.jpg


 当時アキアカネの産卵を撮った田んぼへ寄ってみると、多くのアキアカネ達が、羽を休めて
いました。
2017_09_19_100.jpg

スポンサーサイト

マダラナニワトンボ その3

2017年9月19日(火) その1

 今日は、快晴・・の予報でしたが、少し曇っています。
また、マダラナニワトンボへ。

 現地には、10時に到着。
すでに、お一人が待機中でした。

 二手に分かれて、産卵を待ちました。
10時30分にオスが現れました。
オスは、2頭。
前回9月14日の空振りだった日は、オスが出てきたのが、12時前だったので、
今日は良い感じかと、産卵登場を待ちました。

 ところが・・・。
それ以降、全く気配ありません。
結果、13時までジッと待ちましたが、なんと今日も空振り。
台風明けの昨日が晴れていたと思うので、昨日産卵があったのかも・・・。


 ということで、シャッターは1枚も切らず、今日は♂2の確認で終了。
やはり、今年も厳しいのかもしれません。
まだ、始まったばかりのマダラナニワトンボですが、ついに、ここもカウントダウンは
始まっているように思います・・・。




オオルリボシヤンマ

2017年9月14日(木) その2

 続きです。

 僕がマダラナニワトンボを待っている途中で、お一人の女性の方が、
オオルリボシヤンマの飛翔撮影をはじめられました。
しかも、大きな大砲レンズでの撮影です。
連射の音が聞こえます。

 その連射シャッター音を聞くと、僕もオオルリボシを撮影したくなりましたが、
13時までは、マダラナニワトンボの産卵待ちで、グッと我慢。
「その1」の記事で書いた通り、結局マダラナニワトンボは、♂1、連結産卵1で終了。

 その後、僕も、望遠に切り替え、オオルリボシヤンマ撮影。
今日は、ほとんど風が無かったので、オオルリボシヤンマはホバリングしてくれません。

 なんとか撮影できましたが、ちょっと距離が足りない。
僕は180mmの軽いレンズでしたが、長時間になると、これでも結構腕が疲れてきます。
その女性の方は、もっと長いレンズで約2時間以上も手持ちで、休みなく撮影されておられました。
いやはや参りました。
これを見ると、カメラが重い々と言ってられなくなりました。

【全ノートリミング】
2017_09_14_11.jpg


2017_09_14_04.jpg

2017_09_14_05.jpg

2017_09_14_07_1.jpg

2017_09_14_09.jpg


2017_09_14_10.jpg
<シオカラトンボ>

マダラナニワトンボ その2

2017年9月14日(木) その1

 昨日に続き、マダラナニワトンボ。
今日も天候が良く、期待が高まります。
現地には、10時に到着。

 しかし、11時になっても、マダラナニワトンボは♂すら出てきません。
ようやく、♂が出てきたのが、11時45分。
天候は、昨日よりも良く、ずっと陽射しがある状態なのになぜ??

↓こんなに天気良い。
2017_09_14_12.jpg


2017_09_14_01.jpg

 その♂も、5分もすると姿を消してしまいました。
ずーと、待ち状態。

 産卵が出たのは、わずか1ペア。
しかも、池の奥の雑木林の淵でした。
たまたま遠くを眺めていた所、かろうじて、それらしいのが見えたので
分かっただけで、ここの産卵ポイントからすると、普通目を向けない場所です。

とりあえず、ウェイダー履いて池を半周し、ギリギリ撮影しましたが、
真っ暗の中でしたので、設定変更を忘れて撮影してしまい、トンボが真っ黒。



↓無理やり、画像ソフトで修正しましたが、どうしてもこれが限界。ギリギリ証拠写真です。
2017_09_14_02.jpg


 結局、13時までで、♂1、連結1ペア。
昨日の状況から、今日も同じように見られると思っていたのですが、
全く見当違いで唖然としました。

 昨年、キトンボ産卵でも同じような状況がありましたので、
2日連続の産卵は無理なのかな。。。
ということは、もしかして、昨日見た産卵ペアがすべて?よく分かりません。

 しかし、この池も年々数が減ってきているのは確かです。
池の状態は、一見すると特に変わった様子はない。
例年に比べ、若干、池の水位が低かったように思います。

 記憶しているのは、2年前に、とても大きなミシシッピアカミミガメがいましたが、
駆除された模様で、今年は見ていません。
更に、3年前には、外来の睡蓮が広く繁茂した時があり、これも駆除された。
ウシガエルは変わらずいます。


 休みが限られているので、毎日確認は無理ですが、
見れなかった日はブログアップしていません。
曇りの日もあって正確にその状況は把握できていませんが、その減衰を肌で感じるほどの
状況です。



マダラナニワトンボ その1

2017年9月13日(水) その2

 今日は、快晴でした。
何処に行こうか非常に悩みました。
また同じ、ミヤマアカネ&ルリボシか・・・。

・・マダラナニワトンボ?

マダラナニワトンボは、3年前から急激に数を減らし、昨年は産卵すら撮れない
状況となったマダラナニワトンボ。

そんな状況もある中、オスぐらいは出てくれるだろうと、マダラナニワトンボへと行ってきました。

現地には、10時すぎ到着。
ネキトンボが多数産卵中でした。
しばらくすると、マダラナニワトンボの♂が出てくれました。


【全ノートリミング】

2017_09_13_05.jpg
<マダラナニワトンボ♂ 11時10分>


 その後、メス単独産卵。
産卵は、約15分続きました。

2017_09_13_06.jpg
<マダラナニワトンボ♀ 単独産卵 11時21分>

2017_09_13_07.jpg
<マダラナニワトンボ♀ 単独産卵>

 そして。
連結産卵登場。
先ほどの単独産卵メスは、まだ産卵中。

2017_09_13_08.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵 11時27分>

2017_09_13_09.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>

2017_09_13_16.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>

 その後、後続の連結産卵が2ペア。
産卵も落ち着いており、そこそこ近寄ることができました。

2017_09_13_11.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>

 2ペア同時産卵も見ることができました。
今日は11時30分から12時30分までの間に、6ペアの産卵。(同じペアの可能性も)
久しぶりに、連結産卵が見れました。
とは言っても、4年前に比べると、かなり少ない数です。

2017_09_13_12.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>

2017_09_13_13.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>

 2ペア同時のピントが合いません。
↓は、手前にピントを合わせると、奥のペアがボケすぎて、トンボ?状態でした
ので、後方のペアにピントを合わせたものをアップしました。

2017_09_13_14.jpg
<マダラナニワトンボ 連結産卵>




 今日確認できたのは、♂3、♀1、連結産卵6でした。
このトンボ、このポイントに限っては色々と弊害があり、明日以降は見れないかも?

オオルリボシヤンマ

2017年9月13日(水) 

 そういえば今年、オオルリボシヤンマを撮ってなかった。

2017_09_13_01.jpg

↓ピンボケのオスは、まさかマダラヤンマか?苦笑
2017_09_13_02.jpg

2017_09_13_03.jpg

2017_09_13_04.jpg

ルリボシヤンマ♂飛翔

2017年9月10日(日) その3


 続いて、ルリボシヤンマ。
ポイントには、13時前に到着。
駐車場前の池では、すでに♂が飛んでいました。
そのまま広場へ移動。
カキツバタが咲く湿地池でも♂が縄張りしていました。

一昨日降った雨水が、高原に残ってくれていれば良かったのですが、
またもや、カラッカラ。
昨日も天気良かったし、仕方ないですね。
ということで、また水を汲んで、草原の各所に水を張りました。

【全ノートリミング】

2017_09_10_13_1.jpg

 その後、少し休憩。
すると、14時すぎに、広場に♂が縄張り。
しかし、全くホバリングはせず、ずっと広範囲に飛び回っています。

追いかけ回すような撮影になりましたが、♂はこの場を離れることは無く、
ずっと飛んでいます。

2017_09_10_14.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_15.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

 今度は、カキツバタがある池で撮影。
まだホバリングはしませんが、ここは小さな湿地池なので、飛ぶ場所も限定され、
撮りやすい。

2017_09_10_16.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_17.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

 16時前の、少し日が傾いてきた頃、ホバリングをするようになりました。
レンズが密着するほど、かなり急接近して撮影できました。

 ここまで寄ってしまうと、ストロボもカメラで影になるし、トンボが大きすぎて良くありません。
写真はあまり良くありませんが、それよりも、トンボとの駆け引き、どれだけ近寄れるか
が楽しくなります。

そう、、撮影経験がある方は分かると思いますが、
ホバリングしてくれるけど、あともう一歩!のところで逃げられる。この駆け引きが楽しい。

18時まで飛んでくれて、何枚も撮影しました。

2017_09_10_18.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_19.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_20_1.jpg
<D500+シグマ・フィッシュアイ15mm>

2017_09_10_21.jpg
<OMD>



オニヤンマ♂バトル

2017年9月10日(日) その2

 続きです。 
ミヤマアカネの出が悪かったので、オニヤンマの♂バトルを狙いました。
オニヤンマ♂は、4頭飛んでおり、各所でバトルを繰り広げています。

待っている前で、グルグルやってくれれば撮れますが、効率悪い。
細流もそこそこ長いため、バトルを開始して駆け寄っても間に合わないことが多い。

2017_09_10_06.jpg

2017_09_10_07.jpg

 そこで、縄張り飛翔する♂にスピードを合わせて、早歩き・・いや、小走りで
ついて行くようにしました。
そこに別の♂が向かってきて、バトルになった瞬間を狙って撮影しました。

2017_09_10_08.jpg

2017_09_10_09.jpg

 バトルのシーンにも2パターンあって、片方の♂がやる気無しで、一目散に逃げるパターン
だと、すぐに上空高く飛んで行ってしまい撮影できません。
なので両方の♂が、戦闘意欲満々で、やる気のあるパターンだと、グルグルしてくれます。

2017_09_10_10.jpg

2017_09_10_11.jpg

 石壁に向かって撮影してしまった為、背景に溶け込んでしまいました。

2017_09_10_12.jpg

2017_09_10_13.jpg

2017_09_10_22.jpg

2017_09_10_23.jpg

2017_09_10_24.jpg



ミヤマアカネ

2017年9月10日(日) その1
 
 今日のミヤマアカネは、閑散状態でした。
ポイントには、「やまねさん」と「monさん」がお見えで、オニヤンマを撮影しておられました。

複数ペアの同時産卵を狙って、連日通っていますが、今日は
それどころでは無い状況で、少なかったです。

過去、3ペア同時は撮影できたので、それ以上を狙いたい。
複数ペアが一時集まってはきましたが、敏感で撮影できませんでした。

とは言っても、多産地。
必ず、流れのどこかで産卵は見られます。

【全ノートリミング】
2017_09_10_02.jpg

2017_09_10_03.jpg

2017_09_10_04.jpg

2017_09_10_05.jpg


ルリボシヤンマ

2017年9月8日(金) その2

 続いて、ルリボシヤンマ。
前回、前々回と空振りだったのですが、昨日、雨が降ったため、高原の広場に
水が溜まっていると思い、行ってみました。

到着時刻は、13時。
なーんにも飛んでいません。
ウスバキトンボすら、数えることができるほどの少なさ。

14時30分ごろ、ようやく、ルリボシヤンマのメスが産卵に。
【全ノートリミング】


2017_09_08_14.jpg

 暗い湿地池での産卵です。
またここで産卵か・・・と気乗りしなかったのですが、他に目ぼしいトンボもなかったので
撮影しました。
ここでのルリボシ産卵はよく見られますが、暗いロケーションということもあり、あまり撮影
をしません・・・。

 長靴だったので、深みには行けないため、広角撮影範囲に来てくれるまで、
飛んでは産卵を繰り返しで、なんとか撮影しました。
結局、結構楽しんで30分近く撮影しました。


2017_09_08_15.jpg

2017_09_08_16.jpg

 産卵撮影で腰が痛くなったので、休憩がてら、広場に出てみると、オスが縄張りしていました。
やはり、昨日の雨で溜まった水溜りで縄張り。


2017_09_08_17.jpg

2017_09_08_18_1.jpg

 やはり、太陽が出ている時間帯では、ホバリングはほとんどしません。
更に、この個体は、僕が水溜りに陣取ると、警戒して全く寄って来ない。
その場から離れて、しばらく見ていると、水溜りの上を縄張り。

結局、このルリボシが、水溜りに躊躇なく寄ってきたのは、太陽が山陰に隠れた時間帯、17時前でした。


2017_09_08_19.jpg

2017_09_08_21.jpg


 この高原は広いので、他の場所でも飛んでいる可能性があります。
次回は少し森の中を、歩いてみようかと思っています。


コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
399位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム