ムカシヤンマのヤゴ

2018年2月3日(土)

 息子がヤゴ捜索に行きたいとのことで、久しぶりにフィールドへ。
目当ては、空池のウチワヤンマでしたが、昨年の夏、タイワンウチワヤンマばかりで
ウチワヤンマがほとんど確認できなかったため断念。

 昼食を食べて、行き先はとりあえずムカシヤンマにしました。
今日は気温が少し高かったので、もしかしたら穴から顔を出しているかも
知れません。

現地には、14時到着。
気温は8度でした。(ポイント付近の電光掲示板にて)

 このポイントは、斜面がなだらかで、落ち葉が蓄積してしまい、
ムカシヤンマの生息する穴が落ち葉で隠れてしまいます。
湧水の滴る斜面に積もった枯葉をゆっくりと落としながら探しました。

 まぁ、、、いくら慎重に作業しようとも、
落ち葉を除去する時点で、ムカシヤンマは穴に引っ込んでしまうだろうと
思われます。

 探すこと約5分。
あっけなく発見。
小さなムカシヤンマのヤゴが穴から出てきていました。

2018_02_03_06.jpg

2018_02_03_02.jpg

 かなり小さい。
サイズが分からないので、手に取って撮影してみました。

2018_02_03_03.jpg
<成虫になるには、あと3年はかかるかな?>


 続いて、終齢♂も発見。
LEDライトでムカシヤンマの巣穴を見ている時に、息子が発見したものです。
穴のすぐ横にいました。

2018_02_03_04.jpg

2018_02_03_05.jpg

 今回発見した幼虫は、どちらも穴から完全に這い出た形で見つかりました。
このポイントでは、すぐ近く3m範囲にコケで覆われた湧水が滴る場所もあるのですが、
岩盤で土壌が無いため、その場所では見たことがありません。
 
今日は、カメラ持たず手ぶらで来ましたので、スマホで撮影。
フラッシュが黄色っぽくなってしまいます。
スポンサーサイト

オオタカ

2018年1月4日(木)
 
 更新ネタはありませんでしたが、広告が出たので・・。
昨年12月29日の早朝、突然40度の熱が出て、検査に行くとインフルエンザ。
今も微熱が続き、長引いています。
インフルは20年ぶり。

1月4日、熱が引いて出勤準備の慣らしで野鳥へ。
久しぶりにハイチュウのポイントへ行きました。

しかし、以前より計画されていたメガソーラーの工事のため、
ハイチュウの塒は綺麗さっぱり丸坊主に。
この周辺の葦原もソーラーシステムが設置されており、もうハイチュウは見ることが
できなくなってしまいました。
かろうじて、チュウヒが飛んでいました。


2017_01_14_01.jpg
<草刈されてしまい、測量されたハイチュウの塒>

 海岸は干潮で、話題のツクシガモの姿はありませんでした。
そこに、かなり遠くの対岸の木に猛禽の姿が。
肉眼では何か分からなかったのですが、撮影してみるとオオタカでした。
あんな遠くの豆粒をよくも見つけたと感心。
枝被りの証拠写真。

2017_01_14_02.jpg
<オオタカ>息子撮影。

 この日、お昼前にポイントへ到着した時点から、
また熱が出てきたようで、頭痛も酷く、15時すぎまで耐えて各所回りながら、なんとか帰宅。


キトンボ生き残り調査②

2017年12月15日(金)

 再びキトンボです。
高速道路が、故障車の影響で7kの渋滞に巻き込まれイライラ・・。

 10時30分にポイントに着くと、天候は、雲の無い快晴でした。
気温が昨日よりも低く、到着した時点の気温は4度。(すぐ近くの道路電光掲示板)
更に風が終始あったため、状況は良くありません。

2017_12_15_01.jpg
<昨日の雪はすっかり溶けてました・・・。>

 昨日と同じ時間の11時30分に、やはりメスが姿を見せてくれました。
摂食しながら暖をとっていました。

2017_12_15_02.jpg

2017_12_15_03.jpg

 今日は、このメス1頭のみ。
昨日と同じく10分ほどしか姿を見せず、どこかに消えてしまいます。
その後、13時まで絶えず歩いて探してみましたが、キトンボの姿はありません。
この時点での気温は分かりませんが、かなり寒く、弁当を食べている最中も
寒さが身に染みる状況でした。


 昨年12月21日はそこそこ盛況。
今年は、年明けキトンボを見ることができるのか?


キトンボ生き残り調査①

2017年12月14日(木)

 朝起きて、キトンボのポイント付近のライブカメラを確認すると・・・。
雪が少し積もっていました。
これはチャンス!と仕事を午後に変更し、急遽ポイントへ。


2017_12_14_01.jpg

 天候がそこそこ良かったため、雪が残っているか心配。

2017_12_14_02.jpg

 ポイントへは10時に到着。
すると・・・。
バッチリ雪は残っていました。
ただ、道中の快晴がウソのように、天候が不安定。
晴れたり曇ったりで、一向に気温が上がりません。


2017_12_14_03.jpg
 
 11時。
まだキトンボの姿はありません。
キトンボが、生き残っているのか心配になってきました。

2017_12_14_04.jpg


 11時30分。
晴れたり曇ったりでしたが、雪は湯気を放ちながら、みるみる溶けていきます。
そこに、メスが登場。
メスは、非常に元気でピュンピュンせわしなく飛び回り、ほとんど止まることなく
姿を消してしまいました。
撮影もできず。。

 続いて、オスも出てきました。
オスは、雪の上には全く止まらず、草地ばかりを選んで止まります。
何度か雪の上に止まったかと思えば、着地した瞬間に飛び立つばかりで、
雪の上の撮影ができません。

2017_12_14_05.jpg
 
 なんとか雪の上の写真が撮れたのは、この1枚の証拠写真だけ・・・。
しかも、ほとんど溶けてしまった池淵。
まだ、そこそこ残っている雪上にペタリと止まったくれたら良かったのに!本当に厳しい・・。
雪はそこそこあったのですが、Sさんのように一面雪景色の中のキトンボなどほど遠いです。


2017_12_14_09.jpg

 12時。
雲行きが本格的に怪しくなってきて、晴れる気配がなかったので、12時で撤収。

2017_12_14_10.jpg

 ということで、今日は♂1♀1のみでした。
なんとも寂しい限りです。
到着時の雪景色を見た時は、雪上のオスは確実に撮れるだろうと思っていましたが、
とんでもない考えでした。

 個体数が少なすぎるというのもありますが、唯一10分間ほど出てくれた1頭のオスは、
雪の上には全く寄り付きませんでした。
撤収時には、もう雪はほとんど溶けてしまったので、次回はいつになるやら・・・。




ノコギリクワガタ

2017年12月12日(火)

 今年の夏に採集したノコギリクワガタ。
息子が毎日世話をしていて、まだ生きています。
♂2、♀1、コクワガタ♂1

IMG_2867.jpg

 暑さに弱い、ミヤマクワガタは流石に生きていません。
部屋は暖房はありますが、まだ使用していません。

 毎年採集して飼育していますが、ミヤマクワガタは真夏の部屋の暑さに耐え切れず
早々と死んでしまい、ノコギリは9月の秋には、ほぼ死んでしまいます。
オオクワガタやコクワガタは、成虫のまま越冬できますが、ノコギリは越冬できません。
ノコギリの寿命は、長くて半年とのこと。

 そんな中で、今年は長生き。
息子の世話が、昨年までに比べ、こまめになったのが大きいと思います。


スナアカネのヤゴ

2017年12月6日(水)

 スナアカネのヤゴ。
3回の脱皮をして、かなり大きくなった。
体長は約6mm。

ただ、10頭いた個体は半分に減り、今は5頭しかいません。
共食いが3頭、2頭が突然死。
結構、厳しい・・。

餌は、今日からタマミジンコへ変更。


CIMG6277_1.jpg

<2017年12月10日>
残念ながら、残り5頭のヤゴは、出張2日間の間に全滅してしまいました。
出張前の夜、水替えをし、少量のミジンコを与えてのことでした。
こんなに一気に全滅するとは予想外で、残念でなりません。。。




コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
130位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム