ムカシトンボ

2017年4月22日(土) その2

 タベサナエを撮影し、昼食を食べてムカシトンボの山へ行きました。
当地では、もうそろそろのハズなんですが、今年は全国的に遅れていることもあったため、
下見の感じで・・。

現地には14時到着。
やはり寒い・・。

カメラをコンデジだけの軽装で行こうと思い、一旦は車から降りましたが、やはり念のため・・
OM-Dだけ首からブラ下げて歩きました。

しばらく歩くと、1頭の羽化発見。



2017_04_22_100.jpg

2017_04_22_101.jpg



数枚だけ撮影して他を探し、山を登りました。
しかし、羽化は見当たらず。
先ほどの羽化個体の飛び立ちでも撮ろうかと戻りましたが、すでに飛び去った後でした。

ということで、ムカシトンボもようやく羽化。
当地では、例年通りの羽化でした。

スポンサーサイト

またまたタベサナエ 飛翔撮影

2017年4月22日(土) その1


 またタベサナエです。
今日は息子も一緒に同行。
途中から「やまねさん」も参戦して撮影を楽しみました。
フタスジサナエが出ていないか見行ったのが目的でしたが、フタスジはまだでした。

現地には、9時丁度に到着。
池を見ると、まだタベサナエが羽化のために多数上陸していました。
今日は、今まで羽化が多かった日当たりの良い場所では無く、対面の池淵に集中しており、
全部で約25頭の羽化が確認できました。
これまでの観察で確認できた数は、約110頭。

撮影は処女飛翔の飛び立ちを中心に撮影してみました。
今日は午前中、曇り中心の天気で、気温が低かったため、羽化のスピードも遅い状況。

特に書くことも無いので、適当に写真をアップしておきます。

【全ノートリミング】

2017_04_22_01.jpg

2017_04_22_02.jpg

2017_04_22_03.jpg

2017_04_22_04.jpg
↑この2頭は、草が生い茂る中で羽化したため草が干渉して飛べず、草の先端まで登った直後の写真です。

2017_04_22_05.jpg

2017_04_22_06.jpg

2017_04_22_19.jpg

2017_04_22_07.jpg

2017_04_22_08.jpg

2017_04_22_09.jpg

2017_04_22_09_1.jpg

2017_04_22_10.jpg

2017_04_22_11.jpg

2017_04_22_12.jpg

2017_04_22_20.jpg

2017_04_22_14.jpg
<メマトイ>

2017_04_22_15.jpg
<僕とやまねさん 息子撮影>

2017_04_22_16.jpg
<ヒメタイコウチ>

2017_04_22_17.jpg
<シュレーゲルアオガエル 息子撮影>

2017_04_22_18.jpg
<シュレーゲルアオガエル 息子撮影>

またタベサナエ

2017年4月19日(水)

 またタベサナエです。
これまで、羽化飛び立ちと、シュレーゲルの鳴き声を入れた動画がうまく撮れていなかったので、
再度行ってきました。

 オグマサナエと迷いました。
そろそろフタスジが出ても良い時期なので、これも狙ってフタスジの多いポイントへ。

朝かなり曇っていて、気温が低く、晴れる感じではなかったのですが、10時ごろには
陽射しが出てきました。

現地には、10時に到着。
やはり、フタスジは出ておらず、タベサナエもそろそろ羽化が終わる時期ですが、15頭ほど見られました。
これまでの羽化の数は、やまねさんのカウントした数と合わせて約80個体。


【摂食飛翔2枚のみトリミングあり】

2017_04_19_01.jpg
<羽化のために上陸したタベサナエのヤゴ>

 同時に5頭ほどのタベサナエが羽化しておりましたので、まだ裂開していないヤゴを探し、D500の動画撮影を設置。
その間に、他の羽化個体の飛び立ち撮影をしました。

これまで、プロキャプチャーを中心に撮影をしていましたが、どうもうまく撮れませんでしたので、
今回は慣れたいつもの通常の撮影で撮ってみました。

2017_04_19_02.jpg

2017_04_19_03.jpg

2017_04_19_05.jpg

 タベサナエは、11時すぎまで羽化していました。
そして、動画の方はというと・・・。
なんと撮影ボタンが押されておらず、保存されていませんでした・・。
できるだけ足音立てずに静かに撮影したのに・・・・。
次回のフタスジでリベンジします。

2017_04_19_05_5.jpg

2017_04_19_05_6.jpg

2017_04_19_06.jpg

2017_04_19_07_1.jpg

2017_04_19_08.jpg

 そして、タベサナエの未熟個体が1頭水辺に出てきていました。
まだ縄張りすることは無く、摂食しながら水辺と木々を下りたり上がったり。
↓ピンボケですが、羽虫を食べているシーンを撮ることが出来ました。

2017_04_19_09.jpg

2017_04_19_09_1.jpg

2017_04_19_10.jpg

2017_04_19_11.jpg

 その後、池を後にして、オグマサナエの羽化殻チェック。
今日羽化したであろう殻が8個。
これまでの情報と観察から、多く見積もっても約40ぐらいでしょうか。

タベサナエ

2017年4月18日(火)

 今日は、午後からフタスジサナエ、トラフトンボが羽化していないか見に行ってきました。
現地には14時前に到着。

まずはフタスジサナエの羽化殻探し。
結果、やはりまだでした。
昨年の今日は羽化ラッシュ。
数頭でも羽化していたら、今週中に羽化ラッシュが始まると思い・・・。
今年のフタスジはもう少し先かな。

フタスジの羽化殻を探していると、タベサナエが1頭羽化最中でした。
恐らく、この池でのタベサナエ最後の羽化になるのでしょうか。


2017_04_18_01.jpg

2017_04_18_02.jpg

2017_04_18_03.jpg

2017_04_18_04.jpg

2017_04_18_05.jpg

動画はシュレーゲルの鳴き声を入れて、足音などできるだけ入れずに、静かに撮りたくてカメラを設置しました。
が、風音が強く、葉被りの上、風でタベサナエが後ろ向きになってしまいましたので途中で中断しました。・・残念。



 その後、タベサナエの産卵を待ちます。
今月6日に羽化したので、そろそろかな・・と。
しかし、15時ごろになると風が冷たく、フィールドが日陰になると寒くて断念しました。
待っている間は、産卵していたホソミオツネントンボを撮影。

2017_04_18_07.jpg

 そして。
ムカシヤンマのヤゴを見に寄り道。
穴から顔を出していると良かったのですが、かなり穴の奥で撮影が難しい状況でした。

2017_04_18_09.jpg

 次に、トラフトンボの羽化状況の確認。
結果、この池ではトラフおろか、他のトンボの羽化殻も確認できず、まだでした。
昨日の強い雨で流されているとも思いますが・・。

しかし、OM-Dでの撮影がどうもうまく行かないなぁ・・・。

オグマサナエ

2017年4月14日(金)

 今日は、朝6時に起きて、オグマサナエにするか、ホンサナエにするか少し悩みました。
昨年は暖かったので、この時期にはオグマ、ホンサナエ、更にはアオサナエまでが羽化ラッシュ
でした。

今年は、3月末から冷え込みが厳しく、全体的に遅れ気味です。
水深がほとんど無い、湿地性のシオヤトンボなどは、この影響はほとんど無く例年通り羽化しているようです。

そんな状況でしたので、川はまだ厳しいかと思いオグマへ。
2カ所ある数少ないオグマサナエのポイントのどちらへ行こうかと考えながら車を走らせました。
そのオグマにしても、今年の遅れ具合から空振りの可能性は十分あります。
昨年のオグマは、羽化スタートが4月9日でした。

とりあえず、毎年行っているポイントへ。
現地には8時45分ごろ到着。

池をくまなく探しますが、羽化は見当たりません。
最近羽化した1頭の羽化殻を発見したのみ。
2017_04_14_01.jpg

 9時30分になっても羽化は見られなかったため、ホンサナエの川へ移動しようと思った矢先、
1頭のオグマサナエ羽化を発見。

 もうホンサナエへ行く気満々でおりましたので、ちょっと複雑な気分・・・・。
とりあえず、撮影開始。

【全ノートリミング】
2017_04_14_02.jpg

 ではと、他にも出ていないか探すと、3頭が羽化。
池の中ほどにある植物や、太い丸太に羽化している個体もいました。

2017_04_14_033.jpg

2017_04_14_04.jpg

 池の中ほどの丸太で羽化したオグマサナエ。
風が吹くと丸太がユラユラと動くので、ヒヤヒヤでした。

2017_04_14_05.jpg

2017_04_14_06.jpg

 処女飛行はなんとか撮れましたが、SS上げたので真っ暗になってしまいましたので、
現像で色が出るまで上げました。
なので、ザラザラです・・・

2017_04_14_07.jpg

2017_04_14_08.jpg

2017_04_14_09.jpg

 オグマサナエは全部で8頭の羽化でした。
その後、川へ移動。
毎年同じ、この川でヤゴ調査していたのですが、今年は雨で増水していたので、
タイミングが合わず、今日になってしまいました。

詳細な結果は割愛しますが、今年は、アオサナエが全く入らなかったことと、
コヤマトンボとキイロヤマトンボの若い幼虫が多く入ったのが、例年との違いでした。
ホンサナエ、ダビドは例年通り。

そこで、同行した「やまねさん」が、ホンサナエの羽化、ニホンカワトンボの羽化、僕が
ダビドサナエを発見。ホンサナエとダビドは羽化不全。

2017_04_14_11.jpg
<ダビドサナエ>

2017_04_14_12.jpg
<ニホンカワトンボ>

2017_04_14_13.jpg
<ホンサナエ>

 その後、いつものタベサナエの羽化状況を確認。
ようやく、本日羽化したようで、ざっと30頭の殻がありました。
「やまねさん」がムカシヤンマの幼虫を見たいとのことで、一緒にさがすと、
運よく穴から少し顔を出しているムカシヤンマの幼虫を発見。
僕が撮る前に、穴の奥に引っ込んでしまい写真はありませんが、やまねさんは無事撮影
できました。

2017_04_14_14.jpg
<タベサナエの羽化殻>

 そしてそして、帰りに別のオグマサナエのポイントへ移動。
こちらでも羽化は始まっており、殻は全部8個。
明日、明後日が羽化のピークになると思われます。

2017_04_14_15.jpg
<オグマサナエの羽化殻>

「おっとっと」というお菓子。
ヤゴで出してくれないかな・・大人買いしますよ。
3690f74a-bde7-4df2-8438-3e8ddcb79e85.jpg


2017_04_14_16.jpg

↓は、D500の4K動画テストです。
僕のPCではスペックが低すぎて、youtubeでは見れません。
見れる方は、再生モードを4Kに変更してみて下さい。
なかなか優秀ではないでしょうか?!

2017_04_14_034.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

トンボとヤゴの世界
トンボとヤゴの世界

kouji0823

Author:kouji0823

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも一覧

ぴよぴよ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スライドショー
フリーエリア

PHOTOHITOブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
ゲストブック
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム